福島県浪江町:住民が戻り始めた町 コツコツと手を入れる作業が必要(援人 2017年 0623便)

Posted on 2017年7月5日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0623便、2017年6月24日、今年3月末に一部地域の避難指示が解除された福島県双葉郡浪江町での災害ボランティアのメモ。

初めて浪江町社協の下で、また援人として避難指示解除後には初めての浪江町でのお手伝い。

まず午前は2軒のお宅に別れ、家財移動・搬出、庭木伐採、草刈り、ブロック塀破砕などのお手伝い。庭木を根こそぎ取るのは小さな野菜畑にするから。眺望が開けた庭を見て感激された奥様、「までいに」やってくれて有難う、と。

3軒のお宅、ニーズは色々だったものの、数年前の小高を彷彿とさせるような印象。また町はいたるところが荒廃していた。荒れた景色で人の心は萎える。やはり草刈りや剪定は誰かがやる必要がある。コツコツと家や町をきれいにしていく作業は、より多くの人たちの帰還を促すために必要だ、と強く感じた。

小高、そして復興がはじまったばかりの浪江や富岡。進み具合は違うとはいえ、まだまだお手伝いが必要。これからも行きたい!

金曜夜23時の銀座一丁目には欠かせない道具たち。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0623便)

今夜も10人揃って八重洲を出発しました! まず、皆よく「なみえちょう」って読むけど「なみえまち」だから(笑)。
援人は去年、松本ボラセンの下で浪江町のお宅での大量の家財出しのお手伝いをしましたね。その様子を覚えている人、初めて行く人、さまざまですが、ようやく戻れることになった人たちの力に少しでもなれれば! がんばってきます。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0623便)

小高の6国沿いのローソンで仮眠を取り、朝。浪江・小高原発建設予定地跡を抜けて浪江町へ。

濃い霧の請戸港。水平線がまったく見えない。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0623便)

ボラセンに行く前、浪江町駅周辺を少し歩いた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0623便)

浪江町役場の敷地内にある社会福祉協議会のボランティア拠点(集合は体育館だった)。
今日は全国から約30人が集まった。ニーズは8件。活動はブログにアップされるそうだ。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0623便)

9時集合はやや遅いと思ったが、迅速な判断、柔軟な対応など、働きやすいボラセンだ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

浪江駅から常磐線乗車 富岡町の夜ノ森の桜ライトアップ 雨の小高でお手伝い(援人 0407便)

Posted on 2017年4月14日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 | タグ: , , , , |

ボランティアチーム援人、0407便、2017年4月8日(土)と9日(日)、(一部)避難指示解除されたばかりの浪江町と富岡町巡りと、南相馬市小高区でのお手伝いのメモ。

1日目、早朝、浪江町・大平山霊園→浪江町・請戸漁港→浪江駅から開通したばかりの常磐線で原ノ町へ→原町の珈琲亭いこいでモーニング→再び常磐線で浪江駅へ→散歩しながら浪江町役場に併設のまち・なみ・まるしぇへ→スーツ姿の警備スタッフがとても多く安倍総理が来ると知る→富岡町・夜ノ森へ→ギネス記録をめざすハイタッチに参加させられる→富岡二中のイベント会場へ→杉良太郎のステージ→さくらモールとみおかで買い物→小高・双葉屋旅館へ→夜は再び富岡町、震災後初めてライトアップされた桜トンネルへ→よさこい踊りに遭遇→帰路、国道6号で浪江町で上がった花火を見る→小高の島魚で夕食→双葉屋旅館で二次会、就寝。
2日目、6国ファミマでY号と合流→朝練→ボラセン→ニーズを1時間で終了→再びE地区へ→ほぼ10回に及んだ大規模竹林伐採ニーズついに完了!!!

残念ながら10人に満たず、せっかくなので2つの空席には「希望」と「勇気」を乗せて八重洲を出発しました! 酔ってないよ。
以前浪江町のお宅でお手伝いしたとき、一気に浪江の方の顔が見えた気がしたし親近感も湧いたけど、今回の富岡のイベントにはまだ帰還されてない方もバスで沢山来るとのことなので、丁寧に見て回ることでしっかり色々感じて来たいと思います。ちなみに今車内はおしゃべり真っ盛りで普段の便より賑やか。皆楽しみなんだなぁ。それでは行ってきます!

朝のファミマ。慌ただしい復興工事の人たちに混じって地元の人が徒歩で来たりしているなぁ。買うものも違うからわかる。いつもバタバタしているとなかなか気づかないことだ。

福島民報に今日の「富岡町復興の集い2017」が大きく載っている。

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)

浪江町、町営大平山霊園の慰霊碑。「私達は、災害は再び必ずやってくることを忘れてはならない」。小雨。

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)

請戸漁港。確かに南相馬から船は帰っていたが、付近は工事中の荒れ地だらけ。水揚げ施設のようなものも見えず、まだまだという印象。

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)

浪江駅から原ノ町へ。大人になって電車の切符(正確には乗車駅証明書)でこんなにドキドキするとは…!

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)

原町の珈琲亭いこいで、まったりとモーニング(2回目の朝食)。

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...