2017年7月 秋田豪雨災害:大仙市災害ボラセンの下で2日間お手伝いしてきた

Posted on 2017年8月10日. Filed under: ボランティア | タグ: |

2017年7月22日(土)からの記録的な大雨で、秋田県内で複数の地域が被災してしまった。ぼくは秋田市に親戚がいることもあり(幸い被害はなかった)強い関心をもって情報をチェックした。いくつかの市町で災害ボランティアセンターが立ち上がったが、大仙市だけが県内外問わずボランティアを募集していた。それだけニーズが多いのだろうと推測し、平日だが2日間ボランティアに行ってきた。そのメモ。

2017年7月 秋田県豪雨災害 大仙市でボランティア

旅程は以下の通り。

  • 7/31(月)
    • 夜行バス 22:25 東京→06:50 大曲
  • 8/01(火)
    • 大曲→(奥羽本線11分)→刈和野 大仙市ボランティアセンター西部の下で活動
    • 大曲で宿泊
  • 8/02(水)
    • 大曲→刈和野 同ボラセンの下で活動
    • 新幹線 大曲 17:40 → 東京 21:04

早朝、大曲駅前を白猫が闊歩していた。近づいて行くと芝生の上で急にフリーズ。見ると、堂々とウンコ中だった(笑)。それを見つめるぼくを客待ちのタクシーの運転手たちが眺めていた。

2017年7月 秋田県豪雨災害 大仙市でボランティア
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

読書メモ「天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災」(南海トラフまで猶予わずか, 4・5歳児を伴う避難訓練は大事, など)

Posted on 2016年11月30日. Filed under: 読書 | タグ: , |

「天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災」(磯田 道史)、読了。

著者は映画にもなった「武士の家計簿」の人。“ベストセラー歴史家”といってもいいかも知れない。

磯田さんが災害史にこだわる理由は、母方の家系が日本有数の津波常襲地であり度々多数の死者を出してきた徳島・牟岐(むき)から出ており、津波をかいくぐって生き延びてきた人たちの上に自分の生がある、と自覚しているからだという。

この本の主張は一貫しており明確だ。“歴史に学べ、そして備えよ!”というもの。

たとえば、東日本大震災についてはこう語っている。

「考古学者たちは震災前からサインを出していた。仙台平野に沓形遺跡という約二〇〇〇年前の弥生時代の遺跡がある。震災の五年前から本格的に発掘され、当時は二キロ(現在は四キロ)内陸のこの遺跡から津波の砂の層が発見されていた。砂は分厚いところで五センチを超えていた。集落は津波で徹底的に破壊され、再び人が住みはじめたのは津波から四〇〇年後という衝撃的な事実もわかっていた。つまり、仙台平野は約二〇〇〇年前、約一一〇〇年前(貞観津波)、四〇〇年前(慶長三陸津波)、そして二〇一一年(東日本大震災の津波)と、はっきりしているだけで、二〇〇〇年間に四回もの大津波に襲われている。いずれも内陸四キロ前後まで浸水。五〇〇年前後の周期性をもったきわめて反復性の高い自然現象であったことがわかる。「あの時津波の砂に学んでいれば」という後悔が今後あってはならないだろう」

以下、“これからに備える”という視点でいくつか引用しておく。影響を受ける地域の人、親兄弟がいる人は読んでほしい。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...