ツールとツール屋の話(「草の根活動家のためのツール会議」に参加して)

Posted on 2012年12月3日. Filed under: アクティビズム, パタゴニア | タグ: , |

2008年に松原広美さんのブログ記事(残念ながらGreenzさんはサイトリニューアルの際にこの記事を削除しちゃったようなので、Wayback Machineでどうぞ→ Tools for Grassroots Activist By Patagonia )で見て強烈な印象を受け、それ以来(たぶん)何度もTumblrでquoteしたり頭の中で反芻などをしてきて、もうぼくの一部になっているような言葉だけど、やっぱり冒頭で引用しておこう。

「公正な社会では最良の情報を得るものが勝つ。しかし、私たちは公正な社会を相手にしているわけではない。私たちは、敵が戦いに使うツールと同じツールを使って戦う必要がある。そしてもっと賢く、もっと巧妙にやらなければならない。成功した革命はすべて、上からではなく、下から始まったという事実を忘れてはいけない」
イヴォン・シュイナード(パタゴニア創業者)

2012年11月30日から12月2日までの3日間、山梨県の清里高原「清泉寮」で行われたパタゴニアの「ツール会議(草の根活動家のためのツール会議 TOOLs for Grassroots Activists Conference in Japan)」に参加してきた。光栄なことに講師の一人として。

パタゴニア:環境保護への行動:草の根活動家のための「ツール会議」
http://www.patagonia.com/jp/patagonia.go?assetid=16778

TOOLs for Grassroots Activists Conference in Japan

ツール会議は、環境問題へのさまざまなラディカルな取り組みで知られるパタゴニアの施策の中でも、創業者イヴォンが特に気に入っているものだという。そして3日間ご一緒したパタゴニアの社員の人たちからも「一番好き」「とても気に入っている」という声をいくつも聞いた。

振り返ってみると、かなり特別な3日間だった。なので、いつもなら“いいことはシェアしてナンボ”主義のぼくだけど、どんなことがあって何を感じたかをあまり詳しく書く気がしないぐらいに。

というわけで、いくつか点描を。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( ツールとツール屋の話(「草の根活動家のためのツール会議」に参加して) はコメントを受け付けていません。 )

「STOP無印良品キャンペーン」でぼくが見つけた5(+1)つの果実

Posted on 2010年12月23日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

STOP!! 無印良品 in 東京」報告集会に参加した後、考えたことのまとめ。
会の様子はこちらをどうぞ。

「無印のイスラエル出店反対キャンペーンは無印に反対したのでなく守ったのではないか」とか
https://nakanohajime.wordpress.com/2010/12/19/stopmuj/

(この原稿は上記のレポートを書いた直後に粗方できていたけど、バタバタしていて見直すことができず、時間が空いた割にはあまり推敲せずに出しちゃうものです)

企業に「ちゃんとしてほしい」と働きかけることの可能性

「STOP無印」運動は、ターゲットとする企業に激しく敵対することなく進められた。
無印良品というブランドには運動の中核にいた人びとすら認める魅力があり、それが運動のデザインや広がり方にも影響した面がある。問題を知って広めた人たちも、「イスラエル出店」という発表への怒りだけでなく、多くはファンであるがゆえの「残念さ」や「悲しみ」を抱いていたから言葉も厳しいものにはなりえなかった。これは株式会社良品計画という企業にとっては冥利に尽きる話じゃないだろうか。

企業は商品やサービスを提供し、利用者はお金を払うというサイクルで成り立つこの社会では、多くの人は企業を一方的に断罪するような立場には立てない。企業に対して「好きだけど、もっとちゃんとしてほしい」といった思いを抱く場合もしばしばある。こういうアンビバレントな関係を理解し織り込んだうえで運動を進めることが、広くアピールするためには必要なのではないかと思った。

ついでに。企業に対する行動となると、「企業というのは邪悪な金儲けマシーンであって、倫理的行動など期待すべくもない」、ついでに「だから企業はやっつけるしかない」といった嫌儲や陰謀説をベースにしたような企業観を口にする人が一定数現われる。が、企業の「良識」を問うた今回のような運動は、企業に対する不信感しかなければ違ったアプローチになっただろうし、またその場合は今回のような結果も得られなかったのではないかと思う。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 「STOP無印良品キャンペーン」でぼくが見つけた5(+1)つの果実 はコメントを受け付けていません。 )

Tumblr×アクティビズム:メディアの活用事例に「拡散プラットフォーム」としての可能性を学ぶ(1)

Posted on 2010年10月28日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

ウェブ×アクティビズムねた。

日本では、Tumblrを企業や団体が活用しているケースは数年前と変わらず結構少ない。Tumblrは体験せずに面白さを想像するのがとても難しいサービスだし、グレーゾーンのコンテンツが溢れているのも忌避される理由のひとつかもしれない。

が、たまたま見かけたニュース、「LITE / Parabolica Recordsが29日間連続の怒濤ツアーを実施!」に載っていたこのTumblrや、

Parabolica Records
http://parabolicarecords.tumblr.com/

「リアル!未公開映画祭」公式サイトと連携したTumblrアカウントの

松嶋×町山 未公開映画祭 クリップ
http://mikoukai.tumblr.com/

など見る限り、胎動はありそうだ。

拡散・撹拌プラットフォーム”としてのTumblrをアクティビズムに活用できる可能性についてちゃんと考えてみたいなぁ、と思っていたらMashableにこんなトピックがあった。

12 Essential News Media Tumblrs You Should Follow
http://mashable.com/2010/10/03/news-media-tumblrs/

確かに英語圏では、ニュースや雑誌のオンラインメディアがTumblrを出張所のように使っているケースをよく見る。ジャーナリストはTumblrに何かを嗅ぎ取っているんじゃないだろうか? そんな仮説を持ちつつ、挙がっているサイトをチェックしてみた。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...