2017年 台風18号豪雨災害:大分県津久見市で床下泥出しボランティア

Posted on 2017年10月3日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

2017年9月16日から17日にかけて九州を通過した台風18号。7月の九州北部豪雨(福岡・大分豪雨)で被災した地域に再び大きな被害をもたらすことが懸念されたが、進路がやや南側にそれたことによって今度は大分県南部(大分市、臼杵市、津久見市、佐伯市)で河川の氾濫、家屋の冠水被害などが起こってしまった。

台風が通過した連休に福岡に滞在していたこともあり、特に被災家屋の件数が多い津久見市にお手伝いに行くことにした。

旅程は以下のようなもの。

9/26
SKY 羽田 18:40→福岡 20:35
西鉄天神高速BT 21:30→(とよのくに・大分新川行)→23:46 要町(大分駅前)
カーシェアでNV200バネットを借りて津久見へ(東九州道を使って1時間)
津久見市災害ボラセン近くで車中泊

9/27
津久見市災害ボラセンで活動
佐伯市の道の駅やよいで風呂(一番近い塩湯は休み, 市内に銭湯はなし)
津久見に戻って駅前で夕食(ほぼ全部冠水, 復旧済みの飲食店は3店舗)
車中泊

9/28
津久見市災害ボラセンで活動
津久見から大分へ, 車を返却
大分駅前→(エアポートバス)→大分空港
SNA 大分 19:50→羽田 21:30

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

2017年9月27日

深夜に津久見インターを出て少し車を走らせると、珍しい市民が出迎えてくれた。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

朝、津久見駅周辺を歩いてみる。
町中の至るところで道路が泥を被っていて、道路端や公園などには土嚢や被災財の山が多数。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

ただ、岩泉安家や朝倉杷木のように山間部ではなく人が沢山住んでいる中心部なので、片付けが急速に進んでいる感じはあった。

朝。大分県津久見市は予報通り大粒の雨。町中至るところが泥を被っているから、場所によってはそれを洗い流してくれる雨。が、被災され片付け途中の人にとっては恨めしい雨だろう。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

この日は、11人の混成チームを率いて、津久見駅近くの二軒のお宅でのお手伝いとなった。

昼休みに、評判だというケーキの「広戸製菓」さんにもしかしてやってるかな、と行ってみた。が、浸水被害の清掃中で店内はがらんとしていて、TVの取材を受けているところだった…。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

台風10号被災:桜咲く岩手県岩泉町でお手伝い 道の駅も完全再開(援人 2017年 0421便)

Posted on 2017年4月25日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

そろそろ出発! 今週は約600km彼方の岩手県岩泉町へ。力出し切ってきます。

台風10号被災 岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0421便)

10人揃って、いつもより1時間早く八重洲を出発しました! 岩泉町行きは久しぶりになるメンバーが人が大半。NさんやSさんはパッキングに時間がかかったとのこと。Yさんはまさかの竹に備えてかノコを2本持ってきたとのこと。この便は基本をしっかり確認し、皆でカバーし合って進めたい。それでは、行ってきます!

台風10号被災 岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0421便)

盛岡。石割桜に早朝すぎる突撃。花弁がとても小さく可憐だ。

台風10号被災 岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0421便)

盛岡から岩泉へ。雨上がりの路面。徐々に晴れてきた。雪は山肌などに少しだけ残っているところあり。

台風10号被災 岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0421便)

岩泉町、片側一車線が崩落した道路、まだ応急修理状態(アスファルトが敷かれていたが)。被災からそろそろ8ヵ月…。

台風10号被災 岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0421便)

朝7時から開いている中松屋さんで、和菓子やケーキなどを。

台風10号被災 岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0421便)

満開です、Sベース前の桜が。(倒置法)

台風10号被災 岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0421便)

広い岩泉では、桜の咲き具合はさまざまだ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

台風10号被災の岩泉:泥出し3軒 “遅れてしまった”お手伝い(援人 2017年 0331便)

Posted on 2017年4月12日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、2016年8月の台風10号による水害被災地、岩手県岩泉町での2017年4月(土)・2日(日)のお手伝いの記録。

岩泉町の復興にまつわるニュースに触れる度、行って役に立ちたい! という思いを抱いていた。そして4月から社協ボラセンが再開、またお手伝いできることは心からうれしい!

7人揃って雨の八重洲を出発。Sさんは守谷でピックアップ予定。約1名酒気帯びおばさんがいますが、急な行き先変更にも関わらず8人ものメンバーが揃ってよかった。全員が「1.2人分」働けば10人力。年が明けても未だ苦しい状況にある岩泉の人たちの役に少しでも立ちたい。力出し切ってきます!

台風10号被災 岩手県岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0331便)

東北道は常磐道や磐越道と比べると交通量が銀座だなぁ、夜中でも。

盛岡から岩泉への455号、山肌には多くの雪が。
藪川のあたり。道路の除雪はよくされているが、軽く圧雪状のところもあり。

台風10号被災 岩手県岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0331便)

うれいら商店街。7時頃には開く中松屋さんでさくら餅とうぐいす餅を。

台風10号被災 岩手県岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0331便)

岩泉町災害ボランティアセンター、今日のニーズは3つ。土のう袋運び、床下泥出し(やり直し)、床下泥出し(新規)とのこと。岩泉乳業さんも来てます。

台風10号被災 岩手県岩泉町で災害ボランティア(援人 2017年 0331便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

茨城・常総:災害ボランティアを知らず疲れ切る人たち ハウス6棟の泥掻きをなんとか終了(援人 1018便)

Posted on 2015年10月20日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、1018便、2015年10月18日の茨城県常総市での水害ボランティアの活動記録。

「災害ボランティア」という存在は、もっともっと多くの人に知られるべきだと思う。

常総でお手伝いを重ねるうちわかったのは、「ボランティア不足」という状況は確かにあるが、一方で「浸水した家の片付けなどをボランティアに頼めることを知らない人」が大勢いるということ。災害に遭った多くの人たちは、自分だけではどうにもならない状況に陥る。災害ボランティアの存在を知っていれば、疲れ、途方に暮れたとき頼めるはずなのだ。そして必要な人手が明らかになれば、次にボランティア不足問題をなんとかすればいいのだ。

シルバーウィークのTさん宅で、工場本体から被災財出しを1日中やった日に次いで、疲れ切った日。

一軒目、門も立派な大きなお宅。築120年だという。
元気村ボランティアセンターを7:45に出て8時過ぎに伺うと、早く着いたことを奥様が何度も驚き喜んでくれる(ご夫婦もその時間には立ち働いていたのだが)。

すでに床板が剥がしてある5つほどの部屋と廊下の床下に潜り、流れ込んだゴミを掻き出す。そして庭の漂着物掃除。沢山の稲わらが散らばっている。主たる作業は終わっており、諦めてもいいか、といったレベルの仕上げ作業だ。今のフェーズらしいものかもしれない。
ただ、床下のゴミも庭の漂着物も結構な量があり、また根気の要る作業だ。お手伝いできてよかったと思う。

常総で水害ボランティア(援人 1018便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...