Accessibility

コメント求む:「目の不自由な人×Twitter×マイクロボランティア」という取り組み(案)について

Posted on 2010年2月25日. Filed under: Accessibility | タグ: , |

昨日(2010年2月24日)の「ケータイ向けTwitterサービス『モバツイッター』とアクセシビリティ」セミナー&だれもが使えるウェブコンクール中間発表」イベント中のTwitter上のやりとりで浮かんだアイディアを展開してみました。勢いで公開します。

  • アクセシビリティ(ウェブをアクセシブルにすること)に関心がある人、
  • 小さな(プチ、マイクロ、ナノな)ボランティアやりたいなという人、
  • ウェブ×社会をよくすることに興味ある人、

この取り組みの可能性や改善アイディアについて、ぜひコメントくれませんか?

「目の不自由な人×Twitter×マイクロボランティア」ってなんなの?

  • 目の不自由な人が「いまどこどこにいるけど、入り口が分からない。」「いま総武線遅れているんですか?」(他にもいろいろ可能性ありそう)などと、Twitterに特定のハッシュタグを付けてつぶやく
  • そのハッシュタグ付きつぶやきをウォッチする人を募っておき、そのときに対応できる人が(必要なら代わりに調べたりして)つぶやきで答えてあげる、(または必要なら)電話してサポートしてあげる、などする

あ、ついでに。ハイチ地震をきっかけに英語圏ではTwitterを使ったこんな参考になる取り組みがありますよ。

Tweak the Tweet: New Twitter Hashtag Syntax for Sharing Information
During Catastrophes

http://www.readwriteweb.com/archives/a_new_twitter_hashtag_syntax_to_help_during_catast.php

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 7 so far )

だれもが使えるウェブコンクール:「モバツイッターとアクセシビリティ」セミナーを楽しんだ。で、Twitter×マイクロボランティアの可能性にワクワクしたり

Posted on 2010年2月25日. Filed under: Accessibility | タグ: |

昨夜はこんなイベントのお手伝いをしてきました。

「ケータイ向けTwitterサービス『モバツイッター』とアクセシビリティ」セミナー & だれもが使えるウェブコンクール中間発表(だれもが使えるウェブコンクール)
http://daremoga.jp/ceremony/event-0224.html

ぼくは「だれもが使えるウェブコンクール」に実行委員(プロモーション統括副委員長)としてコミットしていて、ぼくの会社アークウェブも協賛しています。ので、昨夜はぼくに加えて志田君、野嶋君、小森さん、八木さんと総勢5人で受付・会場設営などからお手伝いしてきました(ちなみに弊社は11人です)。

ふりかえって

楽しかったなー、というのが素直な感想。
アクセシビリティはウェブ屋が関わることができる「公(おおやけ)」の問題だと決心してからはいろいろ活動しているけど、こんなに感情面を揺さぶられたというか「楽しい」と感じたのは初めてだったかもしれない。

Twitter / 中野 宗 (NAKANO Hajime): TwitterのTLに、視覚障害者がスクリーンリーダ …
http://twitter.com/nakano/status/9570628559

TwitterのTLに、視覚障害者がスクリーンリーダーを操作する、なんて話題が花開いてうれしいっす。素直に

ぼくはUst配信チーム(石丸君・吉澤君。彼らもWebSigからボランティア参加!)の脇にいながらTwitterのTLにいたんだけど、スクリーンリーダーなどについてこんなに沢山の人とおしゃべりした体験はない。日陰の趣味を認められたみたいでうれしかった。

Twitter / 中野 宗 (NAKANO Hajime): モバツイという公共性の高いサービスが持つ磁力ですね …
http://twitter.com/nakano/status/9570549241

モバツイという公共性の高いサービスが持つ磁力ですね RT @hitoyam: #daremoga のTLで興味深いのは、技術者レイヤーじゃない人の感想が多く混じっているからなのかも。

ってつぶやいんたんだけど、

  • モバツイは「日本のツイッターシーンを下支えしているサービス」(えふしんさん)であり、沢山のユーザーから支持を得ている。そのポジティブさ
  • えふしんさんの「アクセシビリティ対応って当たり前じゃね? と思った」とか「Web屋として当たり前のことをやってみたかった」とか、ごくプレーンな言い方がすごく共感を呼んだ

ってところが大きいと思う。

プレゼンではぼくの名前もちょっと出していただけたけど、ぼくがある時期から突然(笑)「アクセシビリティ! アクセシビリティ!」と大声を挙げていることがモバツイのシンプルモード実現にきっかけの一つにはなったのかも…と考えると、周縁をめざしたい、変化のためのカタリスト(媒体)でありたいぼくとしてはちょっと鼻高々。B’>

第三部でわかったこと

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( だれもが使えるウェブコンクール:「モバツイッターとアクセシビリティ」セミナーを楽しんだ。で、Twitter×マイクロボランティアの可能性にワクワクしたり はコメントを受け付けていません。 )

視覚障害者とスマートフォン:The vOICe for Android(Androidアプリ)は色、方角、位置を読み上げてくれる!

Posted on 2010年1月9日. Filed under: Accessibility | タグ: |



The vOICe for ANdroid
Originally uploaded by jetalone

Google音声検索の登場以来、Androidマーケットには音声でメモする、Tweetする、翻訳するといったアプリが増えてきた。ぼくも”VoiceLInk“というソフトで音声Tweetを試したりしている。

昨夜”voice”で検索・ブラウズしていたら”The vOICe for Android“という、「これはすごそう!」なアプリを見つけたので拙速メモ&シェア。

The vOICe for Android – Augmented Reality for the Blind
http://www.seeingwithsound.com/android.htm

これは”Augumented Reality for the Blind“とある通り、Android端末が捉えることができる

  • 色(カメラによって)
  • 方角(磁気センサーによって)
  • 位置(GPSによって)

を、音声で読み上げてくれるソフトだ。できることはまだこれだけ。
ついでに言っておくと、HT-03Aなどでは現時点で普通のナビゲーションの音声読み上げ機能はないので、視覚障害者はこのアプリを1人で立ち上げることはできない。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 2 so far )

だれもが使えるウェブコンクール:オープニングイベントである「公開討論会 だれもが使えるウェブサイト」、盛り上がりました

Posted on 2009年10月8日. Filed under: Accessibility | タグ: , |

昨日(10月7日)、NPOハーモニー・アイが立ち上げた「みんなの声で選ぼう! だれもが使えるウェブコンクール」のオープニングイベントである「公開討論会 だれもが使えるウェブサイト 企業サイトのアクセシビリティでビジネスチャンスをつかむ」が毎日新聞社で行われました。

公開討論会 だれもが使えるウェブサイト
http://daremoga.jp/ceremony/event1007.html

「公開討論会 だれもが使えるウェブサイト 企業サイトのアクセシビリティでビジネスチャンスをつかむ」(毎日新聞社)

登壇されたのは、以下の方々。

モデレーター:
株式会社毎日新聞社 デジタルメディア局 ユニバーサロン編集長
岩下恭士さん
パネリスト:
株式会社技術評論社 クロスメディア事業部部長代理
馮富久さん
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長
安田英久さん
社団法人長寿社会文化協会(WAC) 関東ネットワークセンター 事業推進部長
曽根清次さん
株式会社DNP映像センター
制作本部コンテンツ制作室撮影・編集チーム UD推進チーム シニアエキスパート
山田淳司さん

ディスカッションの概要とTwitter上の感想・反響はハッシュタグ”#daremoga”で見ることができます。

#daremoga – Twitter Search
http://search.twitter.com/search?q=%23daremoga

ぼく自身もTwitterに書き込みながらいろいろ考えたので、カジュアルモードで。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( だれもが使えるウェブコンクール:オープニングイベントである「公開討論会 だれもが使えるウェブサイト」、盛り上がりました はコメントを受け付けていません。 )

第4回アックゼロヨン・アワード授賞式で考えたこといろいろ

Posted on 2009年9月8日. Filed under: Accessibility | タグ: , |

第4回アックゼロヨン・アワードに参加してきた。

第4回アックゼロヨン・アワード表彰式を行いました | 第4回 アックゼロヨン・アワード
http://www.acc04.jp/news/200909081857.html

弊社(アークウェブ)が制作したアミタ株式会社様のサイトが「入賞」を果たしたため。弊社が作ったサイトのこのアワードへの応募は初めてで、なので当然入賞も初。
このサイトが入賞して本当によかった。ぼくにとってアミタさんは、仕事の枠を超えて高い関心を持ち尊敬できる顧客だ。スタッフにもそれを何度も伝え、また「この顧客のために何かしたい」という思いを、サイトの表現や機能などとして落とし込むことにがんばったプロジェクトだった。

以下、アワードに参加しての感じたこといろいろ。

まずは28人の審査員の方々に、最大限のリスペクトを。
今回の応募サイトは145サイトで「一サイト20分としても全部見るのに48時間かかる」という森川さん(本ウェブ協会理事長)のお話にもあった通り、アックゼロヨンの審査に関わった人の労力はすごい。頭が下がる。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 9 so far )

アクセシビリティ:NY州司法長官が私企業に「WCAG 2.0 達成等級AA」対応を命じる

Posted on 2009年9月3日. Filed under: Accessibility | タグ: |

アメリカのニューヨーク州の司法長官が、HSBC Card Servicesという企業のウェブサイトのアクセシビリティ対応のガイドラインとしてWCAG 2.0・等級AAに合致するよう示し、合意に達したというニュース。

New York A.G. Announces Comprehensive Web Access Settlement – Law Office of Lainey Feingold
http://lflegal.com/2009/09/ny-ag-press/

ATTORNEY GENERAL CUOMO SECURES GROUNDBREAKING NATIONWIDE AGREEMENT WITH HSBC CREDIT CARD TO DELIVER SERVICES TO CUSTOMERS WITH DISABILITIES
http://www.oag.state.ny.us/media_center/2009/sep/sep1a_09.html

  • Attorney general(ニューヨーク州の司法長官)General Andrew M. Cuomo氏は、今週HSBC Card Servicesと、アクセシビリティ対応についての以下のような包括的合意に達した
  • HSBC Card Servicesのウェブサイトのアクセシビリティ対応を、WCAG 2.0の達成等級”AA”で2010年5月31日までに満たすこと
  • この声明は、2004年8月に行われたpriceline.com、ramada.comのアクセシビリティ対応についての合意に匹敵する画期的なものである

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( アクセシビリティ:NY州司法長官が私企業に「WCAG 2.0 達成等級AA」対応を命じる はコメントを受け付けていません。 )

2009年にがんばること:サービスグラント、WebSigエコピ、アクセシビリティ

Posted on 2009年2月1日. Filed under: Accessibility, WebSig eco & peace | タグ: , , |

ここに書くのは久しぶり。
2008年は仕事と共に暮れ、2009年も仕事と共に明けました。かかっていたのはこのプロジェクトです。

アークウェブのお手伝い事例:アミタ株式会社様ウェブサイトのリニューアル
http://www.ark-web.jp/blog/archives/2009/01/amita-renewal.html

休みの間に考えようと思っていたトピック、ようやく時間が取れたのでまとめておきます。

Tumblelogをはじめてみた

ぼくがTumblrという「サービス」そして「場」にずっとハマッているのは親しい人なら知っていると思うけど、もう一つアカウントを取ってTumblelog(タンブルログ)をはじめてみた。

nakanohajime’s tumblelog (working title)
http://nakanohajime.tumblr.com/

アウトプットの意欲はあるけど、フォーマルなブログを書くことの面倒さや(WordPress.comに限らず)高機能で重すぎるブログの管理画面へのストレスはなんとかしたいと思っていた。

Tumblrは、Dashboardのソーシャル性のような特徴を除いても(Tomblooのお陰もあって)超軽快で優れたブログツールだと思う。Tumblrのシンプルさや、今の「場」「界隈」に近いところで書くことは伸び伸びやれそうで、そこにも魅力を感じる。
なので今後しばらくは、日々のアウトプットなどはあっちでやるつもり。こっちに書くのは主にフォーマルなお知らせ系になるかもです。

NPO法人化をめざす「サービスグラント」の理事になりました

各業界のプロフェッショナルがプロジェクト形式で集まり、NPOのウェブサイトや広報誌・パンフレットをサポートするという活動を続けてきた「サービスグラントTOKYO」。
この団体が「サービスグラント」としてNPO法人化をめざすにあたって、代表の嵯峨さんからお誘いを受けて理事の一人になりました。

サービスグラントがモデルとしたサンフランシスコの「Taproot Foundation」は、日米の寄付・ボランティア文化の違いはあるものの桁違いの活動規模だそうです。日本のナレッジワーカーにとっても「自分のスキルを寄付(グラント:Grant)する」という選択肢がより普通にかっこいいことになるよう、ぼくも自分の領域でがんばります。

エコピ(WebSigエコ&ピース)もがんばります

2006年から「ウェブ屋の楽しい環境・社会貢献を考えよう」と「WebSigエコ&ピース」をやってきたけど、エコピとして進めてきたNPOのサイト構築サポートは徐々に終息させ(とか言いながらまた新たな相談を受けつつあるけど)、エコピはいよいよ次段階に進みたい。「ウェブ屋ならではのレバレッジを効かせた環境・社会貢献」に集中していこうかと。

後付け気味だけどエコピの主要メンバーは「アースデイ東京2009」に運営委員として参加し、アースデイのコンセプトや今年のテーマ「Go Ethical(仮)」に沿ったウェブサービスをやる予定です。まずはそれを試金石にします。

ウェブ屋の本分とかアクセシビリティとか

簡単に言えば、去年は「ウェブ屋のCSRって何よ?」と考え続けて「日々やってる本業で、まずは誰でも閲覧できるウェブを作ることが最重要」と暫定結論を出しました。
ぼくの会社(アークウェブ)は昨年後半、社員全員がJIS X 8341-3を勉強し直すなど会社としても大きなリソースを投じました。

またアークウェブは、昨年NPO「ハーモニー・アイ」に法人会員として加入しました。

現状「アクセシブルなサイトをひとつでも多くすること」「そのために(会社という枠を出て)ウェブ屋としてコミットすること」はとても重要だと考えたからです。ハーモニー・アイは、日本のウェブをアクセシブルにするために小さくない(「大きな」と言えるほどの経験値はぼくにはまだない)インパクトを与えられる団体だと思う。ので、そっちの活動もがんばります。

WCAG2.0が勧告となりJISの改正原案も出て、「アクセシブルなウェブをつくること」には今年再び注目が集まる。実装テクニックの話に終始せず、意識的な人・企業だけの関心ごとに留めず、「多くのウェブサイトがアクセシブルになる」という現実に近づくためにはどうすればいいのか? この点を見失わないよう、労力対効果の高い活動をしていきたいと思う。
今は思っているだけ。が、ハーモニー・アイでは近々、ぼくも関わる「CMSの管理画面のアクセシビリティ」についての研究会が動き出します。

今年ぼくががんばることは、この3つです。

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...