久々の陸前高田 気仙沼横丁で最後のラーメン 小高でお手伝い(援人 2017年 0303便)

Posted on 2017年3月13日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 | タグ: , , , |

土曜日は大船渡で朝ごはん、陸前高田で未来商店街、旧ボラセン跡地、川の駅よこた、一本松茶屋、奇跡の一本松、気仙沼ではシャークミュージアム、K-Port、気仙沼横丁などを訪問。あたみ屋で最後のラーメンを食べ、はまらん屋のお母さんの話を聞き、6年間の道のりの重さを感じた。
日曜日は小高・E地区の竹林伐採シーズン2をしっかりやり切り(もちろん継続だが)、夕食は広野町くっちぃーなで。

6年もたった沿岸被災地の今を、場所を訪れることで知るだけに留まらず、偶然の人との出会いにも強く印象づけられ、最初気仙沼横丁に行こう、と思い立ったときには想像できなかったぐらいの収穫があった旅だった。

陸前高田。久しぶりすぎて、色んな感情が溢れてくる。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

大船渡市魚市場で朝食。吉次の煮付け、うんまい。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

陸前高田市横田町、かつて災害ボランティアセンターがあった場所。今では更地になっている。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

今、かさ上げ工事などの関係で奇跡の一本松までは駐車場から歩いて10分もかかるようになっている。たどり着くまでの時間に意味があるような気がする。

気仙沼横丁に行く / 小高で災害ボラをやる(援人 0303便)

陸前高田には2012年以降は訪れていないはずで、かさ上げが進み、方向感覚を失うほどとわからないのでは、と恐れていたが、だいたい思い起こすことができた。逆にこれだけの時間が経ってかさ上げや防潮堤の建設がこの進み具合ということは、この先何年で完成するのだろう、と思わされた。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

「復興居酒屋がんばっぺし」(横浜)に行ってきた

Posted on 2011年10月21日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

一昨日(2011年10月19日)、横浜の「復興居酒屋がんばっぺし」に行ってきた。

「がんばっぺし」は、こんなコンセプトのお店。

横浜に「復興居酒屋がんばっぺし」-従業員全員が三陸の被災者 – ヨコハマ経済新聞
http://www.hamakei.com/headline/6251/

オーナーの鎌田さんは岩手県大船渡市出身。現在は横浜で建築業などを営む。東日本大震災の後、横浜、都内、埼玉の友人や知人に託された物資を持ち何度も地元に帰り復興ボランティアを行った。そうしているうちに「被災地ではなく横浜で何かできないか」という思いが膨れ上がった。
(…)
従業員5人全員、岩手県三陸地方の震災被害者で飲食業経験者。「全員、友人や知人です。被災地には仕事がない。飲食業は今、補償も新たなテナント物件もないので、皆、働きたいけど働けない状況なんです」と鎌田さん。

ちょっと前から気になってたけど、今回行くことになったきっかけは、宮城県の女川町(おながわちょう)で支援活動中の大学生栗山君(@artryuboku)が、Facebookで仙台にある「復興支援酒場」について投稿していたこと。

中「横浜にも似た店があるよ。今度こっち来る機会があったら行こうよ」
栗「今週東京行きます」
中「そんなに早く来るの(笑)。じゃあ行こうか」

という経緯。

急きょ声をかけると、レーベン号リピーターが6人、栗山君、「東京と岩手を繋ごう」というボランティア+観光による復興支援コミュニティに参加されている菅野さん、の8人が集まった。

場所は横浜駅西口から歩いて10分ほどのところ。やや遠いけど、道はまっすぐだからまず迷いません。

外観はこんな感じ。最近流行りの屋台風。

復興居酒屋がんばっぺし(横浜)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

陸前高田市小友小学校前の田んぼで片付けをし、大船渡市末崎町のこじんまりしたお祭りを手伝ってきた話

Posted on 2011年9月30日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

9月23日(金)、レーベン号18回め(ぼくは17回め)の陸前高田と大船渡でのお手伝いの記録。

今回は、レーベン隊初めての2日連続のお手伝い。1日めはいつも通り陸前高田でお手伝いし、バス2号はそのまま帰路へ。バス1号は住田町基地(ボランティアのための宿泊施設)に泊まり、翌日は大船渡市南端の末崎町(まっさきちょう)のお祭りのお手伝い、その日のうちにつくばへ戻る、という行程だ。

いつもの着替えや長靴の他に寝袋とスリーピングパッドを、さらに着替えも一日分多く詰め込み、パンパンのリュックで日比谷公園前に向かった。

陸前高田市小友町で震災ボランティア(レーベン隊) Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

日中にいろいろバタバタしたため疲れ、金曜夜のぼくの快適な寝床である二号のシートで爆睡。途中立ち寄ったSAでも一度も降りず、起きたのは翌朝5時38分、もう夜はすっかり明けていた。

日が昇り、ほどなく濃霧が発生。

陸前高田市小友町で震災ボランティア(レーベン隊) Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

お馴染みの陸前高田ボランティアセンター。
「なじょにがすっぺ」ステッカーなどの他に、一本松をモチーフにしたストラップなど、販売グッズが増えていた。

陸前高田市小友町で震災ボランティア(レーベン隊) Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

2号車でオリエンテーション中の@HELPtakataさん。故郷である陸前高田の情報をアクティブに発信され、Twitterでも気さくに話しかけてくれるアツい人だ。
(この日の写真を元に、ブログでレーベン号のことをご紹介いただいた。「再生 陸前高田:弾丸ツァーレーベン号)

陸前高田市小友町で震災ボランティア(レーベン隊) Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

ボラセンを出発したバスは、先週側溝の泥上げをお手伝いした高田町、高田高校の横を通って広田半島の方へ向かう。

陸前高田市小友町で震災ボランティア(レーベン隊) Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

広田半島に入って山間の道路を平地方向に下っていくと、目の前にはおびただしい広さの水溜まりと雑草の土地が広がる。
今日のお手伝い場所である小友町(おともちょう)だ。レーベン隊は以前も小友町でお手伝いしたことがある。今回は、小友中学校、小友小学校に近い先の字宮崎・字花崎の(元)田畑エリアが作業場所になる。

陸前高田市小友町で震災ボランティア(レーベン隊) Volunteer at Rikuzentakata, Iwate pref. Deeply Affected Area by the Tsunami of Japan Earthquake

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...