浪江町で竹林伐採 南相馬で仮設住宅引っ越し手伝い 被災者の今に向き合う(援人 2019年 0315便)

Posted on 2019年3月19日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0315便。2019年3月16日(土)、17日(日)に福島県の浜通り、浪江町と南相馬市で災害ボランティア活動をした(15人のメンバーのうち3人は、日曜日は「第3回復興祈念駅伝に参加した)。その記録。

明日(16日)は「なみえ創成小学校・中学校校歌」のお披露目イベントがあるんだなぁ。作詞者の和合さんも来るらしい。

15人揃って八重洲を出発しました!
浪江町はまだまだ。小高もニーズはある。大熊町の一部は来月避難指示が解除される。双葉町も来年だといわれている。浜通りの今をちゃんと捉えて、お手伝いを続けたい。行ってきます。

朝。請戸港には富岡の船もいるんだな。まだ帰れないんだろうか。

浪江町で竹林伐採のお手伝い 南相馬で仮設住宅引越のお手伝い(援人 2019年 0315-17便)

浪江町社協さんの下、国道6号よりやや海側の(元)農地で竹林伐採のお手伝い。依頼主と共に。

浪江町で竹林伐採のお手伝い 南相馬で仮設住宅引越のお手伝い(援人 2019年 0315-17便)

最初はどれだけ奥行きがあるのかわからないほど鬱蒼としていたが、11時10分、主な部分は終わってしまった。15人のパワーはすごい。

浪江町で竹林伐採のお手伝い 南相馬で仮設住宅引越のお手伝い(援人 2019年 0315-17便)

昼食。浪江町にまた飲食店が増えた。駅近くの「響」さん。どんどん来ないと、食べ尽くせないなぁ。

浪江町で竹林伐採のお手伝い 南相馬で仮設住宅引越のお手伝い(援人 2019年 0315-17便)

この依頼主は、広大な敷地の竹林伐採を自分1人でやるつもりだったそうだ。他県に避難中の人が週末だけで? 到底無理だよ。助けなきゃ。たぎる! これが自分にとって、内発的動機づけと公益ががっちり噛み合う瞬間だ。ありったけの力を注いでお手伝いしなきゃ! という思いが湧いてくる。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島県浪江町:竹林伐採のお手伝い 依頼主の「きっと戻る」(援人 2019年 0309便)

Posted on 2019年3月13日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0309便、2019年3月10日(日)、福島県双葉郡浪江町でのお手伝い、相双ボランティアさんの下で。その記録。

今週は浪江町へ。思いがある。行き続けるしかない。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

6人で行ってきます。
残念なことに空席4つ。10人だと詰め詰めのキャラバンがプレミアムエコノミー並みに快適だけど、満席で行けないことは寂しい。被災地の方々に申し訳ないな、とも感じてしまう。

小高区福岡、こないだ古い店舗をきれいにしはじめたなぁ…と思ってたら、セブンイレブンがもう(再)オープンしていた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

夜中でも灯っているコンビニの明かりのありがたみ、旧避難指示区域に来るとよくわかるよなぁ。

朝は浪江町の沿岸部を回ってみた。

請戸漁港では、建物が急ピッチでつくられていた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

大平山霊園、お墓参りの人を見かけた。芝生の法面はイノシシが掘り起こしてしまったのだろう。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

請戸小学校。震災遺構としてぜひ残すべきだと思う。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

お手伝いは、相双ボランティアさんの下、浪江町のお宅で竹林伐採だ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島・浪江町で神社の片付けボランティア(援人 2019年 0201便)

Posted on 2019年2月6日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0201便、2019年2月2日土曜日、南相馬市ボランティア活動センターの下で、浪江町の神社でのお手伝い。そのまとめ。

常磐道を南相馬へ向かっている。あと1時間。星が綺麗な真夜中。

2019-02-02 02.08.15

南相馬。久しぶりに八沢地区の観音像と慰霊碑へ。一帯に植樹のための敷地がだいぶ広がっていた。
時間はかかるけど、見事な景観として再生するんだろうな。

2019-02-02 07.16.08

南相馬市ボランティア活動センター、朝礼。今日の活動者は援人に加えて4、5人ぐらいか。
そしてお手伝い先は…まさかの浪江町。神社での草刈り・落ち葉集め(継続)とのこと。

2019-02-02 08.38.09
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島県浪江町:帰還を迷うご夫婦の依頼で庭木伐採のお手伝い(援人 2018年 1109便)

Posted on 2018年11月14日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、福島県浪江町で、2018年11月10日土曜日のお手伝いの記録。

6人揃って八重洲を出発しました(今週の車種はセレナなので6人で満席)。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 1109便)

実はこの便の成立はとても危うく、(たまたま日曜日東京で用事があったらしい)Nさんが“弾丸便なら…”と手を挙げてくれたことから、SさんもOKと言ってくれ、便が成立したのです。

援人の“ほぼ毎週便を出す”という体制は、こんな風に支えてくれるドライバー兼務参加メンバーのお陰で成り立ってます。
コミュニティーがずっと続いていくためには、リーダーが熱心であることにも増して“存続に関心を持つ熱心なフォロワー”の存在が何よりも重要なのだ、と今回も痛感したところです。

バラバラに行くのでなく、互いに見知ったメンバーが揃ってお手伝いに行くのは、被災された方々にとっても意義あること。その重みを意識しながら、今回もしっかりお手伝いしてきます!

2:53、小高ファミマ着。

この鮭、ひっくり返ってもう死んでるみたいだろ? まだ生きてるんだぜ、これ。ときどきまだ泳ごうとするんだ。早朝、南相馬の小高川で。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 1109便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島県浪江町:2チーム協働で庭木伐採完了 再開されたとんかつ屋さんで昼食(援人 2018年 0622便)

Posted on 2018年6月26日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0622便、2018年6月23日土曜日、1年前までは避難指示区域だった(今も一部は帰還困難区域として立ち入り制限されている)福島県浪江町でのお手伝いのメモ。

朝の自主練、浪江駅前の草刈り。前回がほぼ一ヵ月前だから、ロータリーの植え込みもまた雑草が生えはじめていた。ボラセンに行く前の50分一本勝負で再びリセット。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0622便)

草刈りをしながら、こんな考えが頭をめぐった。
避難指示が解除されたこの町で、駅前がきれいであることを気に留める人は少ない。
しかしもし荒れていたら、“あぁ、やっぱりね”と感じる来訪者も多いだろう。
一方整っていたらいたで意識は駅前には注がれず、その先に広がる多数の解体待ちの建物の方に向かうのだろう。

人は見たいものを見るんだ。だからこそこの駅前が、来訪者にとって減点要素になるような状態は嫌だよな、と。

お手伝いは、すでに家屋は解体されている敷地での庭木伐採。依頼主はすでに中通りに定住されているが、敷地端の庭木が隣家に覆いかぶさるように生い茂ってしまい、1人では処理できないので助けてほしいというご依頼だった。

援人の他に今日は埼玉から社会人チームが来るとのことで、ぼくは全体リーダーを依頼された。
お手伝い先での最初のオリエンの際、こういう作業は経験があるかと尋ねるとリーダー格の1人が「もちろんあります」と答える。こういう風にプライドを隠さない災害ボラは厄介なことがあるんだよな…と少し警戒したが、作業をはじめてみると皆真面目な人たちで、黙々と動いてくれた。協働もうまくいった。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0622便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島県浪江町:家財出しと伐採お手伝い 改めてなぜボランティアか(援人 2018年 0525便)

Posted on 2018年6月1日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0525便、2018年5月26日土曜日、福島県浪江町でのお手伝いのメモ。(個人的には大変な週だった。母親が急に体調が悪くなり、病院と家を移動するのをサポートしてバタバタした。が、落ち着いたので週末は行くことができた。)

東京五輪でボランティアを大量募集するというニュースが、Twitterなどで叩かれまくっている。

(ぼくはこの話題にあんまり興味がないんだが、Twitterで「ボランティア」という言葉をウォッチしているとガンガン飛び込んでくる。)

一番多い声は「災害ボランティアなどはしょうがないけど、緊急時でもないんだから金払って雇え」というものだ。ざっくり言えばぼくはこの意見に違和感がある。一般論として、ボランタリズムというものがもっと社会に広汎に在ってほしいと考えているから。災害ボランティアは、人の内発的動機づけに基づく行動のほんの一態様に過ぎないものだ。

先週、社会心理学者の山岸俊男さんが亡くなった。本当は彼の著作をもっと読み込んで「日本人とボランタリズム」みたいなテーマで何か考え、吐き出したいところだ。

が、まずはそのボランタリズムを実践し、この身にさらに浸み込ませるところから。

今週は福島県浪江町までお手伝いに行ってきます。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0525便)

10人満席で出発、めでたいゾイ!
5ヵ月ぶりのメンバー、1年ぶりのメンバー、1年3ヵ月ぶりのメンバー、4年(!)ぶりのメンバー…と、グループを長く続けてきてよかった!と思えるような便。
協働と分業を大切に、がんばってきます!

朝、集落の人たちが鳥居を再建したという加倉八幡神社をめざす。
迷った末にやっと見つかった──違う神社が。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0525便)

洗濯物がベランダ一杯にかかった集合住宅の一室。犬を連れて散歩中の夫婦。
数少ない日常の一コマだなぁ。

まず朝一番、浪江駅前で雑草を取るウォーミングアップから開始。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0525便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島・浪江町:庭木伐採2件のお手伝い 明暗を知り思い深まる(援人 2018年 0112便)

Posted on 2018年1月16日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0112便、2018年1月13日土曜日、今年初めての福島県浪江町でのお手伝いのメモ。

浪江町では、震災後初めて帰還された方々が初詣をし、先週は町内で久々の成人式も行われたそうだ。「広報なみえ」1月号によれば、町に戻った人の数は440人、震災前人口の「2.4%」だという。

逆境の中でも町を残そうとする人たちがいるとき、サポートする者=ぼくたちの姿勢や覚悟も問われると思う。

今週も1日だけ、被災された方々を支えるためのお手伝いをしてきたい。

福島県浪江町で復興支援ボランティア(チーム援人 2018年 0112便)

定員10人マイナス2人、8人で八重洲を出発!
浪江町で行われた成人式の話、タイムカプセルの話、鈴木酒造の話、他県に避難された浪江町民の話…皆それぞれ情報を得て、思いを強めてお手伝いに向かう便だ。
ちなみにメンバーのうち5人は、翌日曜日はマラソン大会に参加。
行ってきます!!!

小高の国道6号沿い、マイナス3度。

1000坪のお宅で、伐採した庭木のトンバッグ詰めをやり、次に杉林の間に生えた竹林伐採と枝打ち、玉切りをやって、杉の木の伐採も数本やって、残るは杉の大径木含めて数本のみ。

昼食中。
仕上げにあと1時間弱かな。快晴、しかし寒い。

大径木の伐採、玉切り終わり、依頼主と和気あいあいとお話しをして、一件目のお手伝い完了!

福島県浪江町で復興支援ボランティア(チーム援人 2018年 0112便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...