久々の陸前高田 気仙沼横丁で最後のラーメン 小高でお手伝い(援人 2017年 0303便)

Posted on 2017年3月13日. Filed under: Great East Japan Earthquake, volunteer | タグ: , , , |

土曜日は大船渡で朝ごはん、陸前高田で未来商店街、旧ボラセン跡地、川の駅よこた、一本松茶屋、奇跡の一本松、気仙沼ではシャークミュージアム、K-Port、気仙沼横丁などを訪問。あたみ屋で最後のラーメンを食べ、はまらん屋のお母さんの話を聞き、6年間の道のりの重さを感じた。
日曜日は小高・E地区の竹林伐採シーズン2をしっかりやり切り(もちろん継続だが)、夕食は広野町くっちぃーなで。

6年もたった沿岸被災地の今を、場所を訪れることで知るだけに留まらず、偶然の人との出会いにも強く印象づけられ、最初気仙沼横丁に行こう、と思い立ったときには想像できなかったぐらいの収穫があった旅だった。

陸前高田。久しぶりすぎて、色んな感情が溢れてくる。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

大船渡市魚市場で朝食。吉次の煮付け、うんまい。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

陸前高田市横田町、かつて災害ボランティアセンターがあった場所。今では更地になっている。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

今、かさ上げ工事などの関係で奇跡の一本松までは駐車場から歩いて10分もかかるようになっている。たどり着くまでの時間に意味があるような気がする。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

陸前高田には2012年以降は訪れていないはずで、かさ上げが進み、方向感覚を失うほどとわからないのでは、と恐れていたが、だいたい思い起こすことができた。逆にこれだけの時間が経ってかさ上げや防潮堤の建設がこの進み具合ということは、この先何年で完成するのだろう、と思わされた。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:請戸に帰還する船 春満喫の竹林伐採(援人 0224便)

Posted on 2017年2月28日. Filed under: volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0224便、2017年2月25日、南相馬市小高区(旧避難指示解除準備区域)でのお手伝いの記録(Facebook投稿、手元メモなどのまとめ)。

こんなことをTweetした日の夜、いつものように南相馬へ向けて出発。

今夜は、以前大雪でスタックしたときお世話になった宮城・白石の仙加苑(せんかえん)さんのお菓子を持って行きます。

10人揃って特金(プレミアム・フライデー)便が出発しました。援人号にテレビ局の取材ハイヤーが並走するかたちで。今日は久々(2年ぶり)参加の人もいて、この多様なメンバーがやっぱりいいなぁ、と。ちょっと緊張しつつ、明日もしっかりがんばろう!

浪江ICを降りて下道で小高に向かうとき、いつも切なくなるポイントがある。国道6号に出る手前の信号、二輪車用の押しボタン。たぶんもう6年近く、このボタンを押すような人はここを通ってないだろうと思う。

2017-02-25 02.40.17
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:竹林伐採終了! “ボラの未来”学生たちと共に(ボランティアチーム援人 2017年 0217便)

Posted on 2017年2月20日. Filed under: volunteer | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0217便(活動日:2017年2月18日土曜日)、南相馬市小高でのお手伝いのメモまとめ。

今夜出発の0217便、出発は東銀座。いつもの八重洲じゃないので間違えないように。(一席空きがあったけど、昼に満席になりました。)

蛯沢の竹林伐採は、これまでの取り組みと先週の猛ラッシュもあり、この便では「完了は当たり前。いかに丁寧に仕上げるか」が焦点だと思います。しっかりやり切りましょう!

小高ではフクジュソウが咲き誇っているとか。後は…(参加メンバーだけの眼福・予定)。

天気。週末は荒れるかと心配でしたが、土曜日の南相馬は「晴れ」、気温は1.0度~5.3度。先週とほぼ同じ、あの現場ならベストです。ただし特に午後は風に注意です。

在京メンバーへ。6年目を前に、今週も援人は被災地へ行きます。一人でも多くのメンバーが目を留め、共鳴し、実際に動いてくれることを願ってます。メンバー1人ひとり、被災地のために何かできていますか? もしできていないとすれば障害はなんですか? 週末に、そんなことを少し考えてみてもらえれば。

10人揃って歌舞伎座のお膝元、東銀座を出発しました! 高速、風が強い。今週はいつものリピーターから久々の人、初めての人までいいバランスかも。皆で連携して、蛯沢のあの海が見える高台の景色を変えてきます!

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0217便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:14人の連携で竹林伐採 次で終わるか(ボランティアチーム援人 0210便)

Posted on 2017年2月15日. Filed under: volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、2017年2月11日土曜日、南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いのメモ。

キャラバンとS号、14人も揃って出発しました。今夜の八重洲は寒かった。車中の自己紹介で一年ぶりの参加という人が2人。言われるまでそんなにブランクがあると気づかなかったのは不思議なことだなぁ。やっぱり一度でも一緒に活動すると、距離がだいぶ縮まるのかも。
まだまだ終わらない竹林伐採、今回のメンバーなりの工夫をしながらできるだけ進めてきます!

南相馬市小高区でボランティア(援人 2017年 0210便)

南相馬に向かう車中。
もう眠いのでかいつまんで。

T会議での、

「皆さん(環境保護団体)の活動は、自然破壊のスピードに追いつくことができるんですか?」

というSさんの問いかけ、なかなかえぐってくる言葉で。

自分の取り組みは、望む現実を得るために役立っているのか? そういう冷徹な視点は重要だ。

人がいない町、人が少ない町の家や街並みはどんどん荒れ、朽ちていき、自然は元の境界を越えて増殖しはじめる。

それが進めば進むほど、“帰りたかった家や町”は“帰れる気がしない家や町”に成り果てていく。そういうのを見て挫けた、という人の話もこの耳で聴いた。

荒廃のスピードに負けない、少しでも押し返しすことが重要だ。

生活再建や町の再興のためには、他にも難題は沢山ある。が、押し返すことも重要な打ち手だ。

自分がそういう意識で動きたいかどうか。

それが決まれば、巷の無関心やボランティア批判は、前向きに取り組むべき課題となる。アンフォロワーは見切って新たな仲間をもっと増やそう、というやる気も湧く。

こういう話をある人にしたら「真面目すぎる」と言われた。いや真面目にやってるんですよ、これ遊びじゃないんで、と答えるべきだった。

南相馬・小高。日の丸の旗を掲げているお宅が。穏やかな晴天。日常の景色だ。

(朝礼前にも電話で仮設からの引っ越し依頼が入ったようだ。)

朝礼、松本センター長のお話。

「T大学の学生は後で活動証明を受け取ってほしい。
ブログにも書いたが、テレビ取材が明日ある。引っ越しして新築に移る様子を撮りたいと要望が。しかしリフォームのお宅しかない。県からは課長クラスがお見えになる。話す内容は皆さんにいつも話していることになるが。
あと1ヵ月で丸6年になる。さまざまなメディアが取材に来る。避難指示は原町区の一部にも出ていたので、センターは大半の区域をお手伝いした。
日中は沢山の人がいる。除染、建築、視察、遊びのようなもの。しかし特に夜は実に寂しい。ぜひその様子を取材してほしいと思う。いかにまだ道半ばか。
その後別の取材も入る。竹の伐採など環境整備に取り組む様子を見せたい。
今日もよろしくお願いします。」

継続の竹林伐採。
6時間、しっかり役割分担しつつ密度の濃いお手伝いができた。

南相馬市小高区でボランティア(援人 2017年 0210便)

伐採の進みがよく、あと20分あれば伐採だけは全部終了したかもしれない。ただ、各作業のバランスはややダメだったかも。(やりたいことでなく、周りを見てやるべきことをやる。改めて大切。)

南相馬市小高区でボランティア(援人 2017年 0210便)

個人的に危ない場面がいくつかあった。ノコで手を叩いてしまい、切れた。伐採時跳ね上がりが顏をかすめた、など。特に午後、夢中になり過ぎず冷静さを保つよう努めたい。

南相馬市小高区でボランティア(援人 2017年 0210便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:強い日差しの竹林伐採 今年初のなみえ焼そば(援人 2017年 0203便)

Posted on 2017年2月7日. Filed under: volunteer | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、2017年2月4日土曜日、南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いの記録。

ファミリーマート南相馬小高店前、夜が明けかかる頃。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 2017年 0202便)

小高。ボランティアセンターの拠点としてお借りしていた小松屋旅館さんの解体が進んでいる。

センター長、朝礼の言葉。

「今日初めてのボランティア参加者は? (3人手が挙がる) 原町からですか。このボラセンには標語がある。できる人が、できるときに、できることを。決して無理をしない、怪我をしないように。楽しく有意義に。動機は色々あるだろう。不純でも結構、結果がよければ。
最近また学生さんのボラが増えてきた。卒業までを有意義に、参加してほしい。単位が足りないからという学生もいたが、動機はどうでもいい。復興が前に進めば。女性で内勤希望という人もいる。現場がわかってないと難しいが。センターとしても体制を強化していきたい。」

広大な面積、そして高低差もあるお手伝い先で竹林伐採、2回目、まだまだ序の口だ。終わりは見えない。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 2017年 0202便)

しかし6時間、強い日射しの下初夏のような暑さを感じながらがんばった。いつもより2人少ない8人のメンバーで。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 2017年 0202便)

珍しくややバテた。いつもは後半にかけて調子が上がり、最後はエネルギーを出し切れる感じだが、そうならず。暑さのせいか、平日の疲れが残っていたのか。
最初から最後まで枝打ちと玉切りをしていたが、終盤は腕が脱力して非効率になってきた。ジョブローテーションを呼びかければよかった、と反省。

15:30、タイムアップ。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 2017年 0202便)

ぐはぁ、これは本格的に終わる気配見えない。それにしてもかなり広い現場だ。環境省が回収してくれる期限だという2月20日までには到底終わらない。2月末も厳しいだろう。
まあ、最後まで必ずぼくらのチームで受け持とう。

ヒヤリハット。前半、倒れてくる竹の見切りを誤り、手に接触。面倒がらず十分に避難すること。後半、慣れもあって適当に投げた竹がKさんに直撃しそうに。強く反省したい。

高野病院、4月以降の院長が内定したと。ラジオ福島のニュース。

南相馬で腕が痺れるほどお手伝いした後は、雪の残る飯舘村を越えて二本松、杉乃家さんへ。

今年初めてのなみえ焼そば。変な感覚だけど、やっと年が明けたなぁと感じた。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 2017年 0202便)

本来なら福島の海沿いにある浪江町のなみえ焼そばを、中通りの二本松で食べられるのには理由がある。二本松に沢山の浪江町民と共に避難してきた芹川夫妻が、ここで勇気を出して再起してくれたからだ。

震災がなければ、ぼくはなみえ焼そばを口にすることはなかっただろう。
本当においしい!!!

頭の中の混沌を秩序立て、安眠するために書きつける文章。

ユマニチュードの本を読んでいる最中、こんな挿話に引っかかった。

筆者がケアの現場でやっている「相手にいきなり触れない」「安心させるために自分の顔に触れさせる」といった実践について記録映像を発表したところ、ある動物学者が、「あなたのやっていることは人間よりサルに似ている」と話しかけてきた。侮蔑のニュアンスがあったという。

人間には理性や洞察力がある。一方で言うべきことを言わず、言うべきでないことを言い、コミュニケーション不全を平気で起こしたりする。
人間は人権や平等についての知識がある。しかし困窮状態にある人を見ても黙殺したりする。

ぼくは自分が被災現場で散らばったゴミを四つん這いになって「手」で掻き集めるときのなんともいえない感覚を、上述の「サル」という形容で思い出した。よいことでも悪いことでもない、ただやりたい、必然だ、という感覚だ。

これを「ヒューマニズム」と呼ぶのだろうか。

いや、身体でわかっている行為をした人を動物学者が「サル」と呼んだように、もっと低位の(劣っているという意味ではない)出てこざるを得なかったもの、じゃないだろうか。

アンラーニングが必要じゃないか? と思う。
そのためには、たとえば地面に這いつくばることが重要じゃないだろうか(比喩としても、実践としても)。

メンバーの振りかえりから。

「玉切りした竹を積んだところ、竹が生えているところにもかかってしまった。完成形のイメージをしっかり持って作業したい」

「朝の小高の街、犬を連れて散歩、普通の街に少しずつ近づいてきたな、と思った」

「切った竹、上でつるで絡んで倒れないものがいつの間にか倒れることも。安全確保が難しい。影響範囲に人がいないようにするのも、狭いので難しい」

「場所が狭く、竹の上を歩くしかないカオス。8人だったので人数少ないせいもあるか。効率を求めようとすると自分の作業に集中してしまう。もう少し人数に余裕あるとやはりいい」

「2月20日まで、活動はあと2回。できるだけ多く切って依頼者の負担を減らしてあげたい」

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:またも竹林伐採はじまる 重なる町のいいニュース(援人 2017年 0127便)

Posted on 2017年1月31日. Filed under: Great East Japan Earthquake, volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、東日本大震災と福島第一原発事故の被災地である南相馬市20km圏内、小高区(旧避難指示解除準備区域)行きの記録。活動日は2017年1月28日(土)、1月最後のお手伝いだった。

そういえば今週、(東京では話題になってないが)かつて建設計画があった小高・浪江原発の建設予定地を東北電力が返還へ、というニュースがあった。
もし福島浜通りの海沿いに原発がもう一つ建っていたら震災の時どうなっていただろう。その後の対応は東京電力と東北電力で違ったものになっただろうか…などと深夜の車中で考える。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 0127便)

朝、北泉海岸。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 0127便)

福島民友に載っていたニュース。「復興公営住宅で孤独死 福島 飯館から避難 70代男性」。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 0127便)

去年、熊本で早朝に熊本城の内外をランニングした際、“セイショコさん”の愛称で知られる加藤神社の周りは、石垣がところどころ崩れ迂回路さえある状態なのに、沢山の人が散歩をしていた。

地域で愛される寺や神社は、散策のコースになることが多い。

朝、南相馬・小高の小高神社近くで、ウォーキングしている人を2人見かけた。
朝に散歩するとうことはもう帰還されているんだろうな、とうれしくなった。日常の光景が少しずつ戻ってきた。よいニュースが少しずつ積み重なっていくといいなぁ。

お世話になった小松屋旅館さん、ついに解体が始まった。

南相馬市小高区で災害ボランティア(援人 0127便)

朝礼、松本センター長の言葉。

「ブログにも書いたが、センターを元校長先生が訪れ、しばし懇談をした。最近小高のことがメディアで全然取り上げられない。夜は暗い小高の町をなぜ映さないのか。昼と夜は人口が違う。市も把握できてないんじゃないか。
私(センター長)の実感としては、夜に電気がついている家は周りにほとんどいない。
復興はまだまだ。やることは山ほどある。仮設にいる人もボランティアセンターを知らず役所に駆け込み、役所から依頼が回ってくるケースも未だにある。
できるときに、できる人が、できることを、の精神で。」

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:年またぎの竹林伐採 救急車を呼び人気(ひとけ)を知る(援人 0106便)

Posted on 2017年1月11日. Filed under: volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0106便、2017年1月7日土曜日、福島県南相馬市小高区での災害ボランティアの記録(メモを再構成したもの)。

今夜これから南相馬へ。今年最初のお手伝い。

年が明けた。3月が来るとあの未曾有の震災から6年になる。あれから沢山の災害が起こった。気候変動の影響もあり、減ることはないだろう。

個人として、またチームとして「行く」というコミットをやめるつもりは毛頭ない。が、焦りはある。

同じ顔ぶれ、仲間内だけでやっていくならジリ貧だ。手を求める人や地域は増えているのに、支援する層は厚くなっているか? 今年は改めてそのことも考え取り組んでいきたい。

10人揃って八重洲を出発しました。
この便参加メンバーの思いは同じ。あの現場を少しでも進めたい。そのために力を尽くしてきます!
ちなみにYさんと中野は翌日赤羽でハーフマラソン。あ、Kくんも?

夜明け間近、国道6号のファミリーマート前。浪江・富岡方面には車がひっきりなしに流れていく。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

援人事件簿、2017年第一弾!(第一弾にして早くもベスト10候補か?)
新春のサイヤさんへのご挨拶にと、中野が前日に東京駅で買ってきたお土産。夜中にYさんがバリバリ開けて食べてしまった(笑)。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

朝礼、松本センター長の言葉。

「ずっとおめでとうございますを言いにくかった。今年はどうか。各地で相変わらず災害が多い。
新年の挨拶、ブログに書いたので読んでほしい。小高区、昨年は避難指示解除があったが、環境は劇的によくなってはいない。帰還も未だ進んでいない。昨年にも増して支援をお願いしたい。
問題点、帰還者は高齢の方が多く、片付けなどできずボランティアに頼らざるを得ない。若年層は帰ってこない。この傾向は悪化の一途。あるとき読んだ楢葉町の医師の手記に、このままでは町が崩壊してしまうだろう。医療機関が留まらねばならない、とあった。ここも同じ。
ボランティアの重要性はますます高まっている。皆さんも忙しいだろうが、ぜひ支援を。
昨日は活動者一名だった。今日は約40名。木の伐採2件など。」

お手伝いは、年末から続く竹林伐採の続きだ。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

とても広い現場だが、朝早くから集中的に伐採を行い、以後は枝打ちと玉切りに専念する流れで進めると、あと1~2回で終わりそうな進み具合になってきた。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

ぼく自身はずっと手のこで玉切りをやった、相当ハードで、後半消耗してきたので、最も効率的なやり方を模索しつつやった。
まず切る位置は目の真下あたり。右や左に見るかたちだと力が逃げる。次に、常に均質な力でギコギコやるのでなく、まず最初に力を込めてザッと切り込む。歯が入ったらやや力を抜いてギコギコ進め、切り終えるときも力を込めザッと切り捨てる。こういう風に緩急をつけると、より少ない力で切ることができるようだ。逆にずっと同じペースでギコギコやると消耗が激しかった。個人差はあるだろうが。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...