Running

南相馬・小高:仮設引っ越しと竹林伐採 翌日は南相馬駅伝を走る(援人 2017年 0317便)

Posted on 2017年3月24日. Filed under: Running, volunteer | タグ: , |

南相馬・小高:仮設引っ越しと竹林伐採 翌日は南相馬駅伝を走る(援人 2017年 0317便)

ボランティアチーム援人、0317便、2017年3月18日(ボランティアとしてお手伝い)、19日(南相馬復興祈念駅伝への参加)、2日間のメモまとめ。

今週も10人揃って八重洲を出発しました!

南相馬でボランティア→復興祈念駅伝(援人 2017年 0317便)

この便は小高のあれこれを楽しめるからか、今夜はみんな挨拶が長い長い(笑)。早くも感想タイムのよう。まずは引っ越しお手伝いをしっかりやり、その後で小高の“当たり前の幸せ”のあれこれを楽しみたいなぁ。行ってきます!

震災の仮設住宅は東京オリンピックが行われる2020年になってもまだ残っている見込みが高いってニュースを見たとき、“ダメだこりゃ”って気が抜けたのをよく覚えている。
たぶんこういう落胆を10倍の強さで1万人ぐらいが同時に味わうと、革命みたいなことが起こるんだろう。

ぼくらの世代は、社会はどんどんよくなっていくと信じて生きることができた気がする。が、未曾有の災害で階段を転がり落ちてしまった人たちがいつまでも上がっていけないというのは、本当にマズい。罪を犯した人間が捕まらなければ誰も法を守らなくなるように、社会への信任が崩れていく。

それぞれができることをやるべき。ぼくができることは、ニーズある限り東北へ仲間と共に向かうこと。
今週も向かってます。

午前は二手に分かれて仮設住宅からの引っ越し2件、竹林伐採のお手伝い。

仮設住宅からの引っ越しのお手伝い。室内はとても綺麗で丁寧に使っていたとわかる。畳が青い部分は家具の跡だが、狭い四畳半は少しでも物を置くと大人の男が足を伸ばして寝れないほど狭いとわかる。肩や手首を痛めたのでボラを頼んだという依頼主、ぼくらと変わらずきびきびと拭き掃除をしていた。

南相馬でボランティア→復興祈念駅伝(援人 2017年 0317便)

午後は竹林伐採。継続の現場だが、いよいよあと2回ぐらいか。

南相馬でボランティア→復興祈念駅伝(援人 2017年 0317便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

ラン日記 2017年2月

Posted on 2017年2月28日. Filed under: Running |

2017/02/24
朝ラン気づき。ふくらはぎを適度に殺しておくとやわらかい着地、ヒタヒタ走りがしやすい。というかふくらはぎが元気過ぎるとフォーム全体にとってあまりいいことがない。
着地が身体の前に出る(または空振りしてから着地しているように上から見える)ケース、ふとガラスに写る自分の足を見て思ったが、膝から下を前に出さず、垂直または垂直よりやや後ろのままで着地しては? これが合理的かどうかは対照実験をしてみたい(追記:これを意識しすぎたらふくらはぎがかなり疲れた)。

2017/02/23
昨夜、裸足ランを1kmもやってないのに、今朝はふくらはぎと足首にダメージが出ている。昨日走っている時に感じ言語化したこと。具体的には拇指をグッと踏み込まない。これはワラーチを履いている時の持続的なランにも効きそう。

2017/02/22
裸足ラン。何度か痛い目に遭い、これやったらダメだなという感覚が少しは鋭くなったか。着地後に拇指球をグンと踏み込むようなやり方をすると足裏(特にフォアの部分)が長くはもたない。足首に強く捻りがかかるので、足首のダメージも大きい。しかし裸足は楽しい。ちょっとなら。

2017/02/21
着地を後ろにするだけでなく、踵を押し付けて離地を遅らせるようにすれば、チョンチョン走り防止にもなり、体はもっと前に出るのではないか?

2017/02/20 夜
雨が降り、濡れたりところどころ水たまりができたりすると路面の味わいがだいぶ変わる。雨中ワラーチ走、楽しかったぁ。

2017/02/20 朝
胸や腹を前に出すというより、腹を縦方向に伸ばす、横隔膜を開く(?)、そんなイメージでやるといいのでは。足は後ろにチョンチョンと着く。バランスを崩し思わず走り出しちゃったようなうかつなイメージか?

2017/02/19
朝、近所のスーパーでいつもやっている朝市(?)的なものに行ってみようと、走っていく。今日はやってなかった。ズコッ。近くのモスで朝モス。日なたを探しながら、少しだけ朝ランの続き。

2017/02/18
腹を突き出し、横隔膜を伸ばし切る感じにすると、 どうしてもスピードが出すぎてしまう。スピードをゆるめて走るときはどうすれば?(未解決)

2017/02/17
走るっていうのはどういうことか? 左右の足を前に出して進んでいくこと、そのために身体の各部を意識的に・無意識に動かすこと、それに対する(非)制御感と、それを観察する目線感じ方と…などを掛け合わせた「体験」なんだ。だからものすごくバリエーションがある。

2017/02/15
朝、後半、不思議なことが。いろんなところへの関心を後景に押しやり、足の着地にだけ(やさしくなるように)意識を集中してみた。足にだけ焦点が当たるようなビジュアルが頭に浮かんだ。これいいな、と思った。

2017/02/14
フォームを変更中。旧フォーム・新フォームで1kmずつ走って対照実験してみた。旧より新の方が16秒速かった。予想以上の差。新では重心がより前に出るのでケイデンスが上がる。今このペースで10kmや20km走れるとは思えない。が、理に適っているとは感じる。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

「ゼロベースランニング」自分用まとめ(前編)

Posted on 2017年1月26日. Filed under: Running | タグ: |

ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!(高岡尚司)」を読んでピンとくるところがあり、自分のランニングに活かそうと咀嚼してみた。暫定まとめとしてアップしておく。

胴体の使い方

(個人的には最初はここが全然意味不明で、“胴体? ハァ!?”という感じだった。が、別の箇所を突破口に理解するに至った。)

  • 重力を上手に活用するための胴体の動きづくりに第一に取り組むべき
  • 胴体がガチガチに固まっていると足の筋力に頼り切った走りになる。逆に胴体を動かすことで走りの動力源が生まれ、その力が四肢に伝わっていく
  • 胴体の上下・前後・左右の動き(歪み)が、脚を経由して地面に伝わることで推進力になるという走り方をする。重心を崩す(重心を移動してバランスを崩す)、胸を前に引っ張られるように出していく。右胸と左胸が交互に引っ張られるようイメージする。すると、転ばないように脚が自然と前に出る。これを維持し続ければ楽に走ることができる(気づきポイント:「胸を前に引っ張られるように出していく」がAha! ポイントだったかも。胸を前に出すと接地が自ずと重心より後ろになり、するとフォアフット着地しかできなくなることが身体でわかった)
  • 胴体は長方形だが、走るときは左右の体側の長さを交互に変えながら動き、ねじれも生まれる。すると、脚の離地のポイントが後方に移動する。右足が後ろになったときは右の体側が延び、右胸が前に出るという動きになる
  • これには大きなメリットがある。大腿骨の一部「大転子」が内側に移動する(股関節の外転運動)、すると足への荷重は内側に移動、母趾が背屈しながら離地できるようになり、結果「バネ」のメカニズムが発動。離地のポイントの後ろ移動によるアクセルの動きと合わせて、、驚くほどの推進力が得られる(p60 ここ、正直まだ体得できない…)

脚の使い方

  • 人間が走るという行為の中での「脚」は、解剖学上の理解よりもっと広い範囲になる。足は「動かす」のではなく、胴体の台形の動きに合わせて「動く」。メッセンジャーとしての役割を担っている
  • 足の外側から着地して内側へ荷重位置が移動する。これは股関節の「屈曲・内転・外旋」から「伸展・外転・内旋」への変化によってもたらされる(これ、水泳のS字ストロークと同じだ、とイメージできたあたりから胴体の動きへの理解にも進むことができた)
  • カカト着地は長年常識とされてきたが、すごいリスクをはらんでいる。原因の一つは、歩幅が広がったオーバーストライド。カカトで接地すると、カカトを内側にひねるオーバープロネーションを引き起こし、前進する動きにブレーキをかけ、故障のリスクが高まってしまう
  • つま先で着地した後、地面を蹴らないと前へ進めないという誤解がある。本来、足首のキック(底屈運動=つま先立ちのような動き)は前進でなく後進のためのもの。ケニアのトップランナーは足首のキックを日本のトップランナー以上に使っていない(底屈角度が小さい)。底屈運動に頼った走りでは、つま先で地面を蹴るので体が持ち上がり、重力に無駄に抵抗する上下動が激しい走りになる(気づき:。ワラーチで走っていて、あるときからふくらはぎが全然発達しなくなったが、これいいの? と疑問があった。が、この考えに従えば妥当なのだ、と納得できた)
  • 着地後に体より後ろに位置したカカトを地面に押しつけるようにする(底屈でなく背屈=足の甲の側に寄せる動き=アキレス腱を伸ばすようなイメージ)。するとスネが前に倒れ、推進力を生み出す

底屈と背屈についての解説あり。

ふくらはぎが太くなる人のもう一つの理由とは? | きこうカイロ施術院

接地点や背屈=推進力についての異論あり。

着地位置と「ラン反射」;「型破り マラソン攻略法」 – キムブログ

  • さらに、離地のポイントをできるだけ後方にすれば、母趾が背屈することで足底腱膜が巻き上がるので足の安定感が増し、次にバネの役割を果たす(ウィンドラス機構)。同時にトラス機構が働き、アーチが潰れ、足底腱膜が伸びることで衝撃が吸収される

足部の重要な2つの機構!トラス機構とウィンドラス機構 – 理学療法士Y成長日記!

  • 接地時間:接地時間は短い方がよいとされる。が、接地時間は足が重心の真下~後方で接地している「アクセル域接地時間」と、足が重心の真下~前方で接地している「ブレーキ域接地時間」に分けられる。前者が長いと重心が前方にある時間が長くなるので、アクセルの働きが大きくなる。つまり、離地のポイントは後方に移動する方がよい
  • 母趾球の使い方:母趾球で踏み込む必要はない。胴体の動きの結果として、胴体の真下ではなくかなり(注:かなり、なんて可能か?)後方で、離地の直前に自然に母趾球に荷重がかかるのが正しい。母趾球に荷重するタイミングが早すぎると、オーバープロネーション(過回内)が起こってしまう

腕の使い方

  • 腕は振るのではなく「振られる」。胴体の動きが先行し体のバランスが崩れると、それに連動して腕と脚が動く。腕が主役になろうとすると胴体が固まってしまう
  • 腕は肩甲骨を介して胴体と連動しているので、胴体が動けば腕も動く。胸が前に出れば、肩の筋肉を使わなくてもヒジの位置は自然と後ろに下がる。ヒジは後ろに引くのでなく「下に引く」イメージを持つと、胴体の台形の動きを誘導することができる
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

ハイテクハーフマラソン(2017年)、去年とほぼ同じタイム

Posted on 2017年1月9日. Filed under: Running | タグ: |

昨日(2017年1月8日)、赤羽でハイテクハーフマラソン。

シューズを履いてネットタイム01:39:27。去年とほぼ同じ(30秒ぐらいは早い)。ワラーチで走った南相馬のハーフより2分遅かった。

以下、メモ。

曇り。たぶん1~2度気温が低ければ雪が降りそうな寒さだったが、走るのには問題なし。むしろベストに近いコンディションじゃなかったか。

年末年始に裸足で走って足裏を怪我したのでのが治らず、今回はやむなくシューズを履いて走った。

靴で走ると退屈を感じることはわかっていたので、前半はペースメーカーを追い求めてうろうろと。自分よりちょい上ランナーの特徴がだいたいわかった。1. この大会や他の大会の参加賞Tシャツを着ている(服装にあまり関心がない) 2, 短パンにだいたい素足(コンプレッションタイツは履いてないことが多い)、こういう人はいい走りをしているので、ペースの目安にさせてもらった。

いいペースメーカーAさんを見つけ、折り返しやや手前で自然と追い越し…たつもりだった。折り返しはたぶん今までで一番楽に入れた。

後半12~13km地点、なぜかAさんが前にいて、再び抜かす。15km、余力があるのがうれしくペースをさらに上げてみる(これがいけなかったか)。

徐々にずるずるペースが落ちてくる。ここからプチ地獄が始まった。Aさん含めそれまで抜かしてきた沢山のランナーがいい顔して(懸命に、という意味)ぼくを抜いていく。

最終盤、情けないぐらい足が前に出ず、ろくにスパートもできずゴール。

シューズはワラーチと比べて足裏のダメージをほとんど気にする必要がなく、着地への関心がどうしても薄くなる。結果辛くなってくるとドカドカ走りになってしまい、膝や腰にダメージがくる。走り終わって膝に痛みを感じたのはかなり久々のことだ。

それにしてもスピード持久力は去年より上がっているはずなのに、タイムは同じ。ダサい結果だ。

ゴール直後に貪り食ったシナモンロールとチョコマフィン、おいしゅうございました。

Cinnamon roll 2017-01-08 12.04.17

次に食べたジャークチキンサンド(写真)、おいしゅうございました。

jerk chicken dog 2017-01-08 12.40.00

中華でビール、おいしゅうございました。
焼き鳥で赤ホッピー、おいしゅうございました。
狭い立ち飲みでビオワイン、おいしゅうございました。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

走:「野馬追の里健康マラソン」でハーフマラソンのベストを出すまでのメモ

Posted on 2016年12月16日. Filed under: run, Running | タグ: , , |

2016年1月のハーフマラソンベスト1時間39分(シューズで)。2016年12月ベストを更新、1時間37分(ワラーチで)、に至るランニングについてのメモ。

岩泉で災害ボランティア 南相馬で野馬追マラソン出場(援人 1202便)

2016年1月 ハイテクハーフマラソンで自己ベスト1時間39分

それ以前にどんな練習をしたか、当日どんな走りをしたか、細部はもうほとんど覚えてない。レースでは、前年の反省から前半は抑えたが、折り返し点では予想より悪いタイムに落胆、しかし後半も少しだけ粘ることができた、そんな気がするレースだった。で、自己ベストを(確か)1~2分縮める1時間39分が出た。

2016年4月 川内村ハーフマラソン 初めてワラーチで走る

川内の郷ハーフマラソン、初めてワラーチで走ってみた。
一度でも足首やふくらはぎを痛めたりしたら後は地獄になる! とビビり、そろそろ走ることを心がけた。折り返し前のゆるく長い上りに脚力を削られたりもし、後半はボロボロになった。それでも少しだけラストスパートでき、なんとか走り切って1時間44分。シューズで走るのに比べてもっと劇的に遅いだろうと予測していたので、意外なタイムだった。

2016年7月 東和の地獄坂でワラーチ 血豆がいくつもできる

7月、東和ロードレース。「地獄坂」と噂されるコース、掛け値なしに本当にキツかった(特に下りが…)。上りはひたひた走りができるのでワラーチ的にはむしろよかったが、クールダウンしようと名物のミストシャワーを浴びまくっていたら足裏が濡れてスレが起こった(と、レース後に初めて気づいた)。
最終盤、ゴールへ続く下り坂をシューズ野郎たちがこれ見よがしにガンガン飛ばしていく。負けじと激痛をこらえて飛ばした。終わってみると、足裏にでっかい血豆がいくつもできていた。痛いわけだ、と思った。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

汗が絶対に目に流れてこないヘッドバンドはないのか? 暫定解:SWEATGUTR(スウェットガーター)

Posted on 2016年10月3日. Filed under: Running | タグ: , |

ランニング中にキャップをかぶるのは、汗が目に流れてくるのを防ぐためだ。蒸し暑いが仕方ない。

災害ボランティアのときは汗はキャップだけでは防げず、汗止めのヘッドバンドをしてさらにキャップをかぶっている。しかしこれでも1時間も作業していると保水力の限界を超え、汗が目に流れてくる。

目が痛くてたまらないし、汗がメガネのレンズ側に回ると見えづらくなる。つまり不快極まりないのだ。

先週の岩泉町でのお手伝いであまりの汗に腹が立った。で、東京に戻ってから“絶対に目に汗が流れてこないヘッドバンド”がないか調べてみた。すると有力製品は二種類あったが、レビューなどを比較してこっちを買った。

SWEATGUTR(スウェットガター)。シリコンのような素材で吸湿性は一切ない。顏の前面部分はU字になっていて、汗を側面に流す仕掛け。

Amazonの製品紹介ページ(アフィリエイトリンク)。

メーカーの公式サイト。

2010年にレビューを書かれている方。サイクリングでの利用が結構多いようだ。

特に昨日の小高の草刈りでは常に汗をかき続けたが、ヘッドバンド時代のように汗の決壊もなく、ヘッドバンドを30分~1時間毎に絞る必要もなく、9時から15時までの活動中に汗はほとんど顏の前面には流れてこなかった。

Amazonのレビューでは人によって評価が分かれている。が、ぼくには合っていた。今度ランニングでも使ってみようと思う。

同じような悩みがある人にお勧めしたい。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高で竹林伐採をじりじり進め、二本松・東和で地獄坂を味わう(援人 0701便)

Posted on 2016年7月4日. Filed under: Running, volunteer | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0701便、避難指示解除まで残り「2回」、2016年7月2日土曜日の南相馬市小高区でのお手伝い──と、翌日の二本松・東和ロードレース参戦の記録。

避難指示解除まであと10日。
あまりにも長すぎた。しかしそれが残りわずかな日数で変わることへの実感も湧かない。
そしてそもそも、この日本に家に帰ることが許されない地域が未だ存在することの重さを、完全に飲み下すことができていないと気づく。

深夜の常磐道で考えたこと。

援人号0701便 南相馬→東和“地獄坂”行き


4週間、毎週10人のメンバーが真剣に取り組んでいるのにじりじりとしか進まないお手伝い先。今回も終わらなかった。

だけど撤収の前に見上げると、景色は少しずつだが変わっている。避難指示解除前、最後の最後にここで戦っていることを面白いと思う。

前回までにフローは完成したので、適度に人繰りしつつ回す。Yさん+Kさんペアが残りの後処理メンバー用の竹切り出しを賄ってくれ、ちょうどいいペース。チッパーも今回は調子よく、ほぼフル回転した。

援人号0701便 南相馬→東和“地獄坂”行き

曇りだが湿気があり、こもるような暑さ。水分を摂りすぎないよう気をつけた。活動中、昼食時含め1L強。代わりに、休憩時はクーラーボックスの冷えた水で首筋などを冷やすようにした。

高速カッターで切断用の竹は、あまりに長いと送り手の負担大、手を挟むリスクも。大径の長い竹は半分に切るとよい。

援人号0701便 南相馬→東和“地獄坂”行き


昼、小高で家具屋さんのトラックを見かける。帰還に向けて家具を新調されたのかも知れないなぁ。


夜、久しぶりに杉乃家さんへ。浜通りでお手伝いし浪江の労働者に愛された焼そばを食べる、やはり至福としか言いようがない。

援人号0701便 南相馬→東和“地獄坂”行き

そして一夜明けて。前日に小高で力を出し切ったメンバー全員で“地獄坂”、二本松の東和ロードレースに挑むことになった(出場種目は10kmウォーキング、ラン5km、10km、ハーフといろいろ)。

援人号0701便 南相馬→東和“地獄坂”行き

47年も続いているという質実な印象の大会。地元率がかなり高いのに出場ランナーは4,000人ぐらい。都市部の大会では当たり前のコスプレなどのゆるいムードはほぼなく、真剣な参加者が多い。エイドは多く、慣れた手さばきで氷水を浸みこませたスポンジを渡してくれる(これがありがたかった!)。

ワラーチ野郎にとっては、噂の「地獄坂」、つまり登りではなく、復路に延々と続く下りが地獄だった。終わってみると右足裏に3つ、左にも1つ血豆ができていて驚く。想像以上の地獄体験だった。

援人号0701便 南相馬→東和“地獄坂”行き

小高でのお手伝いはキツかったが怪我なく終え、東和では全員地獄から生還。楽しい週末だった!

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...