熊本県益城町・福岡県朝倉市で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

Posted on 2017年9月14日. Filed under: ボランティア | タグ: , , , |

2017年8月18日(金)の夜出発、26日(土)に帰京という約一週間のスケジュールで、九州北部豪雨の被災地である福岡県朝倉市、熊本地震の被災地である熊本県益城町で災害ボランティアをしてきた。そのメモ。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

8月19日 東京・八重洲から熊本・益城町へ

4:34
各SA、夜中なのに人がわんさかいて、迷子の呼び出しまでしてる。東北道や常磐道とは違う異様な活気…。

4:46
朝4時なんだけど、PAのセブンで買ったにしかわフラワーおいしい。東京でも売ってくれないかな、これ。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

10:33
山口(美祢サービスエリア)で日田の鶏めし売ってた。便利だなぁ(笑)。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

14:11

熊本県西原村、畑のキッチンORTO(オルト)でランチ。おいしゅうございました。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

14:43
この道の先へはまだ行けない。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

16:14

熊本。去年、地震の後に豪雨災害もあった。土砂出しや法面補強のお手伝いをした方がオーナーの宿に立ち寄り、風呂に入る。
露天風呂から阿蘇を望むシチュエーションもとてもいいけど、家族連れなどが続々と夏休みの宿泊に訪れているのがうれしかった。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

日田の豆田町を歩く 朝倉で泥にまみれる 九博で「ラスコー」を見る(2017年の夏休み)

Posted on 2017年8月16日. Filed under: ボランティア | タグ: , , , , |

夏休みの3日間、大分県日田市と福岡県朝倉市に行ってきた。7月に九州北部豪雨のボランティアで行き、今回は観光での応援を考えていたけど、朝倉はまだまだ手が必要な状況だとわかり、日田で観光、朝倉でボランティアとなった。そのメモ。

水害の泥出しでは、場所やフェーズで役立つ道具が変わる。スコップ一つで太刀打ちできるわけではない。意外と(いや、かなり)役立つのがこの移植ゴテ。秋田・大仙でお手伝いした際も、スコップやジョレンが入らない狭い側溝などをこれでガンガン掘り進めることができた。十能より取っ手が短いこちらの方が迅速に作業しやすい。というわけで2つ買い足した。週末持参するつもり。

2017年夏休み 大分・日田 福岡・朝倉

朝倉。杷木インター近くはだいぶきれいになっていた。料金所脇を埋め尽くしていた流木はだいぶ減り(それでもまだある)、たった1、2人で泥かきする姿があったガソリンスタンドも営業を再開していた。

日田バスセンターで見かけた。こっちのお盆のお供え物はこういうものなのか。

2017年夏休み 大分・日田 福岡・朝倉
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

2017年7月5日九州北部豪雨:大分県日田市と福岡県朝倉市へ災害ボランティアに行った

Posted on 2017年7月18日. Filed under: ボランティア | タグ: |

2017年7月5日、台風3号に続く豪雨によって大分県日田市、福岡県朝倉市、東峰村などで土砂崩れ、家の流失、多数の床上浸水などが起こってしまった。ニュースやTwitterで情報を追い、決断した時点ではまだ孤立状態の地域があったり、自衛隊などによる行方不明者捜索が続いている中ではあったが、7月11日(火)から13日(木)まで、災害ボランティアに行ってきた。社協ボラセンが立ち上がり、青信号が灯ったと判断したためだ。以下、そのログをまとめておく。

7月11日(火):羽田から福岡経由で日田へ 半日お手伝い

福岡へ出張。ノートPCの代わりに安全長靴を持って。

2017年7月5日 九州北部豪雨 大分日田・福岡朝倉で災害ボランティア

福岡空港から日田行き高速バスの車内アナウンス、「一部区間、被災地を通過します。緊急車両等通る可能性があります」と。

高速から見えた杷木の状況、言葉も出ない。住んでいる人たちはどんな思いなんだろう。

2017年7月5日 九州北部豪雨 大分日田・福岡朝倉で災害ボランティア

大分・日田で泥出しのお手伝い中。12人で大きなお宅に入っているが、終わる見込みなし。ボランティアがまだまだこれから必要!

2017年7月5日 九州北部豪雨 大分日田・福岡朝倉で災害ボランティア
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...