Save Tibet:TCV(チベット子ども村:Tibetan Children’s Villages & Schools)の子どもの里親になる

Posted on 2008年7月30日. Filed under: 未分類 | タグ: , |

中国に住む親に送り出され、厳寒のヒマラヤ山脈を越えてチベット亡命政府があるダラムサラ(インド)をめざす子どもたちを描いた「ヒマラヤを越える子供たち」というドキュメンタリーには強い衝撃を受け、このブログにも感想を書いた。

DVD「ヒマラヤを越える子供たち」感想:チベットの子供たちに託してみたいもの
https://nakanohajime.wordpress.com/2008/05/11/escape-over-the-himalayas/



Tibetan Children’s Village チベット子ども村からの手紙
Originally uploaded by jetalone
で、この映画に登場する「TCV(Tibetan Children’s Villages & Schools:チベット子ども村)」の支援窓口として、日本には「チベットサポートグループ KIKU」という団体があることを知った。

チベットサポートグループ KIKU ホームページ
http://www.tsg-kiku.com/
あなたもTCVの里親(スポンサー)になりませんか?
http://tinyurl.com/6lgz67

英語でも大丈夫だという人は、TCVのサイトにも支援のための情報がある。

Introduction to Tibetan Children’s Villages
http://www.tcv.org.in/home.shtml
How you can help TCV
http://www.tcv.org.in/help.shtml

KIKUに里親に申し込みをしたのが、映画を観た直後の5月。7月になって選ばれた子の情報が届き、先日振り込みを終えた。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 3 so far )

[Tibet] FYI: 世界のトップ・アーティストが“チベットのための歌”を

Posted on 2008年7月27日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

世界のトップ・アーティストらが“チベットのための歌”を歌う
http://www.tibethouse.jp/news_release/2008/080722_songs_for_tibet.html

> 8月5日、五輪開幕の週に「ソングズ・フォー・チベット」は独占的
> にiTunesを通して世界中で販売される。 8月12日にはアマゾンを
> 含む、世界中全ての音楽小売店で購入することができるだろう。

The Art of Peace Foundation – songs
http://www.artofpeacefoundation.org/index.php?page=songs

これは買うよ、もちろん。
そしてオリンピック期間に聴きまくろう。

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

[チベット] 逮捕されたチベット人たちの今

Posted on 2008年5月22日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

チベットNOW@ルンタ:獄の状況 – livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51020747.html
Tibetan Movement 2008: Conditions of the prisoners in Tibet
http://www.stoptibetcrisis.net/pr210508.html

外部への発覚を避けるため、逮捕されたチベット人達はラサ周辺のグツァ、ダプチといったきわめて悪名高い刑務所ではなく、ラサ郊外の倉庫やトンネルからなる仮設の刑務所に収監されている。
拘束された人々の多くは、未知の行き先へと徐々に移送されており、現時点で彼らは完全に行方不明になりつつある。

これらの刑務所では、過剰な殴打により収監者達を不具にしてもよい、との命令が出されているという。実際腕や足を折られている者もいる。
取調べの間、役人らは殴打に加え、時として火のついた煙草を体のあらゆる場所に押しつける、といったような尋問をやる。
拘束されている人々は、鎖の手枷足枷を嵌められ、両手を背中で縛られたまま長い時間吊り下げられ(通称「飛行機」)、おこなってもいない犯罪の自白を強制されている。
特にラサ騒乱の影響で、収監されているチベット人達は、いわゆる騒乱の「首謀者」「共謀者」ほか加担した人々についての情報を引き出そうとする当局によって、残忍な尋問に晒され続けている。

いくつかの監獄では、収監されている人々は3~4日に一度しか食べ物を与えられていない。
ほとんどの監獄では、人々は一日あたり小麦粉の団子(蒸しパンか?)を半分しか与えられていない。
しかも、何日も水を与えられていないため、多くの人々は自分自身の小水を飲んでかろうじて命をつなぐ、といった状態に追い込まれている。
大勢が弾圧の際に負傷し、その後も監獄のなかで過剰に殴打されており、何の医療措置も施されないまま、怪我によって死亡し続けている。
また当局は、亡くなった収監者達の遺体を即座に処分している。

これまでの例では身体状態が極度に悪化すると釈放されるが、その多くは監獄で受けた打撲その他が原因で、釈放後まもなく死亡する。

この声明を出しているのは、インドに拠点を置く、穏健派の「チベット連帯委員会」。誇張や誤りはあるかもしれないが、事実無根であればこんな声明を出すこともあるまい。

あぁ、また知ってしまったという思いがする。一度知ってしまったことを、なかったことにはできない。知っていて何もしないのはよくないこと、という思いにさいなまれる。

これは旧ソ連や、独裁政権下の南米チリや、ボスニアや、つまり過去の話じゃない。「今」起きていることだっていうことが問題なんだ。

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

[早稲田] FYI:「茶番劇に協力する大学に、情けないを通り越して(…)

Posted on 2008年5月10日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

早稲田大学・水島朝穂のホームページ 緊急直言 胡錦濤主席の早大訪問歓迎せず
http://www.asaho.com/jpn/coverright.html

チベット問題が起きて、オリンピックの聖火リレーは、中国と北朝鮮を除くほとんどの国で混乱した事態をもたらした。「政火」のリレーとなって、「政治的火の粉」は全世界をめぐった。それだけ、中国が行ったチベットでの弾圧政策は世界中の心ある人々の怒りをかっているのだ。そうしたなかで、チベット事件以来、初めての外国訪問となる日本。そして、講演としては早大が初めてとなる。これは、胡錦濤氏が世界に向けて、自己の立場と行動を正当化する一大デモンストレーションの場として利用されるだろう。

外務省からの依頼があったとしても、これだけ世界がチベット問題や人権問題について関心を高めているときに、大学としての見識を示すべきだったと思う。福田首相は早大出身である。あの森喜朗元首相もそうである。
いま、日本も、日本政府も、早稲田大学も、世界中から注目されている。本当の友人というのは、相手にはっきりものをいう関係、いえる関係である。 だが、政府の対応にも、大学の対応にも、「人権」に対する毅然とした指針がみえない。

知ること、探究すること、考えることについて、「学問の自由」ってのがあったよね。
それを担保するために、大学には為政者や行政の干渉に対抗できる「大学の自治」権ってのがなかったっけ。んで、大学には、その自治を実現するための意思決定の仕組みがあったはずだよね。

そういうの全部、すっ飛ばしたわけか。

こういう大学が出身校じゃなくてよかったなぁ。落ちたけど。;^)

//MadBooさん、ポインタありがとう。B’>

全文フィードを読む | Make a Comment ( 5 so far )

[murmur]世界はフラットでもないしクリエイティブ・クラスの時代でもない

Posted on 2008年5月9日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

デイリースポーツonline/愛ちゃん、胡主席と“ピンポン外交”/芸能・社会
http://www.daily.co.jp/gossip/2008/05/09/0001019445.shtml

8回のラリーの結果は5対3で胡主席の“勝利”。“卓球外交”に貢献した愛ちゃんは「たじたじだったね」という福田康夫首相の言葉に「はい」と笑顔でうなずいていた。
(…)
講演前には大隈講堂前でチベット旗を掲げた学生数百人が「中国はチベットを弾圧するな」などと抗議行動を行った。

なんだこの断絶。

全文フィードを読む | Make a Comment ( 3 so far )

[book]「中国はいかにチベットを侵略したか」読了

Posted on 2008年5月4日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

中国はいかにチベットを侵略したか」、読了。

チベット問題を扱った本はあと何冊か読もうと思う。ので、この本の冷静な評価はその後するとしても、読み終わったばかりの今、強く印象に残ったことを書いておく。

  • 中国侵略前、チベットの国としてのまとまりは弱かった。特に、最初に中国軍に進入された東チベットはラサの中央政府には従っていなかった。
  • 中国の浸透を許した原因は、ラサ政府の無能さはもちろん、政治的に未熟だったダライ・ラマ14世の判断の誤りにもある(さらにいえば、政治的空白が生じざるをえない「輪廻転生制度」にも問題がある)。
  • 一番驚き、印象に残ったこと。
    チベット人は弾圧される一方だったのではない。実に勇猛果敢にゲリラ戦を展開し、戦いは激烈を極めた。女や老人も刀や銃を取った。チベット人は元々戦いを忌避しないし、戦闘能力も高い。中国による弾圧は、双方の報復合戦としてエスカレーションしていった面がある。
  • 1959年3月、ダライ・ラマを守ろうとポタラ宮殿の麓に多数の市民が集結、ダライは隠密裏に亡命する。その後のラサ市民の蜂起と、中国軍による徹底的弾圧がこんなにすさまじいものだったとは知らなかった。
    たとえばダライ本人が書いた「ダライ・ラマ自伝」などでは、これはわからない。
  • 1959年、国連の諮問機関である国際法曹委員会は、チベット問題についての報告書の中で「中国がチベット国民、道徳、人種、宗教、それら社会集団を丸ごと抹殺することによって絶滅しようとしたことが、1948年の国連ジェノサイド条約に触れることは明白」と述べた。
    つまり、ナチスのホロコースト、ルワンダ虐殺、そして現在も進行中といわれるスーダンのダルフール紛争と同じジェノサイド(虐殺)だ、と国際社会によって非難されたのだ。

以上、とりあえず。

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

聖火リレー:Tumblrではもうひとつのリレーをやってたよ

Posted on 2008年4月27日. Filed under: Tumblr | タグ: , , , , |

昨日(2008年4月26日)、長野の聖火リレーが「平和」や「調和」とはかけ離れたムードの中で終わった。
その少し後だけど、TumblrでもDashboarderたちがリレーをしていたよ。

#すらっしゅどっとより
http://slashpot.tumblr.com/post/32897169

Another relay on Tumblr (01)


fedeaikawa

http://www.aikawa.com.ar/post/32918648

Another relay on Tumblr (02)


nakano.tumblr.com

http://nakano.tumblr.com/post/32920649

Another relay on Tumblr (03)


when Riba meets Ovan

http://ovan.tumblr.com/post/32929174

Another relay on Tumblr (04)


Kiyo’s Tumblr

http://kiyo.tumblr.com/post/32949049

Another relay on Tumblr (05)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 聖火リレー:Tumblrではもうひとつのリレーをやってたよ はコメントを受け付けていません。 )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...