「STOP無印良品キャンペーン」でぼくが見つけた5(+1)つの果実

Posted on 2010年12月23日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

STOP!! 無印良品 in 東京」報告集会に参加した後、考えたことのまとめ。
会の様子はこちらをどうぞ。

「無印のイスラエル出店反対キャンペーンは無印に反対したのでなく守ったのではないか」とか
https://nakanohajime.wordpress.com/2010/12/19/stopmuj/

(この原稿は上記のレポートを書いた直後に粗方できていたけど、バタバタしていて見直すことができず、時間が空いた割にはあまり推敲せずに出しちゃうものです)

企業に「ちゃんとしてほしい」と働きかけることの可能性

「STOP無印」運動は、ターゲットとする企業に激しく敵対することなく進められた。
無印良品というブランドには運動の中核にいた人びとすら認める魅力があり、それが運動のデザインや広がり方にも影響した面がある。問題を知って広めた人たちも、「イスラエル出店」という発表への怒りだけでなく、多くはファンであるがゆえの「残念さ」や「悲しみ」を抱いていたから言葉も厳しいものにはなりえなかった。これは株式会社良品計画という企業にとっては冥利に尽きる話じゃないだろうか。

企業は商品やサービスを提供し、利用者はお金を払うというサイクルで成り立つこの社会では、多くの人は企業を一方的に断罪するような立場には立てない。企業に対して「好きだけど、もっとちゃんとしてほしい」といった思いを抱く場合もしばしばある。こういうアンビバレントな関係を理解し織り込んだうえで運動を進めることが、広くアピールするためには必要なのではないかと思った。

ついでに。企業に対する行動となると、「企業というのは邪悪な金儲けマシーンであって、倫理的行動など期待すべくもない」、ついでに「だから企業はやっつけるしかない」といった嫌儲や陰謀説をベースにしたような企業観を口にする人が一定数現われる。が、企業の「良識」を問うた今回のような運動は、企業に対する不信感しかなければ違ったアプローチになっただろうし、またその場合は今回のような結果も得られなかったのではないかと思う。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( 「STOP無印良品キャンペーン」でぼくが見つけた5(+1)つの果実 はコメントを受け付けていません。 )

「無印のイスラエル出店反対キャンペーンは無印に反対したのでなく守ったのではないか」とか(「STOP!! 無印良品 in 東京」報告集会)

Posted on 2010年12月19日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , |

おととい(2010年12月17日)、こんな集まりに参加してきた(会場だったPARCには講座で何度も通ったのに、小川町でなく神保町で降りてしまい10分ほど遅刻しつつ)。

STOP!! 無印良品 in 東京: 12月17日(金)「STOPしたよ!!無印良品」報告集会を開催します
http://stopmujit.blogspot.com/2010/12/1217-stop.html

Stop無印良品キャンペーン:アパルトヘイト国家イスラエル出店に反対します」のサイトでこの件を知って以来、無印良品を止めることにはわりと強い意義を感じていた。が、パレスチナ問題については数冊の本とネットで得た知識ぐらいしかなく、Twitterでつぶやくときなどは毎回少々の勇気が必要だった。そんなわけでこの会への参加の敷居は高かったんだけど、Twitter上でリスペクトしていた印鑰(いんやく)さん(@tomo_nada)、さらにイルコモンズさん(「イルコモンズのふた。」)の名前までクレジットされていたので行ってみた。

STOPしたよ!! 無印良品

以下、皆さんの話で印象的だったところを中心に。

「STOP!! 無印良品 in 東京 実行委員会」小池さんのお話

本日(2010年12月17日)、良品計画にあらかじめ質問状を提出の上で申し入れに行ってきた
実行委から4人、良品計画から4人が出席し、1時間ほど話し合いを行った

回答は主に「(今回の中止決定は)あくまで総合的な経営判断。具体的な理由を挙げるのは難しい」などはっきりしないものが多いが、注目すべき回答もあった

「イスラエル出店に反対運動が起こるとは予想しなかったのか」に対しては「消費者の皆様から反対の声が上がる可能性というのは、正直なところ検討していませんでした
消費者の方々の意見も拝見して、大変勉強になりました。今後のビジネスの参考にも、していきたいと思います
詳細な情報については、知りませんでした。私達の事業は、普通の人に使っていたけるものを広めていくということなので、それによってどんな影響が出るかという点については今回勉強になりました

今後、無印側に方針変更などまた動きがあるかもしれないが、単純な対決姿勢にはしていきたくない
今回の運動は、企業との対決以外の関係構築を行える可能性もある、と勉強になった

(Q&Aの時間には、小池さんからこんなお話も)
署名サイトに、良品計画からのアクセスがよくあった
他にも企業系は広告代理店、銀行、建設業…などのドメインから来ていた
企業ドメインからのアクセスがあると太字になって気づきやすい仕掛けを印鑰さんが作ってくれた

印鑰智哉さん:ウェブアクションの振り返り

(印鑰さんは東京の署名アクションのウェブサイト周りを担当)

東京では11月15日に署名サイトをオープンし集めはじめたので、稼働期間は2週間しかなかった
よしやるそ、と思ったら終わってしまった感じがする
スタート後、波状的なエスカレーションについて3段階のプランを考えていたが、第2段階に至る前に終わってしまった

今の世の中は、市民の直接参加による合意形成が必要な時代だ
バラバラになっている個人を結びつけるにはインターネットはすごいツール。が、まだ使いこなせていない

署名サイトを立ち上げ後、サーバーに張り付いていた。
ウェブ上の反応も気になった。「こわい」という反応も当然あった
しかし主張内容は当たり前のこと。たとえば道ばたで何分か話しこめば、大抵納得してもらえること
つまり、今回主張したことは少数派だとは思っていない。潜在的には多数派であるはず

しかし本来は多数派であるべき人たちが孤立している
市民一人ひとりがバラバラ。無力感や諦めに苛まれているのではないか
インターネットはそんな人をエンパワーできるはず

インターネットを使うとアクティビズムはもっと弾みがつくが、日本ではなかなか使われてこなかった
アルゼンチン、オンラインのキャンペーンで100万人以上が動いた
ブラジル、腐敗している政治家を追い出すことができた。オンラインとリアルが結びついて反汚職法が成立した
一方で南米のネット普及率は日本の1/3ぐらいである

今回、署名は日英合わせて300弱。TwitterのRTが280(捉えられてないのも合わせると500ぐらいだろう)
残念だな、と思う

なぜもっと大きくできなかったか
ぼくたちの声はまだまだ届いてない。せいぜい1万~3万ぐらいか。5%ぐらいが参加してくれるはず
まだ信頼関係がない。署名サイトにメールアドレスを入れて大丈夫かな、と躊躇もあるだろう
ただし、変えられると思う
1つ、現実を変えようという意思。そして「この指とまれ」と言い出すイニシアティブを発揮すること
2つ、目的に向けて継続する意思を持つこと

来年はこういったオンラインアクションセンターを3つはつくろうと考えている。
3つあれば多様性もあるし、潰されるのにも耐えられると思うので
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 4 so far )

無印良品がイスラエル出店を中止! でTwitterに溢れたのは「無印が好き!」「また買える!」って声だった

Posted on 2010年12月1日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , , , , |

今日、無印良品のイスラエル出店計画の中止が発表された。

良品計画|ニュースリリース
http://ryohin-keikaku.jp/news/2010_1201.html

株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)は、2010年4月12日に当社ニュースリリースにて発表しましたイスラエルへの出店計画の中止を決定いたしました。
当社は当該リリース発表後の具体的調査の結果、経済的な理由により、本計画の中止を決定しましたので、ここにお知らせいたします。

こないだ「無印良品さんイスラエル出店やめてくださいの件と、Twitterの「軟式アカウント」なるものの真価について」を書いたときにも前途多難だろうなぁと思っていただけに、とてもびっくりした。

具体的調査の結果、経済的な理由により」というくだりには、今日見かけたまったく別の事件へのはてブコメント「おっきくなると素直にごめんなさいも言えなくなるんだね」と似た思いを抱いたというのが正直なところ。一方で、無印はイスラエルに行かないという事実にうれしさが何度もこみ上げてきた。

この話題で湧くTwitterのタイムラインを見て改めてすげーと思ったのは、「無印良品が好き」「また買える」ってつぶやきの多さだ。みんな好きだから身の振り方に悩み、動きを注視していたんだ。企業がユーザーに愛される、ユーザーから企業に橋を渡す、というなかなかあり得ないことをこれだけの量として目にすることができたのは、うーん…レアな体験だ(貧相な表現だが)。

以下、いくつかピックアップ。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

無印良品さんイスラエル出店やめてくださいの件と、Twitterの「軟式アカウント」なるものの真価について

Posted on 2010年11月17日. Filed under: 未分類 | タグ: , , , |

今日、こんなアクションがはじまっているのをTwitterで見つけた(13日ぐらいからスタートしていたらしい)。

無印良品さん、イスラエル出店はやめましょう! ::PARC

とてもいいと思ったので、早速つぶやいてみた。

さらに夕方ぐらいに、リアル友人からもらったアドバイスに「なるほど」と思い、こんなTweetをしてみた。
ぼくは@STOPMUJIの中の人とは面識がないし、原研哉さんはウェブとは隣接しているけど別の世界の著名人、という印象でもちろん会ったことはない。ドキドキした。

@STOPMUJIさんからはこんなリプライをもらった。

Twitterがブレイクしてから企業のTwitterの成功ケース、いわゆる“軟式アカウント”がもてはやされているけど、数か月にわたって@STOPMUJIさんの問いかけをガン無視している@muji_netさんの対応を見るに、これは“軟式アカウント”の対話的・融和的姿勢が本物かインチキかの見極めどころだよな、と思う。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 5 so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...