「NGO/NPO向けディスカウント」は不公平か? (Jason Friedの”Why non-profit pricing?”感想)

Posted on 2010年9月28日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

37signalsのJason Friedが、彼らの有名なブログ”Signal vs. Noise“に”Why non-profit pricing? (なぜノンプロフィット=NGO/NPO向け割引をするのか?)“という記事を書いていた。

Why non-profit pricing? – (37signals)

http://37signals.com/svn/posts/2580-why-non-profit-pricing

Jason Friedと彼の会社の37signalsはウェブベースのビジネスの成功者として有名なので、興味深く読んでみた。ウチ(アークウェブ)も「A-Form」(Movable Type用の問い合わせフォーム作成プラグイン)では非営利団体は無料という設定をしているので、その辺も再考してみようかとも思いながら。

「ソフトウェアビジネスをやっていると、ノンプロフィット向けの特別価格はないの? ってよく聞かれる。だから、このトピックについての考えをシェアしておこうと思う」って書き出しで始まるこのブログ記事の趣旨をざっとまとめると──。

  • 沢山のノンプロフィット団体からディスカウントしてくれと頼まれる。団体の規模はいろいろで、国際的なチャリティ団体もある。本当に大中小さまざまで、それは企業も同じこと。
  • 営利企業とノンプロフィット団体の違いは利益を追求するかどうかだ。ノンプロフィット団体は公益のために働いていると主張する人もいるだろう。しかし営利企業のビジネスが公益に合致しないとはいえない。
  • 多くのノンプロフィット団体はボランティアスタッフで支えられているが、そうでない団体も沢山ある。アメリカでは6%の労働者がNGO/NPOで働き、彼らの給料は営利企業で働く人たちと同格だ。
  • これらの理由もあり、ノンプロフィット団体であるというだけでフルプライスを払う営利企業より自動的にディスカウント価格を設定すべきだ、ということに納得できないのだ。ノンプロフィットも営利企業も、人を雇い、限られた予算を持ち、事業目標があるなどの点では同じだ。
  • 我々にノンプロフィット割引について照会してくる団体の多くは、小さな営利企業の顧客の年間売上より多くの予算を持っている。独立事業主の多くは赤字で、その点では「ノンプロフィット(利益なし)」だ。

こういうことを書いた上で、結局は「値付けの哲学」の問題だと思うけど、最後の方ではこう言っている。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 「NGO/NPO向けディスカウント」は不公平か? (Jason Friedの”Why non-profit pricing?”感想) はコメントを受け付けていません。 )

来年のカレンダーをJVCとJIM-NETで買う(ついでに簡単なコーズ)

Posted on 2009年12月20日. Filed under: 未分類 | タグ: , |

ここ3年ぐらいやっている“ついでに”コーズ(社会貢献)が、来年のカレンダーを選ぶときに応援したいと思うNPO・NGOなどから買うこと。

今年は、JVC(日本国際ボランティアセンター)とJIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)の卓上カレンダー。一つは会社用、一つは自宅用に。

カレンダーをにらむ時って結構かりかりしていることがあるけど、JVCやピースウィンズ・ジャパン(PWJ)のカレンダーなどは支援先のアジアの子どもたちのかわいい笑顔の写真が多くて、和ませてくれる、という効果があります。

会社名入りのカレンダーじゃちょっと…と自分でカレンダーを買っている人に、おすすめ。

全文フィードを読む | Make a Comment ( 来年のカレンダーをJVCとJIM-NETで買う(ついでに簡単なコーズ) はコメントを受け付けていません。 )

WebSigエコピ:「ソロモン・リリーフ」Webサイト公開

Posted on 2008年3月13日. Filed under: WebSig eco & peace | タグ: , |

Web屋の“楽しい”環境・社会貢献を志す「WebSigエコ&ピース」の活動が本格的にスタートしたのは2007年2月(前進でのmixiコミュニティ「世界に貢献したいWeb屋の会」は2005年11月)のことです。

エコピは、活動の柱のひとつに「環境や社会に貢献する団体のWeb構築・活用サポート」を掲げていますが、はじめてのお手伝い事例であるWebサイトが公開されたので、お知らせです。

ソロモン・リリーフ
http://www.apsd.or.jp/solomon_relief/

solomon_relief

「ソロモン・リリーフ」は、2007年4月に南太平洋のソロモン諸島を襲った地震からの復興をサポートする横断的なプロジェクトのWeb上の拠点です。中心にいるのは、元々ソロモン諸島などで経済的自立のサポートや文化保護などを進めてきたNPO「エーピーエスディ(APSD)」さん。代表の伊藤さんは、最初は青年海外協力隊の一員としてこの地域を訪れ、後にAPSDを立ち上げたそうです。

元々「こういうWebサイトを緊急で立ち上げたい」というご相談をいただいたのは、地震が起こった直後の2007年5月でした。

このお話を伺った際に思い出したのは、2004年12月26日、ぼくが冬休みでタイ滞在中にインド洋を襲った大津波のこと。ぼくは太平洋側のサムイ島にいたため被害はまったくなかったのですが、インド洋側のプーケットなどで甚大な被害が起こっていた時間にぼくはビーチにいたせいもあり、強いショックと共に「もし反対側にいたら」という思いに囚われました。島の人たちが食い入るようにTVを観る表情、対岸のプーケットでは知人の知人が亡くなったこと、帰りのバンコク(ドンムアン空港)の騒然とした雰囲気、そして日本に帰ってきてからは日本人の全般的な関心の低さ、なども含めて強く印象に残っています。

というわけでWeb構築をお受けすることになりました。制作の中心として一番がんばったのはインテリジェントネット株式会社の石丸君、平間さんです。

このプロジェクトを振り返ってみると、やる気はあるけどエコピ側のリソース確保は不十分という状態を甘く見ていたため、スケジュール変更を繰り返してしまったという反省があります。一方で、支援プロジェクトのあり方や体制を詰めていくなかで、主眼が短期的な支援から中長期的な支援に移っていくプロセスに立ち会えるなど、こういった運動体のダイナミズムを感じることができました。

Webサイトにも記載してもらっていますが、「ソロモン リリーフ」プロジェクトのスタッフは以下の通りです。
ソロモン リリーフ×WebSigエコ&ピース
http://www.apsd.or.jp/solomon_relief/projects/websig/

企画、ディレクション、マークアップ 石丸 将人 (インテリジェントネット)
企画、ディレクション補佐 中野 宗 (アークウェブ)
デザイン、マークアップ 平間久美子 (インテリジェントネット)
システム開発 進地崇裕 (アークウェブ)

全文フィードを読む | Make a Comment ( WebSigエコピ:「ソロモン・リリーフ」Webサイト公開 はコメントを受け付けていません。 )

CAREの”I am Powerful”:第三世界の女性支援を目的としたキャンペーン

Posted on 2007年8月1日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

CSRwireに、有名なNGO”CARE”の新しいキャンペーンのニュースリリースが出ていたので、Webサイトをチェックしてみた。

CSRwire.com – News from CARE: CARE Launches I Am Powerful Workout With Eric Harr to Raise Funds and Awareness for the Fight Against Global Poverty
http://www.csrwire.com/News/9318.html

CARE :: Defending Dignity. Fighting Poverty.
http://www.care.org/

ちなみにこの団体は日本でもCARE International Japanとして活動をしていて、団体・活動の概要は日本語サイトで見ることができる。

CAREの活動:世界70カ国にて活動する国際協力NGO、CAREのメンバー、ケア・インターナショナル ジャパン
http://www.careintjp.org/whoiscare/activity.html

I Am Powerful WORKOUT with Eric Harr“と名づけられたユニークなキャンペーンの概要はこのページに。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( CAREの”I am Powerful”:第三世界の女性支援を目的としたキャンペーン はコメントを受け付けていません。 )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...