浪江駅から常磐線乗車 富岡町の夜ノ森の桜ライトアップ 雨の小高でお手伝い(援人 0407便)

Posted on 2017年4月14日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 | タグ: , , , , |

ボランティアチーム援人、0407便、2017年4月8日(土)と9日(日)、(一部)避難指示解除されたばかりの浪江町と富岡町巡りと、南相馬市小高区でのお手伝いのメモ。

1日目、早朝、浪江町・大平山霊園→浪江町・請戸漁港→浪江駅から開通したばかりの常磐線で原ノ町へ→原町の珈琲亭いこいでモーニング→再び常磐線で浪江駅へ→散歩しながら浪江町役場に併設のまち・なみ・まるしぇへ→スーツ姿の警備スタッフがとても多く安倍総理が来ると知る→富岡町・夜ノ森へ→ギネス記録をめざすハイタッチに参加させられる→富岡二中のイベント会場へ→杉良太郎のステージ→さくらモールとみおかで買い物→小高・双葉屋旅館へ→夜は再び富岡町、震災後初めてライトアップされた桜トンネルへ→よさこい踊りに遭遇→帰路、国道6号で浪江町で上がった花火を見る→小高の島魚で夕食→双葉屋旅館で二次会、就寝。
2日目、6国ファミマでY号と合流→朝練→ボラセン→ニーズを1時間で終了→再びE地区へ→ほぼ10回に及んだ大規模竹林伐採ニーズついに完了!!!

残念ながら10人に満たず、せっかくなので2つの空席には「希望」と「勇気」を乗せて八重洲を出発しました! 酔ってないよ。
以前浪江町のお宅でお手伝いしたとき、一気に浪江の方の顔が見えた気がしたし親近感も湧いたけど、今回の富岡のイベントにはまだ帰還されてない方もバスで沢山来るとのことなので、丁寧に見て回ることでしっかり色々感じて来たいと思います。ちなみに今車内はおしゃべり真っ盛りで普段の便より賑やか。皆楽しみなんだなぁ。それでは行ってきます!

朝のファミマ。慌ただしい復興工事の人たちに混じって地元の人が徒歩で来たりしているなぁ。買うものも違うからわかる。いつもバタバタしているとなかなか気づかないことだ。

福島民報に今日の「富岡町復興の集い2017」が大きく載っている。

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)

浪江町、町営大平山霊園の慰霊碑。「私達は、災害は再び必ずやってくることを忘れてはならない」。小雨。

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)

請戸漁港。確かに南相馬から船は帰っていたが、付近は工事中の荒れ地だらけ。水揚げ施設のようなものも見えず、まだまだという印象。

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)

浪江駅から原ノ町へ。大人になって電車の切符(正確には乗車駅証明書)でこんなにドキドキするとは…!

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)

原町の珈琲亭いこいで、まったりとモーニング(2回目の朝食)。

富岡町復興の集い2017→小高で災害ボランティア(援人 2017年 0407便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島・浪江町:膨大な量の家財出しの二日間 「災害」を叩く金槌ではなく(援人 0219便)

Posted on 2016年2月23日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: |

ボランティアチーム援人、2016年2月20日土曜日と21日日曜日(0219便)、南相馬市ボランティア活動センター経由、福島県双葉郡浪江町でのお手伝いの記録。

4月1日の予定だった南相馬20km圏内の避難指示解除が多くの予想通り揺れ動く中(くしくもこの土日は小高の浮舟文化会館で住民説明会が行われ、駐車場には多くの車が停まっていた)、意外にもお隣・浪江町でのお手伝いとなった(ぼくの記憶では、センターは浪江町で過去に一度伐採・引っ越しの依頼を受けたことがあるが、せいぜい数回程度だと思う)。

援人号0219便南相馬行き(ボランティアチーム援人)//embedr.flickr.com/assets/client-code.js

小高より時間の進みが3~5年は遅れたような、膨大な量の被災財出し。今は千葉に住んでいるご夫婦とたくましい息子さん2人は比較的明るい。リードしたりされたりしながら、共に被災財出しを完了させた。最終的に並んだトンバッグは47袋になった。


以下、思いつくままにバラバラと。

さまざまな被災地に行くと学べることが多い。──と、去年常総に行きはじめて気づいた。しかしそれは活動の真剣さ、深さ、集中力が伴っているからこそだ。観察だけして得られる気づきなど知れている。すぐ忘れてしまう類いのものだ。だからぼくはいろんな被災地に少しずつ足を運んでつまみ食いをするつもりはない。

南相馬の20km圏内でのボランティアは、はじめたときには予測もしなかったほど超長期になってきた。
小高では住民説明会が開かれ、目標となっていた帰還時期の延長がほぼ決まったようだ。

援人号0219便南相馬行き(ボランティアチーム援人)

毎回のお手伝いを淡々とやっていて、自分たちがやっていることは「災害」ボランティアなんだろうか、と素朴な疑問が湧くことがある。

これから避難指示が解除される地域では、帰る人は1~2割ぐらい、その大半が高齢者だ。
自分たちが毎週お会いする依頼者や、やっているお手伝いを振り返ってみると、ぼくらが助けているのは「被災者」というより「被災された高齢者」で、内容は「復旧」から「維持」へ変わっている。災害にのみ応じた作業ではなく、むしろ「福祉」の領域とオーバーラップしているのだろう。

災害ボランティアとして被災地に足を運ぶ人は、一般的に発災直後にパッと来て後は退いていってしまう。
なぜ多くの人が小高のような地域に来なくなってしまうのか。今の原発災害被災地には、すでに初期発災時のような酷い被災の爪痕は残っておらず、典型的な「災害」をイメージできない人が多いことも理由の一つだろう。原発被災によるダメージは、血が流れるような生々しい傷跡ではなく、深くゆっくり進行する病のようなものだ。注意深い観察を要するから「助けなければ」という衝動を惹起するには弱い。だから「災害」ボランティアは来なくなる。

ぼくらがやっていることは「災害」という冠を外しても十分に成り立っている。
そして本質はむしろ、「協働スキルを身につけた10人が、何らかの理由で肉体労働による手助けが必要な弱者を助けている」ことにあるのだとすれば。

東京のど真ん中に住む独居老人からの依頼に応えるというのはどうだろう。
母子家庭の引っ越しを手伝ってあげるというのは。
身体障害をもつ人を助けてあげられる場面も沢山あるんじゃないか。

何をやってあげるにしろ、悩みやニーズを引き出す窓口(災害でいえばボラセン)が一番大切なのだが。

ただ、自分たちは「災害」を叩く金槌なのではなく、困っている状況に10人が1日でできる限りにおいて応える運動体なのだと考えることが、自分たちが5年間やり続けている営みに正しく光を当てることなのではないか、と思う(今は)。


この便で食べられることを楽しみにしていたもの、二つ。

小高商業高校発! 復興にぎり飯セット(ローソン)。

援人号0219便南相馬行き(ボランティアチーム援人)

小高商業高校発! 復興味わい弁当(同じくローソン。どちらも期間限定発売)。

援人号0219便南相馬行き(ボランティアチーム援人)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...