4か月ぶりの南三陸町でお手伝いし、気仙沼の復興屋台村で特別なホルモンとビールを味わった話

Posted on 2011年11月18日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

2011年11月11日(金)出発、週末0泊3日のボランティアバス「レーベン号」、25回めのお手伝いの記録。

ぼくが行ったのは4か月ぶりの南三陸町。「ある程度片付いている」と説明されて入った波伝谷(はでんや)の海沿いの建物跡地は、掘れば掘るほど瓦礫が出てきた。お手伝い後、気仙沼に向けて45号線を北上するバスから、歌津を経て本吉町、大谷海岸など、気仙沼市南部の津波被害を初めて見る。改めて3.11震災のすごさを感じた。気仙沼では、港沿いにプレオープンした仮設飲食店街「気仙沼横丁」で“格別な”ホルモンとビールを堪能した。

小雨が降ったりやんだりを繰り返す、23時前の日比谷公園前。今夜は1号車が久々の目的地である宮城県本吉郡南三陸町へ、新2号車はいつもの岩手県陸前高田市に行く。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

今夜も2台のバスは満席だ。
ぼくにとってはバスに乗るのが“日常”となり、つまり渦中にいるから客観視は難しいが、震災から8ヵ月という時期に、1週間前から参加者募集をはじめてバス2台が3日で埋まること今でも「東北被災地は初めて」という参加者が2~4割はいること。また、バス半分をヘヴィーなリピーターが占めるときもあること。これらを考えると、レーベン号はもう復旧・復興運動の立派な一部だといっていいと思う。

さらに、この夜は1号・新2号の他にバスコップ号(旧レーベン2号で、山元町のスコップ団を手伝いに行くツアー)も日比谷に来ていた。1号38人、新2号38人、そして旧2号40人、合計116人が東北へお手伝いに行くために結集したのだ。この時期、バカみたいな規模だ(褒め言葉です)。

仮設のファミリーマート、志津川廻館店

ぼくが乗る1号車は、朝7時半ごろに南三陸町の中心部にほど近い仮設のファミリーマート(志津川廻館店)に立ち寄った。営業している店が限られているからか、店の駐車場には車が頻繁に出たり入ったりしている。

ファミリーマート志津川廻館店, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

この店は8月5日にオープンしたらしい。

「ファミリーマート志津川廻館店」を、8月5日(金)朝7時に開店|FamilyMart
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2011/110802_2.html

仮設店舗の横には、土台だけになった店舗跡があった( Googleストリートビュー には、津波で破壊される前の姿が残っている。)。

ファミリーマート志津川廻館店, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

周りの荒れ地を眺めながら店の周りを散歩していると、白黒猫(オス)が日向ぼっこしていた。肉付きがいい。お店の人によくしてもらっているんだろう。

ファミリーマートの猫, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

一カ月ぶりの陸前高田で、この時期予想外の大きな瓦礫たちを運び、農家の人が立ち働く姿をうれしく眺めた話

Posted on 2011年11月4日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

一カ月ぶりに行った陸前高田。お手伝い先は、広田半島の広田町。意外にもハードな瓦礫運びで、この仕事が残った理由は現場に行ってみて納得した。被災地の復旧プロセスはさまざまだ。現地・現場を見なければわからないことが沢山ある。広大な畑に、草刈りや瓦礫片付けをする町の人の姿もあった。少しずつ動き出している。ボラセンにニーズが届いている以上、できるお手伝いを続けたい、と改めて思った。

レーベン号にとって23回めの東北被災地でのお手伝いとなった、2011年10月28日発の便。今回は陸前高田行きの1号車だけだ。前回、牡鹿半島行き2号車が悪路で故障してしまったため。
ぼくは今回お休みしようと思ったが、リーダーの伊東さんが前日から住田町基地(内陸部にあるボランティア向けの宿泊施設)に向かうことになったため、1号車に乗せてもらうことになった。

今日乗車するのは36人。最近は2台分、倍の人数の賑わいに慣れていたので、待ち合わせ場所もやや寂しい感じがするのは否めない。

日比谷, 陸前高田市広田町でボランティア(レーベン隊) Volunteer at Hirotacho, Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

この日は、立花社長と何人かのリピーターが乗った乗用車が牡鹿半島へ向かった。2号車を修理・改修するため。安達太良SAで、社長たちが乗った車、そして宮城県の山元町で活動中のスコップ団に参加するメンバーたちの車と落ち合う。しばらく談笑した後、それぞれの行き先へと別れた。

金成SA、朝6時ごろ。朝焼けの赤みが残る、冬っぽく冴えた空。

金成SA, 陸前高田市広田町でボランティア(レーベン隊) Volunteer at Hirotacho, Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

一関ICを降り、いつものセブンイレブン一関川崎店に立ち寄る。
朝食と一緒に買った岩手日報に、一面の意見広告が。「復興より先に、やるべきことはないと思う。 NO! TPP 「食」と「農」を守ろう!!」。JAいわてのもので、大きく使われている写真は陸前高田らしい。

岩手日報, 陸前高田市広田町でボランティア(レーベン隊) Volunteer at Hirotacho, Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

牡鹿半島でのお手伝い3回め、大原中仮設住宅で漁業再開に向けたお手伝いをしてきた話

Posted on 2011年10月25日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

2011年10月21日発レーベン2号、牡鹿半島での3回めのボランティア。
小雨だが屋内作業となり、半島中央の大原中学校跡の仮設住宅へ。バスがぬかるんだ坂を上がる際、後部をこすってしまう。22回めにして初のトラブル。お手伝い内容は、漁師の方のお話を伺いながら体育館での漁具・漁網作り。2号は結局動かさないことになり、陸前高田行き1号車、高田でお借りしたマイクロバスに分乗して帰路についた。濃い週末。

23時ごろ、日比谷は雨。これから行く陸前高田や牡鹿半島を含めて東日本の大部分が雨らしい。

日比谷の二号車, 牡鹿半島大原でボランティア Volunteer at Ohara, Oshika Peninsula, Miyagi pref. Deeply Affected Area by the Tsunami

1号車には、気仙沼のCさんからの要請で集められた沢山の毛布が積みこまれた。

日比谷の一号車, 牡鹿半島大原でボランティア Volunteer at Ohara, Oshika Peninsula, Miyagi pref. Deeply Affected Area by the Tsunami

牡鹿行き2号車には今回41人が申し込みをし、40人が乗車。うちレーベン号に初めて乗る人が21人。東北被災地に初めて行くという人が10人ほど。リーダーとしてしっかりやろう、と気を引き締める。

朝、石巻を通過中に雨はいったん収まったが、牡鹿半島に入ると再び降りはじめた。
鮎川浜へと南下する道路は、地震でひび割れが多数あり、路肩が崩れている箇所や、台風でゆるんだ斜面から土砂が滑り落ちたところもある。修復のための片側通行止めも常に何カ所かある。

牡鹿半島大原でボランティア Volunteer at Ohara, Oshika Peninsula, Miyagi pref. Deeply Affected Area by the Tsunami
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

牡鹿半島の小渕浜で2回めのお手伝いをし、表浜名産のアナゴを沢山いただいた話

Posted on 2011年10月18日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

2011年10月14日(金)、レーベン2号は2回めの牡鹿半島へ。東京は夕方から雨、現地の天気予報も明日は小雨と告げていたが、37人の申し込み者のうちドタキャンはゼロ。
今回の参加者の多くは被災地ボランティア経験者であり、「ボランティア不足」といわれる牡鹿半島の現状に関心を抱く人たちだった。お手伝い場所は前回に続いて小淵浜。個人宅の裏の斜面で草取りや瓦礫片付けを。
昼休みや作業後には、網元であるそのお宅が獲ったという穴子の炭焼きなどを沢山食べさせていただく。ギリギリ津波を逃れることができたそのお宅は、8月まで避難所になっていたことなど、貴重な話も伺うことができた。

小雨の日比谷に、沢山の参加者が集まってきた。女性の1人参加が目立つ。

日比谷, 牡鹿半島小渕浜でボランティア Japan Earthquake Recovery Volunteer at Kobuchihama, Oshika Peninsula, Miyagi pref. Deeply Affected Area by the Tsunami

土曜は陸前高田も牡鹿半島も弱い雨の予報だったが、やや回復しそうな気配。
2号車には@uqaが買ってきた「幸せの黄色いてるぼう」がぶら下がっていた。

牡鹿半島小渕浜でボランティア Japan Earthquake Recovery Volunteer at Kobuchihama, Oshika Peninsula, Miyagi pref. Deeply Affected Area by the Tsunami

朝。バスは石巻街道を行く。傾いた電柱、一階部分が被災し人の気配がない家々が連なっている。重い雲の下、憂鬱な眺めだ。

石巻, 牡鹿半島小渕浜でボランティア Japan Earthquake Recovery Volunteer at Kobuchihama, Oshika Peninsula, Miyagi pref. Deeply Affected Area by the Tsunami
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

レーベン号の東北被災地行き20回め、「ボランティア不足」の情報を見て宮城県の牡鹿半島でお手伝いしてきた話

Posted on 2011年10月14日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

2011年9月30日(金)、ボランティアバスレーベン号の震災被災地行きは、ついに20回めを迎えた。

牡鹿半島小渕浜でボランティア Japan Earthquake Recovery Volunteer at Oshika Peninsula, Miyagi pref. Deeply Affected Area by the Tsunami

4月29日の1回め、石巻に始まり(このときぼくはまだ参加せず)、気仙沼南三陸町東松島大船渡、そして最近は陸前高田に通っている。悪天候による中止を除き、バスは毎週欠かさず東北へ向かう。2回め以降はぼくもずっと参加中だ。

すごいことだと思う。
半年を過ぎてなお、レーベンさんが手弁当でバスを出し続けていることも、今も毎週70人が集うことも(集まりが厳しいときもあるけど)。

9月末のある日、石巻市牡鹿ボランティアセンター(@ishinomakiovc)さんのこんなTweetを目にした。

3.11震災が起こると、Twitterでは「○○地方は今どうなってますか」「××が足りません。送ってください」「△△さんを探しています」といった声が爆発的に飛び交った。そういう声に多くの人が素直に共鳴し、情報を提供し物資を集め専門スキルを提供し──という自発的な動きを見せた。「3.11震災を機に日本は変わる」と感じた人も少なくなかったはずだ。

毎週東北に行っているぼくだが、帰路にバス内で行われる感想タイムで、初参加の人の感想に教えられることが多くなってきた。あまり自覚はないが、慣れで感覚が鈍り、見たもの・感じたことを、パターンに当てはめて判断することが増えたためだろう。お手伝いに行っている先にちゃんと目が向いているか注意深く耳を傾けているか、と自問することがある。

牡鹿VCのTweetを見て、あの頃の感覚がちょっと蘇った気がした。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

3.11震災から200日。「被災地にもう人手は不要では」と思う人にこそ読んでほしい、陸前高田市竹駒町でお手伝いしてきた話

Posted on 2011年10月4日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

震災から200日あまり。先週レーベン隊がお手伝いした陸前高田市竹駒町の河原は、ボランティアが初めて入った場所だ。大量の生活用具、そして忘れ難いものが見つかった。「まだボランティアに?」「半年たてば不要でしょ」という人にこそ読んでほしい。

陸前高田ボランティアセンターで活動する@HELPtakataさんは、現地がまだまだ手助けを必要とする背景についてこうTweetしている。

2011年9月30日(金)、19回めの東北へのお手伝いに向かうボランティアバスレーベン号。
23時30分ごろの日比谷公園前は、出発を待つ人たちに何人かの見送り組も混ざり、賑やかだ。

陸前高田市竹駒町でボランティア(レーベン隊) Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

朝、バスが一関ICを降りたところで自己紹介タイムが始まる。

この日の2号車は「被災地に行くこと自体初めて」の人が1/4、「被災地入りした経験はあるがレーベン号は初めて」の人が同じく1/4ほどいた。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 6 so far )

陸前高田市高田町、側溝から半年前の生活の遺物をかき出し、被災地でのお手伝いについて自分を戒めた話

Posted on 2011年9月20日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

2011年9月16日(金)、ボランティアバスレーベン号の東北でのお手伝い17回めの記録(ぼくは16回め)。

23時前、東京の集合場所である日比谷公園前に着くと、公園からは沢山の陽気な人たちが吐き出されているところだった。園内で行われていた「オクトーバーフェスト」が終わったのだ。
東北へのバスに乗るぼくも、彼らと違う意味で高揚した気分でここに来た。

つくばからの参加者を乗せた一号が、珍しく先に日比谷に到着。後で社長に伺うと、二号は直前までサスペンションを修理中だったため遅れたという。毎週一号・二号は、震災で未修復の悪路を含めて約1000kmもの道のりを踏破している。部品の修理・交換がちょくちょく必要なほど、バスは傷んでいるのだ。

雨が降り始めた日比谷公園、レーベン1号だけ着いてます。

二号を待つ間に局地的な大雨に見舞われる。なかなか野趣に富んだ回だ。早速参加者の間に、自分は雨女だ晴れ男だという会話が起こっていた。

深夜、東北へ向けて進む二号の中で、ぼくはしばらくFacebookのレーベン号グループの会話を読んでいた。この夜熱かったトピックは、今週福島市社会福祉協議会が告知した「除染ボランティア募集」について。

ぼくは以前、友人の実家がある相馬市を訪れたことがある。
レーベン号に乗り始めてから、福島を通過し岩手や宮城にばかり向かうことに、正直いえば後ろめたい思いを感じている。福島のボランティア受け入れ状況などは何度か調べた。が、レーベン号にコミットしてからは機会を逸してきた。

同じ震災被災地でも、岩手・宮城と違って福島の問題ははるかに複雑だ。
「原発災害をどう捉えるか」「そこで生きる人たちをどうサポートするのか」「行くことのリスクは」など論点がありすぎて、大抵の人は臆し、どこかで見聞きした一般論のコピーを語る。被災地に強く関心を持つ人でさえ、他人の「蛮勇」や「臆病」の批判となることを恐れて、無用に玉虫色の表現になったりする。

ともかくこの夜、「自分は福島とどう関わるべきか」という何度めかの逡巡をしていた。

朝。参加者の多くは、まだスヤスヤ。ぼくはこの時間、もうアドレナリンが溢れている(笑)。

陸前高田市高田町でボランティア, 「手を貸すぜ 東北」レーベン号 Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...