Blog Action Day:環境経済学で考えてみる食べ物と地域の「貧困」の話

Posted on 2008年10月15日. Filed under: WebSig eco & peace | タグ: , , , , , |

(この記事は、「エコピのブログ」に書いたものと同じです。)

中野です。エコピのブログ、一発め。

思いやりはお金に換算できる!?」(著:有路 昌彦)を読みました。


本の表紙:思いやりはお金に換算できる!?

Blog Action Dayの2008年度のテーマ「貧困」に絡めて、この本の感想を書いてみます。

1970年代に登場した「環境経済学」という学問の紹介と、そのノウハウを通じて社会や環境の問題を考えてみようというアプローチの本。
ここでいう「環境」とは、森や海といった自然のこと(だけ)ではなく、「住環境」や「オフィス環境」というように、ぼくたちを取り巻くさまざまな条件を意味しているようです。

環境経済学は、簡単にいえば、目先の儲けに集中する「拡大再生産」に代わって、「長期の全体最適」を促します。「地球にはエネルギー資源がない? なら火星まで取りに行けばいいじゃん」(18ページ)といったイケイケスタイルを超え、「もろもろの条件の均衡点、つまり、『やじろべえの軸』を探し、バランスを取ること」(25ページ)が使命だと説明されています。
「やじろべえの軸」とは、たとえば自然資源でいえば刹那的に取り尽くし破壊し尽くしてしまわず、自然が復元し増えてくれるバランスに配慮する、といったところ。

また環境経済学では、苦しいことは嫌いで楽しいことは大好きという人間の本性を認めたうえで「できるだけ多くの人が喜び、楽しめるように設計し、そのうえで抜けがけや意地悪をしにくいシステムをつくる」(49ページ)ものだと説明されています。
「経済学」なので、京都のお祭りの経済効果(トラベル・コスト法)、森林が水を貯める能力はダム何基分(代替法)のようにお金をモノサシとして積極的に使うことで、全体最適を図ろうとします。

で、ここで「貧困」につながる話をしましょう。

「第三章 絶対的食糧難はもう始まっている」では、世界の水産資源が同時多発的に枯渇してきたこと、そしてそれに“貢献”しているのはぼくたち日本人で、「いやホントに、日本人は自分では意外と知りませんが、世界の魚を枯渇させていっているという点では『極悪』だと思いますよ、残念ながら」(97ページ)とさえ言っています。これはなかなかショッキング。

ではどうしたら? という点で、ひとつは、魚を買うとき、たまには(このゆるさが大切だ、と本書では何度も強調されています)水産物のエコラベル「MSC認証」付きのものを買ってみること。MSCマーク付きの魚は持続可能性に厳しく配慮した漁場管理の下で捕られていて、アラスカのサケやギンダラ、南アフリカのメルルーサ、アルゼンチンのホタテなどすでに世界で1400種を超える魚に付けられているらしい。
もうひとつは、外国産大型魚に押され、流通量が少なくなっている近海の魚を(たまには)食べ、買い支えること。これらの魚を丸ごと一匹勝ってきて、さばいてみることも勧めています。

もうひとつ「貧困」との関わりで見ておきたいのが、「第五章 超・高コスト社会から『イチ抜けた』するために」という章。
この章では主に、社会関係資本(人と人とのつながり)を増やすことで社会コスト(安全、教育、医療にかかるお金)を下げようと主張しています。

たとえば「おじいちゃんのウロウロは社会コストを下げる」。元気なお年寄りが外に出て花を植えたり、散歩をしていたりすることには防犯効果があり、警察のコストを減らせる。ゴミの分別をする、ゴミをつくらないことはゴミ処理のコストを減らす。結局のところ「サイフはひとつ」(160ページ)であり、コストが浮けば、税金でよりよい別のサービスが受けられるようになる、というわけです。

その中で、こうした社会コストを下げるための仕事では「ボランティアをしてはいけない」とも指摘しています。活動が長続きするためには、実際に働いた人が対価をもらうことも含めてシステムにする(「経済の一部になる」168ページ)べきで、そうでないと長くはまわらない、つまり持続可能でないからだそうです。

この点は、ぼくらはエコピ(WebSigエコ&ピース)の活動として社会・環境貢献団体のウェブサイト制作をお手伝いしていますが、考えさせられます。

まとめ。

アフリカの「絶対的貧困」のような問題を見ると、彼我の差のあまりの大きさに、ぼくらは何をすればいいのか戸惑います。が、たとえば「捕りすぎている」「食べ過ぎている」日本人として、「おいしいものを長く食べ続けていくためにはどうすればいいのか?」について意識を向けることも重要なのだとわかりました。

もうひとつ、「高コスト社会」とは人が官製サービスに頼り切り、近所や地域のさまざまな価値の発見がおろそかにされ、そのマッチングが図られていない状態と見ることができます。
一市民(一町民)としてできることは、なんだろう? ご近所を散歩してその魅力の発見に努めたり、区のウェブサイトを見て起こっていることに注目したり、イベントに参加してみたり、か(この本を読んでから、勇気を出してトライしてみています)。

ゴツい処方箋ではないけど、2008年10月15日のBlog Action Dayに貧困についてぼくが考えたのは、こんなことです。

全文フィードを読む | Make a Comment ( Blog Action Day:環境経済学で考えてみる食べ物と地域の「貧困」の話 はコメントを受け付けていません。 )

映画「おいしいコーヒーの真実」:貧しいコーヒー農家のためにフェアトレードコーヒーを、では済まない問題を覗いた

Posted on 2008年4月29日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

おととい(2008年4月27日)、映画「おいしいコーヒーの真実」の先行上映とトークライブのイベント(東京・渋谷 UPLINK FACTORY)に行ってきた。

(※この映画の一般公開は2008年5月31日。以下の内容は、当然ネタバレ(Spoiler)を含みます。観るつもりの人は自己責任で)

映画『おいしいコーヒーの真実』公式サイト
http://www.uplink.co.jp/oishiicoffee/
Black Gold : A Film About Coffee And Trade
http://www.blackgoldmovie.com/

FACTORY | フォレステーション VOL.19 「フェア」
http://www.uplink.co.jp/factory/log/002582.php

5月の公開に先駆け、ドキュメンタリー作品「おいしいコーヒーの真実」の先行上映会を行います。上映後、コーヒーにまつわる基礎知識から、国家間貿易モデルのあり方まで、専門家の方々の意見を交え、トークショーを行います。ご来場いただいた皆様と、新しい世界のあり方を考えてみたいと思います。

最初に、この映画へのぼくの評価を書いておく。

この映画が直接描いているのは、エチオピアのコーヒー農家の困窮という辛い状況だ。問題への関心を深めることができる点ではよい。が、適切なフレーム・オブ・リファレンス(問題認識の枠組み)を与えてくれるかどうかという点では、ちょっと厳しいんじゃないかと思った。

話は、エチオピアのオロミア州という貧しいコーヒー産地の農協の代表、タデッセ・メスケラ氏がセールスのために欧米をまわる姿と、西欧諸国でコーヒーが嗜好品としていかに愛されているかを交互に紹介しながら進む。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

gihyo.jpの連載「Drastic? Dramatic? Tumblr!!」(B面)が終わったー

Posted on 2008年4月29日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

技術評論社さんのgihyo.jpで、ふじかわさんと共に連載させてただいたTumblrについての記事「Drastic? Dramatic? Tumblr!!」、ぼく担当分の「B面」が終わった(A面はもう少し続きます)。

連載:Drastic? Dramatic? Tumblr!!|gihyo.jp … 技術評論社
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/tumblr

ぼくが書いたB面の記事一覧は以下の通り。

B面:第1回 著者が感じるTumblrの魅力
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/tumblr/0001?page=2

B面:第2回 意見未満・判断以前のキャプチャツールとしてのTumblr
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/tumblr/0002?page=3

B面:第3回 Tumblrは『創造』や『自己主張』のツールではない?
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/tumblr/0003?page=3

B面:第4回 ソーシャルなつながりツールでもあるTumblr
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/tumblr/0004?page=2

B面:最終回 ReBlogはソーシャルメディアをざわつかせる新たな流儀
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/tumblr/0005?page=3

2007年にはTumblrという「事件」に居合わせることができ、この連載では、その魅力を語ってみるというチャレンジを存分にすることができた。gihyo.jpの方々(esp.馮編集長)、ふじかわさんに感謝。

そして、読んだりquoteしたりブクマしてくれる人たちにも。
自分の書いた記事がTumblrでquoteされ(たり書き換えされたりす)ることは、面白い。ぼくの本業はWeb屋であり書くことのプロではないけど、quote/ReBlogという反響装置を明確に意識して書いた最初の方の一人になれたんじゃないか、とか。

この連載、そんな点も含めて面白かった!

全文フィードを読む | Make a Comment ( gihyo.jpの連載「Drastic? Dramatic? Tumblr!!」(B面)が終わったー はコメントを受け付けていません。 )

発展途上国の子ども120人分のワクチンを生み出す広告スペース?

Posted on 2008年4月19日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , |

会社の近く、銀座一丁目の小料理屋さんの入り口脇に張ってあり、目に留まったポスター。

Poster @ Ginza

ポスターは壁面にそのままでなく大判の黄色い台に貼られていて、その上部には

この広告スペースで、
一年間で最大120人の発展途上国の子どもたちに
命のワクチンを届けることができます。

とある。

今収まっているのは「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」というNPO自身のポスターだが、枠の下部にも問い合わせ先としてこの団体が載っている。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

「裸でも生きる」感想:強い渇きをおぼえる人は大きくなしとげる

Posted on 2007年12月20日. Filed under: book, poverty | タグ: , , , , , , |

ソーシャルアントレプレナー(社会起業家・社会企業家)やソーシャルベンチャー(社会貢献型企業)についての本が続々と出てきている。しかもそれらの多くが、現在進行形のビジネスを扱ったもの。風向きは変わってきたと感じる。
2007年は、日本で社会起業家に大きな注目が集まりはじめた年として記憶されることになるかもしれない(ぼくがこんな偉そうなことを言うのは申し訳ないんだけど)。

今年もあとわずかだ。後悔しないよう、今年自分が読み、またぜひ多くの人に読んでほしいと思っている本「裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記」を紹介しておく。

 

著者の山口絵理子さんについての記事や「裸でも生きる」の感想はすでにWeb上に沢山あるけど、彼女のすごい経歴を簡単にまとめるとこういう風になる。

山口さんは1981年生まれ。小学校時代いじめに遭い、中学時代は非行に走り、高校では男子柔道部に飛び込み、全日本7位に。慶応大学では開発学に出会う。インターンとして働いたワシントンの米州開発銀行で、国際援助の仕組みに疑問を抱く。そこでアジア最貧国バングラデシュへ。日本人初の大学院生として生活する中で、想像以上の貧しさや政治の歪みを体感。三井物産のダッカ事務所でのインターン中に出会ったジュート(麻)で「かわいいバッグ」を作り、途上国発のブランドをつくろうと決意、株式会社マザーハウスを起業する。

株式会社マザーハウスのWebサイトはここ。

株式会社マザーハウス 第一弾はバングラデシュのジュートバッグ
http://www.mother-house.jp/index.shtml

山口さんへの注目度はかなりのもので、最近のご本人のブログによれば (さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

「マイクロソフトでは出会えなかった天職」感想「理」編:優れた社会起業家としてのジョン・ウッド

Posted on 2007年10月25日. Filed under: poverty | タグ: , , , , , |

さて、「「マイクロソフトでは出会えなかった天職」感想「情」編:もしあなたが、子供のころ本さえ自由に読めない環境だったとしたら?」に続き、今度は「理」編を書く。

ジョン・ウッドは「ルーム・トゥ・リード(Room to Read)」を組織として整えていくにあたって、彼がマイクロソフト在職中に学んださまざまな原則を手本にしたと書いている。
だからこの「マイクロソフトでは出会えなかった天職」には、ビジネスパーソンとして読んでも共感できるプラクティスが沢山詰め込まれているんだけど、それをまとめてみたい。

  • 慈善活動の世界にビジネスのルールを持ち込む
    一例として、市場からの圧力が弱い慈善活動の世界では「折り返し電話します」といったルールも守られないことが多いと彼は指摘する。またルーム・トゥ・リードに大きな投資をしたビル・ドレーパーは、「非営利団体には『仕事は9時から5時まで』の精神の持ち主が多すぎる」と言い放つ。
    そこにビジネスのルールを持ち込めば、差別化につながるということ

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

「マイクロソフトでは出会えなかった天職」感想「情」編:もしあなたが、子供のころ本さえ自由に読めない環境だったとしたら?

Posted on 2007年10月20日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

「マイクロソフトでは出会えなかった天職」の感想を書く。

この本はいいよ。
今年は、WebSigエコ&ピースの勉強会をスタートしたなどのきっかけもあって、いわゆる社会起業家(ソーシャルアントレプレナー)に関する本を何冊か読んだ。なかでも、今のところ一番印象に残ったのがこの「マイクロソフトでは出会えなかった天職」だ。

休暇でネパールの村を訪れたことをきっかけに、マイクロソフトの要職を辞して、途上国の子供に「教育」の機会を与えるNPO「ルーム・トゥ・リード(Room to Read)」を立ち上げたジョン・ウッド氏の著書。

なにがいいかというと、彼がどうして動いたのか、人や国全体が向上するために「本」や「教育の場」がいかに重要かという主張を「感情」に訴える内容が充実している一方で、変革を大きく実現するために組織をいかに運営するかといった「理屈」≒戦略・戦術面での示唆にも富んだ、欲張りな本なのだ。

この記事ではまず、この本が持つ感情に訴える側面について書こう。

マイクロソフト在職中に、久々の休暇でネパールのバフンダンダという貧しい村と、その学校と図書館を訪れたウッドは、校長に「あなたはきっと、本を持って帰ってきてくださると信じています」と言われる。カトマンズに戻った彼は、熱に浮かされたように、ネットカフェで100人以上の知り合いにこんなメールを出す。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 3 so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...