小高で6年目の家財出し 2回目の川内の郷かえるマラソン(援人 2017年 0428便)

Posted on 2017年5月2日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: , , , |

ボランティアチーム援人、0428便の記録。2017年4月29日土曜日は南相馬市小高区で災害ボランティア、翌日は川内の郷かえるマラソンに10人チームで参加。

初日は、この6年を過ぎた時期にまさかの、ほぼ手つかずの部屋を含む家財出し。環境省の回収はすでに終わったためトンバッグは使えず、対応した部屋は一階二部屋、二階七部屋。特に二階の奥は丸々物置のような状態もあり、本来は依頼の範疇外だったが、Mさんがフロントになり選別の手助けをすることで15:30過ぎに終えることができた。午前も午後も休憩なし。残すものも大半は別棟の倉庫に移動を指示されたため、相当な作業量だった。
一階の台所の鍋の中には中身が残り、冷蔵庫内も震災時のまま。食器棚には品のいい食器類が多数。久しぶりにじわじわと精神がやられるお手伝いだった。
依頼主は「捨てないと、前へ進めないから」と度々仰ったが、一方で迷いも見えた。

日曜日、かえるマラソン。自己満足のコスプレは好まないが、前回走って沿道のお年寄りや子どもに楽しんでもらえないかと考え、忍者の扮装で。口を覆うと呼吸がかなり苦しく、またメガネも曇るため早々にメガネを取る。お年寄り受けはまぁまぁよく、本気で走ったため苦悶の表情をしていたのだろう、中盤以降は同情票的に「忍者がんばれ!」「ゾウリすごいな(←違う)」と多く声をかけてもらった。こういうのもいいだろう。
O先生はじめチームM4の面々、相双ボランティアのHさんに会った。浜団Tシャツもいたな。小高のNさん(息子さんの方)も来ていたらしい。
この大会、援人として来年も参加決定!

10人揃って八重洲を出発しました! かえるマラソンは、出ると間違いなくあの雰囲気が好きになる大会。リピーターは皆ワクワクしているのが自己紹介タイムでわかります。楽しいからまた行く、おいしいからまた買う、可哀想だからじゃなく会いたいから行く、そういう関係が太くなってくると、もう「復興」なんて言葉を使う必要はないんじゃないかなぁ。今はまだその途上だけど。2日間、お手伝いもランもしっかりやってきます!

南相馬・萱浜。上野さんのところの「菜の花迷路」。満開のレモンイエローが快晴の青空に映える。ここは大人でもとても楽しい。

南相馬・小高でボランティア 川内の郷かえるマラソンに参加(援人 2017年 0428便)

野馬追通りでびっくり。なんでもう旗指物が立ってるんだろう!? GWだから?

南相馬・小高でボランティア 川内の郷かえるマラソンに参加(援人 2017年 0428便)

朝礼、松本センター長のお話。

「我々、ボラセンを六年前に立ち上げた。震災の年、ボランティア祭りの挨拶で住民の笑顔が見たいと挨拶した。そのための戦いはまだまだ続いている。帰還された方は少なく、65歳以上が多い。
先日、浪江に活動拠点を半分程度移そうと思ったが、諸事情で取りやめた。これからますます風化も進む。活動者の人数はますます減るだろう。余力はない。浪江の住民から要請があれば対応したいが。試しに近くの浪江の仮設の方々にチラシを、とは考えるが。
南相馬の方たち全員の笑顔を見るまで、まっしぐらに進みたい。」

昼、エンガワ商店で。小高産業技術高がはじまってから、にわかに高校生たちの姿が増えてきた。

南相馬・小高でボランティア 川内の郷かえるマラソンに参加(援人 2017年 0428便)
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:4週続いた竹林伐採終了 “荒廃”を一つ取り除く(援人 0113便)

Posted on 2017年1月16日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0113便(活動日:2017年1月14日土曜日)、福島県南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いの記録。この週は車2台、13人のメンバーで向かった。

週末は、“言葉の牢獄”から逃れられるって側面もあるなぁ、と深夜の常磐道で考える。
たとえば、災害ボランティアを巡る言葉の数々。

南相馬市小高区(旧避難指示区域)でボランティア(援人 0113便)

(語弊があることは承知だが、)実感として災害ボランティアは大して役に立たないことが結構ある。

しかし「素人が災害ボランティアに行っても大して役に立たない」と想像することと、「災害ボランティアに来たけど大して役立てなかった」と身をもって知ることには大きな違いがある。
凡人が言葉だけで考えたことは現実を動かすような何かを生むことは少ないが、自らの行動をもって深く体感したことは、次の行動を生み出すゆりかごだ。

もうすぐ、南相馬。今週も精一杯献身して、身体で感じ考えてくる。

朝礼、松本センター長のお話。

「今年初めての方は?おめでとうございます、と言いたいが。周りが手放しで喜べる状況ではない。センターのブログ1/5付けに所感を書いた、読んでほしい。
昨日のブログにも書いたが、6年前からほんの少しずつ変わってきた。昨日の雪、ニュースでは老婦人が雪かきをする様子を。小高も若い人の帰還が少なく。春から自転車による聞き取りを復活。その節はよろしくお願いします。
2/18、サタふく(県のPR番組)でセンターが放映される。撮影は22日からの予定。県から連絡が来た。できれば女性のレポーター向けの活動を、と。」

南相馬・小高でお手伝い中。昼食は「小高商業高校発!味わい中華弁当」を食べ…る前にエンガワ商店で野馬追ガチャをやったら、2回目に小高のコが出たっ。

南相馬市小高区(旧避難指示区域)でボランティア(援人 0113便)

この冬一番の寒さの南相馬市小高区(旧避難指示区域)。午後には雪もちらついた。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:関東豪雨も気がかりだが「持ち場」でお手伝い二件完了(援人 0911便)

Posted on 2015年10月1日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

関東・東北で甚大な大雨被害が今も拡大中だ。くしくも0911便の出発日(2015年9月11日)は、震災から4年6ヵ月めの月命日。やりきれない、落ち着かない思いがあるが、体は一つしかない。援人チームは「持ち場」である小高でのお手伝いを今週もしっかりやろう、と決めて出発した。

南相馬の朝。

南相馬・小高でボランティア(援人 0911便)

コーヒーを買いに行ったセブンイレブンのレジに、台風18号の義援金受付箱が置いてあった。

店内で声をかけられた。南相馬・小高に通う人の1人で、神戸の震災から活動をはじめたという年配の男性だ。
「よく続くね。毎回仲間を集めて。継続は力なりだね」と言う。
いやいや…恐縮した。この人こそ継続が人の形をして歩いているような人だ、と思ったからだ。

今回の豪雨では南相馬でも大雨で川が増水、原町の一部で一時避難指示が出た。気を引き締めてお手伝いしよう。

大雨被害があり、落ち着かない思いでの出発だった。
が、一夜明け、センターに着いて、センター長の顔を見て話を聞けば、やはり苦闘を続ける現実がここにはあり、忘れてはいけないという思いを新たにした。

この日は二つのお手伝い。

午前、小高区岡田、段々畑の法面の草刈り。

南相馬・小高でボランティア(援人 0911便)

長靴と安全靴を使い分ける重要さを改めて実感した(法面ならば安全靴の方がよい)。部分的にツルが覆っているところがあったが、無理に刈払機で突っ込まず、先に手作業で取り除いた方が効率的で、無用に疲れることもない。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

南相馬・小高:異常な蒸し暑さの竹林伐採 飯舘村のコンビニで「必要」を見る (援人 0821便)

Posted on 2015年9月1日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0821便、2015年8月22日土曜日、原発災害による避難指示解除準備区域となっている南相馬市小高区でのお手伝いの報告。

この日の依頼は、小高区南西部のお宅での草刈り、庭木と竹林の伐採だった。

現場に着いて段取りを決め、まず草刈りからスタートした。

南相馬・小高でボランティア(援人 0821便)

すると、付近を回っている除染業者がやってきた。そこは週明けからはじまる住宅除染でやるから、作業不要だという。細かく確認すると、家の周囲にある竹林や庭木の伐採はしないとのことだ(こういう意味不明な選好が、避難中の住民たちを困らせている)。さらに、来ないはずの依頼者がたまたま立ち寄られ、依頼内容と優先度はクリアになった。再スタート。

空はずっともやがかかったような曇りで、太陽はときどき照りつける程度だったのだが、なぜか異常な蒸し暑さを感じる。メンバーは滝のように汗をかき、また顔を紅潮させながら作業を続けた。
休憩時に水分補給をすると、汗がまたドッと出た。

南相馬・小高でボランティア(援人 0821便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...