走:「野馬追の里健康マラソン」でハーフマラソンのベストを出すまでのメモ

Posted on 2016年12月16日. Filed under: run, Running | タグ: , , |

2016年1月のハーフマラソンベスト1時間39分(シューズで)。2016年12月ベストを更新、1時間37分(ワラーチで)、に至るランニングについてのメモ。

岩泉で災害ボランティア 南相馬で野馬追マラソン出場(援人 1202便)

2016年1月 ハイテクハーフマラソンで自己ベスト1時間39分

それ以前にどんな練習をしたか、当日どんな走りをしたか、細部はもうほとんど覚えてない。レースでは、前年の反省から前半は抑えたが、折り返し点では予想より悪いタイムに落胆、しかし後半も少しだけ粘ることができた、そんな気がするレースだった。で、自己ベストを(確か)1~2分縮める1時間39分が出た。

2016年4月 川内村ハーフマラソン 初めてワラーチで走る

川内の郷ハーフマラソン、初めてワラーチで走ってみた。
一度でも足首やふくらはぎを痛めたりしたら後は地獄になる! とビビり、そろそろ走ることを心がけた。折り返し前のゆるく長い上りに脚力を削られたりもし、後半はボロボロになった。それでも少しだけラストスパートでき、なんとか走り切って1時間44分。シューズで走るのに比べてもっと劇的に遅いだろうと予測していたので、意外なタイムだった。

2016年7月 東和の地獄坂でワラーチ 血豆がいくつもできる

7月、東和ロードレース。「地獄坂」と噂されるコース、掛け値なしに本当にキツかった(特に下りが…)。上りはひたひた走りができるのでワラーチ的にはむしろよかったが、クールダウンしようと名物のミストシャワーを浴びまくっていたら足裏が濡れてスレが起こった(と、レース後に初めて気づいた)。
最終盤、ゴールへ続く下り坂をシューズ野郎たちがこれ見よがしにガンガン飛ばしていく。負けじと激痛をこらえて飛ばした。終わってみると、足裏にでっかい血豆がいくつもできていた。痛いわけだ、と思った。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...