福島

南相馬・小高で3件のお手伝い 富岡・夜ノ森で満開の夜桜を観る(援人 2017年 0414便)

Posted on 2017年4月17日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: , , , , |

南相馬・小高で3件のお手伝い 富岡・夜ノ森で桜ライトアップを観る(援人 2017年 0414便)

ボランティアチーム援人、0414便、2017年4月15日土曜日、南相馬市ボランティア活動センターの下でのお手伝いのメモ。

この日は3件のニーズを完了させ、朝は高見公園、夜ノ森公園(原町)、 雲雀ヶ原祭場地、小高神社、小高川沿い、貴船神社、そして夜はライトアップされた富岡町の桜並木と、何があってもやってくる浜通りの春を味わうことができた便になった。
仮設でお手伝いした2軒。また別の仮設に移るというご夫婦、心労を軽くしてあげることができたかな。
中通りに引っ越しされるというご夫婦、立つ鳥跡を濁さずのお手伝いができたかな。
まだまだ行きたい。

10人揃って八重洲を出発しました!
写真は出発前に屋根の傷までチェックする馬場くん。
さあ浜通りまで桜前線を追いかけながら、今週もしっかりお手伝いしてこよう!センター長の依頼票がわかりやすいものでありますように…。(祈

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

2:47、道の駅南相馬に到着。

おぉ。相馬の原釜尾浜海岸だけでなく、南相馬の北泉海岸も来年夏あたり「開設を検討」…?(福島民友)

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

南相馬、夜ノ森公園、桜が満開。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)

広い公園だけに大雑把な場所取りをしている人も(笑)。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0414便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:竹林伐採 家屋解体と駅前の賑わいに移ろいを見る(援人 2017年 0324便)

Posted on 2017年3月29日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0324便。2017年3月25日(土)の南相馬市小高区でのお手伝いのメモ。

バールのようなもの、カーブソーのようなものなどをパッキングし、黒猫に見送られて出発。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

今回の写真、一枚目。
東京ではそろそろ桜だが、小高はまだまだ梅だ。この梅の木はもう一カ月もがんばってるんじゃないかな。この木の近くの現場で竹林伐採だった。終わっても夜まで上腕腕が痺れている。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

二枚目。
ボラセン近くのお宅、玄関脇の梅が好きだった。今日ついに足場が組まれていた。家屋解体となったようだ。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

三枚目。
二本松・杉乃家さんに行けたら「必勝カツ丼」を頼むと決めていた。明日は勝ちたい戦がある。雨天決行らしい。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

金曜夜。10人…と言いたいところだけど、残念ながら1人キャンセルがあり9人で寒風吹く八重洲を出発しました。年度末、仕事も忙しい時期になんとか集まり、見知ったメンバーでお手伝いに行けるのはうれしいもの。今週も力を尽くしてきます!

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0324便)

深夜の小高、気温0度。

朝の松本ボラセン。災害ボランティアは若者が…という紋切り型は持っていないが、最近あまりに老齢者ばかり目立つのが気になる。もう少し壮年層以下にも来てほしいもの。

朝礼、松本センター長の挨拶から。

「今回初めての人は? ビデオ観てもらったが、二年前と内容はほとんど変わらない。県がつくるものなので。ボランティア来てくださいという趣旨。このほかに民放でも最近取材があった。
できる人ができることを。各々目標が違う。達成するのにどうするか。まず安全第一。目的感をしっかり持つ。ゆっくりやるのは大事だが効率も考えて。言語、動作、態度で表現していく。被災者さんも見ている。達成感をもってお帰りいただきたい。
昨日のブログにも書いたが、環境省が小高からの瓦礫出しを2月で終了した。3月からは搬出、運搬まで被災者負担に。かなりのボリューム。仕事が増えた。またボランティアに来てください。クリーンセンターへの持ち込みは平日のみ。今日は伐採木の積み込みあり。運ぶのは平日。こういう体制になってしまった。」

お手伝い、定番の番狂わせで竹林継続。今日はひたすら伐採し、かなり疲れた。重い竹を運ぶときあまりに滑るのでしばらく素手を試す。手応えはいいがノコ挽きで力を込めるとマメができそうな兆候あり、戻す。伐採中、かかっていた(自立していると思っていた)竹が頭を真正面から直撃。過去最大級の衝撃。ヘルメット被っていてよかった。午後、伐採だけでも完了を、とピッチを上げた結果積もり過ぎ、引き出しが非常に困難に。2年前頃、まだ竹林伐採に慣れない頃やったミスだ。やはり各工程が極端に滞らないよう進めるのがベスト。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

平成28年度相馬野馬追(本祭 火の祭 野馬懸)を観に行く(援人 0723便)

Posted on 2016年7月28日. Filed under: 福島, | タグ: , |

福島県南相馬市の避難指示区域でのお手伝いを続けてきたボランティアチーム援人の仲間20人で、平成28年度相馬野馬追を観に行った。以下、その記録。

平成28年 相馬野馬追

2014年の野馬追を思い出す。その年も小高でボランティアをしていたが、高齢の依頼者以外、人には滅多に会わなかった。雲雀ヶ原祭場前、お行列に現われた小高郷の騎馬武者たちを見て、「ああ、小高ってこういう人たちが住んでいたんだ」と了解できた。避難指示解除後初めての野馬追、とても楽しみだ。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:またも竹林伐採 避難指示解除「前」と「後」で激変はない(援人 0715便)

Posted on 2016年7月18日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0716便(活動日 2016年7月16日土曜日)、南相馬市小高区でのお手伝いの記録。

7月12日火曜日午前0時を境に、南相馬市の20km圏内は(帰還困難区域を除き)普通に人が暮らせる町に戻った。この便は「人が暮らす町でお手伝いできる」最初の便となった。

避難指示解除「前」はできるだけ数多くお手伝いに行くことを目標としてきたが、これから先はややペースを落とし、ニーズの推移もしっかり見たいと思う。しかし今後さらに活動者数が減る見込み、という先週センターで聞いた話も気になっている。

常磐線が小高まで開通した日、取材を受けていた高校1年生。小学4年生のときから避難生活を続けているとか。若い世代が町を引き継ぐまでの間、やるべきことを黙ってやるのは大人の責任だ。

早朝、道の駅南相馬で読んだ福島民友。

南相馬・小高でボランティア(援人 0715便)

NDFが筆を滑らせた? あるいは観測気球を上げてみた? 福島第一原発の「石棺化」。浜通りの自治体も、地元紙(福島民友)も猛反発している。こうして未だに翻弄されているのだ。

7時前、常磐線の原ノ町駅へ。8人のメンバーをここで降ろし、7時15分発の電車で小高駅に向かってもらう。5年4ヵ月と10分の旅だ。

南相馬・小高でボランティア(援人 0715便)

この日のお手伝いは、小高区南部の畑(跡地)で竹林伐採。5年で畑が竹林に覆われてしまったという。
避難指示解除の前も後も竹林伐採。急に何か変わるわけではない。やるべきことがあるなら精一杯やるだけだ。

南相馬・小高でボランティア(援人 0715便)

作業環境は広すぎず狭すぎず。そうなると作業の単純度(繰り返し頻度)は高くなり作業負荷は上がる。最後はノコで手のひらにマメができかかるほど、なかなかキツい作業だった。

伐採、後処理班のペースに左右されないよう徐々に伐採、ほどよい量をかかり木状態に。ときどきあらぬ方向に倒れるのは要注意。

南相馬・小高でボランティア(援人 0715便)

玉切りは180cm、切断機を通さないため凸凹を気にする必要なく、伐採、枝払い、玉切り全てをカーブソー(Silkyズバット)でこなし、効率的だった。

昼、開店したばかりの谷地魚店さんを少しだけ覗く。

南相馬・小高でボランティア(援人 0715便)

ホッキ貝を取り置きしておいてもらったのだが、夕方取りに行ったとき、店は主婦たちで賑わっていた。

避難指示解除「後」の今日の小高の町の様子は、「前」と比べて大きな違いはなかった。

車も人もよく見かけたが、“ここに人がいるのはもう珍しくない。当たり前のことだ”という自分の意識の変化が、町を見る目を変えた気がする。

避難指示解除は、何かを劇的に挽回するものじゃないと思う。

1年待ち、3年待ち、5年も経ってしまった。
戻っていいよと言われたけど、それだけの年月は重い。戻る人は10人に2人にまで減ってしまった、ということだろう。

町の人たちは「ただちに」町に帰ることを断念したのではなく、少しずつ諦めていったのだ。

それと逆の流れを起こすのにも、小さなものごとを積み重ねていき、1年、3年、5年という区切りで見たら明らかに何か変わった、といえる状況をつくっていくことが大切だろう。

少しずつ人が戻れる感じに変えていくことで、人を呼び戻す。あるいは新たに呼び込む。
それをやる主体は町の人たちだが、ぼくらボランティアができることも、これからも変わらずあるはずだ。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:避難指示解除前最後のお手伝い完了 まだ先へ(援人 0708便)

Posted on 2016年7月11日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: , |

ボランティアチーム援人、2016年7月9日土曜日(0708便)、南相馬市小高区でのお手伝いの記録。

この便はぼくらにとって住民の方々の帰還前最後のお手伝いになった。7月12日、東京電力福島第一原発事故によって5年4ヵ月続いた避難指示がようやく解除されるからだ。

常磐道を深夜に北上。2時半、助手席に座った四倉PAから先は穏やかな雨が降っていた。

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

朝、原町火力発電所の北側の烏崎海岸に行ってみた。目当ての馬の練習の人はいなかったが、こんな天気でもサーファーたちが出ている。

南相馬・小高でボランティア(援人 0708便)

朝礼、センター長のお話。

「最近の傾向、ボランティアが減った。以前は年間1.5万。今年は4,000人ぐらいになるだろう。引っ越し作業の依頼が増えている。要望は聞くのだがその日には対応できないことが多い。今月、ボランティアは300人を割るだろう。ブログを書いても無駄。先週、内閣府と県から5人、視察に来た。今後について、いつまでやるかと。エンドレスだと考えている。
帰ってくるのは主にお年寄り。木の伐採ニーズは終息に向かうだろうが、竹はまた生えてくる。国としては5年は継続してやっていきたいと。高速無料化も要望してみたが、話はよくわかる、ただ他省庁のことだからと。県には2年前から言っているが、無理か。一人でもボランティアに来ていただきやすい環境を作りたいが」

5回もの継続となったKさん宅の竹林伐採の追い込み、今回は全員この現場の経験者だ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:竹林伐採の合間に双葉食堂へ そして小高駅で警笛を聞く (援人 0610便)

Posted on 2016年6月13日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: |

ボランティアチーム援人、2016年6月11日土曜日(南相馬行き0610便)、福島県南相馬市の避難指示解除準備区域でのお手伝いの記録。

5年3ヵ月目の月命日。朝は八沢地区の観音像と慰霊碑の前で手を合わせた。

南相馬・小高でボランティア(援人 0610便)

この日、朝礼前のセンターは続々到着する大小のグループなどで溢れ気味の様相に(参加者は最終的には100人を超えたらしい)。

素人らしきメンバーが多い団体も複数いたため、合同作業を想定し、最高で軽トラ3台の運用(ウッドチッパー、高速切断機と発動機、2チームの人数分のノコやバールなど)を覚悟、相手チームに目端が利く人がいれば1台は頼んで…など頭でシミュレートしていた。が、結果として久々の単独作業になった。

お手伝い先は小高の南部、常磐線と国道6号線の間、先週まちがってしまったKさん宅での竹林伐採だ。

慣れた10人のメンバーなので、伐採からトンバッグ詰めに至る流れはスムーズで、伐採の流量を適度に調整し、各工程に人を融通し、円滑に作業できた。特にチッパーと高速切断機がフル稼働してからは作業はどんどん進んだ。

南相馬・小高でボランティア(援人 0610便)

作業の気づき、2つ。チッパーに余力があるときは、枝打ちした枝だけでなく8cmぐらいまでの竹本体もどんどん粉砕すると早い(バールでの枝打ちはよくボトルネックになるから)。
また枝打ちの定番はバールだが、切れるノコとそれなりの腕力があればノコで切る。道具を持ち替えることなく枝処理から竹の切断までできて早い(ただしノコでギコギコするのでなくザッと一閃する。腕に負担はかかるが)。


昼、待望の「双葉食堂」へ。11時過ぎに行ったのに店内はすでに満員。10人チームは3回に分けて店内に入ることができた。メニューは4種類あったが、震災前有名だったという「ラーメン」を食べた。

南相馬・小高でボランティア(援人 0610便)

鹿島区の仮設商店街にあった頃に混んでいて入ることができなかった経験があり(そもそもほぼ100%ボランティアをやるために南相馬に行っているので、昼に20km圏を離れた店に行った経験はほとんどないが)、ずっと待ち焦がれたラーメン。意識の外堀はもう埋まっていたので、おいしいと感じないわけがない。

が、それ以前に。テーブルに運ばれてきたラーメンを見たとき、自分を外から眺めるようなちょっと不思議な感覚を味わったのだ。え? この小高で、店に入って注文をし、出てきたものを食べることができる? と。
もう数えるのをやめてしまったほどの回数足を運び続けた場所だが、 こういう風にあたたかい食事を食べた経験はほぼゼロだったからだろう。


畑の奥と解体された家屋脇に広がる竹林は太い竹が密集しており、15時30分過ぎまでがんばったが、斜面の裾部分をやっと消化できたぐらいの進捗で終わった。トンバッグ11個。来週も継続のお手伝いになりそうだ。


16時頃だったと思うが、ボラセンに車で戻る途中、小高駅に電車が停まっているのをドライバーのYさんが発見。行ってみると、原ノ町の方を向いて電車が確かにいた(試運転は6月10日・11日と報道されていたのに)。

南相馬・小高でボランティア(援人 0610便)

やがて電車は短く甲高い警笛を鳴らし、原ノ町駅に向けて出発した。


双葉食堂の湯気を立てるラーメン。小高駅に停まっていた電車。当たり前のように犬の散歩をする人の姿(複数)。少しずつ埋まってきた「日常」のピースを味わえた日だった。

「お手伝い先の隣のお宅、ご夫婦が普通に畑仕事をしていた。以前の小高は、道に迷ったときに人に聞けるような場所じゃなかった。少しずつ戻ってきている」という、メンバーK君の感想が印象に残った。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:生垣剪定と草刈り 協働が効果を上げる(援人 0520便)

Posted on 2016年5月22日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0520便(活動日:2016年5月21日土曜日)、福島県南相馬市の原発災害20km圏内でのお手伝いのメモ。

この日は(この日も)他チームとの合同。今回は東京都のある公的部門の有志と混成で17人でのお手伝い。ここのところ、他チームの一緒にやることでのスピードアップを期待されているのだ。

小高区の西部、緑と住宅地が入り混じる一帯にあるお宅とその向かいの畑跡に巡らされた生垣の剪定、そして畑の草刈りがミッション。

剪定は刈込バサミの他、ヘッジトリマーや剪定バサミを使ったメンバーなどの努力で、以前同様ニーズやったときよりかなり綺麗に仕上がった。
ぼくはやや離れた場所で刈払機を使いつつ、ときどき出来を眺め、メンバー間が離れすぎず均質な作業をするようアドバイスしたが、奏功したようだった。

南相馬市小高区で災害ボランティア(ボランティアチーム援人 0520便)

この日はセンター全体での活動者数が140人と、最近では異例の大人数。そのため持ち出す道具の数は制限された。しかし道具不足は作業速度に関わるため、他チームが出払った頃に一度軽トラ隊がセンターに戻り、再度道具を確保。これはよい動きだった。

他チームとの連携について。キックオフMTGをより丁寧にやるようにし、作業は双方のメンバーを混ぜ(特にスキルの差が出やすいトンバッグ詰めなどで)、個々人にも細かくアドバイスする──をやったことで、前回以上に効果があった。組んだチームのメンバーのスキルが均質で協力的だったことも大きい。

反省点。センター長の指示通りトンバッグを10個持参したが足りなかった。後から思えば、現場を見た時点で予測できたはずだった。

南相馬市小高区で災害ボランティア(ボランティアチーム援人 0520便)

今回が最後になるメンバーKさんのため、もう一現場お手伝いに行きたい思いが強かったが、結局トンバッグを補充、結果きれいに仕上げることができた。

帰路、つい一ヵ月ぐらい前にお手伝いした場所に、筍が1.5mぐらいの高さで林立しているのを発見。10分ほどで全部切り倒し、次のニーズを未然に防げた。

夕食は二本松・杉乃家さんへ。

南相馬市小高区で災害ボランティア(ボランティアチーム援人 0520便)

この後粘り勝ちしたいチャレンジ(→ 帰巣ラン:東京から横浜までワラーチで約40km走る )があったため、必勝カツ丼を食べた。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...