2018年8月12日 愛媛県松山市で

Posted on 2018年8月20日. Filed under: | タグ: |

(2018年8月12日(日)から19日(日)まで、援人メンバーで愛媛県でお手伝いをした。前日入りして松山市に泊まったので、そのメモ。)

背景を知るとハッとする。背景がわかればより深く理解できる。そういうことってある。

西日本豪雨 愛媛県西予市・宇和島市で災害ボランティア(援人 2018年 0812-19便) Disaster volunteer / Western Japan heavy rain

空港から松山駅前に着き、人並みにガッカリ感を味わい(栄えているのは「松山市」駅前の方らしい)、有名店で名物の鍋焼きうどんを食べてその“常食”ぶりに納得し、

西日本豪雨 愛媛県西予市・宇和島市で災害ボランティア(援人 2018年 0812-19便) Disaster volunteer / Western Japan heavy rain

やたら走っているみかん色の路面電車の行き先に「道後温泉」とあるのに気づく。で、飛び乗った先にあったのが子規の博物館だった。

その正岡子規記念博物館で知ったこと。
子規のあまりにも有名な「柿食えば…」の句は、彼が漱石から餞別をもらって奈良に遊んだとき詠んだものだという。そのとき彼は、やがて死に至る脊椎カリエスをすでに患っていた。

西日本豪雨 愛媛県西予市・宇和島市で災害ボランティア(援人 2018年 0812-19便) Disaster volunteer / Western Japan heavy rain

彼は政治家を志し、小説も書き、やがて結核で死期を悟り俳句の体系化と革新をめざし、それだけでなく最晩年は詩の新書式を模索する。まさにルネサンス的偉人だったんだな。そういえば、彼が愛した“ベースボール”にまつわる場所が門前仲町にあるよな、と思い出す。

ついでに道後温泉で風呂にも入ってみた。なんか擬古的な感じだな…と思ったら、明治20年代に“中興の祖”みたいな事業家がいたと知る。何事もマーケティングなんだな。

西日本豪雨 愛媛県西予市・宇和島市で災害ボランティア(援人 2018年 0812-19便) Disaster volunteer / Western Japan heavy rain

松山市内に戻って、坂の上の雲ミュージアム。正直な感想をいえば、常設展示は小説の注釈的内容の域を出ておらず凡庸だった。

西日本豪雨 愛媛県西予市・宇和島市で災害ボランティア(援人 2018年 0812-19便) Disaster volunteer / Western Japan heavy rain

が、今やっている特別展に秋山真之が妻に宛てた書簡の実物が展示されており、彼が日露戦争に勝った後にしたためた有名な一節を実物で見ることができた。

「父母妻子ある数多の人間を殺したれは今後は発心入道して俗界を離れ百姓するの準備に取掛る積りなり」

これは強く印象に残った。

夜、ホテルの近く、吉田類が好みそうな居酒屋「上半」で夕食。
かつおの刺身とじゃこ天を揚げたのが特にうまかった。隣にいた常連の男性の“心を大切にしなきゃ”という言葉が耳に入ってきた。

西日本豪雨 愛媛県西予市・宇和島市で災害ボランティア(援人 2018年 0812-19便) Disaster volunteer / Western Japan heavy rain

明日からの西予での8日間のお手伝いへのハッパと受け取った。
心を大切にし、がんばろう!!!

今日の愛媛新聞、投書欄。「家主の被災したことによる精神的苦痛は計りしれない」。

西日本豪雨 愛媛県西予市・宇和島市で災害ボランティア(援人 2018年 0812-19便) Disaster volunteer / Western Japan heavy rain

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

2018年5月東北北部大雨:秋田県秋田市で災害ボランティア(2回目 土日編)

Posted on 2018年6月7日. Filed under: ボランティア, | タグ: , |

2018年5月18日から北東北で降った大雨により、秋田県秋田市で住家や農地の冠水被害が多く起こってしまった。秋田市災害ボランティアセンターが6月2日(土)・3日(日)に多くのボランティア活動者を募集したのを見て、仲間と共にお手伝いに行った。そのメモのまとめ。

秋田市災害ボランティアセンター、この週末は各日50人の参加を呼びかけています(直前に掲出しているので、予約人数は目標に達していないと思われる)。行ける人はぜひ。県外からも参加OKです。
なお水害ボラ経験者であれば、使える道具を可能な範囲で持参した方がベターです。

ぼくも再び行きます。

再びの秋田行き。
間隔が空いてないので行くというより戻る感じ。

前回、市民市場を覗いて秋田が青森と同じく筋子文化圏であると知った。お土産に買った甘塩の筋子、東京では買えないうまさ。より親近感が湧いてきた(青森出身の母親に育てられた息子として)。

2日間、頭も体もフルに使って貢献してこよう。

だいたい9時間後には秋田。

2018年5月秋田市大雨 災害ボランティア(6月2日・3日)

早朝からやっている味利食堂で朝定食。

秋田市災害ボランティアセンター、受付のやり方など洗練されてきた。今日は目標50人の活動者が集まるといいなぁ。来れる人はぜひ。

2018年5月秋田市大雨 災害ボランティア(6月2日・3日)

おそらく秋田市内でも知らない人が多い、5月18日の大雨の市内被災の状況。5月31日版。

2018年5月秋田市大雨 災害ボランティア(6月2日・3日)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

平成29年九州北部豪雨から10ヵ月 朝倉市杷木でボランティア(援人 2018年 0502-06便)

Posted on 2018年5月8日. Filed under: ボランティア, | タグ: , |

ボランティアチーム援人、2018年2018年5月2日夜から5月6日、平成29年九州北部豪雨の被災地である福岡県朝倉市杷木での災害ボランティアのメモ。

災害ボランティアに行くなら3日間まで。それ以上行くと体が帰ってきても魂は帰って来れなくなるから。(オレ的格言)
そしてチーム援人、これから4日間の旅へ。本州の約半分の距離を走り、目的地は福岡県朝倉市。がんばってきます!

東名高速、新城PAで名物「あさりしぐれ」を覚えた。

平成29年7月九州北部豪雨 朝倉市杷木でボランティア(援人 2018年 0502-06便)

朝5時の男子トイレに行列が…。これがGWか。しかし車は関東ナンバーが大半だなぁ。

にしかわフラワー。菓子パン私的ランキングNo.1。
新名神高速の土山SAのセブンイレブンにいつも山積みされている。

平成29年7月九州北部豪雨 朝倉市杷木でボランティア(援人 2018年 0502-06便)

GW渋滞に巻き込まれたけど、なんとか九州にキター!(5~6時間遅れ。)

平成29年7月九州北部豪雨 朝倉市杷木でボランティア(援人 2018年 0502-06便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

沖縄旅行:斎場御嶽, あぐー豚, 辺戸岬, 高江, 辺野古, 普天間, 猫(2018年3月)

Posted on 2018年3月14日. Filed under: | タグ: |

2018年3月3日(土)・4日(日)、沖縄旅行に行ってきた。そのまとめ。

話題の「下町ボブスレージェット」特別デザイン機だった(苦笑)。

沖縄旅行(斎場御嶽 辺戸岬 高江 辺野古 普天間)

今日の沖縄本島はずっと雨。

南城市にある琉球王国最高の聖地、「斎場御嶽(せいふぁーうたき)」は雨に濡れるほどに深遠さを増すように見えた。不可知論者のぼくでさえこれは…という雰囲気だった。

斎場御嶽(沖縄県南城市)

評判が高い糸満の道の駅(の一施設「ファーマーズマーケットいとまん」)は、すごい活気だった。

ファーマーズマーケットいとまん

見てみたかった旧海軍司令壕跡は、時間切れで立ち寄ることができず。

夕食は、那覇で一番というレビューもある店であぐー豚のしゃぶしゃぶを食べたが、脂の出た汁で作ったおじやはたぶん今までで最高の〆だったかもしれない。が、肝心のあぐーは期待を超えるものじゃなかった。探求の旅を続けよう…。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

NAHAマラソン2017でくじけた 翌日は辺野古と嘉手納を巡った

Posted on 2017年12月6日. Filed under: ランニング, | タグ: , , |

2017年12月3日(日)、2回めのNAHAマラソンに参加。翌日、レンタカーを借りて名護市辺野古と中頭郡嘉手納町を巡った。その記録。

2017年のNAHAマラソン、このように戦った(または戦い切ることなく尻込みしつつ完走はした)、というメモ。

出発前の羽田でシウマイ弁当を食べ、

NAHAマラソン2017, 辺野古, 嘉手納
那覇の夕食ではナーベラー(へちま)も食べることができたので、ちゃんと走れる気がした。

NAHAマラソン2017, 辺野古, 嘉手納

出発前、5分で40本なんて無謀な計画を立てていたが、夜にラップ表を見て5分10~30秒まではよしとしよう、に変更。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

「あゆみ」「TATAMI」(劇団しようよ)を京都のアトリエ劇研で観た

Posted on 2017年5月17日. Filed under: , 演劇 | タグ: |

「あゆみ」(劇団しようよ)を、京都のアトリエ劇研で観た。
(この劇場は歴史ある小劇場だが今年8月に閉館するらしい。客の入りなどの問題ではなく土地の契約が理由とのこと。)

京都 2017/05/15

若い世代の劇団なのだろうか。そうなんだろうな(そんなこともよく知らずに観に行ったのだが)。

「あゆみ」とは、人生の歩みということらしい。

俳優たちが(おそらく)自分の生まれた日を記した紙を持って並んだり。
紙芝居によるナレーションがあったり。よくも悪くも学生演劇的な、フレッシュな工夫だなと感じた。

ストーリーでも、ゴールが結婚式であることに“この先は想像できないのかな?”という思いをもった(注:オリジナルの脚本を端折ったかどうかについては調べてません)。

全部男優が演じていたのだが、どういう意味があったのか。オリジナル作品と見比べることができないが、恋人たちがイチャつくシーンなどはやはり違和感が拭えなかった。

最後、俳優全員が現れ、役や立ち入りを目まぐるしく変えながらこれまでのシーンのリミックスをやる。構成はいい、俳優たちの動きも練度が高い。「演技の組体操」のようだった。

しかし待てよ、と思った。場面場面をカットバックでつなぐ手法、前日に観た「バージン・ブルース」もそうだった。「あゆみ」は積み重ねられるシーンがより通俗的である分、段々プロモーションビデオのように見えてきた。こういうことをやる必要があるのかな。小劇場の演劇がマスに受ける必要はないのだから、もっと変でも人らしい痕跡が見える“あゆみ”が描けるのでは(脚本の話だが)。

途中までは正直退屈を感じた。ラストは盛り上がりを感じたが、上述のような不満も浮かんだ。

余談。
隣の女性(おそらく大学生)がとても真剣に、身じろぎもせず観ている横で、少し居眠りしてしまった。言い訳すると、京都の土地勘がなく、地下鉄に乗るのが面倒だったので京都駅から劇場まで早歩きをし、結構疲れていたのです(後でキョリ測で見たら8km強あった)。あなたにとって大切だった観賞体験を汚してしまってごめんなさい。

付記。「ままごと」のサイトに2010年版「あゆみ」のダイジェスト映像があった。これは女性版が観てみたかったなぁ。

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

宮古のホヤ刺と三鉄北リアス線と久慈の田楽豆腐と(2017年 宮古・久慈小旅行)

Posted on 2017年5月8日. Filed under: | タグ: , , , , |

2017年ゴールデンウィーク(5月3日深夜~5月6日早朝)、岩手県宮古市・久慈市小旅行の備忘録。

盛岡はまだ盛りの桜を結構見かけるし、閉伊街道沿いは日陰だと霜が降りているところがある。

あの雪を被ってるのは早池峰山かなぁ。

宮古・久慈 GW 2017

106号、川井を過ぎたあたりから大木が倒れたまま、流木が引っかかったまま、川岸が砂を被ったままなど未復旧の景色が増えてくる。

閉伊川、茂市を過ぎたあたり。護岸工事が進んでいるところもある。

宮古・久慈 GW 2017


(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...