南相馬・小高:涼風の中で伐採の継続 吹奏楽の音に励まされながら(援人 2017年 0602便)

Posted on 2017年6月16日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0602便、2017年6月3日土曜日、福島県南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いのメモ。

0602便。ギリギリで10席が埋まり、継続のY地区の雑木伐採のお手伝いへ。追加ニーズも含めてすっきり終わらせることができた。夕食は二本松、杉乃家さんへ。芹川さん(お父さん)から、うれしいニュース発表が…(秘密)。
災害ボランティアは「行くこと」で成果を出すことができ、また次への原動力になる。まだまだ続けていきたい。

10人揃って出発しました! 後輩とランチしながら援人の活動を紹介した、自分の投稿で活動を紹介しようと思っている、最近薪割りが上達した、「あまちゃん」のささやかな幸せも東北の人には申し訳なく感じるというセリフに当時を思い出した(オレ)、日曜にTさんの講座でチェーンソーを学んだ、斜面の作業であれば十分に安全にやりたい、などなど。現在、下道で向島のあたり。それでは行ってきます!

04:03、道の駅南相馬着。Yさんはすぐ走りに行きました。

南相馬・北泉海岸。蹄の跡はあるけどお馬さんの姿はなし。

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

サイヤさん。地元の母子がおふかしをパニクりながら大量購入中。おふかしは逃げないから落ち着いて! と声をかけてあげたかった(笑)。

朝礼、センター長のお話。

遠くから来ていただき。雨が上がって爽やかな気分で。
当ボラセン、大きな曲がり角に。被災者さん、ボラセンはいつまでやっているのか、と。町の有力者の方と立ち話を。まだまだいますよ、よかった、ボランティアがいなかったらこの町はつぶれちゃうよ、と。
しかし実はいつまでできるかなと悩んでいる。いつ縮小しようか。できる限り、依頼のある限りとは思うが。どこまでいつまでという展望が見えない。手を打たなきゃいけない。せめてガソリン代程度は被災者さんにご負担いただくか。お金をもらってまで…という意見もあるが、かなりしんどい状況。
第一弾として、昨日のブログに書いた。入浴券などの値上げのお願い。大変申し訳ありませんが、6/10から450円に(元々その価格で仕入れている)。宿泊施設、これまで無量だったが1人500円までの範囲で寄付を。水、カップ麺などは今まで通り当分の間無料(水は半分は支援、カップ麺も。それ以外はセンター経費で賄っている)。機材もできるだけ大事に使ってほしい。センターの車を壊すと保険がきかない。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:6年目の果樹切り倒し “東電とつながっている”お手伝い(援人 0512便)

Posted on 2017年5月16日. Filed under: ボランティア | タグ: |

ボランティアチーム援人、0512便(活動日:2017年5月13日土曜日)福島県南相馬市の旧避難指示区域である小高区でのお手伝いのメモ。

10人揃って出発しました! 第一ドライバーはSさん。そういえば、NHKの放送とたぶん関係があると思うけど、援人Facebookページのいいね!がじわじわ増えてます。しばらく頭打ち感があったけど、まだまだいるんだなぁ、と。災害の多い日本で“いつでも動けるチーム”をあっためていきましょう。
それじゃ行ってきます!

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)

小雨の南相馬の朝、コンビニに東北を探せシリーズ。
「蔵王クリームチーズとミックスベリージャム」。これうんまい。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)

朝、原町のHさんの厩舎にお馬さんを見に行く。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)

朝の散歩で“あぁ、こちらでお手伝いしたな”というお宅の前を通り過ぎた。以前草刈りのお手伝いをした庭はまた草だらけになっていた。戻られていないんだなぁ。庭を見ると、家ごとの手入れ状況は本当にさまざまだ。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)

朝礼、松本センター長のお話。

「長く活動してきた人に感謝状を。Fさん。Yさん。
4日間の長い休みをいただいた。ブログに所感を。11日間のゴールデンウィークの活動ありがとうございました。平日しかできない活動もあり(被災財、個人が自分で片付けることに。高齢者は自分ではできないので。5cmを超える木は市の指定の業者に。センターが処理費用を立て替える)、休みをいただくのは心苦しいが、活動と整備は両輪だ」

(外、ものすごい豪雨…。)

お手伝いは、雑木伐採。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)

野馬追ガチャ、北郷のコがビンゴ!(悲) 大雨の小高・エンガワ商店にて。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)

雨中、畑跡の雑木伐採、無事ニーズ終了! 雨と木のトゲに悩まされた日。

直径10cm超えの木も多かったが手ノコの範疇であり、Sさんのチェーンソー援軍も加わって順調に進み、伐採自体は11時にはメド。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)
KPTのP。雨を舐めて最初レインパンツを履かなかった。気温がもう少し低ければさらに寒さを感じたかも。どんなレインウェアも時間と共に水が浸透するのは防げない。インナーがぐしょ濡れになると体温が下がってしまうので、雨の予報のときはインナーを多めに持参し、作業中に着替えるべき。

同じくP。どんな作業でも、時間に照らして全体の達成水準を揃えなければならない。自分の世界に入らず周りを見て合わせてほしい。
P、もう一つ。今回は伐採最優先と指示を出したが、その時点で山にしてしまったので後で細断がしづらい場面も。山にせずあえて平置きしておけばよかった。

全体感を持って作業を進め、ニーズをしっかり終えることができてよかった。あの場所、なぜ6年あのままで今やることにしたのだろう。

自分は東京電力とつながっている。
そんなことを思った日。

ザーザー降りの雨でも、南相馬・松本ボラセンは活動休止になることはまずない(以前、東北道が長時間通行止めになるほど大雪が降った日は「あまり無理しないでください」と言われた記憶はあるが)。
依頼は、元畑の雑木の伐採。雑草に覆われた畑の跡地に、巡らすように柿や梅の木が植えてあり、それらを全て伐倒、約90cmに玉切りし野積みするというもの。
処理していると、目に留まった枝に青い梅の実がついていた。かじってみるとみずみずしい若い味。新緑が雨に濡れ、艶々と輝いている。が、それらを細断していく。

木を倒すときはいつもちょっとした罪悪感を抱くが、けなげに実や種をつけている木ならなおさらだ。
機械的に作業を進めながらも気の重さは消えない。

ふと、今朝読んだ新聞記事を思い出した。
福島民友一面、改正福島特措法が成立。「除染はこれまで東電に費用を負担させる仕組みだったが、国費投入により作業を加速」。
これまで避難指示解除された地域も、東電が本気でやっていればもっと早く終わったのか?

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)
この木だって事故がなければ、さらに避難が長期に及ばなければ切らずに済んだ。

この作業は東電とつながっている、という言葉が浮かんだ。その後しばらく、つながっている、つながっていると頭の中で残響していた。

センター長が1日半から2日と見積もった作業は完了した。雨は少しも弱まることなく、レインウェア上下ともズブ濡れになった。

夕食は二本松の杉乃家さん。新メニューの塩ラーメン(の半→フル変更と、ミニカツ丼セット変更)。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0512便)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高で3件のお手伝い 富岡・夜ノ森で満開の夜桜を観る(援人 2017年 0414便)

Posted on 2017年4月17日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: , , , , |

南相馬・小高で3件のお手伝い 富岡・夜ノ森で桜ライトアップを観る(援人 2017年 0414便)

ボランティアチーム援人、0414便、2017年4月15日土曜日、南相馬市ボランティア活動センターの下でのお手伝いのメモ。

この日は3件のニーズを完了させ、朝は高見公園、夜ノ森公園(原町)、 雲雀ヶ原祭場地、小高神社、小高川沿い、貴船神社、そして夜はライトアップされた富岡町の桜並木と、何があってもやってくる浜通りの春を味わうことができた便になった。
仮設でお手伝いした2軒。また別の仮設に移るというご夫婦、心労を軽くしてあげることができたかな。
中通りに引っ越しされるというご夫婦、立つ鳥跡を濁さずのお手伝いができたかな。
まだまだ行きたい。

10人揃って八重洲を出発しました!
写真は出発前に屋根の傷までチェックする馬場くん。
さあ浜通りまで桜前線を追いかけながら、今週もしっかりお手伝いしてこよう!センター長の依頼票がわかりやすいものでありますように…。(祈

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

2:47、道の駅南相馬に到着。

おぉ。相馬の原釜尾浜海岸だけでなく、南相馬の北泉海岸も来年夏あたり「開設を検討」…?(福島民友)

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

南相馬、夜ノ森公園、桜が満開。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

広い公園だけに大雑把な場所取りをしている人も(笑)。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:竹林伐採 家屋解体と駅前の賑わいに移ろいを見る(援人 2017年 0324便)

Posted on 2017年3月29日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0324便。2017年3月25日(土)の南相馬市小高区でのお手伝いのメモ。

バールのようなもの、カーブソーのようなものなどをパッキングし、黒猫に見送られて出発。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

今回の写真、一枚目。
東京ではそろそろ桜だが、小高はまだまだ梅だ。この梅の木はもう一カ月もがんばってるんじゃないかな。この木の近くの現場で竹林伐採だった。終わっても夜まで上腕腕が痺れている。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

二枚目。
ボラセン近くのお宅、玄関脇の梅が好きだった。今日ついに足場が組まれていた。家屋解体となったようだ。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

三枚目。
二本松・杉乃家さんに行けたら「必勝カツ丼」を頼むと決めていた。明日は勝ちたい戦がある。雨天決行らしい。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

金曜夜。10人…と言いたいところだけど、残念ながら1人キャンセルがあり9人で寒風吹く八重洲を出発しました。年度末、仕事も忙しい時期になんとか集まり、見知ったメンバーでお手伝いに行けるのはうれしいもの。今週も力を尽くしてきます!

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

深夜の小高、気温0度。

朝の松本ボラセン。災害ボランティアは若者が…という紋切り型は持っていないが、最近あまりに老齢者ばかり目立つのが気になる。もう少し壮年層以下にも来てほしいもの。

朝礼、松本センター長の挨拶から。

「今回初めての人は? ビデオ観てもらったが、二年前と内容はほとんど変わらない。県がつくるものなので。ボランティア来てくださいという趣旨。このほかに民放でも最近取材があった。
できる人ができることを。各々目標が違う。達成するのにどうするか。まず安全第一。目的感をしっかり持つ。ゆっくりやるのは大事だが効率も考えて。言語、動作、態度で表現していく。被災者さんも見ている。達成感をもってお帰りいただきたい。
昨日のブログにも書いたが、環境省が小高からの瓦礫出しを2月で終了した。3月からは搬出、運搬まで被災者負担に。かなりのボリューム。仕事が増えた。またボランティアに来てください。クリーンセンターへの持ち込みは平日のみ。今日は伐採木の積み込みあり。運ぶのは平日。こういう体制になってしまった。」

お手伝い、定番の番狂わせで竹林継続。今日はひたすら伐採し、かなり疲れた。重い竹を運ぶときあまりに滑るのでしばらく素手を試す。手応えはいいがノコ挽きで力を込めるとマメができそうな兆候あり、戻す。伐採中、かかっていた(自立していると思っていた)竹が頭を真正面から直撃。過去最大級の衝撃。ヘルメット被っていてよかった。午後、伐採だけでも完了を、とピッチを上げた結果積もり過ぎ、引き出しが非常に困難に。2年前頃、まだ竹林伐採に慣れない頃やったミスだ。やはり各工程が極端に滞らないよう進めるのがベスト。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:請戸に帰還する船 春満喫の竹林伐採(援人 0224便)

Posted on 2017年2月28日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0224便、2017年2月25日、南相馬市小高区(旧避難指示解除準備区域)でのお手伝いの記録(Facebook投稿、手元メモなどのまとめ)。

こんなことをTweetした日の夜、いつものように南相馬へ向けて出発。

今夜は、以前大雪でスタックしたときお世話になった宮城・白石の仙加苑(せんかえん)さんのお菓子を持って行きます。

10人揃って特金(プレミアム・フライデー)便が出発しました。援人号にテレビ局の取材ハイヤーが並走するかたちで。今日は久々(2年ぶり)参加の人もいて、この多様なメンバーがやっぱりいいなぁ、と。ちょっと緊張しつつ、明日もしっかりがんばろう!

浪江ICを降りて下道で小高に向かうとき、いつも切なくなるポイントがある。国道6号に出る手前の信号、二輪車用の押しボタン。たぶんもう6年近く、このボタンを押すような人はここを通ってないだろうと思う。

2017-02-25 02.40.17
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:竹林伐採終了! “ボラの未来”学生たちと共に(ボランティアチーム援人 2017年 0217便)

Posted on 2017年2月20日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0217便(活動日:2017年2月18日土曜日)、南相馬市小高でのお手伝いのメモまとめ。

今夜出発の0217便、出発は東銀座。いつもの八重洲じゃないので間違えないように。(一席空きがあったけど、昼に満席になりました。)

蛯沢の竹林伐採は、これまでの取り組みと先週の猛ラッシュもあり、この便では「完了は当たり前。いかに丁寧に仕上げるか」が焦点だと思います。しっかりやり切りましょう!

小高ではフクジュソウが咲き誇っているとか。後は…(参加メンバーだけの眼福・予定)。

天気。週末は荒れるかと心配でしたが、土曜日の南相馬は「晴れ」、気温は1.0度~5.3度。先週とほぼ同じ、あの現場ならベストです。ただし特に午後は風に注意です。

在京メンバーへ。6年目を前に、今週も援人は被災地へ行きます。一人でも多くのメンバーが目を留め、共鳴し、実際に動いてくれることを願ってます。メンバー1人ひとり、被災地のために何かできていますか? もしできていないとすれば障害はなんですか? 週末に、そんなことを少し考えてみてもらえれば。

10人揃って歌舞伎座のお膝元、東銀座を出発しました! 高速、風が強い。今週はいつものリピーターから久々の人、初めての人までいいバランスかも。皆で連携して、蛯沢のあの海が見える高台の景色を変えてきます!

南相馬・小高(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0217便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:14人の連携で竹林伐採 次で終わるか(ボランティアチーム援人 0210便)

Posted on 2017年2月15日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

ボランティアチーム援人、2017年2月11日土曜日、南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いのメモ。

キャラバンとS号、14人も揃って出発しました。今夜の八重洲は寒かった。車中の自己紹介で一年ぶりの参加という人が2人。言われるまでそんなにブランクがあると気づかなかったのは不思議なことだなぁ。やっぱり一度でも一緒に活動すると、距離がだいぶ縮まるのかも。
まだまだ終わらない竹林伐採、今回のメンバーなりの工夫をしながらできるだけ進めてきます!

南相馬市小高区でボランティア(援人 2017年 0210便)

南相馬に向かう車中。
もう眠いのでかいつまんで。

T会議での、

「皆さん(環境保護団体)の活動は、自然破壊のスピードに追いつくことができるんですか?」

というSさんの問いかけ、なかなかえぐってくる言葉で。

自分の取り組みは、望む現実を得るために役立っているのか? そういう冷徹な視点は重要だ。

人がいない町、人が少ない町の家や街並みはどんどん荒れ、朽ちていき、自然は元の境界を越えて増殖しはじめる。

それが進めば進むほど、“帰りたかった家や町”は“帰れる気がしない家や町”に成り果てていく。そういうのを見て挫けた、という人の話もこの耳で聴いた。

荒廃のスピードに負けない、少しでも押し返しすことが重要だ。

生活再建や町の再興のためには、他にも難題は沢山ある。が、押し返すことも重要な打ち手だ。

自分がそういう意識で動きたいかどうか。

それが決まれば、巷の無関心やボランティア批判は、前向きに取り組むべき課題となる。アンフォロワーは見切って新たな仲間をもっと増やそう、というやる気も湧く。

こういう話をある人にしたら「真面目すぎる」と言われた。いや真面目にやってるんですよ、これ遊びじゃないんで、と答えるべきだった。

南相馬・小高。日の丸の旗を掲げているお宅が。穏やかな晴天。日常の景色だ。

(朝礼前にも電話で仮設からの引っ越し依頼が入ったようだ。)

朝礼、松本センター長のお話。

「T大学の学生は後で活動証明を受け取ってほしい。
ブログにも書いたが、テレビ取材が明日ある。引っ越しして新築に移る様子を撮りたいと要望が。しかしリフォームのお宅しかない。県からは課長クラスがお見えになる。話す内容は皆さんにいつも話していることになるが。
あと1ヵ月で丸6年になる。さまざまなメディアが取材に来る。避難指示は原町区の一部にも出ていたので、センターは大半の区域をお手伝いした。
日中は沢山の人がいる。除染、建築、視察、遊びのようなもの。しかし特に夜は実に寂しい。ぜひその様子を取材してほしいと思う。いかにまだ道半ばか。
その後別の取材も入る。竹の伐採など環境整備に取り組む様子を見せたい。
今日もよろしくお願いします。」

継続の竹林伐採。
6時間、しっかり役割分担しつつ密度の濃いお手伝いができた。

南相馬市小高区でボランティア(援人 2017年 0210便)

伐採の進みがよく、あと20分あれば伐採だけは全部終了したかもしれない。ただ、各作業のバランスはややダメだったかも。(やりたいことでなく、周りを見てやるべきことをやる。改めて大切。)

南相馬市小高区でボランティア(援人 2017年 0210便)

個人的に危ない場面がいくつかあった。ノコで手を叩いてしまい、切れた。伐採時跳ね上がりが顏をかすめた、など。特に午後、夢中になり過ぎず冷静さを保つよう努めたい。

南相馬市小高区でボランティア(援人 2017年 0210便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...