陸前高田の気仙町で瓦礫片付けをし、気仙沼横丁で「今できることを」というメッセージにうなずいた話

Posted on 2011年11月23日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

2011年11月18日(金)、ボランティアバス「レーベン号」、26回めの東北被災地でのお手伝いの記録。

22時半ごろ、リュックを背負い、支援物資の座布団5枚(大船渡の集会場で使われる予定)を入れた紙袋を両手に提げて、レーベン号が待つ日比谷へ向かう。
そういえば前の週は気仙沼への毛布だった。リュックを背負いかさばる荷物を抱えながら歩くと、震災直後を思い出す。被災地に送るため、粉ミルクや紙おむつを買って歩いた記憶。

日比谷。バス2台に参加者が乗り込んでいく。一号は宮城県の南三陸町行き、二号は岩手県の陸前高田市行き。ぼくは今日は二号車に乗る。

日比谷, 陸前高田市気仙町でボランティア(レーベン隊) Volunteer at Kesencho, Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

土曜日の陸前高田は、ちょうど活動時間にあたる9時から15時までが小雨の予報。バス内の「てる坊」と、翌日の自己紹介でわかった何人かの「晴れ女」パワーで天気はもつだろうか。

陸前高田市気仙町でボランティア(レーベン隊) Volunteer at Kesencho, Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

4か月ぶりの南三陸町でお手伝いし、気仙沼の復興屋台村で特別なホルモンとビールを味わった話

Posted on 2011年11月18日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

2011年11月11日(金)出発、週末0泊3日のボランティアバス「レーベン号」、25回めのお手伝いの記録。

ぼくが行ったのは4か月ぶりの南三陸町。「ある程度片付いている」と説明されて入った波伝谷(はでんや)の海沿いの建物跡地は、掘れば掘るほど瓦礫が出てきた。お手伝い後、気仙沼に向けて45号線を北上するバスから、歌津を経て本吉町、大谷海岸など、気仙沼市南部の津波被害を初めて見る。改めて3.11震災のすごさを感じた。気仙沼では、港沿いにプレオープンした仮設飲食店街「気仙沼横丁」で“格別な”ホルモンとビールを堪能した。

小雨が降ったりやんだりを繰り返す、23時前の日比谷公園前。今夜は1号車が久々の目的地である宮城県本吉郡南三陸町へ、新2号車はいつもの岩手県陸前高田市に行く。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

今夜も2台のバスは満席だ。
ぼくにとってはバスに乗るのが“日常”となり、つまり渦中にいるから客観視は難しいが、震災から8ヵ月という時期に、1週間前から参加者募集をはじめてバス2台が3日で埋まること今でも「東北被災地は初めて」という参加者が2~4割はいること。また、バス半分をヘヴィーなリピーターが占めるときもあること。これらを考えると、レーベン号はもう復旧・復興運動の立派な一部だといっていいと思う。

さらに、この夜は1号・新2号の他にバスコップ号(旧レーベン2号で、山元町のスコップ団を手伝いに行くツアー)も日比谷に来ていた。1号38人、新2号38人、そして旧2号40人、合計116人が東北へお手伝いに行くために結集したのだ。この時期、バカみたいな規模だ(褒め言葉です)。

仮設のファミリーマート、志津川廻館店

ぼくが乗る1号車は、朝7時半ごろに南三陸町の中心部にほど近い仮設のファミリーマート(志津川廻館店)に立ち寄った。営業している店が限られているからか、店の駐車場には車が頻繁に出たり入ったりしている。

ファミリーマート志津川廻館店, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

この店は8月5日にオープンしたらしい。

「ファミリーマート志津川廻館店」を、8月5日(金)朝7時に開店|FamilyMart
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2011/110802_2.html

仮設店舗の横には、土台だけになった店舗跡があった( Googleストリートビュー には、津波で破壊される前の姿が残っている。)。

ファミリーマート志津川廻館店, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

周りの荒れ地を眺めながら店の周りを散歩していると、白黒猫(オス)が日向ぼっこしていた。肉付きがいい。お店の人によくしてもらっているんだろう。

ファミリーマートの猫, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

レーベン号サポーターズ100人突破記念飲み会がサプライズ×2だった話

Posted on 2011年11月15日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

昨日(2011年11月14日)は、ボランティアバス「レーベン号」参加者のFacebookグループ「ネコバス☆レーベン号サポーターズ」のメンバー100人突破記念の飲み会だった。
参加してくれたのは約60人。そしてグループの方は、パーティーの開催を告知してから当日までも参加者が増え続け、現在140人を超えたところ。

レーベン号に何度も乗り合わせ、東北で共に汗を流し汚れにもまみれた仲間だから、飲み会をやったら楽しいのは当然だけど、予想を超えてえらく盛り上がった。

実はサプライズを仕込んでいた

実はこの飲み会には裏テーマがあって、それは11月15日に誕生日を迎える立花社長へのサプライズお祝いをやること。
そこで、何人かで密かに話し合って開催日を勝手に11月14日に決定。また、陸前高田でレーベン号を応援してくれる方や、気仙沼プラザホテルのマネージャーさん、そしてアメリカに住む社長の娘さんとお孫さんからもお祝いメッセージのビデオを送ってもらった。

そしてバースデーケーキは、気仙沼の復興のためにがんばっているコヤマ菓子店さんに作ってもらった、社長の似顔絵と「手を貸すぜ東北」バスが描かれたもの
(ここはメンバーのユメコさんがこだわったところ。本当にいいアイディアだったと思う。)

Birthday cake fot Shacho (taken by Kimura)

(写真:木村研太)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

陸前高田市高田町、側溝から半年前の生活の遺物をかき出し、被災地でのお手伝いについて自分を戒めた話

Posted on 2011年9月20日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

2011年9月16日(金)、ボランティアバスレーベン号の東北でのお手伝い17回めの記録(ぼくは16回め)。

23時前、東京の集合場所である日比谷公園前に着くと、公園からは沢山の陽気な人たちが吐き出されているところだった。園内で行われていた「オクトーバーフェスト」が終わったのだ。
東北へのバスに乗るぼくも、彼らと違う意味で高揚した気分でここに来た。

つくばからの参加者を乗せた一号が、珍しく先に日比谷に到着。後で社長に伺うと、二号は直前までサスペンションを修理中だったため遅れたという。毎週一号・二号は、震災で未修復の悪路を含めて約1000kmもの道のりを踏破している。部品の修理・交換がちょくちょく必要なほど、バスは傷んでいるのだ。

雨が降り始めた日比谷公園、レーベン1号だけ着いてます。

二号を待つ間に局地的な大雨に見舞われる。なかなか野趣に富んだ回だ。早速参加者の間に、自分は雨女だ晴れ男だという会話が起こっていた。

深夜、東北へ向けて進む二号の中で、ぼくはしばらくFacebookのレーベン号グループの会話を読んでいた。この夜熱かったトピックは、今週福島市社会福祉協議会が告知した「除染ボランティア募集」について。

ぼくは以前、友人の実家がある相馬市を訪れたことがある。
レーベン号に乗り始めてから、福島を通過し岩手や宮城にばかり向かうことに、正直いえば後ろめたい思いを感じている。福島のボランティア受け入れ状況などは何度か調べた。が、レーベン号にコミットしてからは機会を逸してきた。

同じ震災被災地でも、岩手・宮城と違って福島の問題ははるかに複雑だ。
「原発災害をどう捉えるか」「そこで生きる人たちをどうサポートするのか」「行くことのリスクは」など論点がありすぎて、大抵の人は臆し、どこかで見聞きした一般論のコピーを語る。被災地に強く関心を持つ人でさえ、他人の「蛮勇」や「臆病」の批判となることを恐れて、無用に玉虫色の表現になったりする。

ともかくこの夜、「自分は福島とどう関わるべきか」という何度めかの逡巡をしていた。

朝。参加者の多くは、まだスヤスヤ。ぼくはこの時間、もうアドレナリンが溢れている(笑)。

陸前高田市高田町でボランティア, 「手を貸すぜ 東北」レーベン号 Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

陸前高田市広田町で再びお手伝いし、震災半年後の被災者アンケートに大きな無情・無策を感じた話

Posted on 2011年9月15日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

2011年9月10日(土)、「東日本大震災から半年」の前日、レーベン号に乗って岩手県陸前高田市でお手伝いをしてきた。レーベン号の被災地行きは今回で15回め、ぼくは14回めになった。

リピーターの多いレーベン号は、つくばにも東京にもほぼ毎回数人の“お見送り隊”がいる。文字通りの見送り、支援物資の持参、進行中の企画のちょっとした打ち合わせなどのためだ。

今回も出発前、参加経験者の方が支援物資を車に満載で届けに来てくれ、お子さんと共にレーベン号に書かれたメッセージを眺めていた。

陸前高田市広田町でボランティア (「手を貸すぜ 東北」レーベン隊) Volunteer for Recovery Supprt at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

バスが出ると、消灯までの短い時間で「ご参加ガイド」を配りスケジュールや注意事項を説明する。
その際に挙手してもらうのだが、今回も「被災地へはまったく初めて」の人が数人。最近増えたのは「レーベン号以外で何度か被災地入りした経験あり」という人の参加だ。自治体やNPOなどのボラバスが終息しつつあるのも、理由のひとつだろう。

深夜、事故渋滞に巻き込まれたようだ。

陸前高田市広田町でボランティア (「手を貸すぜ 東北」レーベン隊) Volunteer for Recovery Supprt at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

ぼくはこの2日前に富士山に登ってきたので( 吉田口登山道を麓から歩いて富士山に登る )、ともかく寝て回復することに専念。週末の“家”レーベン2号は本当に落ち着く…。

いつもより手前、安達太良サービスエリアで迎える夜明け。
秋を感じさせる高い雲が広がる。

陸前高田市広田町でボランティア (「手を貸すぜ 東北」レーベン隊) Volunteer for Recovery Supprt at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

陸前高田市米崎町、ある個人宅の“庭”で芝と格闘し、ボラセンに「手を貸すぜ 東北」缶バッジを“納品”もしてきた話

Posted on 2011年9月5日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

(レーベン号の震災被災地でのお手伝いは15回め、ぼく自身は14回め。この週末、台風12号の影響でボラセンが休みとなり、レーベン号も休み。これは先週末、2011年8月27日のお手伝いのメモ。)

雨の中、途中で落し物(iPhone)を拾って交番に届けたりしたため、いつもより遅れて23時10分ごろに日比谷公園前に着くと、すでにレーベン2号には多くの人が乗っていた。

雨の日比谷公園前, 陸前高田でボランティア (「手を貸すぜ 東北」レーベン隊) Japan Earthquake Recovery Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami

やや遅れてつくばから1号車が到着、今回も1号車31人、2号車38人、合計69人と2台ほぼ満載で陸前高田へ出発。
2台の車体には、先週「東松島元気フェスタ」(参考:「“ありがとう”東松島元気フェスタ」でいろんなお手伝いをし、想いの詰まったメッセージだらけのボラバス2台で帰ってきた話」)で書かれたメッセージがほとんどそのまま残されている。深夜北上するバスの中でそのことを思い出し、ちょっとあたたかい感じがした。

朝、空は晴れた。気仙沼の唐桑では、すばらしくきれいな空と地と海。

唐桑, 陸前高田でボランティア (「手を貸すぜ 東北」レーベン隊) Japan Earthquake Recovery Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami

リアス式の尾根に刻まれた入江に、養殖用らしき筏(いかだ)がポツポツと浮かんでいるのが見えた。
こないだ気仙沼の牡蠣いかだの状況をちょっと調べてみたら、意外にも速いスピードで復旧しつつあることを知った。力強いなぁ、と思う。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

「“ありがとう”東松島元気フェスタ」でいろんなお手伝いをし、想いの詰まったメッセージだらけのボラバス2台で帰ってきた話

Posted on 2011年8月26日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

(レーベン号の東北でのお手伝いは今回で14回め、ぼくは13回め。
言い訳だけど、ぼくがずっと追ってきた中東リビアの情勢が今週激しく動き出したためそっちに夢中で、今夜また陸前高田に行く金曜日の夕方にこれを急いで書いてます。)

ボラバスレーベン号の東北被災地でのお手伝い、8月19日便は“番外編”で、宮城県東松島市での「“ありがとう”東松島元気フェスタ」というお祭りのお手伝いに行ってきた。

今回から、東京の出発場所は帝国ホテルそばの日比谷公園前。

日比谷公園前, ボラバスレーベン隊@ありがとう東松島元気フェスタ Volunteer at Higashimatsushima Genki Festa, Miyagi pref, Tsunami affected area, Japan Earthquake

レーベン号がこれまで宮城で行ったのは石巻(記念すべき1回め。このときぼくはまだ未参加)、気仙沼、南三陸町。東松島には初めて。レーベン号のボランティアのリーダー伊東さんが以前個人チームで東松島に炊き出しに行き、それ以来交流をしてきた現地の尾形さんがフェスタの実行委員としてがんばっておられ、お声がけいただいたのがきっかけになった。

終わって振り返ってみると、今回レーベン隊の企画は「炸裂!」といってもいい有り様だったと思う。

元々「ボラバスに自由にメッセージを書いてもらったら?」という企画だけでスタート。7月末にFacebookグループ「ネコバス☆レーベン号「東松島元気フェスタ」出張所」を作ると、参加したメンバーは最終的に36人。バラエティに富んだ企画がどんどん出てきて、詳細や必要物資を検討し──と企画内容は膨らんでいった、その間、立ったトピック数は約160、コメント数平均20として約3200のメッセージのやりとりがあった(加えてリアルミーティング1回、電話は何回も)。

最終的に企画は9つ、歌のパフォーマンスを除く7つの企画だけでも、当日初参加のメンバー含めて「必要スタッフ数45人」というデカい規模になった。企画は以下の通り。

  1. バスにメッセージを描いちゃおう! 夢、祈り、はげまし、ありがとう、今の思い
    ボランティアバスとして毎週活躍中の「レーベン号」に好きなメッセージや絵を描いちゃおう! どなたでも参加OK。参加してくれた人には7月はじまりの特製カレンダーをプレゼント!
  2. 今すぐタイムカプセルお写真撮るプリ!コーナー
    あなた、友だち同士、彼女と彼、家族みんなで「今」の記念写真を1枚、そしてメッセージボードに「1年後はなにしてる?」を書いて、写真をもう1枚。 写真はその場でプレゼント&ウェブでも展示。1年後にもまたやります!
  3. 女子力向上!選んで、着付けて、持ち帰ろう!浴衣で楽しむ夏まつり
    せっかくのお祭りと花火を「浴衣」で楽しみませんか? 好きな浴衣をチョイス、かわいい帯や小物を合わせて変身しましょう! (すべて無料!)
  4. 女子力向上!ハワイアンリボンレイ教室
    夏のアクセントに最適。ハワイアンなリボンレイを手づくりしませんか? (無料。所要時間45分~。キットのプレゼントもあり)
  5. 女子力向上!かわいいダンボールBOX教室
    生活のアクセントにもなるかわいいダンボール BOX を手づくりしましょう。 (無料。所要時間30分~)
  6. 女子力向上!ちびくう、まちゃ画伯による即興Tシャツ教室
    好きな絵を描いてオリジナル T シャツを作っちゃおう。画伯がお教えします。 (無料。子どもサイズ中心。所要時間45分~)
  7. ひこうきとばしたいかい!
    おもちゃの飛行機(バルサプレーン)がどこまで飛ぶかを競おう! よく飛んだら賞品をプレゼント!


(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 3 so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...