南相馬・小高:年またぎの竹林伐採 救急車を呼び人気(ひとけ)を知る(援人 0106便)

Posted on 2017年1月11日. Filed under: volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0106便、2017年1月7日土曜日、福島県南相馬市小高区での災害ボランティアの記録(メモを再構成したもの)。

今夜これから南相馬へ。今年最初のお手伝い。

年が明けた。3月が来るとあの未曾有の震災から6年になる。あれから沢山の災害が起こった。気候変動の影響もあり、減ることはないだろう。

個人として、またチームとして「行く」というコミットをやめるつもりは毛頭ない。が、焦りはある。

同じ顔ぶれ、仲間内だけでやっていくならジリ貧だ。手を求める人や地域は増えているのに、支援する層は厚くなっているか? 今年は改めてそのことも考え取り組んでいきたい。

10人揃って八重洲を出発しました。
この便参加メンバーの思いは同じ。あの現場を少しでも進めたい。そのために力を尽くしてきます!
ちなみにYさんと中野は翌日赤羽でハーフマラソン。あ、Kくんも?

夜明け間近、国道6号のファミリーマート前。浪江・富岡方面には車がひっきりなしに流れていく。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

援人事件簿、2017年第一弾!(第一弾にして早くもベスト10候補か?)
新春のサイヤさんへのご挨拶にと、中野が前日に東京駅で買ってきたお土産。夜中にYさんがバリバリ開けて食べてしまった(笑)。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

朝礼、松本センター長の言葉。

「ずっとおめでとうございますを言いにくかった。今年はどうか。各地で相変わらず災害が多い。
新年の挨拶、ブログに書いたので読んでほしい。小高区、昨年は避難指示解除があったが、環境は劇的によくなってはいない。帰還も未だ進んでいない。昨年にも増して支援をお願いしたい。
問題点、帰還者は高齢の方が多く、片付けなどできずボランティアに頼らざるを得ない。若年層は帰ってこない。この傾向は悪化の一途。あるとき読んだ楢葉町の医師の手記に、このままでは町が崩壊してしまうだろう。医療機関が留まらねばならない、とあった。ここも同じ。
ボランティアの重要性はますます高まっている。皆さんも忙しいだろうが、ぜひ支援を。
昨日は活動者一名だった。今日は約40名。木の伐採2件など。」

お手伝いは、年末から続く竹林伐採の続きだ。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

とても広い現場だが、朝早くから集中的に伐採を行い、以後は枝打ちと玉切りに専念する流れで進めると、あと1~2回で終わりそうな進み具合になってきた。

南相馬・小高でボランティア活動(援人 0106便)

ぼく自身はずっと手のこで玉切りをやった、相当ハードで、後半消耗してきたので、最も効率的なやり方を模索しつつやった。
まず切る位置は目の真下あたり。右や左に見るかたちだと力が逃げる。次に、常に均質な力でギコギコやるのでなく、まず最初に力を込めてザッと切り込む。歯が入ったらやや力を抜いてギコギコ進め、切り終えるときも力を込めザッと切り捨てる。こういう風に緩急をつけると、より少ない力で切ることができるようだ。逆にずっと同じペースでギコギコやると消耗が激しかった。個人差はあるだろうが。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:2016年の最後は20人チームで竹林伐採 …終わらず(援人 1222便)

Posted on 2016年12月27日. Filed under: volunteer | タグ: |

ボランティアチーム援人、1222便、活動日は2016年12月23日(金曜日・天皇誕生日)、2016年最後の東北でのお手伝いの記録。

常磐道を北上する車中で、おやすみなさいの前の戯言。

クリスマスなのに、サンタの格好してないピザ屋のバイト君とか。
枯れ葉が降り積もる時期なのに、春のような雨嵐とか。
人間の心は些細なことにザワザワしてしまう。

ガンジーが言ってたじゃん。お前が行動するべきなのは世の中を変えるためじゃなく、世の中によって変えられないためだって。

続けるってことは、何より太いんだよ。自分の中の芯どころか大樹にさえなるんだよ。

南相馬・小高でボランティア(援人 1222便)

(写真は車中で食べたおやつ。あんまり関係ありません。)

常磐道の双葉あたり、3.6μSv/hの表示だった。雨のせいもあるだろうけど、だいぶ下がってきた。

南相馬・小高のファミマ前。国道6号を車がひっきりなしに浪江や双葉方面に向かっていく。未明から途絶えることがない。今日、どれだけの人が休めてるんだろうか。

南相馬・小高でボランティア(援人 1222便)

朝礼。松本センター長。

南相馬・小高でボランティア(援人 1222便)

「寒いので、活動中に怪我をしないように。
ボランティア募集ポスター、また作ってもらっている。少しでも来ていただきたい。500枚。ただ、ボラセンはまた移転するかもしれない。
センターのブログも更新している。先日、帰還前の家を狙う泥棒の話を。空き巣は少なくなった。しかし何度も入られた家もある。活動時、不審者に注意。年末、復興工事で交通量も多いので、警戒態勢に入っている。
仮設からの引っ越し依頼、年末に向けて多い。家族の中で老齢の人だけが戻り、家の手入れも十分にできない構図。若い人に戻ってもらうため、さまざまな策が出ているが。」

今日のお手伝いは、広大な竹林伐採のお手伝い(先週の継続)。いつもは10人チームだが、かなり多くの作業量が残っていたためチーム内で呼びかけ、車2台・20人で向かうことになった。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:氏神再興のため杉材磨き 広大な竹林伐採終わらず(援人 1216便)

Posted on 2016年12月20日. Filed under: volunteer | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、1216便、2016年12月17日(土)、南相馬市小高区(福島第一原発事故による旧避難指示区域)でのお手伝いの記録。

金曜夜、八重洲。2週間ここに来ないと“超久々だ”と感じる体内時計に促されて5年9か月。

南相馬市小高区でボランティア(援人 1216便)

10人…いや残念ながら今回は満席にならず、9人揃って八重洲を出発。

今年もいろいろあったけど、気づくと来年は浪江、富岡、飯館などの避難指示区域の解除が予定されている。今後ぼくらボランティアの出番もあるかも。
ただ状況がどう変わっていっても、ニーズあるかぎり行き続けると決めれば変化には対応できるはず。まずは今年最後から2回めのお手伝い、しっかりやってきます。

早朝、南相馬市鹿島区、八沢地区の慰霊碑の先から海を臨む。

南相馬市小高区でボランティア(援人 1216便)

サイヤさんで。「章姫」が出てるよ~。

南相馬市小高区でボランティア(援人 1216便)

南相馬市ボランティア活動センターは、お借りしていた小松屋旅館別館が解体準備に入ったため、現在すぐ裏のプレハブハウスに移設されている。

久々のボラセン、いろいろ備品が移動中だ(現在進行形)。これまでの(朝のマッチング後一刻も早く出発するのための)最適化した動きが通用しない面があり、しばらくは都度観察と再構築が必要。

南相馬市小高区でボランティア(援人 1216便)

朝礼、松本センタ―長の挨拶(抜粋)。

「昨日は雪が少し降った。
被災者を取り巻く環境が変わってきた。伐採した木などは環境省が回収しない方向になってきている、など。
ある依頼者、センターへ来て依頼を伝えた後、センター長の笑顔に救われた、一人じゃないんだと思った、と涙を流していた。しかし被災者のゴミなどは自腹で処理する方向へ進む。また、トン袋に入れないと持っていかないという方針変換も…」
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

岩手県岩泉町で災害ボランティア 福島県南相馬市で野馬追の里健康マラソン出場(援人 1202便)

Posted on 2016年12月12日. Filed under: volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、1202便。この便は土曜日は岩手県岩泉町でお手伝いをして仙台で宿泊、日曜日は福島県南相馬市でマラソン出場兼旧避難指示区域でお手伝い、という行程になった。以下、そのメモまとめ。

援人号1202便、今週も10人のメンバーで出発です。土曜日は岩泉町で(恐らく)最後のお手伝いをし、土曜日は南相馬でマラソンを走る、ボラでお手伝いする二班に分かれ、多彩な応援をしてくるという便になりました。

台風10号の豪雨災害から三ヵ月、岩泉町ではまだ行方不明の方がいます。厳冬が近づいており、避難者の方々の生活環境もとても心配ですね。

今週も気を引き締めて、「週末だけ外から駆けつける者ができる貢献」をしっかりやってきましょう!

今週も元気村ポチさんからの岩泉への愛、届いてます!

岩泉で災害ボランティア 南相馬で野馬追マラソン出場(援人 1202便)

10人揃って銀座を出発しました! ただでさえ狭いハイエースにボラ道具やポチさんの野菜、さらに全員の一泊便用リュックを詰め込んだから、車内に平地は一切なし。SAでトイレに行くときはリュックと共に雪崩(なだれ)出るしかない…。

岩泉で災害ボランティア 南相馬で野馬追マラソン出場(援人 1202便)

まぁたまにはこんなギューギュー便もいいもんだ。行ってきます!

深刻な顔して『世界の闇は深い…』とか言ってうつむいている人、結構いるよね。そんなとき、ライ麦畑のキャッチャーならぬ、人の肩を叩いて走り去っていく人」がもっと必要じゃないか、と思う。

…って話につなげるのも強引かもだけど、今夜もこれから岩手・岩泉、そして福島・南相馬に行ってきます。

盛岡から岩泉町への国道455号、降雪の跡がところどころ残り、凍結。

岩泉で災害ボランティア 南相馬で野馬追マラソン出場(援人 1202便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:14代続く家 通いの片付け6年めのお手伝い(援人 1028便)

Posted on 2016年11月2日. Filed under: volunteer | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、1028便、2016年10月29日土曜日、約1ヵ月ぶりの南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いの記録。

南相馬ラブ部の一人部活として、個人的には超久々のすき家(原町店)へ。土曜朝5時過ぎ、客入り8割強。千手観音君はよりたくましく成長していた。それを羽生結弦君の成長にときめくオバさんファンのような気持ちで眺めながら、卵かけご飯+サラダを食べる。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)

南相馬・原町のセブンで。これが普通に買えるとは、さすがずんだ/じんだ文化圏だぜ。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)

鹿島区の寳蔵寺まで紅葉を見に行く。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)

新田川、真野川などで鮭を探す。少しだけ見ることができた。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)

小高。着替えてから開店したばかりのローソンにダッシュし、のち小高川。

鮭いないなぁ…と探していたら、つーっと水面をつんざくように一匹上がっていった。写真は撮れなかったが、鮮烈な姿だった。

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 1028便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

台風10号被災の岩泉町から南相馬へ 2日間のハードなお手伝い(援人 0916便)

Posted on 2016年9月29日. Filed under: volunteer | タグ: , , , |

ボランティアチーム援人、0916便、2016年9月17日(土)と18日(日)の災害ボランティアの記録。
土曜日は急きょ台風10号の被災地である岩手県下閉伊郡岩泉町でお手伝いをすることになり、翌日曜日は福島県南相馬市でお手伝いをするというハードな行程になった。

土曜の早朝、盛岡から岩泉町へ国道455号を行く。進むにつれ、路肩に寄せられた土砂や路肩の崩落などが目立ってくる。ほぼ一車線分が崩れ落ち、川岸に仮の砂利道を延ばしているような箇所もあった。

岩手県岩泉町・福島県南相馬市で災害ボランティア(援人 0916便)

岩泉町中心部。なんでこんなところが? という家で家財出し、道路に土砂の山、消石灰をまいた跡など。宮古・茂市でも見た砕石混じりの土砂もある。

岩手県岩泉町・福島県南相馬市で災害ボランティア(援人 0916便)

岩泉町内を安家(あっか)へ。山間を縫って続く道路、点在する集落。こういう場所は日本にいくらでもある。台風が気まぐれに進路を変えれば、越水や山津波はどこでも起こるということだろうか。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:依頼6ヵ月後の草刈り 久々に「完了」(援人 0902便)

Posted on 2016年9月5日. Filed under: volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、2016年9月3日土曜日、東日本大震災および東京電力福島第一原発事故の被災地である福島県南相馬市の20km圏内でのお手伝いのメモ。

一月ぶりの南相馬。やはり金曜夜は北上するキャラバンのシートで仮眠、が一番落ち着く。

南相馬市ボランティア活動センター、松本センター長、朝礼での言葉。

「小高の避難指示解除のときのような状況が、お隣の浪江町で始まっている。(ボランティアを告知する)チラシを作ったが印刷に回せない。ボランティアが土曜日でもこれだけしか集まらない。来週も厳しい。人が毎日足りない。なんとか省力化を、環境省と相談した。竹の伐採について協議するため、担当が2名来る。内閣府からもトンバッグについて月に100枚なんとかしようと。やり方を変え、トンバッグに入れる時間が短縮できるならしたい。
来れるときには来て、復興のお手伝いをしてほしい」

炎暑の熊本でお手伝いしてきた翌週、南相馬・小高は避暑地のような過ごしやすさだった──わけがない。ぼくらはガテン系ボランティアだ。多少の涼しさに乗じて刈払機をブン回していると、汗は際限なく流れた。

熊本でのお手伝いは外にいるだけで体力を削られる戦いだったが、今日は刈払機をハードに使うと汗だくになった。気温はそこそこだが、しっかり動くとやはり暑い。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...