ボランティア

福島県浪江町:庭木の伐採・細断・トンバッグ詰め 二軒の対照的なお宅で(援人 2017年 0929便)

Posted on 2017年10月4日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0929便、2017年9月30日(土)、避難指示解除からほぼ半年がたった福島県双葉郡浪江町での災害ボランティアのメモ。

金曜の夜、半袖、短パン、(世間でいう)サンダル姿、汗だくでホームセンターに駆け込む。そして刈り込みハサミ二種を掴んでレジへ。
ハロウィンの小道具でしょうか。いいえ、災害ボランティア用です。今夜はこれから浪江町へ!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)

10人揃って八重洲を出発しました! 今日はプレミアムなんとかのせいか、人が多かったなぁ。
この便は女性5人、浪江が初めての人も5人。小高よりさらに復興が遅れている町で、しっかりがんばってきます!

浪江町、請戸漁港。周りは工事継続中。立派な姿になるんだろうな。のんびり釣りをしている人がいた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)

浪江町に認定こども園が完成。来年4月に開設されるなみえ創成小学校、なみえ創成中学校に隣接。(福島民友)

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

2017年 台風18号豪雨災害:大分県津久見市で床下泥出しボランティア

Posted on 2017年10月3日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

2017年9月16日から17日にかけて九州を通過した台風18号。7月の九州北部豪雨(福岡・大分豪雨)で被災した地域に再び大きな被害をもたらすことが懸念されたが、進路がやや南側にそれたことによって今度は大分県南部(大分市、臼杵市、津久見市、佐伯市)で河川の氾濫、家屋の冠水被害などが起こってしまった。

台風が通過した連休に福岡に滞在していたこともあり、特に被災家屋の件数が多い津久見市にお手伝いに行くことにした。

旅程は以下のようなもの。

9/26
SKY 羽田 18:40→福岡 20:35
西鉄天神高速BT 21:30→(とよのくに・大分新川行)→23:46 要町(大分駅前)
カーシェアでNV200バネットを借りて津久見へ(東九州道を使って1時間)
津久見市災害ボラセン近くで車中泊

9/27
津久見市災害ボラセンで活動
佐伯市の道の駅やよいで風呂(一番近い塩湯は休み, 市内に銭湯はなし)
津久見に戻って駅前で夕食(ほぼ全部冠水, 復旧済みの飲食店は3店舗)
車中泊

9/28
津久見市災害ボラセンで活動
津久見から大分へ, 車を返却
大分駅前→(エアポートバス)→大分空港
SNA 大分 19:50→羽田 21:30

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

2017年9月27日

深夜に津久見インターを出て少し車を走らせると、珍しい市民が出迎えてくれた。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

朝、津久見駅周辺を歩いてみる。
町中の至るところで道路が泥を被っていて、道路端や公園などには土嚢や被災財の山が多数。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

ただ、岩泉安家や朝倉杷木のように山間部ではなく人が沢山住んでいる中心部なので、片付けが急速に進んでいる感じはあった。

朝。大分県津久見市は予報通り大粒の雨。町中至るところが泥を被っているから、場所によってはそれを洗い流してくれる雨。が、被災され片付け途中の人にとっては恨めしい雨だろう。

2017年 台風18号豪雨災害 大分県津久見市で災害ボランティア

この日は、11人の混成チームを率いて、津久見駅近くの二軒のお宅でのお手伝いとなった。

昼休みに、評判だというケーキの「広戸製菓」さんにもしかしてやってるかな、と行ってみた。が、浸水被害の清掃中で店内はがらんとしていて、TVの取材を受けているところだった…。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:仮設住宅からの引っ越し 草刈り やっぱり来なきゃわからない(援人 0922便)

Posted on 2017年9月26日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0922便、2017年9月23日(土)の南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いのメモ。

9月20日、浪江町の帰還困難区域を通る114号国道が再開通した。震災前は頻繁な往来があった福島の東西の移動にとって重要な道だそうで、身体を血液がめぐるように復興への後押しとなりそうだ。

南相馬市小高区(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0922便)

ボランティアとして現地に「行く」、情報や感想を「持ち帰る」ことも同じような役割があると思う。今回もがんばりたい。

小雨の八重洲を、5人揃って出発! 少ない…(いつもより5人も)。

南相馬市小高区(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0922便)

しかし1,200km南の朝倉や日田も気になるけど、6年目の小高だって忘れるわけにはいかない。
10人だって凡庸な20人と同じ働きができる。ならば5人だって10人の働きができるだろう。行ってきます!

途中大粒の雨。ゆっくり行こう。
…といいつつ、2:45に道の駅南相馬に到着。雨止んでます。

はい、健康のために朝ポテチ。
岩手も宮城も置いてあったよ。

南相馬市小高区(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0922便)

今朝のサイヤさんだより。
1. お彼岸で朝から混んでる。皆の目当てはおはぎ。

南相馬市小高区(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0922便)

  1. なんと岩泉のじっ茶ばっ茶を発見! しかも安い!

南相馬市小高区(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0922便)

  1. 福島オリジナルの梨の品種があった!

南相馬市小高区(旧避難指示区域)でボランティア(援人 2017年 0922便)

南相馬市ボランティア活動センター、松本センター長のお話。

「当ボラセンに、いろいろな人が関わってくれてありがたい。
木曜日、吉野復興大臣がセンターに来た。セキュリティー関係で事前公表せず。内容はブログに書いた。
被災地の現状把握のため30分間、ボランティア不足の対策など意見交換。大臣は最後の一人が立ち上がるまで私はがんばる、と。
もうすぐ衆議院解散。吉野さんも変わるかもしれないが。
当日の活動、感謝します。
大臣から浪江をどうするのか、と。やってあげたいけど人手が足りなくてできませんと。復興庁で今後インターンシップをやる。学生200人、一ヵ月。ここにも来させるように。何人かは回ってくるだろう。有り難い話。
その積み重ねで、いずれ浪江にも行けるだろう。
現在浪江から草刈り依頼が一件。浪江社協の紹介だという。
ただ、もう少し小高オンリーで協力いただきたい。」

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

九州北部豪雨:三連休の1日だけ福岡・朝倉でお手伝い 台風18号横断のため(援人 0916-18便)

Posted on 2017年9月21日. Filed under: ボランティア | タグ: , |

2017年9月16日(土)から18日(月祝)の三連休、空路で福岡へ行って九州北部豪雨での被災から復旧途上の朝倉市でお手伝いしようと計画。複数の援人メンバーが賛同、多い日は7人のメンバーが現地集合しチームでお手伝いする予定だった。が、折悪く九州は大型の台風18号の直撃・横断コースに。交通の乱れも予想されることから何人かは断念。結局4人のメンバーで、最終日の18日だけ朝倉市杷木松末でお手伝いすることができた。その記録。

ツノが二本生えたリュックと共に羽田へ。
ちょっくら台風18号を退治してきます(しない)。

九州北部豪雨 福岡県朝倉市でボランティア 台風18号九州直撃(援人 2017年 0916-18便)

うわ、スターフライヤーは北九州行きだけ第一ターミナル! やばかったぁ~。

九州北部豪雨 福岡県朝倉市でボランティア 台風18号九州直撃(援人 2017年 0916-18便)

9月16日

日付を回って着いた北九州空港。東京より空気が生温かく、雨がポツポツ降っていた。

博多の朝。不穏な感じの雨混じりの強風が。建設中のビルの覆いとか、大丈夫なのかなぁ。
九州南部、特に宮崎はすでに大雨らしい。

九州北部豪雨 福岡県朝倉市でボランティア 台風18号九州直撃(援人 2017年 0916-18便)

小雨の博多。コンビニで普通にこれが買える幸せ。

九州北部豪雨 福岡県朝倉市でボランティア 台風18号九州直撃(援人 2017年 0916-18便)

杷木インターを出てすぐの眼鏡屋さんの隣、確かお店だったと思うけど、解体中だな…。

雨の別府、竹瓦温泉。

九州北部豪雨 福岡県朝倉市でボランティア 台風18号九州直撃(援人 2017年 0916-18便)

入浴料たった100円の市営温泉。浴槽を見て思い出したけど、ここ「ドキュメント72時間」でやってたな。

洗い場はなく、入浴者は浴槽の周りで身体を洗って湯船に浸かる。地元の人の所作を見ていると、短時間派(~5分)とゆっくり派がいるようだった。

ちなみに結構過激な風俗街に隣接する場所にある

椎茸焼きそば、日田市田島の「天龍」で。7月に初めてボランティアに来たとき入れなかった店。
これで日田焼きそば2回目(個人的には前回の大学軒の方が好み)。あと1回食べたらがっつりハマりそう。

九州北部豪雨 福岡県朝倉市でボランティア 台風18号九州直撃(援人 2017年 0916-18便)

今、大分県日田市にいる。13時に大鶴、小野などの地区に避難勧告が出た。エリアメールで知る。

夜は博多で高価な(1,700円/100g!)イカなどを食べた。

九州北部豪雨 福岡県朝倉市でボランティア 台風18号九州直撃(援人 2017年 0916-18便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

岩手県岩泉町:山間部の安家で薪割りのお手伝い 岩泉大神宮のお祭りを見る(援人 2017年 0908便)

Posted on 2017年9月14日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0908便、2017年9月9日(土)、去年の台風10号の豪雨による被災地である岩手県岩泉町でのお手伝い、プラス日曜日の半日観光のメモ。

いつも寄っている酒屋の親父さんに、これから岩泉町に行くんですよと言ったら、偉いねぇ、盛岡からずっと東に行くんだろ? と背中を叩かれた。
というわけで、これから北へ600kmの旅へ。9人のメンバーで。

台風10号被災 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2017年 0908便)

秋田県大仙市で震度5。水害に地震…。大仙市は受難だ。豪雨で傷んだ家や、仮復旧状態のさまざまなインフラが影響を受けてないことを祈りたい。

早朝の盛岡、涼しい…と強弁できない。半袖だと寒い。

あっ…! 岩手日報。

台風10号被災 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2017年 0908便)

岩泉町、中松屋さん最新情報です。

台風10号被災 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2017年 0908便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:“壁”と呼ぶべき法面の草刈り 雨中どうにか完了(援人 2017年 0901便)

Posted on 2017年9月14日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 |

ボランティアチーム援人、0901便、2017年9月2日(土)、避難指示解除からほぼ1年たった南相馬市小高区でのお手伝いのメモ。

怒りに囚われないためには自分の着火ポイントを知っておくことは重要、と感じる出来事が今週あった。

かなり高確率で自分が激昂してしまう言葉、それは「ゆるくやりましょう」というものだ。

大仙、日田、朝倉で単身で災害ボランティアをして改めて自覚したが、一人で誰にも邪魔されずお手伝いに「全力で」打ち込みたいという欲望は消えていなかった。

人は本当にやりたいことなら「全力で」「続けられる」。集団になればやり方や注ぐ力も干渉を受けるから、倒れるギリギリまではできない。

なのに6年も援人というチームで災害ボランティアを続けられているのは、本当にコアな部分を自分と同じような本気度でやる仲間が固めてくれているからだと思う。(遠巻きに眺めつつ参加しているメンバーが多くいることもわかっている。)これは幸せなことだ。

南相馬・小高で災害ボランティア(援人 2017年 0901便)

雨の八重洲を出発し、南相馬へ向かう車中で考えたこと。

南相馬に向かう途中の四倉PAで。常磐道の線量の一番高いところ、雨のせいもあるだろうが、3μSv/hを切っていた…! 時間の力はすごいものだなぁ、と。

南相馬・小高で災害ボランティア(援人 2017年 0901便)

朝礼、今日は30人弱か。
松本センター長の挨拶。

「このスペース、窓を開けたがまた閉めた。冬に備えて。エアコンを付けたと思ったら寒くなってしまって。
先日、猫のエサ場の草刈りをやった。野良猫保護をしている団体からの依頼、猫目線でやった。喜んでいるだろう。
9月21日は休まずに活動する。草刈り、瓦礫撤去など。ここのところ休みが多いが、間違ってほしくないが常時人は足りない状態。体のメンテを考えながらやっている。ブログにも書いておいた。7年たった今も被害は続いている。現実問題、帰ってこれない人もいる。環境を整備しなければいけない。時間の許す限り活動をしてほしい。九州などのあるだろうが。周りにも訴えてほしい。ここは被災地です」

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

熊本県益城町・福岡県朝倉市で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

Posted on 2017年9月14日. Filed under: ボランティア | タグ: , , , |

2017年8月18日(金)の夜出発、26日(土)に帰京という約一週間のスケジュールで、九州北部豪雨の被災地である福岡県朝倉市、熊本地震の被災地である熊本県益城町で災害ボランティアをしてきた。そのメモ。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

8月19日 東京・八重洲から熊本・益城町へ

4:34
各SA、夜中なのに人がわんさかいて、迷子の呼び出しまでしてる。東北道や常磐道とは違う異様な活気…。

4:46
朝4時なんだけど、PAのセブンで買ったにしかわフラワーおいしい。東京でも売ってくれないかな、これ。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

10:33
山口(美祢サービスエリア)で日田の鶏めし売ってた。便利だなぁ(笑)。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

14:11

熊本県西原村、畑のキッチンORTO(オルト)でランチ。おいしゅうございました。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

14:43
この道の先へはまだ行けない。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

16:14

熊本。去年、地震の後に豪雨災害もあった。土砂出しや法面補強のお手伝いをした方がオーナーの宿に立ち寄り、風呂に入る。
露天風呂から阿蘇を望むシチュエーションもとてもいいけど、家族連れなどが続々と夏休みの宿泊に訪れているのがうれしかった。

福岡県朝倉市杷木(九州北部豪雨)・熊本県益城町(熊本地震)で災害ボランティア(援人 2017年 0818-26便)

(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...