ランニング

Jヴィレッジ再開記念ハーフマラソン(雪で中止)→南相馬小高でボランティア(援人 2019年 0125便)

Posted on 2019年2月5日. Filed under: ボランティア, ランニング, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0125便、2019年1月26日土曜日はJヴィレッジ再開記念ハーフマラソンに参加(雪のため中止)、日曜日は同じ浜通りの南相馬市小高区で災害ボランティア活動。そのまとめ。

「Jヴィレッジ(楢葉・広野町)をスタート・ゴールに二十六日に開かれる「Jヴィレッジ再開記念ハーフマラソン」のエントリーは約二千百人になった。東日本大震災後、双葉郡では最大規模のマラソン大会になる。(…)
大会には、北は北海道、南は九州からエントリーしている。(…)
広野、楢葉両町の関係者は、出場者に町の魅力を発信する。広野町はミカン、楢葉町はユズなどをあしらった応援メッセージ入りの小旗を沿道で配る。(…)
大会には県内外から約三百人のボランティアも参加する。広野町のふたば未来学園高サッカー部員約六十人も出場者の誘導や案内に当たる。」

(福島民報の記事から)

銀座ベース、もしかすると明日「独立雪かき隊」ニーズもあるかも、とスコップも積載。ただし、年末掃除でも気づいたけど、ベースに角スコ大は2本しかない。小は6本あり。

車内での自己紹介終わり。
明日もし中止になっても、勝手にコースをゆるランしちゃうとか、せっかくだから浪江をファンランするとか愉しめばいいんじゃない? って話も。

南相馬市小高区(旧避難指示区域)、今日開所の復興拠点「小高交流センター」内に、地元の室原サーフボード製作所の直営店がオープン。「海で泳いだことのない福島の子どもたちに海の楽しさを知ってもらいたい」(室原さん)。福島民友。

Jヴィレッジ再開記念マラソン(雪で中止)→小高でボランティア(援人 2019年 0118便)

福島県楢葉町に来てます。
“サッカーの聖地”Jヴィレッジの再開記念ハーフマラソン、雪のため中止になってしまった…。

Jヴィレッジ再開記念マラソン(雪で中止)→小高でボランティア(援人 2019年 0118便)

雪が滅多に降らない浜通りだろうに。ゲストの“山の神”のせいなのか…(苦笑)。

せっかくなのでJヴィレッジの全天候型練習場(国内最大らしい)のふかふか芝の上を走ってみるメンバーたち。

Jヴィレッジ再開記念マラソン(雪で中止)→小高でボランティア(援人 2019年 0118便)

柏原くん! Jヴィレッジ再開記念ハーフマラソンは雪のため中止だけどトークイベント。うれしい。いわきサンシャインマラソンで自ら仕切るコスプレ企画(フォトコンテスト)についても熱く語ったり。

Jヴィレッジ再開記念マラソン(雪で中止)→小高でボランティア(援人 2019年 0118便)

来年もJヴィレッジマラソンやるとのこと。また来るぞぉ。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Luna Venado:2018年最後にシアトルから届いた“1,000km楽しく走れる権”

Posted on 2018年12月31日. Filed under: ランニング | タグ: , |

インターネットができて遠くの誰かとつながれるようになって得られたものの一つは、自分のニッチな嗜好や小さな喜びを共有できる相手が見つかるようになったことだ。

年末、LUNA Sandalsの “Secret Santa!” 企画(モデルは指定できないB品をきみのサイズで送っちゃうよ的なやつ)で注文してみたら、届いたのはなんと、

Luna Venado(旧型)

だった。

2018-12-31 06.25.31

これはぼくにとって、約1,000km楽しく走れる権利のプレゼントだ。

このモデルはもう生産終了で、今はVenado 2.0というよりジェントルに改良された(つまりベアフットサンダルとしては改悪された)モデルに置き換えられている。

なんだ在庫あったんじゃん!! という思いと、これが自分に届いた驚き。

Lunaの中でも一番ソールが薄い(でもそれなりにStiffな)Venadoで走ることを愛してやまない人は、日本にもきっと1,000人ぐらいはいるだろう。そういう人に向けて、ぼくはこの出来事をシェアする。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

浪江町で二軒の伐採お手伝い+南相馬で野馬追ハーフマラソン(援人 2018年 1130便)

Posted on 2018年12月4日. Filed under: ボランティア, ランニング, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、1130便。2018年12月1日土曜日に福島県浪江町でお手伝い、翌2日日曜日は南相馬市で「野馬追の里健康マラソン」を走ってきた。そのメモまとめ。

6人揃って八重洲を出発しました。
先週Uさんにもらったマグネットシート、行き先を書いてくるの忘れた…(笑)。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

朝練、浪江駅前で草刈り。曇りで結構寒い。
6人で2.5袋分、戦果なかなか。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

9:40過ぎ、一軒目のお宅の庭木伐採、草刈り、トンバッグ詰め終了!

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

考察メモ:裸足でハーフマラソン挫折(第3回川内の郷かえるマラソン)

Posted on 2018年5月2日. Filed under: ランニング | タグ: |

via 川内村でハーフ裸足ランに挫折 浪江町で草刈りボランティア(援人 2018年 0427便)

裸足(+原始人コスプレ)で出走し、10km超えたところで痛みに耐えきれず撃沈。

後半はワラーチに切り替えて飛ばしたが、痛めつけた足裏の違和感が累積していき、17kmあたりで最初に左、次に右の足裏に“水”っぽい感覚が…。血!

ゴール後の足裏は今までで一番悲惨だった。

練習で裸足で16kmまでは走っていたので少しは自信があったが、打ち砕かれた。路面のシビアさが違いすぎる。“オレのいつものコースだったら走れる”はまっっったく意味がないと知った。

裸足の壁は、高くて厚い。

この失敗について、次のためにもう少し詳しく振り返っておく。

2018-04-28

ゴール後にワラーチをそーっと脱いでみると、左足裏は中指の裏の皮が削がれ、右足裏は前足部の厚い皮が前後方向にばっくり剥けていた。また両足とも、踵の周りは内出血がはじまっていた。とっさに“やっぱり裸足は厳しい!”と思ってしまったが、よく考えてみると事実はちょっと異なる。

左足の中指の怪我は、ワラーチに履き替えて走り出した後のものだ。極端にすり減っているフットベッド前部を超えて直接地面に何度も擦ったからだろう。

右足も怪我のきっかけを記憶している。後半、やや段差があるのを見落とし右足を突っ込んだところ、つんのめりそうに。バランスを崩して強くふんばったとき、該当部分に強い衝撃──が先立って痛みはあまり自覚できなかったが、強い痛みだったはずだ──が走った。たぶんそのときに裂けたんだと思う。

つまり両方とも、裸足で足裏それなりのダメージを受けた状態でワラーチで雑に走り、起こった怪我だ。

ラップの振り返り。

01 05:16.1
02  04:41.7 ←明らかに調子に乗って飛ばしすぎ。練習で5分までしか実績がないのに
03  04:45.1 ←飛ばしすぎ
04  04:45.3 ←飛ばしすぎ
05  04:50.3 ←飛ばしすぎ
06  05:18.8
07  05:11.1
08  05:25.6
09  05:54.6
10  06:46.8 ←白線上ランもキツくなってここでワラーチに切り替え
11  06:06.2
12  04:34.0
13  04:38.3
14  04:32.8
15  04:47.8
16  04:45.3
17  04:58.5
18  05:23.5 ←この辺で左右とも足裏に怪我をしたと思われる
19  05:14.6
20  05:52.6
21  06:07.5
22  01:59.2

まとめメモ。

  1. 裂傷ができてしまうと治るのに時間がかかる。だから極力避けるべきだ。が、裸足ランによるダメージの累積で裂傷ができてしまうまで我慢をして走り続けることは難しそう。その前にギブアップしたくなるはず(その声に従うのが正しい)。

  2. 踵の周りに水膨れ・内出血が起こったが、優しい走りを守ってもっと距離を伸ばしていたら、この状態が足裏の接地部のより広い面に広がっていったのでは? 練習で5分までしか出してないのに飛ばしたせいで足裏の売り切れが早まった可能性は確かにあるだろう。ただ、想定以上だったアスファルトの粗さを考えると、よりダメージの少ない走りをしても距離をどれだけ伸ばせていたか疑問はある。後半も粗い路面はあったし、完走は無理だったはずだ。

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

川内村でハーフ裸足ランに挫折 浪江町で草刈りボランティア(援人 2018年 0427便)

Posted on 2018年5月2日. Filed under: ボランティア, ランニング, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0427便。2018年4月28日(土)に福島県川内村の川内の郷かえるマラソンに参加し、翌4月29日(日)は浪江町で災害ボランティアをしてきた。メモまとめ。

3回めの「川内の郷かえるマラソン」。あたたかくていい大会なんだ。

2018-04-26 21.26.20-2

川内村の体育館ですごいの見つけた…!

かわうちの郷かえるマラソン→浪江町でボランティア(援人 2018年 0427便)

第3回川内の郷かえるマラソン。村を応援するため出場し続けている川内優輝選手がボストランマラソンで優勝した直後ということもあり、開会式はとても盛り上がった。

かわうちの郷かえるマラソン→浪江町でボランティア(援人 2018年 0427便)

裸足(+原始人コスプレ)で出走し、10km超えたところで痛みに耐えきれず撃沈。

後半はワラーチに切り替えて飛ばしたが、痛めつけた足裏の違和感が累積していき、17kmあたりで最初に左、次に右の足裏に“水”っぽい感覚が…。血!

ゴール後の足裏は今までで一番悲惨だった。

かわうちの郷かえるマラソン→浪江町でボランティア(援人 2018年 0427便)

練習で裸足で16kmまでは走っていたので少しは自信があったが、打ち砕かれた。路面のシビアさが違いすぎる。“オレのいつものコースだったら走れる”はまっっったく意味がないと知った。

裸足の壁は、高くて厚い。

…しっかし応援の力ってすごいな。沿道のお婆ちゃんや子どもたちの「あっ裸足だ! がんばって!」「原始人がんばれ!」といった声に押されて、なんとかギリギリまで距離を伸ばすことができたと思う。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( 1 so far )

Luna Sandalsのサンダルビルダーが変わった

Posted on 2018年3月30日. Filed under: ランニング | タグ: , |

あー、Luna Sandalsのサンダルビルダーが変わった。
(訂正:変わったんじゃなく、カスタマイザーに新たに”Roots Sandal Builder”が追加された。)

“Roots”が付いたのは、よりタラウマラのワラーチの原型に近づけたということらしい。

そしてソールに一番薄いVenadoが選べるようになってる。これとシンプルなレースの組み合わせはVenado 2.0よりミニマルなのものになる。個人的にベストチョイスになりそうな予感。

しかしLuna Sandalsがはじまってまだたった10年ぐらいか。これも広い意味ではメイカーズムーブメントの文脈に位置づけられるんだろうなぁ。自分が日々使うものをブラックボックスにしない、できるだけ修理や改造可能なものにするって意味で。

ルナサンはワラーチの原型そのものとは違う。
でも走っていると感じるよ。昔がいいんじゃない。昔を取り入れて進化している今がいいんだ、って(偉そう)。

ということで、夜にオーダーした。

LUNA-Sandals-Roots-Builder

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

ハーフマラソン90分切り達成(2018年3月10日 東京荒川ハーフマラソン)

Posted on 2018年3月12日. Filed under: ランニング | タグ: , |

2018年3月10日(土)、「東京荒川ハーフマラソン」でベストが出た。目標だった90分(1時間半)を切った!

2018-03-10 12.32.18

1月のハイテクハーフマラソンの前には4分30秒/kmを切るような練習をし、ベストが出た。平均ラップは4分26秒。ネットタイムはギリギリ1時間33分台だったが、振り返ると、こんなペースで後半死なないか? とビビりながら走っていた感もあり、レース後には1時間30分(90分)を切りたいという思いが強くなった。

とはいえ次に出るマラソンは決めておらず、日々走っていると「90分」という数字が目標というよりストレスになってきたと気づき、災害ボラのない週末のレースにエントリーすることにした。

以下、レースの朝に打ち、何度か読み直したテキスト。

前半ともかく4分15秒を死んでも達成(理屈ではできる)
しかし前半は寝ていく感じで
勝負は10km過ぎてから
行けるなら、行ける距離を少しずつ伸ばす
キツいなら、工夫してできるだけ食い下がる(大きく投げ出さない)
キツくなったら常にメタ認知する。足は置くだけ、腕の振り(速さ、位置、キレ)はどうか、ケイデンスいいか(リズム宿ってるか)、接地はソフトか、前後重心は適切か、体軸左右傾いてないか、周りのよいランナーに学べないか…
最後1kmはスパート!!!

21.0975kmを4分割、つまり4周するコース。退屈かもしれないが逆にストイックでいいと思った(実際に走ってみて終盤はうんざりしてきたが)。

河川敷のフラットなコースなので一旦ペースに乗ればフロー状態に入れるかと思ったが、予想外だったのは風の強さ。周回はじめの2kmは向かい風のせいでペースが落ち、2km目でいきなり4分15秒。これには焦った。次周以降、最初の2kmは明確にピッチを上げるよう努めた。
90分は全ラップで4分15分を下回れば必ず出せるタイムだ。4周目で珍しくルナサンが脱げそうになり、止まって履き直すこと2回。4分24秒、4分23秒というタイムを出してしまう。そこから、なんとか貯金を食いつぶすまいとがんばった。ラスト1kmぐらいで時計を見ると11時54分だった(10時30分スタートなので12時までにゴールすれば90分達成)のでいける! と思ったが、最後1kmは渾身のピッチで4分4秒だった。

1 04:08.2
2 04:15.2
3 04:02.1
4 04:02.3
5 04:09.4
6 04:15.0
7 04:17.5
8 04:10.7
9 04:10.3
10 04:11.5
11 04:11.9
12 04:19.9
13 04:18.3
14 04:11.4
15 04:12.8
16 04:24.0
17 04:23.2
18 04:19.7
19 04:18.4
20 04:10.1
21 04:04.1
22 00:06.5
Summary 01:28:41.5

二代目Luna Venado、ついにレース中に穴が開くかと思ったが(それでも何kmかは走れるだろうし心配はしてなかったが)、最後までもってくれた。

2018-03-12 16.35.58

頭が混乱したとき用に左右の腕に10km、15kmのスプリットタイム(というか必達通過時間)をマジックで書いておいたが、ラップが大きく崩れなかったので結局一度も見なかった。

2018-03-10 08.08.23

50代は体力的には下り坂といわれていて、それを従容と受け入れる人も多い。
その50代でマラソンのベストを出したことの何がうれしかったのかということを考えてみた。

アインシュタインという天才が言ったとされる(本当は言ってないらしいが)名言に、「同じことを繰り返し行い、違う結果を期待することを狂気と呼ぶ」というものがある。

そう、ベストを出すためにこれまでと同じことをしなかった。がむしゃらな努力や本番での根性にも大きく頼らなかった。

“あれ? こうやると速くなるかな?”とフォームを変えたらタイムが上がっていき、“この辺のタイムで走っていったら本番でこれぐらいタイムが出せるかな?”と、頭と体で対話をしながらPlan→Do→Checkを回していった結果、一つ上のステージに上がれたことが何よりうれしい。

人間は頭だけの生き物でもなく、また体だけの動物でもないから、自分の頭と体を使うこういう取り組みには表現しがたい何かが宿っていると思う。

ベストを出した後に食べたステーキはおいしかったなぁ。

2018-03-10 13.13.39

さあ次は走って何をやろう?

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...