台風10号被災の岩泉:泥出し3軒 “遅れてしまった”お手伝い(援人 2017年 0331便)

Posted on 2017年4月12日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、2016年8月の台風10号による水害被災地、岩手県岩泉町での2017年4月(土)・2日(日)のお手伝いの記録。

岩泉町の復興にまつわるニュースに触れる度、行って役に立ちたい! という思いを抱いていた。そして4月から社協ボラセンが再開、またお手伝いできることは心からうれしい!

7人揃って雨の八重洲を出発。Sさんは守谷でピックアップ予定。約1名酒気帯びおばさんがいますが、急な行き先変更にも関わらず8人ものメンバーが揃ってよかった。全員が「1.2人分」働けば10人力。年が明けても未だ苦しい状況にある岩泉の人たちの役に少しでも立ちたい。力出し切ってきます!

台風10号被災 岩手県岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0331便)

東北道は常磐道や磐越道と比べると交通量が銀座だなぁ、夜中でも。

盛岡から岩泉への455号、山肌には多くの雪が。
藪川のあたり。道路の除雪はよくされているが、軽く圧雪状のところもあり。

台風10号被災 岩手県岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0331便)

うれいら商店街。7時頃には開く中松屋さんでさくら餅とうぐいす餅を。

台風10号被災 岩手県岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0331便)

岩泉町災害ボランティアセンター、今日のニーズは3つ。土のう袋運び、床下泥出し(やり直し)、床下泥出し(新規)とのこと。岩泉乳業さんも来てます。

台風10号被災 岩手県岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0331便)

(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:竹林伐採 家屋解体と駅前の賑わいに移ろいを見る(援人 2017年 0324便)

Posted on 2017年3月29日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0324便。2017年3月25日(土)の南相馬市小高区でのお手伝いのメモ。

バールのようなもの、カーブソーのようなものなどをパッキングし、黒猫に見送られて出発。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

今回の写真、一枚目。
東京ではそろそろ桜だが、小高はまだまだ梅だ。この梅の木はもう一カ月もがんばってるんじゃないかな。この木の近くの現場で竹林伐採だった。終わっても夜まで上腕腕が痺れている。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

二枚目。
ボラセン近くのお宅、玄関脇の梅が好きだった。今日ついに足場が組まれていた。家屋解体となったようだ。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

三枚目。
二本松・杉乃家さんに行けたら「必勝カツ丼」を頼むと決めていた。明日は勝ちたい戦がある。雨天決行らしい。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

金曜夜。10人…と言いたいところだけど、残念ながら1人キャンセルがあり9人で寒風吹く八重洲を出発しました。年度末、仕事も忙しい時期になんとか集まり、見知ったメンバーでお手伝いに行けるのはうれしいもの。今週も力を尽くしてきます!

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

深夜の小高、気温0度。

朝の松本ボラセン。災害ボランティアは若者が…という紋切り型は持っていないが、最近あまりに老齢者ばかり目立つのが気になる。もう少し壮年層以下にも来てほしいもの。

朝礼、松本センター長の挨拶から。

「今回初めての人は? ビデオ観てもらったが、二年前と内容はほとんど変わらない。県がつくるものなので。ボランティア来てくださいという趣旨。このほかに民放でも最近取材があった。
できる人ができることを。各々目標が違う。達成するのにどうするか。まず安全第一。目的感をしっかり持つ。ゆっくりやるのは大事だが効率も考えて。言語、動作、態度で表現していく。被災者さんも見ている。達成感をもってお帰りいただきたい。
昨日のブログにも書いたが、環境省が小高からの瓦礫出しを2月で終了した。3月からは搬出、運搬まで被災者負担に。かなりのボリューム。仕事が増えた。またボランティアに来てください。クリーンセンターへの持ち込みは平日のみ。今日は伐採木の積み込みあり。運ぶのは平日。こういう体制になってしまった。」

お手伝い、定番の番狂わせで竹林継続。今日はひたすら伐採し、かなり疲れた。重い竹を運ぶときあまりに滑るのでしばらく素手を試す。手応えはいいがノコ挽きで力を込めるとマメができそうな兆候あり、戻す。伐採中、かかっていた(自立していると思っていた)竹が頭を真正面から直撃。過去最大級の衝撃。ヘルメット被っていてよかった。午後、伐採だけでも完了を、とピッチを上げた結果積もり過ぎ、引き出しが非常に困難に。2年前頃、まだ竹林伐採に慣れない頃やったミスだ。やはり各工程が極端に滞らないよう進めるのがベスト。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:竹林伐採終了! “ボラの未来”学生たちと共に(ボランティアチーム援人 2017年 0217便)

Posted on 2017年2月20日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0217便(活動日:2017年2月18日土曜日)、南相馬市小高でのお手伝いのメモまとめ。

今夜出発の0217便、出発は東銀座。いつもの八重洲じゃないので間違えないように。(一席空きがあったけど、昼に満席になりました。)

蛯沢の竹林伐採は、これまでの取り組みと先週の猛ラッシュもあり、この便では「完了は当たり前。いかに丁寧に仕上げるか」が焦点だと思います。しっかりやり切りましょう!

小高ではフクジュソウが咲き誇っているとか。後は…(参加メンバーだけの眼福・予定)。

天気。週末は荒れるかと心配でしたが、土曜日の南相馬は「晴れ」、気温は1.0度~5.3度。先週とほぼ同じ、あの現場ならベストです。ただし特に午後は風に注意です。

在京メンバーへ。6年目を前に、今週も援人は被災地へ行きます。一人でも多くのメンバーが目を留め、共鳴し、実際に動いてくれることを願ってます。メンバー1人ひとり、被災地のために何かできていますか? もしできていないとすれば障害はなんですか? 週末に、そんなことを少し考えてみてもらえれば。

10人揃って歌舞伎座のお膝元、東銀座を出発しました! 高速、風が強い。今週はいつものリピーターから久々の人、初めての人までいいバランスかも。皆で連携して、蛯沢のあの海が見える高台の景色を変えてきます!

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0217便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:氏神再興のため杉材磨き 広大な竹林伐採終わらず(援人 1216便)

Posted on 2016年12月20日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、1216便、2016年12月17日(土)、南相馬市小高区(福島第一原発事故による旧避難指示区域)でのお手伝いの記録。

金曜夜、八重洲。2週間ここに来ないと“超久々だ”と感じる体内時計に促されて5年9か月。

南相馬市小高区でボランティア(援人 1216便)

10人…いや残念ながら今回は満席にならず、9人揃って八重洲を出発。

今年もいろいろあったけど、気づくと来年は浪江、富岡、飯館などの避難指示区域の解除が予定されている。今後ぼくらボランティアの出番もあるかも。
ただ状況がどう変わっていっても、ニーズあるかぎり行き続けると決めれば変化には対応できるはず。まずは今年最後から2回めのお手伝い、しっかりやってきます。

早朝、南相馬市鹿島区、八沢地区の慰霊碑の先から海を臨む。

南相馬市小高区でボランティア(援人 1216便)

サイヤさんで。「章姫」が出てるよ~。

南相馬市小高区でボランティア(援人 1216便)

南相馬市ボランティア活動センターは、お借りしていた小松屋旅館別館が解体準備に入ったため、現在すぐ裏のプレハブハウスに移設されている。

久々のボラセン、いろいろ備品が移動中だ(現在進行形)。これまでの(朝のマッチング後一刻も早く出発するのための)最適化した動きが通用しない面があり、しばらくは都度観察と再構築が必要。

南相馬市小高区でボランティア(援人 1216便)

朝礼、松本センタ―長の挨拶(抜粋)。

「昨日は雪が少し降った。
被災者を取り巻く環境が変わってきた。伐採した木などは環境省が回収しない方向になってきている、など。
ある依頼者、センターへ来て依頼を伝えた後、センター長の笑顔に救われた、一人じゃないんだと思った、と涙を流していた。しかし被災者のゴミなどは自腹で処理する方向へ進む。また、トン袋に入れないと持っていかないという方針変換も…」
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:14代続く家 通いの片付け6年めのお手伝い(援人 1028便)

Posted on 2016年11月2日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、1028便、2016年10月29日土曜日、約1ヵ月ぶりの南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いの記録。

南相馬ラブ部の一人部活として、個人的には超久々のすき家(原町店)へ。土曜朝5時過ぎ、客入り8割強。千手観音君はよりたくましく成長していた。それを羽生結弦君の成長にときめくオバさんファンのような気持ちで眺めながら、卵かけご飯+サラダを食べる。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)

南相馬・原町のセブンで。これが普通に買えるとは、さすがずんだ/じんだ文化圏だぜ。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)

鹿島区の寳蔵寺まで紅葉を見に行く。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)

新田川、真野川などで鮭を探す。少しだけ見ることができた。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)

小高。着替えてから開店したばかりのローソンにダッシュし、のち小高川。

鮭いないなぁ…と探していたら、つーっと水面をつんざくように一匹上がっていった。写真は撮れなかったが、鮮烈な姿だった。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

汗が絶対に目に流れてこないヘッドバンドはないのか? 暫定解:SWEATGUTR(スウェットガーター)

Posted on 2016年10月3日. Filed under: ランニング | タグ: , |

ランニング中にキャップをかぶるのは、汗が目に流れてくるのを防ぐためだ。蒸し暑いが仕方ない。

災害ボランティアのときは汗はキャップだけでは防げず、汗止めのヘッドバンドをしてさらにキャップをかぶっている。しかしこれでも1時間も作業していると保水力の限界を超え、汗が目に流れてくる。

目が痛くてたまらないし、汗がメガネのレンズ側に回ると見えづらくなる。つまり不快極まりないのだ。

先週の岩泉町でのお手伝いであまりの汗に腹が立った。で、東京に戻ってから“絶対に目に汗が流れてこないヘッドバンド”がないか調べてみた。すると有力製品は二種類あったが、レビューなどを比較してこっちを買った。

SWEATGUTR(スウェットガター)。シリコンのような素材で吸湿性は一切ない。顏の前面部分はU字になっていて、汗を側面に流す仕掛け。

Amazonの製品紹介ページ(アフィリエイトリンク)。

メーカーの公式サイト。

2010年にレビューを書かれている方。サイクリングでの利用が結構多いようだ。

特に昨日の小高の草刈りでは常に汗をかき続けたが、ヘッドバンド時代のように汗の決壊もなく、ヘッドバンドを30分~1時間毎に絞る必要もなく、9時から15時までの活動中に汗はほとんど顏の前面には流れてこなかった。

Amazonのレビューでは人によって評価が分かれている。が、ぼくには合っていた。今度ランニングでも使ってみようと思う。

同じような悩みがある人にお勧めしたい。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

岩手・宮古:台風10号被災の茂市(新里サテライト)で2日間お手伝い

Posted on 2016年9月14日. Filed under: ボランティア | タグ: , , , |

2016年9月9日(金)の昼の新幹線で東京を出発、10日(土)と11日(日)、台風10号で大変な被災をした岩手県宮古市(の、特に人が足りないという新里サテライト)でボランティアをしてきた。以下、そのログ。

温帯低気圧に変わった台風13号の影響で盛岡~宮古(正確には茂市)バスが出るかは昨夜の時点で不明だった。が、今朝9時に出ると告知された。一安心して出発だ。

東北新幹線、白河の辺りか? 雲はあるが青い空。黄色く色づきはじめた稲。ミニチュアのような家々。美しいなぁ。

岩手県宮古市(新里サテライト)で災害ボランティア(2016年 台風10号被災)

八重洲地下街で駅弁を買う際、東北フェア(?)みたいなのをやってたので迷ったが、やっぱりシウマイ弁当。

岩手県宮古市(新里サテライト)で災害ボランティア(2016年 台風10号被災)

はやぶさ/こまちって福島県は一つも停まらないんだ…!

少し昼寝して、本を読んで、弁当を食べたらもう盛岡だ。駅のホームに立ったとたん、涼しいと感じた。聞き慣れた福島弁とは違う少し弾むようなイントネーションが聞こえてきた。

106急行バス(岩手県北バス)。国道106号、やまびこ産直館からの夕焼け。

岩手県宮古市(新里サテライト)で災害ボランティア(2016年 台風10号被災)

盛岡から宮古へ向かう道路は、並走・交差するかたちで震災の復興道路が作られているよう。

国道106号沿いの川、宮古に近づくにつれ濁流に。流木、川岸が大きく削られたところなど。道路もなぜか濡れたところが。山からの水か。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...