東日本大震災

福島県浪江町:家財出しと伐採お手伝い 改めてなぜボランティアか(援人 2018年 0525便)

Posted on 2018年6月1日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0525便、2018年5月26日土曜日、福島県浪江町でのお手伝いのメモ。(個人的には大変な週だった。母親が急に体調が悪くなり、病院と家を移動するのをサポートしてバタバタした。が、落ち着いたので週末は行くことができた。)

東京五輪でボランティアを大量募集するというニュースが、Twitterなどで叩かれまくっている。

(ぼくはこの話題にあんまり興味がないんだが、Twitterで「ボランティア」という言葉をウォッチしているとガンガン飛び込んでくる。)

一番多い声は「災害ボランティアなどはしょうがないけど、緊急時でもないんだから金払って雇え」というものだ。ざっくり言えばぼくはこの意見に違和感がある。一般論として、ボランタリズムというものがもっと社会に広汎に在ってほしいと考えているから。災害ボランティアは、人の内発的動機づけに基づく行動のほんの一態様に過ぎないものだ。

先週、社会心理学者の山岸俊男さんが亡くなった。本当は彼の著作をもっと読み込んで「日本人とボランタリズム」みたいなテーマで何か考え、吐き出したいところだ。

が、まずはそのボランタリズムを実践し、この身にさらに浸み込ませるところから。

今週は福島県浪江町までお手伝いに行ってきます。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0525便)

10人満席で出発、めでたいゾイ!
5ヵ月ぶりのメンバー、1年ぶりのメンバー、1年3ヵ月ぶりのメンバー、4年(!)ぶりのメンバー…と、グループを長く続けてきてよかった!と思えるような便。
協働と分業を大切に、がんばってきます!

朝、集落の人たちが鳥居を再建したという加倉八幡神社をめざす。
迷った末にやっと見つかった──違う神社が。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0525便)

洗濯物がベランダ一杯にかかった集合住宅の一室。犬を連れて散歩中の夫婦。
数少ない日常の一コマだなぁ。

まず朝一番、浪江駅前で雑草を取るウォーミングアップから開始。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0525便)
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:竹伐採と草刈り 終わらなかったが景色は一変(援人 2018年 0518便)

Posted on 2018年5月22日. Filed under: 福島, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0518便、2018年5月19日土曜日、南相馬市小高区(旧避難指示解除準備区域)でのお手伝いのメモ。

Yさんに見送ってもらい、8人揃って八重洲を出発しました。

南相馬市小高区でボランティア(援人 2018年 0518便)

今日はほぼ1年ぶりに参加のメンバーが2人。HくんとIくん。

人生には色んな出来事があって、参加できたりできなくなったりするよね。
援人はグループの目線を常に被災地へ向けていたいけど、そのために集まった仲間との縁も大切にしながら続けていきたい。そんなことを改めて思った今夜でした。

これから雨の中の福島に突っ込んでいくのがやや心配だけど、今週もできることをやってきます!

常磐道のいわき四倉あたり、やや強い雨。

南相馬市小高区でボランティア(援人 2018年 0518便)

北東北の豪雨。岩手に注目していたけど、秋田県の雄物川がまずい…。
去年夏に水害が発生し、お手伝いに行った大仙市刈和野の名前をまた今年も見ることになるとは。
(その後、大仙市協和峰吉川、まさに去年7月と同じ地域で氾濫が発生してしまった。)

2:53、道の駅南相馬に到着。

南相馬市原町区、雨。ミニストップで新作が出てた。

南相馬市小高区でボランティア(援人 2018年 0518便)

原町区雫で、古墳時代の墓が見つかったとのニュース。話題の「西迫横穴墓群」を見に来た。造成工事現場の入口まで。

南相馬市小高区でボランティア(援人 2018年 0518便)

お手伝いは竹林伐採、草刈りだ。
南相馬の場合、竹は玉切り後に直径5cm以上のものは節ごとに穴を開ける、笹は別に積む。そして今回は状態のいい草だけY牧場に運ぶ、と後処理の煩雑さが増えてきた。車はキャラバンに加えて軽トラ2台、2トン車で出発した。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島県浪江町:朝の町を走る人 7年2ヵ月目の引っ越しと庭木伐採(援人 2018年 0511便)

Posted on 2018年5月17日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0511便、2018年5月12日土曜日、福島県浪江町でのお手伝いのメモ。

0511便浪江町行き、八重洲を出発しました!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0511便)

ギリギリまで参加を模索していたメンバーが加わったことで9人になったことは素直に嬉しい。

でも本当は、毎回必ず10人で行きたいんだよなぁ。

単純に、キャラバンは10人乗りなのに空席があるのはもったいないから。
10人いれば10人なりの力を発揮できるから。当たり前のことのように聞こえるかもだが、無数にやってきたお手伝いの中で、人の手や時間があと少し足りず悔しい思いで現場を去ったことは一度や二度じゃないから。
そして援人というグループは、10人いると高い確率で予想できないようなシナジーが生まれるから。寄せ集めの10人じゃ起こらないような結果がしばしば出せるのはそれぞれのスキルが高いこと、視点や個性があること、そして協働を生み出す安心・信頼があるからだと思う。

というわけでこの便が1人足りないのは残念だけど、9人なりにがんばってきます!

原釜尾浜海水浴場、空間線量は震災前と同レベル。福島民友5/12。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0511便)

浪江町・刈宿の祈念碑を見に来た。集落の解散に至らざるを得なかった経緯が綴られている。とても哀切だ。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0511便)

朝練、駅前草刈り部終了。
二週間でまた伸びてた…。車から挨拶していく人、いつものジョギングの女性。町を垣間見る時間。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0511便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

川内村でハーフ裸足ランに挫折 浪江町で草刈りボランティア(援人 2018年 0427便)

Posted on 2018年5月2日. Filed under: ボランティア, ランニング, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0427便。2018年4月28日(土)に福島県川内村の川内の郷かえるマラソンに参加し、翌4月29日(日)は浪江町で災害ボランティアをしてきた。メモまとめ。

3回めの「川内の郷かえるマラソン」。あたたかくていい大会なんだ。

2018-04-26 21.26.20-2

川内村の体育館ですごいの見つけた…!

かわうちの郷かえるマラソン→浪江町でボランティア(援人 2018年 0427便)

第3回川内の郷かえるマラソン。村を応援するため出場し続けている川内優輝選手がボストランマラソンで優勝した直後ということもあり、開会式はとても盛り上がった。

かわうちの郷かえるマラソン→浪江町でボランティア(援人 2018年 0427便)

裸足(+原始人コスプレ)で出走し、10km超えたところで痛みに耐えきれず撃沈。

後半はワラーチに切り替えて飛ばしたが、痛めつけた足裏の違和感が累積していき、17kmあたりで最初に左、次に右の足裏に“水”っぽい感覚が…。血!

ゴール後の足裏は今までで一番悲惨だった。

かわうちの郷かえるマラソン→浪江町でボランティア(援人 2018年 0427便)

練習で裸足で16kmまでは走っていたので少しは自信があったが、打ち砕かれた。路面のシビアさが違いすぎる。“オレのいつものコースだったら走れる”はまっっったく意味がないと知った。

裸足の壁は、高くて厚い。

…しっかし応援の力ってすごいな。沿道のお婆ちゃんや子どもたちの「あっ裸足だ! がんばって!」「原始人がんばれ!」といった声に押されて、なんとかギリギリまで距離を伸ばすことができたと思う。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

南相馬・小高:仮設の狭さ 古里に通う人 行ってわかること(援人 2018年 0406便)

Posted on 2018年4月11日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 |

ボランティアチーム援人、2018年4月7(土)、南相馬市小高区(旧避難指示区域)での災害ボランティアの記録。

「東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で避難先に移転していた川俣町山木屋地区と富岡、浪江、葛尾、飯舘の小中学校は6日、7年ぶりに地元で授業を再開する」(福島民報 4/5)

南相馬市小高区で災害ボランティア(チーム援人 2018年 0406便)

うれしいニュースですね…。
小高には文化の香りが漂う書店ができ、浪江町や富岡町などには子どもたちの笑い声が戻ってくる。
ぼくらも、浜通り復興のためのお手伝いを粛々と続けましょう。

銀座の八重桜が強風と雨に耐えていた。今夜は南相馬へ。

南相馬市小高区で災害ボランティア(チーム援人 2018年 0406便)

南相馬、夜の森公園。桜は散りはじめ。相馬野馬追の町らしい馬の遊具と共に。

南相馬市小高区で災害ボランティア(チーム援人 2018年 0406便)

小高に入った。小雨がやまない…。

朝礼、松本センター長のお話。

「ちょっと早いが全員集まったので始めたい。

一昨日、変わった依頼があったのでブログに書いた。除染の依頼が。N町。小さな子供と共に小高に引っ越してきたが、線量が高いと。基本は環境省の管轄だが。環境省にも依頼したが、1mSvより高いところはやるが…と。0.23mSvではないのかとセンターから質したが。芝生を剥がして捨てれば、と。ボランティアは手を出すなという話だったではないか、と言った。ボランティアは基本除染はやらない。しかし彼らは予算を使い切っているはず。依頼者は区役所に行ったらしい。区役所はセンターを紹介したようだ。喧嘩すると後々の問題もあるが。もっと真面目に取り組んでくれたらいいのだが。

昨日のブログ。花冷え。桜も散るのが遅くなるのでは。小高川の桜、見る人が少ないのはもったいない。一人でも多く帰ってこられるよう環境整備をしてきた。沢山の人が桜の下を歩くのが夢であり願いだ。」

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬から浪江町まで復興祈念駅伝を走る 翌日は小高でボランティア(援人 2018年 0330便)

Posted on 2018年4月3日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、2018年3月31日(土)は「第2回 南相馬市”避難解除”復興祈念駅伝」に参加し、翌日は南相馬市小高区で災害ボランティアをしてきた。そのメモ。

明日は、南相馬市鹿島区から浪江町までの「復興祈念駅伝」に参加する(2回目)。小高や浪江を自分の足で走り、ゆるランの速さで復興半ばの町を見ることができる。明るい景色ばかりじゃないことは想像できる。それでもやっぱり楽しみだ。

早朝の浪江町、請戸漁港に寄ってみた。仮の荷捌き所みたいなのが。少しずつ整備が進んでいる。

第2回南相馬"復興祈念"駅伝→小高でボランティア(援人 2018年 0330便)

太平山霊園でプチ掃除。風で散らばった造花が気になって集めたら、これだけあった。

第2回南相馬"復興祈念"駅伝→小高でボランティア(援人 2018年 0330便)

浪江町。請戸川リバーライン、桜が咲いてるよ~。

第2回南相馬"復興祈念"駅伝→小高でボランティア(援人 2018年 0330便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島県浪江町:伐採のお手伝い 不釣り合いなほどもらってしまう

Posted on 2018年3月28日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0323便浪江町行き、2018年3月24日(土)、福島県双葉郡浪江町でのお手伝いのメモ(FacebookとTwitterへの投稿を再編集したもの)。

小雨の八重洲を、10人揃って出発しました!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0323便)

今年の3.11関連の番組では浪江町や富岡町が取り上げられることが多かった。町への帰還が始まり、ようやくスタート地点に着いたという視点で。
ただぼくらのお手伝いは、帰還された・される方の方のものばかりではありません。庭木の伐採をするとき、7年を経ての依頼主の決断の重さを思いながら臨みたいと思います。

浪江町、大聖寺。
朝、年末年始に帰還された人が集ったという。驚くほど立派な巨樹がそびえていたなぁ。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0323便)

まち・なみ・まるしぇにも復興祈念駅伝のポスターが。今年は南相馬市鹿島区から浪江町権現堂まで。いよいよ来週!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0323便)

今回のお手伝いはあるお宅で、かなりの大径木を含む伐採と玉切りだ。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0323便)

安全に注意しながら進め、家屋に近すぎる二本を除いて伐採、細断、枝のトンバッグ詰めは完了した。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2018年 0323便)

福島から自宅に通っているという依頼主ご夫婦からは飲み物(冷・温)、お菓子、唐揚げ、漬物などをこれでもかというほどいただいてしまった。

最後はにこやかにお別れ。一期一会だなぁ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...