2017年 台風18号豪雨災害:大分県津久見市で床下泥出しボランティア

Posted on 2017年10月3日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

2017年9月16日から17日にかけて九州を通過した台風18号。7月の九州北部豪雨(福岡・大分豪雨)で被災した地域に再び大きな被害をもたらすことが懸念されたが、進路がやや南側にそれたことによって今度は大分県南部(大分市、臼杵市、津久見市、佐伯市)で河川の氾濫、家屋の冠水被害などが起こってしまった。

台風が通過した連休に福岡に滞在していたこともあり、特に被災家屋の件数が多い津久見市にお手伝いに行くことにした。

旅程は以下のようなもの。

9/26
SKY 羽田 18:40→福岡 20:35
西鉄天神高速BT 21:30→(とよのくに・大分新川行)→23:46 要町(大分駅前)
カーシェアでNV200バネットを借りて津久見へ(東九州道を使って1時間)
津久見市災害ボラセン近くで車中泊

9/27
津久見市災害ボラセンで活動
佐伯市の道の駅やよいで風呂(一番近い塩湯は休み, 市内に銭湯はなし)
津久見に戻って駅前で夕食(ほぼ全部冠水, 復旧済みの飲食店は3店舗)
車中泊

9/28
津久見市災害ボラセンで活動
津久見から大分へ, 車を返却
大分駅前→(エアポートバス)→大分空港
SNA 大分 19:50→羽田 21:30

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

2017年9月27日

深夜に津久見インターを出て少し車を走らせると、珍しい市民が出迎えてくれた。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

朝、津久見駅周辺を歩いてみる。
町中の至るところで道路が泥を被っていて、道路端や公園などには土嚢や被災財の山が多数。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

ただ、岩泉安家や朝倉杷木のように山間部ではなく人が沢山住んでいる中心部なので、片付けが急速に進んでいる感じはあった。

朝。大分県津久見市は予報通り大粒の雨。町中至るところが泥を被っているから、場所によってはそれを洗い流してくれる雨。が、被災され片付け途中の人にとっては恨めしい雨だろう。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

この日は、11人の混成チームを率いて、津久見駅近くの二軒のお宅でのお手伝いとなった。

昼休みに、評判だというケーキの「広戸製菓」さんにもしかしてやってるかな、と行ってみた。が、浸水被害の清掃中で店内はがらんとしていて、TVの取材を受けているところだった…。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...