「STOP無印良品キャンペーン」でぼくが見つけた5(+1)つの果実

Posted on 2010年12月23日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

STOP!! 無印良品 in 東京」報告集会に参加した後、考えたことのまとめ。
会の様子はこちらをどうぞ。

「無印のイスラエル出店反対キャンペーンは無印に反対したのでなく守ったのではないか」とか
https://nakanohajime.wordpress.com/2010/12/19/stopmuj/

(この原稿は上記のレポートを書いた直後に粗方できていたけど、バタバタしていて見直すことができず、時間が空いた割にはあまり推敲せずに出しちゃうものです)

企業に「ちゃんとしてほしい」と働きかけることの可能性

「STOP無印」運動は、ターゲットとする企業に激しく敵対することなく進められた。
無印良品というブランドには運動の中核にいた人びとすら認める魅力があり、それが運動のデザインや広がり方にも影響した面がある。問題を知って広めた人たちも、「イスラエル出店」という発表への怒りだけでなく、多くはファンであるがゆえの「残念さ」や「悲しみ」を抱いていたから言葉も厳しいものにはなりえなかった。これは株式会社良品計画という企業にとっては冥利に尽きる話じゃないだろうか。

企業は商品やサービスを提供し、利用者はお金を払うというサイクルで成り立つこの社会では、多くの人は企業を一方的に断罪するような立場には立てない。企業に対して「好きだけど、もっとちゃんとしてほしい」といった思いを抱く場合もしばしばある。こういうアンビバレントな関係を理解し織り込んだうえで運動を進めることが、広くアピールするためには必要なのではないかと思った。

ついでに。企業に対する行動となると、「企業というのは邪悪な金儲けマシーンであって、倫理的行動など期待すべくもない」、ついでに「だから企業はやっつけるしかない」といった嫌儲や陰謀説をベースにしたような企業観を口にする人が一定数現われる。が、企業の「良識」を問うた今回のような運動は、企業に対する不信感しかなければ違ったアプローチになっただろうし、またその場合は今回のような結果も得られなかったのではないかと思う。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( 「STOP無印良品キャンペーン」でぼくが見つけた5(+1)つの果実 はコメントを受け付けていません。 )

無印良品がイスラエル出店を中止! でTwitterに溢れたのは「無印が好き!」「また買える!」って声だった

Posted on 2010年12月1日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

今日、無印良品のイスラエル出店計画の中止が発表された。

良品計画|ニュースリリース
http://ryohin-keikaku.jp/news/2010_1201.html

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、2010年4月12日に当社ニュースリリースにて発表しましたイスラエルへの出店計画の中止を決定いたしました。
当社は当該リリース発表後の具体的調査の結果、経済的な理由により、本計画の中止を決定しましたので、ここにお知らせいたします。

こないだ「無印良品さんイスラエル出店やめてくださいの件と、Twitterの「軟式アカウント」なるものの真価について」を書いたときにも前途多難だろうなぁと思っていただけに、とてもびっくりした。

具体的調査の結果、経済的な理由により」というくだりには、今日見かけたまったく別の事件へのはてブコメント「おっきくなると素直にごめんなさいも言えなくなるんだね」と似た思いを抱いたというのが正直なところ。一方で、無印はイスラエルに行かないという事実にうれしさが何度もこみ上げてきた。

この話題で湧くTwitterのタイムラインを見て改めてすげーと思ったのは、「無印良品が好き」「また買える」ってつぶやきの多さだ。みんな好きだから身の振り方に悩み、動きを注視していたんだ。企業がユーザーに愛される、ユーザーから企業に橋を渡す、というなかなかあり得ないことをこれだけの量として目にすることができたのは、うーん…レアな体験だ(貧相な表現だが)。

以下、いくつかピックアップ。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

「戦場でワルツを(Waltz with Bashir)」を観てきた

Posted on 2009年12月28日. Filed under: 未分類 | タグ: |

映画「戦場でワルツを(Waltz with Bashir)」、観てきた。

結構ぐったりしてしまったので、短く感想を。

この映画のサブラとシャティーラの虐殺についての描写は、それなりに抑制されたものだと思った。「パレスチナ」(広河隆一 岩波新書)の方が、書籍なのにずっと衝撃的だ。なんといっても著者の広河さんは、虐殺が開始された翌日に死体だらけの難民キャンプに入った体験に基づいて書いている。

ちなみに、この問題にあまり触れていない類書もある。Amazonで「わかりやすい」「最良の入門書」なんてレビューがついている「アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図」(高橋和夫 講談社現代新書)は、こんな風にあっさりと書いている。

PLOの退去にあたり、イスラエル側は非戦闘員の安全を保障したのだが、ベイルート郊外のパレスチナ人の難民キャンプのサブラとシャティラで800余名の住民が虐殺されるという事件が発生した。実際に手を下したのは、イスラエルと協力関係にあったキリスト教徒の軍であったが、イスラエル軍の支配地域での出来事であり、イスラエル当局も責任なしとはいえない事件であった。

」(140ページ)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 「戦場でワルツを(Waltz with Bashir)」を観てきた はコメントを受け付けていません。 )

FYI:「ガザからのメール」(転送歓迎)

Posted on 2008年12月29日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

楽しい年末気分に水を差してごめんね。
でも頭上から銃弾や爆弾が降り注いでいる人からのメッセージだから。

via
ですぺら – ガザからのメール
http://black.ap.teacup.com/despera/367.html

******   転送歓迎 ****************

25の建物がイスラエルに空から攻撃された。建物はすべて地上レベルに崩れ去った。死者はすでに250名に達する。負傷者は何百人にものぼるが貧弱な設備しかないガザの病院では、彼らは行き場もない。電気も来ないが、ディーゼル発電機でなんとかこれを書いている。世界にメッセージを送るために。携帯電話もすべて使用できない!

Sent: Saturday, December 27, 2008 8:03 PM

転送歓迎***********

なんという光景だ。数分前、パレスチナ側のカッサーム・ロケットが飛んでいく音が聞こえた。続いて、もう一つ、そして爆発音。2発目は、パレスチナ人を標的にしていたイスラエルの機体から爆撃されたものと思われる。今、聴いたニュースによれば、イスラエルのアパッチ・ヘリが攻撃したのは、釣堀用の池のあるリクリエーション・グラウンドだという。シファー病院は、195人の遺体、570人の負傷者が同病院に運ばれていると声明を発表している。刻一刻と死傷者の数は増え続けている。これはガザ市だけの数字だ。ほかの町や村、難民キャンプからの公式の発表はない。自宅アパートの近くで末息子がスクール・バスを待っていたところ、以前、国境警備局があったところが攻撃された。息子が立っていたところから50メートルしか離れていないところで、男性二人と少女二人が即死した!
真っ暗な夜だ。小さな発電機を動かして、ネットを通じて世界と交信している。

From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 1:03 AM
Subject: Gaza at 6:00 p.m.

転送歓迎***********

今宵、ガザの誰もが恐怖におびえている。完全な暗闇。子どもたちは恐怖から泣いている。死者は206人。遺体はシファー病院の床の上に横たえられている。負傷者は575名をうわまわるが、同病院の設備は貧弱だ。病院事務局は市民に輸血を要請している。教員組合は虐殺に抗議し3日間のストライキを決定。イスラエルの機体がガザ市東部を爆撃、大勢の人々が死傷した。犠牲者の数は増え続けている。瓦礫の下敷きになっている人々もいる。一人の女性は二人の幼い娘と一人の息子を亡くした。彼らは通学途中だった!

From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 3:03 AM
Subject: Gaza at 8:00 p.m.

転送歓迎

11:00pm。イスラエルのF16型戦闘機による、複数回にわたる新たな爆撃。ガザでは3つのテレビ局を視聴できるが、これは電力をなんとか確保できた場合の話だ。空爆はガザ市東部に集中。ある女性は10人の家族を失った。生き残ったのは彼女と娘一人だけだ。娘はメディアに向かって、何も語ることができなかった。何が起こったのか見当がつかない、と彼女は言う。町のいたるところでパニックが起きている。最悪の事態が起こるのではないかとみな、恐れている。エジプト、ヨルダン、レバノンで、この残虐な空爆に対するデモが行われた。死者数は、219以上にのぼる。225という説もある。(アブデルワーヘド、ガザ)

Sent: Sunday, December 28, 2008 6:09 AM
Subject: RE: Gaza Crisis

転送歓迎********

今晩、爆破のせいで窓ガラスが砕け散った家庭にとっては冷たい夜だ。ガザの封鎖のため、窓ガラスが割れても、新たなガラスは手に入らない。私が居住するビルでは、7つのアパートが、凍てつく夜をいく晩もそうした状態で過ごしている。彼らは割れた窓をなんとか毛布で覆っている。何百軒もの家々が同じ境遇に置かれているのだ!私に言えることはそれくらいだ。他方、ハニーエ氏は地元テレビでハマースについて話をした。彼の話は、士気を高め、ハマースは屈服しないということを再確認するものだった。死者の数は210に、重傷を負った者もも200人に達した。今また、ガザの北部で新たな爆撃が!(アブデルワーヘド、ガザ)

転送歓迎*******

今、10分のあいだに5回の空爆。標的は人口密集地域の協会や社会活動グループ。モスクもひとつやられた。もう30時間、電気が来ない。なんとか小さな発電機でこらえている。インターネットで世界に発信するためだ。

From: prof abdelwahed
Sent: Sunday, December 28, 2008 6:40 AM
Subject: FW: Emergency Alert: Take Action to End Israeli Attacks on Gaza

*******************

今しがた、イスラエルから何者かが電話してきた。末息子が応答したが、電話の主は、私が武器を所有しているなら、住まいを攻撃すると脅しをかけてきた。
(アブデルワーヘド、ガザ)


全文フィードを読む | Make a Comment ( FYI:「ガザからのメール」(転送歓迎) はコメントを受け付けていません。 )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...