「さよならだけが人生か」(青年団 吉祥寺シアター)を観た

Posted on 2017年6月29日. Filed under: 演劇 | タグ: |

「さよならだけが人生か」、青年団、吉祥寺シアター。うーん、「南東俘虜記」でも感じたが、どうもこのスタイルに合わないようだ。会話の不連続な立ち上がり、並行、消失といった構造・技巧はすごいと思う。目を惹く俳優も多いし、面白いシーンもある。が、中心のところで没入しきれない感じ。


2017-06-28 19.00.05-1

…とまあ、Twitterには投稿が、補足しておく。

現場、本社、学生、院生、役人──最大総勢18人(ぐらい)が絡み合うさまは、現代を描いた群像劇としては“あるある”感がそこかしこにあって、爆笑してしまったシーンもあった。

古臭い、と何度も感じた。
山本リンダとか財津一郎とかもう勘弁してほしい。脚本のオリジナルがそうなのだろうが、今もやり続ける意味は? 若い世代は反応していなかった。(学生たちの会話の中身やスマホをいじるシーンなど改訂された部分もあるようだが。それにしても、冒頭の人物たちが延々雑誌を読みふけるシーンで、まず古いなと感じた。「南東俘虜記」では有効な小道具だったかもしれないが。)

リーフレットに載っていた平田オリザ氏の言葉に、“この作品に意味はない。この作品をもって青年団が世間に発見されたのは幸せなことだ”みたいな一節があった。ぼくは彼の本を一冊しか読んだことがなく、またこの劇団の社会的コンテクストの中での立ち位置、みたいなものはわからないが、あまり追究していきたくもないなぁと思った。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

「TTTTT(人柱が炎上, 景観の邪魔, 非公式な恋人)」(青年団リンクキュイ アトリエ春風舎)を観た

Posted on 2017年5月7日. Filed under: 演劇 | タグ: |

青年団リンクキュイ「TTTTT」、コンセプトもよくわからなかったが(…というかそもそも劇団のチラシというのはよほど商業的に成功している劇団でもない限り自己満足的で、意味がほとんどわからないものが少なくない)、アトリエ春風舎(小竹向原)まで観に行った。2017年5月6日。

2017-05-06 16.00.53

3本立ての演劇だった。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...