「農夫のパン」のパン・ド・イーグル(京成立石)に行ってみた

Posted on 2014年11月19日. Filed under: 未分類 | タグ: |

何年も前から割と気に入っているパンがある。「農夫のパン」といって、近所(中央区月島)のスーパー「フジマート」に置いてある。入荷は少量らしく、夜にはない日もある。

農夫のパン(パン・ド・イーグル)

このパンの製造元は「パン・ド・イーグル」とあり、ここの数種類のパンは庶民的な品揃えのスーパーの中でちょっと浮いている。

ぼくがワインに開眼するきっかけを与えてくれた(…と書くとスカした感じだが、要するに一時期ワインを出す店でよく一緒に食事をした)人が、あるときこんなことを教えてくれた。

「1,000円ぐらいのデイリーワインを2,000~3,000円級にしても感動はさほど変わらないが、ワインと一緒に食べるパンを奮発するとワインもとてもおいしく飲める。だからワインよりパン(やつまみ)のちょっといいものを買った方がいい」

この言葉に感心して以来、ワインを飲むときはおいしいパンを探すようにし、農夫のパンを買った日はだいたいワインを飲む。

パン・ド・イーグルに行けば、おいしいパンがもっと沢山並んでるんだろう。そのうち一度行ってみよう、と考えたことが何度かあった。

10月の初め、中学時代からの友人Hが突然死んだ。

その動揺を引きずっていたある日、フジマートに寄って農夫のパンを買った。袋に印刷された住所は(これまでも何度か確認したが)「東京都葛飾区東立石1の7の10」。今度こそ店に行ってみよう、今を逃したらたぶん行かないまま自分は死ぬだろう、と考えた。

金曜日、仕事を抜け出して京成立石にあるパン・ド・イーグルに行った。ネットで調べて知ったが、この店は洋菓子製造などの工場の軒先にある店で、火曜日と金曜日のみ開くという形態らしい。

駅から歩いて10分ほど。「川端小学校」をめざしていくとわかりやすい。

パン・ド・イーグル(京成立石)

やや奥まった工場風の建物の駐車スペースの一角に木造の建物があり、「Pain de Eagle」という幟(のぼり)があった。ここらしい。

やや離れたところに「イーグルのパン」という幟もあった。

パン・ド・イーグル(京成立石)

店内に入ってみてすぐ気づいたが、この店は洋菓子工場のアウトレット品を売るのがメインらしく、ちょっと形が悪い(が、おいしそうな)パウンドケーキ、エクレア、バウムクーヘンなどが陳列されていた。
右側にスチールワイヤー棚があり、そこにパン・ド・イーグルの食パン、ロールパン、レーズン入りロールパンなどが並ぶ。種類は意外と少ない。農夫のパンは(たまたまかもしれないが)なかった。

品出し中でちょっと忙しそうな女性に「ここのパンはどこらへんに卸しているんですか」と尋ねると、3つか4つスーパーの名前を挙げてくれたが、恐らくローカルなスーパーの名前らしかった。続けてぼくは月島で買っていることを告げたが、反応はあっさりとしていた。まあ東京っぽい感情の抑制かもしれない。

ロールパン、レーズン入りロールパン、そして会社へのお土産にパウンドケーキなどを買う。

はす向かいの公園に移動し、ベンチに座ってロールパンを1つ食べてみた。まだほんのり温かく、いい香りがした。

パン・ド・イーグル

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

愛猫あーこ:猫と生きること、その最後に付き合うこと

Posted on 2010年9月20日. Filed under: cat | タグ: , |

2010年9月15日に逝った猫、あーこのいろいろをまとめておく。

あーちゃんはこんな猫だった

あーちゃんの毛色はグレー。首から胸、お腹、足などは栗色がかっていて、その上に灰トラ柄。尻尾は短いカギ型。
ウチに来たのは1998年ぐらい。キジトラ猫のやまちゃんと一緒にカゴに入ってきた。そのときはもう成猫だったので正確な年齢はわからない。病院では便宜的に「12歳」と言っていたけど14歳ぐらいだったかも。
来て数日はかまってほしい眼をして鳴きながら、撫でようとすると後ずさりするシャイさだった。
来た当初は「ハー」というかすれ声しか出なかったが、馴れてくるとハスキーな声でよく鳴く子になった。

あーちゃんは美しくてプライドが高く、エサは一番いい場所で食べる。
ケンカも強かった。手足が大ぶりでパンチが速い。あとから来た黒猫こまる(崩壊した猫屋敷出身。参考:「田舎猫SOS」)は多頭飼いの家で上位猫だったが、負けることなくNo.1の地位を守った。
棒で遊ぶのが好きなちっこを相手にしていると、嫉妬したあーこが大抵邪魔をする。で、「素早く動く棒を捕まえられるか」というゲームでは、見えないぐらい速い手でいつもぼくを負かした。
甘えたがりで、ぼくとYの会話が盛り上がっていると「私? 私?」とばかりにどちらかの膝に乗ってくる。

美しく強かったあーこが倒れ、元気なくうつろな目をしている姿を見るのは本当にショックだった。

猫は嘆かない、シンプルに強い

脳腫瘍で倒れ、二度と起き上がれないように見えたあーこは何度か回復し歩き出した。下肢が麻痺すれば上半身だけで這い、後ろ足がうまく動かなければ何度もコケながらも歩いた。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

愛猫あーちゃんの最後の2ヵ月半の記録(後編)

Posted on 2010年9月16日. Filed under: cat | タグ: , |


Ahchan 2010.08.22
Originally uploaded by jetalone

(前編からの続き)

2010.08.14

  • 昼、あーちゃんが発作を起こしたという。夜中2時、目覚めるとあーちゃんがバタバタと痙攣していた。薬のお陰で快方へ─と思っていたが暗い気持ちになった。

2010.08.16

  • あーちゃん、注意して観察すると静止しているときも小さく痙攣していることがある。
  • 23時20分ごろ、突然あーこの強い発作が出た。日曜未明のより激しく、失禁も。1~2分でおさまったが、「死ぬ」という可能性が頭をよぎった。
  • 夜中に、短いがもう一度発作。

2010.08.17

  • 仕事中も時々あーちゃんのことが頭に浮かぶ。
  • 早退し、17時過ぎ、酷暑の中病院へ。あーこが元気になってきてケージに入りたがらなかった。昨日などの痙攣はてんかんだという。脳の働きを抑えるという薬を処方してもらう。2回/日飲む必要あり。利尿剤は吐くんです、と言ったら止めましょう、と。「ご飯を食べてくれる期間があっただけでもいいですよ」と言われた。

2010.08.19

  • あーちゃん、顔のけいれんと歩くときのふらつきが少し目立つ。左前足がうまく使えないようだ。

2010.08.21

  • あーちゃん、(2度めの富士山から)帰ったらちょっとぼーっとしていた。てんかんを抑える薬のせいか、病状が進んだのか。

2010.08.23

  • 本屋で北岳の地図を買った。夏の最後はアルプス、と決めていたよな。あーちゃんの容態を考えると揺らいできたな。
  • あーちゃん、視力が落ちているようだ。一時期上がれるようになった風呂のフタだが、失敗した。

2010.08.24

  • あーこが結構だらっとしている。歩く際のふらつきも大きくなった。強制給餌の後、あぐらをかいて座らせていたら離れがたくなったので仕事を自宅作業に。8時42分、今も膝に頭をもたせかけて休んでいる。
  • 病院へ。後ろ足がふらつくことを説明すると触診後レントゲンを撮ることに。骨には異状なかった。

2010.08.25

  • 8時50分。あーこの朦朧とした感じ、昨日より進んだ。歩くときのふらつきもやや進み、症状が現れた直後の、無意味な旋回っぽい動きに似てきた。昨日まで自分から何度もエサを食べていたのに、今朝のカリカリに反応しなかった。強制給餌で2本。いやがってはおらず、むしろ促すように待っていたが。
  • 今日も自宅作業にする。
  • あーちゃん、またほとんど目が見えなくなっている? 掃除機をあーちゃんの前でかけてみるが、反応鈍い。音もほとんど聞こえないのか。
  • (追記)あーちゃんが自分で歩き、エサ容器からエサを食べたのはこの日が最後。不器用だが、ガツガツと食べていた。その後昏睡するように寝はじめた。

2010.08.26

  • 6時4分。昨晩には、もうぐったりと寝たまま動かなくなっていたが、今朝は布団の端とソファの間に挟まるように横たわっていた。もしかしたら夜のうちに痙攣して移動したのかもしれない。
  • 今も耳だけは動いている。キーボードに少し反応。抱いてわかったが、下肢はだらんとしており、下にしていた前の右足は硬直している。首も。目は動かない。温かい。呼吸が浅い。3日前まで歩けたのに。
  • 大学病院で検査のために刈られたハゲもまだ直っていない。
  • 抱いて移動させると、足を少しバタつかせた。まだそんな力があるのか。
  • 水をすこしやった。
  • 右目はもう動いてない。
  • 昨日寝ていた場所におしっこがあった。
  • 好きなおもちゃの音には耳を動かす。
  • 手をさすったり、顔を起こそうとしたりすると下肢を動かす。起きようというのか。
  • 7時30分、水をやったら確かにペチャペチャと口を動かし、少し飲んだ。
  • 小さな痙攣。耳をたまに動かす。幻聴を聴いているのかもしれない。
  • 10時44分、痙攣の頻度が上がってきた。恐らく体力がないので弱々しいものに留まっているんだろう。薬飲んでないもんなぁ、今朝。
  • 15時3分。容態変わらず。たまに痙攣している。こういうとき「がんばれ」と言えばいいのか、「もういいよ」と言うべきなのか。顔を動かしてやると口をペチャペチャするので注射で水を少しやる。飲んだ。
  • おもちゃの音、おちゃかの部屋の引き戸の音、他の猫たちのなき声や音。ドアが開く音。エサの準備の音。耳が反応する。付き添っているとわかる。これらがきみの世界だったんだなぁ。幸せだったかい? 幸せだったに決まっている。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 5 so far )

愛猫あーちゃんの最後の2ヵ月半の記録(前編)

Posted on 2010年9月16日. Filed under: cat | タグ: , |


あーちゃん冷やし中
Originally uploaded by jetalone

2010.07.04

  • 思えば一週間ぐらい前から、あーこはぐったりしていた。やや熱っぽかった。蒸す日が続いたし、季節の変わり目に体調を崩すことの多いあーちゃんのことだから、ぐらいに考えていたが。
  • あまり表情がない。歩くときに足がもたつくような印象。ぼくが風呂に入るときはフタの上でくつろぐのが好きなあーこだが、登り降りに苦労したり、水を飲もうとして前足を湯につけてしまったり、おかしな動きが目立ちはじめた。
  • この前の晩サーモンの切れ端をやってみて、目が見えていないのでは? と気づいた。そばにあるのに探せないのだ。口にまで持っていくと食べる。
  • 昼前、動物病院。反応をチェックしてもらった結果、視力が弱っており嗅覚もきいていないのでは、と。脳の障害、臓器の障害などが考えられるという。
  • 血液検査とレントゲンの結果は特に悪くない。先生が週に1回通っているという大学病院でMRIを受ける日程を調整していただく。
  • この症状では、日々どんどん悪くなっていく可能性があるという。ここからは、あーこの感覚が失われていく毎日の記録になるかもしれない。
  • 夜、反時計回りの旋回を繰り返した後、Yのところへいき、好きな腕枕の位置を見つけて寝る。

2010.07.05

  • 朝起きるとそばにいた。ご飯の催促らしい。うれしかった。撫でてやると3回ぐらいないた。朝食、カリカリをやる前に昨晩のえさの残りを少し食べている。前のあーちゃんにはなかった行動だ。カリカリを食べる様子を観察すると、かじるのではなくなめ取ろうとして、あまりうまく食べられていない。数粒しか食べていないだろう。風呂場へ行って、ぼくを探す声でなく。声をかけると応える。風呂のフタに上がれないのか。が、何度も風呂場に入ってくる。
  • 悲しい。でも、できることをやればいい。
  • 夜のえさ、一番末席でだったが確実に食べた。目が見えないからか噛むのでなく舐めるようにしていたが、それでも結構な量を食べてくれた。うれしい。ありがたい。

2010.07.06

  • あーちゃん、朝ご飯もちゃんと食べてくれた。
  • あーこは今後、他の猫たちの存在にあまり気づかなくなるな。そして、急に引っかかれても反撃の術がない。これは幸せか。
  • 外の打ち合わせが終わり、急いで帰る。あーちゃん、一番いい場所でご飯を食べたという。

2010.07.07

  • あーちゃん、朝に風呂に何度か来るのでフタの上に乗せてみた(自分では上がれなくなった。はっきりと見えないためか)。水を飲もうとし、その後フタの上で落ち着く。が、縁にかけた右前足がうまく制御できないのか、ズルズルと下がってしまったりする。

2010.07.08

  • あーちゃん。エサを自分で探し当てて食べた。顔を洗う仕草をした。今朝、風呂のフタに上げたら、昨日よりうまく水を飲んだ。耳が小さな音を捉えられるようになったようだ。ちっこに首根っこを噛まれたらシャーッと反撃していた。あれができればナメられることはないだろう。
  • 早退し、あーちゃん連れて病院へ。晴れで夕方とはいえ酷暑。今、そばで寝ている。幸せだ。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

[fireworks] 東京湾大華火祭オープニング

Posted on 2008年8月11日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

オープニングのカウントダウンの動画。晴海主会場から。
花火はいろんなところから観られるけど、この一体感は会場ならでは。

2016年の東京オリンピックに向けたプロパガンダ花火があったり、各県の職人による手のこんだ大尺玉の解説付き競演があったりと、楽しかった!

全文フィードを読む | Make a Comment ( [fireworks] 東京湾大華火祭オープニング はコメントを受け付けていません。 )

[party] パンダ両断

Posted on 2008年4月29日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

NORIさんが差し入れしてくれたパンダケーキを一刀両断するシーン。

もでさんとこのオフィスのベランダでのパーティ。
いやぁ楽しかったです。

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

[christmas] マザーハウスの入谷の直営店へ

Posted on 2007年12月23日. Filed under: 未分類 | タグ: |

というわけで、山口絵里子さんの「裸でも生きる」の感想をブログに書いたら、「マザーハウス」がバングラデシュと日本を結んで作っているバッグの実物を見てみたくなったので、直営第一号店(入谷店)に行ってきた。

株式会社マザーハウス
http://www.mother-house.jp/firstshop.html

入谷駅から徒歩3分くらいのところにある、小さなショップ。

素材はジュートといっても、いわゆる「フェアトレードです」然としたものではなく、曲線やドレープを効かせたカジュアルとフォーマルの中間くらいのバッグたち。アメリカのアウトドアブランドなんかでヘンプを使ったバッグなんかを作っている例があるけど、それとも違うような穏やかな個性があると思った。

ちょうどクリスマスだったので、ジュートと牛革のコンビの中ぐらいの大きさのバッグをプレゼントに買った。

で、いただいたポイントカード、これがカードというより冊子で、なかなかの仕掛けが入ってるんだけど、その話はまた今度。

全文フィードを読む | Make a Comment ( [christmas] マザーハウスの入谷の直営店へ はコメントを受け付けていません。 )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...