陸前高田、瓦礫一面の広田半島に驚き、炎暑の広田町で生活のかけらを片付けた話

Posted on 2011年8月8日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

(レーベン号の震災被災地行きは今回で13回め、ぼくは12回め。)

今回のボランティアでぼくが一番驚いた光景。
陸前高田市東部
広田半島の入口あたりの様子だ。瓦礫が地面を覆い尽くし、集積も分類もされていない地域が広がっていた。

広田半島はまだまだ片付いてない, 陸前高田でボランティア Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref, Deeply Damaged Area by Japan Quake

陸前高田は、釜石や大船渡など他の津波被災地に比べると市中心部の被害があまりに甚大で何もかもなくなってしまったので、逆にそれが奏効して瓦礫の撤去・集積は進んでいる、という指摘を読んだことがある。市の中心部については、それはぼくが見たものと合致する。
が、前々回の小友町、前回の米崎町、そして今回見たこの光景を考え併せると、周辺部はまだまだ進んでいないんじゃないかと思う。

今回ぼくらがお手伝いをしたのは、広田半島の真ん中あたりの広田町。ボラ参加者の一人が、トイレをお借りしたお宅でこんなことを言われたそうだ。「手伝ってくれて本当にありがたい。田んぼの瓦礫撤去のような作業はお願いしづらい」。

ボラバスレーベン1号・2号、今回は「73人」という過去最大の参加者数。東京駅八重洲口に集まった人たちもこれまでとは違う密度があった。

ボランティアバスレーベン号 Japan Quake Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

この便では、通常の瓦礫片付けボランティアの他に10人の別チームを募り、高田高校第二グラウンドの仮設住宅に“花苗植え隊”としてお手伝いに行くことにもなっている。リーダー伊東さんはじめ、リピーターや協力者のアイディア出し、物資提供、カンパで実現に至ったものだ。

また8月20日には、レーベン隊は宮城県東松島市の「ありがとう東松島元気フェスタ」への参加が決まっている。いくつかの出し物のひとつ、ステージパフォーマンス組は、21時から八重洲のカラオケボックスに集まってコーラスの練習をしていた。

ボラバスで現地に行くと「もっとこんなお手伝いができないか」と想像力が高まる。そして「もっと何かしたい」と考える仲間が仕事や地域を超えることは、それを実現する力になる。レーベン隊の活動はますます広がってきた。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 7 so far )

陸前高田市米崎町、「まだ全然終わってない」港でお手伝いの後、新鮮野菜や魚を買う“ミニ復興お買い物ツアー”をしてきた話

Posted on 2011年8月1日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

(「被災地ボランティア10回」の目標は前回達成。ので、タイトルにわざわざ「震災ボランティアXX回め」とか書かないことにしよう。でも本文中に刻もう。今回は11回め。)

金曜日、新潟と福島で記録的な豪雨が降り、宮城や岩手南部も天気が危なそうな気配だった。
なので、以前のボラバス参加の際、福島のSAで買ったてるてる坊主「てるぼう」をザックに付けて、せめて作業が中止にならない程度に天気がもつよう祈る。

てるてる坊主, 陸前高田へのボランティアバス Japan Quake Volunteer Bus to Tohoku (northeastern) region

今回のボラバス乗車メンバーは、63人(申し込みは65人)と過去最高。
1号車は、つくばからの乗客をほぼ満載で東京駅八重洲口に到着。東京駅組は主に2号車に乗り込んだ。
(翌日朝の自己紹介タイムでわかったが、2号車には、レーベン号は初めてだが被災地ボラは3回、5回、といった猛者が多かった。)

「手を貸すぜ 東北」号, 陸前高田へのボランティアバス Japan Quake Volunteer Bus to Tohoku (northeastern) region

早朝に立ち寄った長者原SA(下り)で買ったコーヒーのカップに、「たとえ遠く長い道のりでも、必ず乗り越えられる。日本の力を信じよう」というメッセージが。これ、先週まではなかったものだ。
岩手・宮城・福島では当然重く響くだろう。そして、被災地以外でもこういう言葉の背景や物語はもっと共有されるべきだろう、と思う。

陸前高田へのボランティアバス Japan Quake Volunteer Bus to Tohoku (northeastern) region (さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

陸前高田市小友町、大船渡線がちぎれたところで瓦礫を片付け、恐ろしい地鳴りを聴いた話 (震災ボランティア10回め)

Posted on 2011年7月25日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

今回でついに10回めとなった被災地ボランティアバス参加、行き先は、先週と同じく岩手県陸前高田市。
つくばから沢山の人を乗せてレーベン1号が東京駅に到着、2号(「手を貸すぜ 東北」号)には主に東京組が乗りこむ。

レーベン(「手を貸すぜ 東北」)2号, 陸前高田行きボランティアバス Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

天気予報では土曜日の岩手南部は曇り、最高気温は24℃。
バスは北上し、朝4時ごろ福島松川SAで休憩。いつもなら明るくなりはじめるこの時間、まだ空は薄暗かった。
高速道路脇に「15℃」という気温の表示が見えた。先週より10℃ぐらいは低い。

長者原SAに着くころには青い空が見えたが、この後も曇がたれこめたり晴れ間が見えたりの繰り返しだった。

一関インターチェンジを下りてコンビニに寄った後、車内で自己紹介タイム。
東京発の2号車は、初参加の人、特に女性が多かった。参加理由で印象的だったのは、「ようやく仕事が一段落ついたので」「環境が変わったので」など。被災地のために何かしたいという思いを日常生活で心に留め続けて、やりくりができたタイミングで参加する人がいる、ということには心動かされる。レーベン号がそういう人たちと現地をつなぐきっかけになっていることもとてもいいなぁ、と改めて思った。

コンビニで新聞を買ってみた。地元紙は「岩手日報」と「岩手日日」があったが、一面に「稲わらセシウム汚染 肉牛出荷見合わせ」という見出しがある岩手日日を思わず手に取った。

岩手日日, 陸前高田行きボランティアバス Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

解体工事の御見積は、ぜひ当社へご相談下さい。」という広告。その他の広告にも「復興」「元気になりましょう」「耐震」「がんばろう」などの言葉が。被災地外とは違う現実だ。

岩手日日, 陸前高田行きボランティアバス Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref. (さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 3 so far )

開通したばかりの気仙大橋を渡り、陸前高田でお手伝いしてきた話 (震災ボランティアバス9回め)

Posted on 2011年7月20日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

週末ボランティアバスのレーベン号、今回は“2号”がデビュー、初の二台体制になった。

「手を貸すぜ 東北」, 震災ボランティアバス 陸前高田行き Japan Quake Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

2号の前面・側面そして後部には「手を貸すぜ 東北」という力強いメッセージが。
深夜の東京駅八重洲口でも、現地でも、つまりどこでも目を見張る人が多く、SA停車中には親子連れがバスの前で記念撮影をしていったぐらいの目立ち度だった(笑)。

ぼくは今回、ボラチーム2号車のリーダー(といってもまとめ役ぐらいの役割)として乗り込んだ。

ボランティアバスの中で見る、何度めかの朝日。

夜明け, 震災ボランティアバス 陸前高田行き Japan Quake Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

バスではいつも短い睡眠だけど、この時間は1日の作業を想像して体内をアドレナリンがめぐる。好きな時間だ。

朝、高速を下り、コンビニ立ち寄り後にバス内で自己紹介タイム。
被災地に直接・間接の関わりがあって参加した人自分でつながりを見つけ出した人一度現地を見て考えたいという人今からでも何かできるんじゃないかと申し込んだ人。いろんな声があった。

陸前高田に入る。
7月10日に開通したばかりの気仙大橋(仮橋)を、この日レーベン号は初めて渡った。(東日本大震災の津波で気仙大橋が流されてしまってから、陸前高田市と気仙沼市を行き来するのには最大70kmも迂回する必要があったという。)

橋の手前には出光マークのガソリンスタンドがある。このスタンドは、津波で半ば壊れた建物のまま、「がんばろう日本」というのぼりをいくつも立てて営業中だ。

気仙大橋を渡る, 震災ボランティアバス 陸前高田行き Japan Quake Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

気仙大橋を渡る, 震災ボランティアバス 陸前高田行き Japan Quake Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

仮設橋は、崩壊した橋のすぐ横に建設されている。
橋を渡るとき、Androidで撮った写真と共にTweet(「陸前高田、開通したばかりの気仙大橋!」)したところ、欧州に住む人から「まだクルマがそのままなのと、反面、復興の様子を見せてくださるので、とてもインパクトがある」というコメントをもらう。なるほど、「破壊」と「再生」が混じり合った、今の被災地の象徴的な姿かもしれない。

陸前高田市街が元あった地域”を過ぎ、バスは内陸へ向かう。

波で被災した陸前高田, 震災ボランティアバス Japan Quake Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

陸前高田の災害ボランティアセンターは小規模だが、すでに到着したボランティアたちやスタッフで活気づいていた。

陸前高田ボランティアセンター, 震災ボランティアバス Japan Quake Volunteer Bus to Rikuzentakata, Iwate pref.

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 7 so far )

酷暑の大船渡で、畑の草取り&ブルーベリーお届け隊をしてきた話 (震災復旧ボランティア8回め)

Posted on 2011年7月11日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

5月に初めてボラバスに乗って気仙沼へ行き(「気仙沼で1日ボランティアをし、陸前高田を見てきた話」)、瓦礫整理のお手伝い中に「あと10回、いや最低でも5回は来よう」と決意してから毎週さまざまな被災地ボラを経験し、今回でついに8回め。区切りの10回がいよいよ近づいてきた(別にやめるわけじゃありませんが)。

ボラバスレーベン号、今回は初めての目的地である岩手県大船渡市へ。
金曜22時にTXつくば駅発、24時東京駅八重洲口経由、朝に大船渡に着いてお手伝いをし、温泉に入って帰路へ。到着は日曜早朝の3~4時という0泊3日コース

大船渡へのボランティアバス Japan Quake Volunteer Bus to Ofunato, Miyagi pref.

今回も、レーベン号は避難所などにお届けする物資をいくつか搭載。

2週間以上も前から、リーダーのIさんが大船渡でコーディネートをされているUさんと連絡を取り、Facebookのレーベン号グループであれこれ話し合いながら調達したもの。
なかでも「摘みたてブルーベリー+ヨーグルト」は今回の目玉で、Oさんが発案し、知り合いのブルーベリー畑所有の方の協力で実現。前日につくばで“ブルーベリー娘”(自称)たちが摘んだ新鮮なブルーベリーを小分けして発泡スチロール箱に氷と共に詰め、一緒に召し上がっていただこうとヨーグルトを立花社長が手配され、代金は有志でシェア。…と、今回のバスに乗る・乗らないに関わらず、多くのレーベン号リピーターの力で実現したものだ。

朝6時半ごろ、バスは一関ICを降りる。出口には「平泉 世界遺産 登録決定」の看板が。
すでに空は晴れ渡り、気温も高い。

大船渡へのボランティアバス Japan Quake Volunteer Bus to Ofunato, Miyagi pref.

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

宮城の南三陸町に初めて行き、沢山の屋根瓦を拾い集めた話 (震災ボランティア7回め)

Posted on 2011年7月4日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

週末の土曜日(7月2日)はボランティアバスで被災地行き。今回で7回めになる。
23時30分ごろ東京駅八重洲口へ行くと、もうレーベン号は到着していた。

南三陸町へのボランティアバス Volunteer Bus to Minamisanrikucho, Miyagi pref.

今回からは、こんな新兵器も搭載。

新型土のうスタンド, 南三陸町へのボランティアバス Volunteer Bus to Minamisanrikucho, Miyagi pref.

バスは、初めての目的地である宮城県本吉郡南三陸町へ向かう。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 5 so far )

震災100日めの日、気仙沼で「南郷泥アゲ大作戦」に再び参戦してきた話 (被災地ボランティア6回め)

Posted on 2011年6月19日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

週末(6月18日)は“レーベン号”での気仙沼へのボランティア。6回め。

今回は試みとして「つくば発東京経由」となり、10人がつくばから、16人が東京駅前から乗り込んだ(らしい)。
24時近いというのに、八重洲口は明るく賑やか。飲み会帰りの陽気な勤め人たち、各地へ向かう深夜バスに乗る人たちなど、人はかなり多い。寝静まった感じのあるつくば駅前とは違うので、ちょっと面喰らう。高速に乗ってからも、かなりの間窓外の景色はキラキラしていた。

レーベン号、東京駅着。これから気仙沼行きます。

今回のボラバスでは、参加者にスケジュールや決まりごとを書いたペラ一を配布してみた。
こないだ立ち上げたFacebookグループでやりとりし、レーベンさんにも許可をもらって「初参加者向けにこんな説明があれば安心では?」という内容を盛り込んだもので、これのお陰でチームの動きはこれまでよりちょっときびきびしていたと思う。

ちょっと背景を説明すると、瓦礫撤去などのボランティアは思ったより長丁場になるのでは、とぼくは思っている。今「暑くなる前に」と言われているが、夏を過ぎれば「寒くなる前に」「雪が降る前に」という掛け声が出てくるだろう。
単に「連れて行ってもらい、決められた枠内で働く」のではなく、ボラの効率を上げたり、参加者の満足度を高め、“レーベン隊”の層を厚くしていきたいという思いがリピーターたちにはある。
今後現地のニーズも変わるだろうが、レーベン号の仲間と共に何らかのかたちで長く続く支援を模索できたらいいなぁ、と。

今日のお手伝い内容は、先々週の南郷地区に再び伺って「南郷泥アゲ大作戦 第2戦」への参加。

南郷泥アゲ大作戦 第2戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref.

今回からレーベン号の道具には「バチツル」2本が加わった。
油が浸みこみ瓦礫を巻き込みつつ固まった泥は実に厄介で、これを突きほぐすのにツルハシはとてもいい。ついでにいえば、力仕事に慣れないホワイトカラーが扱うなら1.5kgぐらいがいい。

南郷泥アゲ大作戦 第2戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref.

午前の作業場所では、排水溝内で乾いてカチカチに固まった土と戦う。泥というより「地面」で、ところどころ草も生えたりしている。

南郷泥アゲ大作戦 第2戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref.

3チームに分かれて作業を進め、ちょうど昼前には反対側も含めてほぼ片付いた。

南郷泥アゲ大作戦 第2戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref. (さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...