だれもが使えるウェブ:アクセシビリティの現況を誰が知るべきか、どう変えていくのか(についてのメモ)

Posted on 2010年10月2日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

ぼくも運営スタッフとしている「だれもが使えるウェブコンクール」の2年めがいよいよスタート。10月、11月と啓蒙イベントを行い、今年もアクセシビリティに優れたウェブを募り、2011年5月に表彰を行います。

10月のセミナーの告知・申し込みページはこちら。

10月15日(金)「盛り上がるソーシャルメディア、話題の新デバイス アクセシビリティの今とこれから」セミナー
http://daremoga.jp/seminar20101015.html

11月26日(金)のシンポジウムの告知ページはこちら(正式な申し込み開始はもうすぐです)。

第2回だれもが使えるウェブコンクール シンポジウム – OpenCU.com

http://www.opencu.com/events/di-2hui-shi

会社サイトに告知記事を書くにあたって、この取り組みを誰に伝えたいのか? ともう一度考えてみた。2つのターゲットが浮かんだ。それについてちょっと書いておく。

狭義のウェブ屋以外の人にも「だれもが使えるウェブ」の実現について関心を持ってほしい

前のアクセシビリティJISが出たのは2004年。
ウェブの関係者、中でも濃い人たちが啓蒙を進めてきたが、現在大して普及していないという事実がある。顧客が飛びつくSEOのように経済合理性がない点や、「そもそも強制力のないJISではダメなんじゃ?」といった仕組みの話は長いのでここでは措くが、ともかく専門家だけが興味を持つような状況が続けば何も変わっていかないのは明らかだ。

多くの人の日常生活でウェブが不可欠なほどになった今、ウェブの制作者・専門家以外の人もこの問題を知ることはより重要になった。だから、より多くの人に知ってほしい。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( だれもが使えるウェブ:アクセシビリティの現況を誰が知るべきか、どう変えていくのか(についてのメモ) はコメントを受け付けていません。 )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...