「あゆみ」「TATAMI」(劇団しようよ)を京都のアトリエ劇研で観た

Posted on 2017年5月17日. Filed under: , 演劇 | タグ: |

「あゆみ」(劇団しようよ)を、京都のアトリエ劇研で観た。
(この劇場は歴史ある小劇場だが今年8月に閉館するらしい。客の入りなどの問題ではなく土地の契約が理由とのこと。)

京都 2017/05/15

若い世代の劇団なのだろうか。そうなんだろうな(そんなこともよく知らずに観に行ったのだが)。

「あゆみ」とは、人生の歩みということらしい。

俳優たちが(おそらく)自分の生まれた日を記した紙を持って並んだり。
紙芝居によるナレーションがあったり。よくも悪くも学生演劇的な、フレッシュな工夫だなと感じた。

ストーリーでも、ゴールが結婚式であることに“この先は想像できないのかな?”という思いをもった(注:オリジナルの脚本を端折ったかどうかについては調べてません)。

全部男優が演じていたのだが、どういう意味があったのか。オリジナル作品と見比べることができないが、恋人たちがイチャつくシーンなどはやはり違和感が拭えなかった。

最後、俳優全員が現れ、役や立ち入りを目まぐるしく変えながらこれまでのシーンのリミックスをやる。構成はいい、俳優たちの動きも練度が高い。「演技の組体操」のようだった。

しかし待てよ、と思った。場面場面をカットバックでつなぐ手法、前日に観た「バージン・ブルース」もそうだった。「あゆみ」は積み重ねられるシーンがより通俗的である分、段々プロモーションビデオのように見えてきた。こういうことをやる必要があるのかな。小劇場の演劇がマスに受ける必要はないのだから、もっと変でも人らしい痕跡が見える“あゆみ”が描けるのでは(脚本の話だが)。

途中までは正直退屈を感じた。ラストは盛り上がりを感じたが、上述のような不満も浮かんだ。

余談。
隣の女性(おそらく大学生)がとても真剣に、身じろぎもせず観ている横で、少し居眠りしてしまった。言い訳すると、京都の土地勘がなく、地下鉄に乗るのが面倒だったので京都駅から劇場まで早歩きをし、結構疲れていたのです(後でキョリ測で見たら8km強あった)。あなたにとって大切だった観賞体験を汚してしまってごめんなさい。

付記。「ままごと」のサイトに2010年版「あゆみ」のダイジェスト映像があった。これは女性版が観てみたかったなぁ。

(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...