久々の陸前高田 気仙沼横丁で最後のラーメン 小高でお手伝い(援人 2017年 0303便)

Posted on 2017年3月13日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 | タグ: , , , |

土曜日は大船渡で朝ごはん、陸前高田で未来商店街、旧ボラセン跡地、川の駅よこた、一本松茶屋、奇跡の一本松、気仙沼ではシャークミュージアム、K-Port、気仙沼横丁などを訪問。あたみ屋で最後のラーメンを食べ、はまらん屋のお母さんの話を聞き、6年間の道のりの重さを感じた。
日曜日は小高・E地区の竹林伐採シーズン2をしっかりやり切り(もちろん継続だが)、夕食は広野町くっちぃーなで。

6年もたった沿岸被災地の今を、場所を訪れることで知るだけに留まらず、偶然の人との出会いにも強く印象づけられ、最初気仙沼横丁に行こう、と思い立ったときには想像できなかったぐらいの収穫があった旅だった。

陸前高田。久しぶりすぎて、色んな感情が溢れてくる。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

大船渡市魚市場で朝食。吉次の煮付け、うんまい。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

陸前高田市横田町、かつて災害ボランティアセンターがあった場所。今では更地になっている。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

今、かさ上げ工事などの関係で奇跡の一本松までは駐車場から歩いて10分もかかるようになっている。たどり着くまでの時間に意味があるような気がする。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

陸前高田には2012年以降は訪れていないはずで、かさ上げが進み、方向感覚を失うほどとわからないのでは、と恐れていたが、だいたい思い起こすことができた。逆にこれだけの時間が経ってかさ上げや防潮堤の建設がこの進み具合ということは、この先何年で完成するのだろう、と思わされた。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

気仙沼へ水揚げされたばかりのサンマを食べに行く(援人号 0913便)

Posted on 2013年9月16日. Filed under: 未分類 | タグ: , , |

2013年9月14日(土)、援人の仲間と、いつもの被災地でのお手伝いではなく、気仙沼へ観光に行った。

2011年、つまり東日本大震災があった年の秋、陸前高田でのボランティア帰りに復旧がはじまったばかりの気仙沼港近くのレストラン(お魚いちば隣接の「鮮」)で食べたサンマの味は強く記憶に残っている。
そろそろ秋、気仙沼に水揚げされたサンマをまた食べに行こう! ということで気仙沼弾丸ツアーが持ち上がり、9人のメンバーで行くことになった。

早朝に通った一関。黄金色の稲穂がもう頭(こうべ)を垂れはじめていた。

気仙沼にさんまを食べに行く(援人号 0913便)

気仙沼に入り、まずは階上(はしかみ)地区へ。岩井崎の「龍の松」(津波で損傷して木の幹の一部だけが残り、それが龍のかたちに見えるという被災松)を見に行く。
ああいうかたちで松が残るぐらいだから…と荒れた光景を想像していたが、防風林の多くは津波に耐えたらしくしっかり残っていた。ただ岬の先端のこの松には津波が直撃し、龍のかたちとなって残ったらしい。

気仙沼にさんまを食べに行く(援人号 0913便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 気仙沼へ水揚げされたばかりのサンマを食べに行く(援人号 0913便) はコメントを受け付けていません。 )

4か月ぶりの南三陸町でお手伝いし、気仙沼の復興屋台村で特別なホルモンとビールを味わった話

Posted on 2011年11月18日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

2011年11月11日(金)出発、週末0泊3日のボランティアバス「レーベン号」、25回めのお手伝いの記録。

ぼくが行ったのは4か月ぶりの南三陸町。「ある程度片付いている」と説明されて入った波伝谷(はでんや)の海沿いの建物跡地は、掘れば掘るほど瓦礫が出てきた。お手伝い後、気仙沼に向けて45号線を北上するバスから、歌津を経て本吉町、大谷海岸など、気仙沼市南部の津波被害を初めて見る。改めて3.11震災のすごさを感じた。気仙沼では、港沿いにプレオープンした仮設飲食店街「気仙沼横丁」で“格別な”ホルモンとビールを堪能した。

小雨が降ったりやんだりを繰り返す、23時前の日比谷公園前。今夜は1号車が久々の目的地である宮城県本吉郡南三陸町へ、新2号車はいつもの岩手県陸前高田市に行く。

南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

今夜も2台のバスは満席だ。
ぼくにとってはバスに乗るのが“日常”となり、つまり渦中にいるから客観視は難しいが、震災から8ヵ月という時期に、1週間前から参加者募集をはじめてバス2台が3日で埋まること今でも「東北被災地は初めて」という参加者が2~4割はいること。また、バス半分をヘヴィーなリピーターが占めるときもあること。これらを考えると、レーベン号はもう復旧・復興運動の立派な一部だといっていいと思う。

さらに、この夜は1号・新2号の他にバスコップ号(旧レーベン2号で、山元町のスコップ団を手伝いに行くツアー)も日比谷に来ていた。1号38人、新2号38人、そして旧2号40人、合計116人が東北へお手伝いに行くために結集したのだ。この時期、バカみたいな規模だ(褒め言葉です)。

仮設のファミリーマート、志津川廻館店

ぼくが乗る1号車は、朝7時半ごろに南三陸町の中心部にほど近い仮設のファミリーマート(志津川廻館店)に立ち寄った。営業している店が限られているからか、店の駐車場には車が頻繁に出たり入ったりしている。

ファミリーマート志津川廻館店, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

この店は8月5日にオープンしたらしい。

「ファミリーマート志津川廻館店」を、8月5日(金)朝7時に開店|FamilyMart
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2011/110802_2.html

仮設店舗の横には、土台だけになった店舗跡があった( Googleストリートビュー には、津波で破壊される前の姿が残っている。)。

ファミリーマート志津川廻館店, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami

周りの荒れ地を眺めながら店の周りを散歩していると、白黒猫(オス)が日向ぼっこしていた。肉付きがいい。お店の人によくしてもらっているんだろう。

ファミリーマートの猫, 南三陸町戸倉波伝谷でボランティア(レーベン1号) Volunteer at Tokura, MInamisanrikucho, Miyagi pref. Deeply Affected by the Tsunami
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

震災100日めの日、気仙沼で「南郷泥アゲ大作戦」に再び参戦してきた話 (被災地ボランティア6回め)

Posted on 2011年6月19日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

週末(6月18日)は“レーベン号”での気仙沼へのボランティア。6回め。

今回は試みとして「つくば発東京経由」となり、10人がつくばから、16人が東京駅前から乗り込んだ(らしい)。
24時近いというのに、八重洲口は明るく賑やか。飲み会帰りの陽気な勤め人たち、各地へ向かう深夜バスに乗る人たちなど、人はかなり多い。寝静まった感じのあるつくば駅前とは違うので、ちょっと面喰らう。高速に乗ってからも、かなりの間窓外の景色はキラキラしていた。

レーベン号、東京駅着。これから気仙沼行きます。

今回のボラバスでは、参加者にスケジュールや決まりごとを書いたペラ一を配布してみた。
こないだ立ち上げたFacebookグループでやりとりし、レーベンさんにも許可をもらって「初参加者向けにこんな説明があれば安心では?」という内容を盛り込んだもので、これのお陰でチームの動きはこれまでよりちょっときびきびしていたと思う。

ちょっと背景を説明すると、瓦礫撤去などのボランティアは思ったより長丁場になるのでは、とぼくは思っている。今「暑くなる前に」と言われているが、夏を過ぎれば「寒くなる前に」「雪が降る前に」という掛け声が出てくるだろう。
単に「連れて行ってもらい、決められた枠内で働く」のではなく、ボラの効率を上げたり、参加者の満足度を高め、“レーベン隊”の層を厚くしていきたいという思いがリピーターたちにはある。
今後現地のニーズも変わるだろうが、レーベン号の仲間と共に何らかのかたちで長く続く支援を模索できたらいいなぁ、と。

今日のお手伝い内容は、先々週の南郷地区に再び伺って「南郷泥アゲ大作戦 第2戦」への参加。

南郷泥アゲ大作戦 第2戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref.

今回からレーベン号の道具には「バチツル」2本が加わった。
油が浸みこみ瓦礫を巻き込みつつ固まった泥は実に厄介で、これを突きほぐすのにツルハシはとてもいい。ついでにいえば、力仕事に慣れないホワイトカラーが扱うなら1.5kgぐらいがいい。

南郷泥アゲ大作戦 第2戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref.

午前の作業場所では、排水溝内で乾いてカチカチに固まった土と戦う。泥というより「地面」で、ところどころ草も生えたりしている。

南郷泥アゲ大作戦 第2戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref.

3チームに分かれて作業を進め、ちょうど昼前には反対側も含めてほぼ片付いた。

南郷泥アゲ大作戦 第2戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref. (さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

大震災から3ヵ月めの日、気仙沼の個人宅でお手伝いをしてきた話 (震災復興ボランティア5回め)

Posted on 2011年6月12日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

昨日の気仙沼、沿岸部。

気仙沼の様子 Kesennuma, Deeply Damaged Area by the Tsunami of Japan Quake

まだまだこんな光景が沢山ある。
東日本大震災から3ヵ月めの昨日、あるニュースは「東日本大震災では、今なお8万8000人が避難生活を強いられ、がれきの撤去も2割ほどしか進んでいません」と伝えていた。

さて、、今週末もレーベンさんのバスで気仙沼ボランティアへ。

さて今週もレーベンバスで気仙沼ボランティアへ!あ、明日行われる震災関連イベントいろいろ、特に脱原発アクションは気になるけど、そっち方面の人もがんばってくださいねー。

リピーターも増えてきて、週末が近づくとTwitterでは「今週行きますか?」「行けないので代わりに頼みます」なんてやりとりが。また今回は行けない人が差し入れ(!)を持ってこられたりとか、ゆるいファミリーみたいな雰囲気を感じる。

宮城へ向けバスが北上していくと、毎回はっきりと「あぁ、こっちに来たんだ」と感じさせるサインがある。

「がんばります福島」, 気仙沼ボランティアバス(帰路) Japan Quake Volunteer Bus to Kesennuma, Miyagi pref.

東京でも一時期まで「がんばろう日本」といった垂れ幕・貼り紙などをよく見かけたが、最近はかなり減った。
当たり前だが、震災被害がひどい県では「ご支援ありがとうございます」「がんばろう岩手」「負けないぞ気仙沼」などの掛け声が街中いたるところにある。「がんばろう日本」とは違い、声を挙げる人も励ます相手もはっきりとし、ちゃんと日常に組み込まれた、その場にいれば力の源になるメッセージだ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

気仙沼で「南郷ドブ上げ大作戦」に参加してきた話(震災復興ボランティア4回め)

Posted on 2011年6月6日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

気仙沼での震災復興ボランティアも4回め、今回は「南郷ドブ上げ大作戦」に参加してきた(…という作戦名は、現地に行ってはじめて知ったけど)。
今までのボランティアの記録は「kesennuma」タグからどうぞ。

これまでボランティアバスでお世話になっているのはレーベンコーポレーションさん(茨城県小美玉市)。参加者にとても心配りをしてくれるので、お勧めです(今週以降も当分気仙沼行きバスを出すそうです)。

★茨城発☆ボランティア バス☆進行中!!★
http://rebencorporation.blog.fc2.com/

今回の作業は、南郷という地区でドブさらい。

南郷ドブ上げ大作戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref.

現地に着くと、駐車場に作戦本部みたいなテントが。到着したボランティアはそこで受付をし、担当地域を割り振られ、本職の方に簡単な指導を受けて作業、終わったら本部で新たな担当地域をもらう、という流れ。昼食もボランティアによる炊き出しで賄われる。この日は各地から200~300人のボランティアが集まるという話だった。

レーベンバスのチームは8時前には現地に到着。本当は10時スタートだけど、交渉してすぐに作業に入ることができた。

作業内容は、まさにドブさらい。以上。…という感じなんだけど、もうちょっと詳しく書こう。
この地区は、震災で2~3mほどの津波の被害に遭った。その際に流れ込んだ瓦礫・土砂の片づけはかなり終わったが、側溝に油や瓦礫混じりの泥が残っており、ところどころ詰まっている。これを掻き出し、土のう袋にどんどん詰めていくのが今日のミッション。

南郷ドブ上げ大作戦, 気仙沼でボランティア Mud dredge volunteer at Nango, Kesennuma, Miyagi pref.

作業をしていて思ったのは、ドブは街の血管なんだなぁということ。動脈か静脈かわからないけど、これから来る梅雨シーズン、氾濫せずにしっかり働いてくれますように。

今日のボランティアは“明るいカオス”といった雰囲気だ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

震災復興ボランティア:ネコ車、ツルハシ、そして毎週ボラバスを出すレーベン社長さんのすごい心意気の話

Posted on 2011年5月31日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

ぼくが毎週末に参加中の気仙沼へのボランティアバス、他に参加されている方などとTwitterで話し、お願いしてみた結果、「ネコ車(一輪車)」「ツルハシ(バチツル)」などをバスに用意してもらえることになったー。
(瓦礫撤去ボランティアをしたことがない人にはピンと来ないかもだけど、こういう道具があると効率が全然違うのです。)

参考:
ネコ車 – Google 検索
ツルハシ バチツル – Google 検索

あと、「バスをもう一台」なんて爆弾発言が…。

Tweetにもあるように、ぼくが参加しているのは茨城県小美玉市に拠点を置く「レーベンコーポレーション」さん(中古車販売業)主催のボランティアバスです。
(ググってみると同名の会社がいくつかあるけど、ボラバスを運行しているのは茨城県小美玉市のレーベンさんです)

★茨城発☆ボランティア バス☆進行中!!★
http://rebencorporation.blog.fc2.com/

ブログでの説明はちょっと素朴な感じだし、NGO・NPO主催などではないため、ボランティアには行きたいけど大丈夫かな…と感じる人もいるかもしれない。正直ぼくも、初参加のときはちょっとビビりながらだった。

本業が中古車屋であるレーベンさんが、なぜ毎週ボランティアバスを出すことになったのか? 社長さんから昼食時などに聞いた話を元にまとめると…。

  • レーベンの社長さんは宮城県登米市の出身(ちなみに今年73歳だそうだが、とてもそうは見えない 年齢は冗談だったそうです (^-^;;)
  • 震災後、被災地では中古車が必要・売れると知り、車を持っていってみた。が、現地で異常に相場を釣り上げた商売が行われているのを見て、やめることにした
  • 宮城のために何かできないか考えているうち、社員の方が「ボランティアバス」というのを見つけてきた
  • それなら中古のバスがあればできるじゃないか、ということではじめてみた
  • スタート直後は参加者募集をしても全然集まらなかったが、最近ブログやTwitterの影響かすぐ満席になるようになった

とのこと。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 震災復興ボランティア:ネコ車、ツルハシ、そして毎週ボラバスを出すレーベン社長さんのすごい心意気の話 はコメントを受け付けていません。 )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...