「あゆみ」「TATAMI」(劇団しようよ)を京都のアトリエ劇研で観た

Posted on 2017年5月17日. Filed under: , 演劇 | タグ: |

「あゆみ」(劇団しようよ)を、京都のアトリエ劇研で観た。
(この劇場は歴史ある小劇場だが今年8月に閉館するらしい。客の入りなどの問題ではなく土地の契約が理由とのこと。)

京都 2017/05/15

若い世代の劇団なのだろうか。そうなんだろうな(そんなこともよく知らずに観に行ったのだが)。

「あゆみ」とは、人生の歩みということらしい。

俳優たちが(おそらく)自分の生まれた日を記した紙を持って並んだり。
紙芝居によるナレーションがあったり。よくも悪くも学生演劇的な、フレッシュな工夫だなと感じた。

ストーリーでも、ゴールが結婚式であることに“この先は想像できないのかな?”という思いをもった(注:オリジナルの脚本を端折ったかどうかについては調べてません)。

全部男優が演じていたのだが、どういう意味があったのか。オリジナル作品と見比べることができないが、恋人たちがイチャつくシーンなどはやはり違和感が拭えなかった。

最後、俳優全員が現れ、役や立ち入りを目まぐるしく変えながらこれまでのシーンのリミックスをやる。構成はいい、俳優たちの動きも練度が高い。「演技の組体操」のようだった。

しかし待てよ、と思った。場面場面をカットバックでつなぐ手法、前日に観た「バージン・ブルース」もそうだった。「あゆみ」は積み重ねられるシーンがより通俗的である分、段々プロモーションビデオのように見えてきた。こういうことをやる必要があるのかな。小劇場の演劇がマスに受ける必要はないのだから、もっと変でも人らしい痕跡が見える“あゆみ”が描けるのでは(脚本の話だが)。

途中までは正直退屈を感じた。ラストは盛り上がりを感じたが、上述のような不満も浮かんだ。

余談。
隣の女性(おそらく大学生)がとても真剣に、身じろぎもせず観ている横で、少し居眠りしてしまった。言い訳すると、京都の土地勘がなく、地下鉄に乗るのが面倒だったので京都駅から劇場まで早歩きをし、結構疲れていたのです(後でキョリ測で見たら8km強あった)。あなたにとって大切だった観賞体験を汚してしまってごめんなさい。

付記。「ままごと」のサイトに2010年版「あゆみ」のダイジェスト映像があった。これは女性版が観てみたかったなぁ。

(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

宮古のホヤ刺と三鉄北リアス線と久慈の田楽豆腐と(2017年 宮古・久慈小旅行)

Posted on 2017年5月8日. Filed under: | タグ: , , , , |

2017年ゴールデンウィーク(5月3日深夜~5月6日早朝)、岩手県宮古市・久慈市小旅行の備忘録。

盛岡はまだ盛りの桜を結構見かけるし、閉伊街道沿いは日陰だと霜が降りているところがある。

あの雪を被ってるのは早池峰山かなぁ。

宮古・久慈 GW 2017

106号、川井を過ぎたあたりから大木が倒れたまま、流木が引っかかったまま、川岸が砂を被ったままなど未復旧の景色が増えてくる。

閉伊川、茂市を過ぎたあたり。護岸工事が進んでいるところもある。

宮古・久慈 GW 2017


(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

平成28年度相馬野馬追(本祭 火の祭 野馬懸)を観に行く(援人 0723便)

Posted on 2016年7月28日. Filed under: 福島, | タグ: , |

福島県南相馬市の避難指示区域でのお手伝いを続けてきたボランティアチーム援人の仲間20人で、平成28年度相馬野馬追を観に行った。以下、その記録。

平成28年 相馬野馬追

2014年の野馬追を思い出す。その年も小高でボランティアをしていたが、高齢の依頼者以外、人には滅多に会わなかった。雲雀ヶ原祭場前、お行列に現われた小高郷の騎馬武者たちを見て、「ああ、小高ってこういう人たちが住んでいたんだ」と了解できた。避難指示解除後初めての野馬追、とても楽しみだ。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

常総へ1日旅

Posted on 2015年12月30日. Filed under: ボランティア, | タグ: |

年末の休み初日、常総1日旅に行ってきた。

9月中旬から毎週日曜日・祭日は欠かさず通ったが、通り過ぎるだった町のいろんな場所へ。“思い残し”をなくすため。

常総トリップ

ピックアップしておいた場所は以下。

  • クロサワ西原店 常総市本石下西原3050(鳥の丸焼きが有名)
  • 荒井パン店 常総市水海道宝町2763-3(年内すでに営業終了!)
  • あおき 常総市豊岡町丙3423-1(庶民に人気の焼きそば屋。年内すでに営業終了!)
  • 人生 常総市豊岡町乙1485-1(茨城でも屈指のラーメン店)
  • 石塚製パン 常総市水海道橋本町3350(素朴なクレープ)
  • 水海道あすなろの里 常総市大塚戸町310(菅生沼に白鳥がいるはずだったが…年内終了!)
  • 坂野家住宅 常総市大生郷町(時間切れで行けず)
  • 一言主神社 常総市大塚戸町875
  • うまか亭 常総市新石下1007(B級グルメ常総やきそば!)
  • 太陽食堂 or 寺田屋食堂 常総市本石下2-12(昔ながらの食堂。隣り合わせ)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

旅行:川原ほたる祭り ついでに佐世保と長崎

Posted on 2015年6月2日. Filed under: | タグ: , , |

2015年5月30日と31日、長崎県東彼杵郡川棚町川原の「こうばるほたる祭り」を観るため、長崎旅行をした。印象的だったことのメモ。

まずは、行きの飛行機から見えた富士山。今年も登るつもりなので、雪のとけ具合をワクワクしながら眺めた。

飛行機からの富士山

名物「レモンステーキ」は予想を裏切るうまさ

長崎空港からまずは佐世保に移動し、昼食はアーケード内の「蜂の家」にした(前回来たときは、並びにある「白ばら」でトルコライスを食べた)。

佐世保名物の「レモンステーキ」は、熱せられたステーキ皿の上で生肉とステーキソースがジュウジュウ音をたてながら出てきた(→ シズル感あふれる映像はこちら )。
レモンという名前から想像する味とは違い、甘辛いソースにサワークリーム、そしてレモン汁。味が濃く、ご飯にオンして食べるとぴったりのステーキだった。

レモンステーキ 長崎 蜂の家

佐世保の裏道歩きが楽しい

駅近くにある大きく長いアーケード(三ヶ町商店街・四ヶ町商店街)は空き店舗もポツポツあり、やや寂しい感じがする。
しかし脇道に入ってみるとなかなか面白い。古い商店や飲み屋、新しく個性的な飲食店などが点在していて、混沌とした雰囲気なのだ。

佐世保の街

通りを中心として枝道も賑やかになっていき、別の通りと交わり、少しずつ寂れ、また新たな商売が塗り替え…といった変遷を思い浮かべながら散歩するのは楽しかった。

川原でほたるの群舞に感動する

14時過ぎに川原に到着すると、ほーちゃん(石丸ほずみさん)のミニガイドツアーが始まっていたので、合流させてもらう。

川原

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...