「思考するカンパニー」感想:儚い「利他心」を事業に活かそうという会社、アミタ

Posted on 2008年9月11日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , |

「思考するカンパニー 欲望の大量生産から利他的モデルへ」を読んだ。

株式会社アミタの社長である熊野英介さんが書いた本。
アミタという会社は、Wikipediaによれば(アミタ – Wikipedia)「総合環境ソリューション事業」で、Yahoo!ファイナンス(アミタ(株)【2490】:会社概要 – Yahoo!ファイナンス)では「廃棄物の中間処理・再資源化大手。排出企業から受け取る資源管理料が収益源、コンサル等も」との説明がある。

ぼくがアミタという会社を初めて知ったのは、環境や社会貢献についての情報誌「オルタナ」の特集でだったと思う。
この会社は「持続可能経済研究所」という組織があったり、京都(京丹後市)に「森林ノ牧場」という森林の再生・再資源化の実験場を持っていたりと、廃棄物や環境といったキーワードだけでは括れない不思議な奥深さを感じる。

で、「思考するカンパニー」は、アミタの経営者である熊野氏が何を考え、アミタという会社を通じてどんな社会を実現していきたいのかを書いた本だ。いろんな意味で現役の経営者が書く本の内容としては異色だと思う。が、納得度は高かった。

以下、メモ&シェア。引用文中の強調はすべてぼくによるもの。

まず、本の題名にある「カンパニー」だけど、この本ではカンパニーは「仲間」という意味で使われている。立場や組織を超えて人が集まる「有機的なカンパニー」という言葉や、就職するのではなく「合流する」という表現など、契約ではなく使命・志ドリブンな会社をめざすという価値観の表われのようだ。

その「会社」についても、こんな記述がある。

「会社という言葉は福沢諭吉がつくったといわれている。江戸時代に人々が集まる場を意味した「会所」という言葉と、同じ志をもつ人々の集団を指す言葉「社中」、この二つを合わせて会社という言葉をつくった。これからは「社中」のほうへ、会社のメーンフレームをもっていく。そういう新しい企業のデザインが必要なのだ。」(105ページ)

アミタという会社は、工業社会の過度な発展が生み出した自然破壊や資源の濫用を防ぎ、循環型の社会システムを創出するために人の「利他的欲求」を活かすという。「信頼動機を科学する」という節では、多くの人が持っているが、常に発揮されると期待はできない利他的欲求を活用するモデルについて、こう説明する。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

「マイクロソフトでは出会えなかった天職」感想「情」編:もしあなたが、子供のころ本さえ自由に読めない環境だったとしたら?

Posted on 2007年10月20日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

「マイクロソフトでは出会えなかった天職」の感想を書く。

この本はいいよ。
今年は、WebSigエコ&ピースの勉強会をスタートしたなどのきっかけもあって、いわゆる社会起業家(ソーシャルアントレプレナー)に関する本を何冊か読んだ。なかでも、今のところ一番印象に残ったのがこの「マイクロソフトでは出会えなかった天職」だ。

休暇でネパールの村を訪れたことをきっかけに、マイクロソフトの要職を辞して、途上国の子供に「教育」の機会を与えるNPO「ルーム・トゥ・リード(Room to Read)」を立ち上げたジョン・ウッド氏の著書。

なにがいいかというと、彼がどうして動いたのか、人や国全体が向上するために「本」や「教育の場」がいかに重要かという主張を「感情」に訴える内容が充実している一方で、変革を大きく実現するために組織をいかに運営するかといった「理屈」≒戦略・戦術面での示唆にも富んだ、欲張りな本なのだ。

この記事ではまず、この本が持つ感情に訴える側面について書こう。

マイクロソフト在職中に、久々の休暇でネパールのバフンダンダという貧しい村と、その学校と図書館を訪れたウッドは、校長に「あなたはきっと、本を持って帰ってきてくださると信じています」と言われる。カトマンズに戻った彼は、熱に浮かされたように、ネットカフェで100人以上の知り合いにこんなメールを出す。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 3 so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...