陸前高田、瓦礫一面の広田半島に驚き、炎暑の広田町で生活のかけらを片付けた話

Posted on 2011年8月8日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

(レーベン号の震災被災地行きは今回で13回め、ぼくは12回め。)

今回のボランティアでぼくが一番驚いた光景。
陸前高田市東部
広田半島の入口あたりの様子だ。瓦礫が地面を覆い尽くし、集積も分類もされていない地域が広がっていた。

広田半島はまだまだ片付いてない, 陸前高田でボランティア Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref, Deeply Damaged Area by Japan Quake

陸前高田は、釜石や大船渡など他の津波被災地に比べると市中心部の被害があまりに甚大で何もかもなくなってしまったので、逆にそれが奏効して瓦礫の撤去・集積は進んでいる、という指摘を読んだことがある。市の中心部については、それはぼくが見たものと合致する。
が、前々回の小友町、前回の米崎町、そして今回見たこの光景を考え併せると、周辺部はまだまだ進んでいないんじゃないかと思う。

今回ぼくらがお手伝いをしたのは、広田半島の真ん中あたりの広田町。ボラ参加者の一人が、トイレをお借りしたお宅でこんなことを言われたそうだ。「手伝ってくれて本当にありがたい。田んぼの瓦礫撤去のような作業はお願いしづらい」。

ボラバスレーベン1号・2号、今回は「73人」という過去最大の参加者数。東京駅八重洲口に集まった人たちもこれまでとは違う密度があった。

ボランティアバスレーベン号 Japan Quake Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

この便では、通常の瓦礫片付けボランティアの他に10人の別チームを募り、高田高校第二グラウンドの仮設住宅に“花苗植え隊”としてお手伝いに行くことにもなっている。リーダー伊東さんはじめ、リピーターや協力者のアイディア出し、物資提供、カンパで実現に至ったものだ。

また8月20日には、レーベン隊は宮城県東松島市の「ありがとう東松島元気フェスタ」への参加が決まっている。いくつかの出し物のひとつ、ステージパフォーマンス組は、21時から八重洲のカラオケボックスに集まってコーラスの練習をしていた。

ボラバスで現地に行くと「もっとこんなお手伝いができないか」と想像力が高まる。そして「もっと何かしたい」と考える仲間が仕事や地域を超えることは、それを実現する力になる。レーベン隊の活動はますます広がってきた。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( 7 so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...