ボランティア

福島県浪江町:伐採と袋詰め 賑わう十日市に複雑な心情を見る(援人 2017年 1124便)

Posted on 2017年11月30日. Filed under: ボランティア, 福島, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、災害ボランティア活動の記録。1124便、2017年11月25日(土)に福島県浪江町での庭木伐採や後処理などのお手伝いについて。

八重洲を出発! 今回も残念ながら10人満席はならず。

小高より約1年遅れて避難指示が解除された浪江、富岡、飯舘は、残念ながら帰還状況が芳しくないようだ。
そんななかでも浪江町の救いは、社協の人たちが本当に献身的にボランティアのニーズに対応していること。当事者でもなく常駐しているわけでもないぼくらが、月1日だけ貢献できるのもそのお陰だ。

今回も心をこめてお手伝いしてきます!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 1124便)

浪江町、快晴。今日の十日市にやってきたのか(?)会津ナンバーのトラックは屋根に雪乗っけてる。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 1124便)

駅前美化活動(勝手)。
朝の駅前で、ジョギングする人を初めて見かけた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 1124便)
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

台風10号被災:岩泉町で薪割りボランティア のち三陸ミニ観光(援人 2017年 1117便)

Posted on 2017年11月22日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

ボランティアチーム援人、1117便、2017年11月18日土曜日、岩手県岩泉町でのボランティアなどのメモ。

賑やかな八重洲で。外人の女性2人組に話しかけられる。道に迷ってるのかと思ったら怪しげな募金集め。ブックセンター横のラーメン屋台、今年で閉めるんだって。JPN TAXIっぽい車を見かけた。さて、今年最後の岩手・岩泉町に行ってきます!

八重洲でチェーンのお試しをし、7人揃って出発!

台風10号被災 岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1117便)

キャラバン内の密度が薄くてビジネスクラスみたいだけど、今年最後の岩泉にはやっぱり10人で行きたかった。

Sさんは、援人があのとき9週間連続で岩泉に通ったことを、今でも褒めてくれます。だから、行くときは満席で行くのが“忘れてません”というメッセージになると思ってます。

10人満席で行くのはまた来年の課題として、今回は7人なりにできることを一生懸命やってきます!!!!!!!

仙台南、気温一度。

455号、盛岡から岩泉へ、藪川のあたりを通過中。残雪や路面凍結はなし。

台風10号被災 岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1117便)

岩泉町。橋で対岸に迂回させつつ道路を直しているところ。

台風10号被災 岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1117便)

朝の宇霊羅(うれいら)山。

台風10号被災 岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1117便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:2件の草刈り 必要だけど注目されない仕事(援人 2017年 1110便)

Posted on 2017年11月14日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、1110便、2017年11月11日(土)の南相馬市小高区でのボランティア活動の記録。
この日は、二件の草刈り・雑木伐採のお手伝いをしてきた。

(援人Facebookグループへの投稿)

福島民報に載っていた小さな記事。

小高に整備 公設民営スーパー 来年12月開店目指す

それは小高の人たちが待ち望んでいるものです。
帰還から1年以上過ぎたのに、未だに新聞配達が復活しないことを嘆く人もいます。

旧避難指示区域に戻られた人たちは勇気ある人たちです。ぼくら外部に住むボランティアができるのは、休みの1日か2日駆けつけて困りごとを少し解消してあげるだけ。それでも意味があります。意味があるから行き続けています。

最近援人の南相馬行きはなかなか満席にならなくなってきました。季節柄なのか、メンバーの状況の変化か、被災地への心理的距離が遠くなってしまったのか。

今夜出発する援人号1110便、まだ3つ空席があります。
23:30までに八重洲に来られる人がいれば、ぜひ参加してください。

南相馬の朝。鮭川食堂の近くで鮭の遡上を見る。少数だけどがんばってた。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 1110便)

小高区蛯沢、解体済み個人宅の敷地の伐採と草刈り、午前で完了!(実際はこの2倍ぐらいの幅)

作業前。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 1110便)

作業後。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 1110便)

二軒目、小高区片草、家屋裏の田んぼ跡草刈りと竹林伐採少し、完了! 本日もニーズ2つ消化。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 1110便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

大分津久見+福岡朝倉:チーム史上最大量の土砂出し 小さな幸運にいくつも恵まれた旅(援人 2017年 1103-05便)

Posted on 2017年11月9日. Filed under: ボランティア | タグ: , , , , , |

11月三連休、まだ復旧には遠い福岡県朝倉市と、台風18号で市中心部の多くが被災した大分・津久見市へ。トータル11人のメンバーでお手伝いしてきた。
各自飛行機などで福岡入りし、初日の3日は福岡空港で集合、日産エクストレイル×2台で津久見市へ。夜は福岡県小郡市に泊まり、4日と5日はOPEN JAPANの下で朝倉市杷木でお手伝い、その後各自帰京。…というストイックな計画だ。

各人バラバラでなくでなく九州で現地集合するのには強い意味があった。何度も活動を共にしたメンバーの協働で人数を大きく上回る働きができ、被災された方々のお困りごとをより多く解消できるからだ。

移動では大分や福岡の風光を楽しみ、お手伝い先ではしっかり働く3日間になった。

デカいリュックを背負っていると「山ですか」と言われることがある。
「いえ災害ボランティアです」と答えると、いわゆる二の句が継げない状態か、そこで会話が止まることが八割。

残りの二割も東北の被災地の地名が出てくればいい方で、たとえば去年や今年、日本各地で起こった災害について知っている人はそもそも東京ではかなり少ないとわかる。

去年だったか、日曜の夜ヘトヘトになってタクシーに乗ったとき、若い運転手さんの質問に答えて「岩手県の岩泉町に行ってきました」と答えると、大変だったんですよね、ぼくも行きたいんですよ、と言われた。お追従かと思ったが、話のディテールから彼が強い関心を持っているとわかった。
あれは嬉しかったなぁ。

大変な問題があるとき、そのことに気づいた誰かがアンテナを立て、実際に現地に行き、見てきたものを発信することには意味がある。ギャップを感じることは痛みを伴うけど。

三連休は台風18号で被災した大分県津久見市、7月の九州北部豪雨で被災した福岡県朝倉市にお手伝いに行く。しっかりお手伝いして、見たもの感じたことを発信したい。

羽田空港でシウマイ弁当を探し回ったが買えなかった問題。夕食はこれ。

大分県津久見市・福岡県朝倉市で災害ボランティア(援人 2017年 1103-05便)

朝倉の古処鶏がどうしても食べたかった博多の夜。

大分県津久見市・福岡県朝倉市で災害ボランティア(援人 2017年 1103-05便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島県浪江町:庭木伐採のお手伝い2件 来なければわからない物語(援人 2017年 1027便)

Posted on 2017年11月7日. Filed under: ボランティア | タグ: |

ボランティアチーム援人、1027便、2017年10月28日(土)、7ヵ月前に避難指示が解除されたばかりの福島県双葉郡浪江町での災害ボランティアの記録。

男ばっかり10人揃って出発しました!
男パワー×10でしっかりニーズ完了することをめざします。行ってきます!

早朝、浪江駅前非公式草刈り部。
タイルの間の雑草取りはTさん持参の引っかき型の小型鎌が使える。持参推奨。

福島県浪江町でボランティア(援人 2017年 1027便)

庭木伐採に出発。この早さがいい。時間の無駄がない。

福島県浪江町でボランティア(援人 2017年 1027便)

依頼主の指示の下、密林化した庭木などの伐採、細断、トンバッグ詰め。応援の2人含め、連携して進める。

福島県浪江町でボランティア(援人 2017年 1027便)

昼休み、「親父の小言みそらーめん」をまち・なみ・まるしぇでリピート買い。これおいしいんだぁ。

福島県浪江町でボランティア(援人 2017年 1027便)

浪江町、本日2件目のお手伝い終わり!
一枚目:ビフォー

福島県浪江町でボランティア(援人 2017年 1027便)

二枚目:アフター

福島県浪江町でボランティア(援人 2017年 1027便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

2017年台風18号被災:大分県津久見市で2回めの泥出しボランティア

Posted on 2017年11月7日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

台風18号で被災した大分県津久見市。ボラセンのニーズ数が減らず、現地にいるKさんの情報ではやり直しなども含めてニーズが追加されていることを知り、悩んだ末、再度平日2日間お手伝いに行くことにした。そのメモ。

●10月24日(火)
* SNA 095 羽田 17:45→ 大分 19:20
●10月25日(水)
* 津久見市災害ボランティアセンターの下で活動
●10月26日(木)
* 津久見市災害ボランティアセンターの下で活動
* SNA 094 大分 19:50→ 羽田 21:30

羽田空港で。ANAの荷物預けって自動なんだ(…が、ぼくのリュックは突起物があるのでビニールをかけるとかで、この後人手で処理された)。

2017年台風18号被災:大分県津久見市で災害ボランティア(2回め)

飛行機に乗る前に考えたこと。

なんで1人で行くのか。
チームで調整して、では初動が遅すぎるから。
しばしば平日の人手が足りていないから。
他の多くの災害ボラの「目」になり、必要なら多くの人への注意喚起を通じて動員するため。

経験するための入口では、不安は多いほどいい。
1人で知らない場所に行くことはあえて弱い立場、ヘボいスタート地点に自分を置くことで、さまざまな困難にぶつかりいくつもの失敗をする可能性が高く、一災害ボランティアとしてとても鍛えられるのだ。

空港から大分駅への高速バス内で考えたこと。

たった2日間、貢献と経験のための貴重な機会だ。
依頼主の重荷を少しでも軽くするため、真剣に丁寧に、効率的にやろう。
周りの仲間がどんな人であれ謙虚な態度で接し、協働の成果がより上がるよう振る舞おう。

ボラセンのためにやるんじゃない。
横にいる活動者のためにやるのでもない。
全ては、突然被災され苦境にある方のため。

大分市、「丹頂」。
21:23に店に辿り着いたが、屈託のない笑顔で「今日はもう終わり」と言われてしまった(ネットには22時閉店という情報があるが実際は21時らしい)。日田風の両面焼きそばを楽しみにしてきたのに…。

その後、またインターに入る道を間違え(前回もそうだった記憶あり。カーナビのリルートに根気強く付き合って結局高速に乗った)、一般道で。

大分から津久見までの下道は、臼杵の山中がかなり恐ろしかった。延々うねる道が続き、後ろから営業車がピッタリ付けて煽ってきた。しかも灯りがほとんどなく、日中は鎮座している石仏たちが闊歩してるんじゃないかってレベルの暗闇だった。

津久見着。マルショク津久見店にギリギリ駆け込み、売れ残っていた(いや、それでも十分おいしい)弁当で夕食。

2017年台風18号被災:大分県津久見市で災害ボランティア(2回め)

(夜、案外寒い…。しかし自分で選んだこと。)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

2016年台風10号被災:岩泉町で薪づくりのお手伝い と、宮古で海鮮朝めし(援人 2017年 1020便)

Posted on 2017年10月31日. Filed under: ボランティア | タグ: |

1日たっぷり岩泉の自然の中で薪割りのお手伝いをし、夜はベースで心のこもった夕食をいただき、2日目は宮古でザ・北三陸の幸を食べ、行きや帰りや岩手の山々の美しい紅葉を堪能できた週末。そのメモ。

大型斧(5本)、ハンマー、バール、チェーンソーなどを積んだ日産キャラバンで、今夜はこれから岩手県岩泉町へ。
江戸時代に南部藩で起こった「三閉伊一揆」の農民たちが見たらきっと喜んでくれそうな“武器”を駆使して、薪割りのお手伝いをしてきます。

2016年台風10号被災:岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1020便)

「台風21号は超大型に、週末から大雨に警戒:TBS NEWS」からの引用。

「10月に発生する台風といえば…2004年、台風23号は上陸前から広い範囲に大雨を降らし、死者95人を出すなど甚大な被害をもたらしました。4年前には伊豆大島で…。記録的な豪雨で、大規模な土砂崩れが発生。集落が飲み込まれ、36人が命を落としました。10月に発生する台風、この時期、日本列島に停滞する秋雨前線を台風が刺激することで激しい雨を降らせ、大きな被害をもたらすのです。」

非常にマズい。また新たな被災地が生まれてしまわないか。人を助けるには、まずは自分や身近な人が被災しないことから。ぼくらも気をつけますが、週末関東にいるメンバーも十分に警戒してほしい。

8人…のはずが、南(福岡)でなく北(岩手)行きの車に乗ったKさんの参加で9人に。小雨の八重洲を出発しました!
岩泉は、どの季節も、どんな気候でも美しい。そんな環境を楽しみながら、地元のお爺ちゃんお婆ちゃんに冬をあったかく過ごしてもらうため薪づくりをがんばってきます!

2016年台風10号被災:岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1020便)

深夜の東北道・安積PAセット(勝手)。

2016年台風10号被災:岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1020便)

早朝、盛岡から岩泉町へ。紅葉ドライブ。

2016年台風10号被災:岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1020便)

紅葉がめちゃきれいなのにうまく写真が撮れず、あっ、ぎゃっ、お~などの声が漏れる車内。

岩泉町中島で薪割りのお手伝い中。
今回から投入のフィスカースIso Core、斧というより大槌で、大径木でもそれなりに戦える。普通のサイズの丸太ならバコバコ割れる。ただ細かいコントロールはしづらいので、同じフィスカースのX25と使い分けがベターかも。

2016年台風10号被災:岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1020便)

岩泉での薪割りお手伝い、終了!

2016年台風10号被災:岩手県岩泉町で薪割りボランティア(援人 2017年 1020便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...