富士山に登る(須走ルート 2013年8月)

Posted on 2013年8月31日. Filed under: 未分類 | タグ: , |

2013年8月29日から30日、援人やま部のメンバー7人で富士山へ、須走ルートで。

富士山須走ルート(援人やま部, 2013年) Mt.Fuji Trekking (Subashiri Route)

“富士山の世界文化遺産登録で、今年は大混雑に”“まともに歩けない”なんて情報に脅されていたので(加えて、去年の吉田ルートでは促成ガイドに連れられた大人数ツアー客のルート占有に辟易したせいもあり)、今年はこんな計画にした。

  1. 土日は避けよう(基本)
  2. 富士山の“銀座”吉田ルートからは登らず、人が少ない須走ルートにしよう
  3. 須走ルートは八合目から吉田ルートに合流するが、渋滞に巻き込まれ体調悪化の原因にもなりやすい「山頂でご来光」はやめて吉田ルートとの合流手前で見よう

富士山須走ルート(援人やま部, 2013年) Mt.Fuji Trekking (Subashiri Route)

今回は天気はギリギリなんとかもってくれたが、1日めの夜から強風が山小屋をバタバタと揺すっていた。2日めの早朝、この強風の中でも山頂をめざそうと決められたのは、練習登山を一緒にやってメンバーの体力やペースを確認済みで、装備も徹底チェック済みだからという面もあった。
結局、何人かのメンバーにとって念願だったお鉢巡りは、あまりの強風と靄(もや)の前に撤退を決めることになってしまったけど。

富士山須走ルート(援人やま部, 2013年) Mt.Fuji Trekking (Subashiri Route)

混雑を避けるという消去法で選んだ須走ルートだけど、とてもよいルートだった(複数ルートの経験者に聞くと、須走が一番よかったという人は結構多い)。
かなり上まで行っても低木帯や高山植物がずっと続き、山頂をめざすだけでない、自然の中を歩く楽しみがあった。また、吉田ルートのように人工的なギザギザ道が少なく、富士山の山容を目の前に感じながら登っていけたのも満足度が高かった。

富士山須走ルート(援人やま部, 2013年) Mt.Fuji Trekking (Subashiri Route)

富士山は何度か登っているけど、ルートやメンバー、そして天候でまったく違う体験になるなぁ、と今回も実感。
お鉢巡りができなかったので、またこのメンバーでリベンジしよう! と飲み会で誓い、さぁまた来年だ。

全文フィードを読む | Make a Comment ( 富士山に登る(須走ルート 2013年8月) はコメントを受け付けていません。 )

富士山に登る(援人やま部)

Posted on 2012年8月26日. Filed under: 未分類 | タグ: , |

2012年8月24日(金)から25日、援人やま部(ボランティアチーム援人の、山好きの集まり)で富士山に登ってきた。

今回一緒に登ったメンバーは、3.11震災の災害ボランティアを通じて知り合った仲間ばかり。つまり、あの不幸な大天災が起こらなければ生まれなかったであろう縁だといえる。

富士山登山(援人やま部) Mt.Fuji Trekking 2012

ぼくは富士山にはもう何度も登っている。去年は災害ボランティアに明け暮れたけど、富士山にだけは登った。ソロで登るときの経験は「山×自分」だけど、チームで登ると「山×チーム」、つまりメンバーそれぞれの能力や個性が富士山登山の楽しさ、辛さ、面白さ、体験の奥行きを決めると思う。

そんなことを考えながら登った、そして降りたときにはチーム全員が無事登頂できたことを心の底から喜ぶことができた、意味ある体験だった(などとエラそうなこと言いながら、ぼくはなかなか人のペースで歩けないリーダーだったけど…)。

富士山登山(援人やま部) Mt.Fuji Trekking 2012

ところで、富士山の魅力といえば、まずはご来光。今回も天気に恵まれ、すばらしいスペクタクルを拝むことができた。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 富士山に登る(援人やま部) はコメントを受け付けていません。 )

吉田口登山道を麓から歩いて富士山に登る

Posted on 2011年9月13日. Filed under: volunteer | タグ: , , , , , , |

2011年9月7日・8日、富士山に一合目から登ってきた。

5月から毎週東北被災地行きのボランティアバスに乗っているので、今年は山に全然行ってない(山だけでなく他の多くの趣味も“箱庭”っぽい感じがして、離れてしまっている)。が、TwitterやFacebookなどで「富士山行った」というポストをいくつか見かけ、ウズウズしてきた。

ぼくはこれまで富士山に4回登った。なので去年から、次に登るなら何か新しいチャレンジを…と考えていた(去年富士宮口から登った際も「山頂の山小屋に泊まる」をやってみた)。
今回は「一合目からの富士山」への挑戦を含め、“新しいこと”を2つやると決めた。

  • 吉田口登山道の起点、富士吉田の北口本宮冨士浅間神社から登る。帰りも浅間神社まで戻る
  • ご来光はポピュラーな久須志神社前や大日岳ではなく、夜明け前に剣ヶ峰に行き、文字通り日本最高地点から見る

以下、写真とメモ。

新宿駅バスターミナルから20時過ぎのバスで富士吉田へ向かう。

新宿バスターミナル, 一合目から富士山に登る Climbing Mt.fuji, from the starting point of Yoshidaguchi Climb Trail

22時過ぎ、富士山駅(旧富士吉田駅)で降りた。
東京と違って涼しい。富士山の火山岩のような独特の匂いがある。ホテルまではゆるやかな登り坂。あ、もう富士山の懐にいるんだ、と少し胸が踊る。

富士吉田の市街は気圧が低く、プリングルスの蓋も膨らんでいた

翌朝4時37分、真っ暗な中ホテルを出る。

4時53分、北口本宮冨士浅間神社に着く。立派な鳥居をくぐる。

浅間神社の鳥居, 一合目から富士山に登る Climbing Mt.fuji, from the starting point of Yoshidaguchi Climb Trail

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 6 so far )

[富士山] ご来光を体験した

Posted on 2008年7月27日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

日が昇る瞬間。
静かだけど壮大な眺め。

ドキュメンタリー番組でも観られるスペクタキュラーかもしれないが、普通の人が富士山に登ることができるのは年間わずか2ヵ月だけ、そのうちきれいな日の出が見られる確率は約5割、日の出を待つ体は心底冷え込む、といったあれこれがこの瞬間を「ありがたい」と感じさせる。

富士山山頂には老若男女、あらゆる人たちが登ってきた。日の出を待つ間、いろんな方言が聞こえてきたし、日本人以外も少なくない。
それらの人たちと一緒に日の出を待つことで感じた、奇妙な連帯感。

(この文、未完だけど吐き出す)

全文フィードを読む | Make a Comment ( [富士山] ご来光を体験した はコメントを受け付けていません。 )

[富士山] 寒さに震えながらご来光を待つ

Posted on 2008年7月27日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

ガイド付きツアーの渋滞をなんとかくぐり抜け、山頂には3時半に到着。4時40分ごろだという日の出を待つ。寒い!

全文フィードを読む | Make a Comment ( [富士山] 寒さに震えながらご来光を待つ はコメントを受け付けていません。 )

[富士山] 午前1時過ぎ、ご来光登山に出発

Posted on 2008年7月27日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

午前1時過ぎ、ご来光を山頂で見るために出発。

全文フィードを読む | Make a Comment ( [富士山] 午前1時過ぎ、ご来光登山に出発 はコメントを受け付けていません。 )

[富士山] Me @海抜3,350メートル

Posted on 2008年7月27日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

富士山の八合目、山小屋「江戸屋」で。

全文フィードを読む | Make a Comment ( [富士山] Me @海抜3,350メートル はコメントを受け付けていません。 )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...