ボランティア

浪江町で竹林伐採 南相馬で仮設住宅引っ越し手伝い 被災者の今に向き合う(援人 2019年 0315便)

Posted on 2019年3月19日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: , |

ボランティアチーム援人、0315便。2019年3月16日(土)、17日(日)に福島県の浜通り、浪江町と南相馬市で災害ボランティア活動をした(15人のメンバーのうち3人は、日曜日は「第3回復興祈念駅伝に参加した)。その記録。

明日(16日)は「なみえ創成小学校・中学校校歌」のお披露目イベントがあるんだなぁ。作詞者の和合さんも来るらしい。

15人揃って八重洲を出発しました!
浪江町はまだまだ。小高もニーズはある。大熊町の一部は来月避難指示が解除される。双葉町も来年だといわれている。浜通りの今をちゃんと捉えて、お手伝いを続けたい。行ってきます。

朝。請戸港には富岡の船もいるんだな。まだ帰れないんだろうか。

浪江町で竹林伐採のお手伝い 南相馬で仮設住宅引越のお手伝い(援人 2019年 0315-17便)

浪江町社協さんの下、国道6号よりやや海側の(元)農地で竹林伐採のお手伝い。依頼主と共に。

浪江町で竹林伐採のお手伝い 南相馬で仮設住宅引越のお手伝い(援人 2019年 0315-17便)

最初はどれだけ奥行きがあるのかわからないほど鬱蒼としていたが、11時10分、主な部分は終わってしまった。15人のパワーはすごい。

浪江町で竹林伐採のお手伝い 南相馬で仮設住宅引越のお手伝い(援人 2019年 0315-17便)

昼食。浪江町にまた飲食店が増えた。駅近くの「響」さん。どんどん来ないと、食べ尽くせないなぁ。

浪江町で竹林伐採のお手伝い 南相馬で仮設住宅引越のお手伝い(援人 2019年 0315-17便)

この依頼主は、広大な敷地の竹林伐採を自分1人でやるつもりだったそうだ。他県に避難中の人が週末だけで? 到底無理だよ。助けなきゃ。たぎる! これが自分にとって、内発的動機づけと公益ががっちり噛み合う瞬間だ。ありったけの力を注いでお手伝いしなきゃ! という思いが湧いてくる。
(さらに…)

広告
全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島県浪江町:竹林伐採のお手伝い 依頼主の「きっと戻る」(援人 2019年 0309便)

Posted on 2019年3月13日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0309便、2019年3月10日(日)、福島県双葉郡浪江町でのお手伝い、相双ボランティアさんの下で。その記録。

今週は浪江町へ。思いがある。行き続けるしかない。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

6人で行ってきます。
残念なことに空席4つ。10人だと詰め詰めのキャラバンがプレミアムエコノミー並みに快適だけど、満席で行けないことは寂しい。被災地の方々に申し訳ないな、とも感じてしまう。

小高区福岡、こないだ古い店舗をきれいにしはじめたなぁ…と思ってたら、セブンイレブンがもう(再)オープンしていた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

夜中でも灯っているコンビニの明かりのありがたみ、旧避難指示区域に来るとよくわかるよなぁ。

朝は浪江町の沿岸部を回ってみた。

請戸漁港では、建物が急ピッチでつくられていた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

大平山霊園、お墓参りの人を見かけた。芝生の法面はイノシシが掘り起こしてしまったのだろう。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

請戸小学校。震災遺構としてぜひ残すべきだと思う。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2019年 0310便)

お手伝いは、相双ボランティアさんの下、浪江町のお宅で竹林伐採だ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

東日本大震災8年 南相馬で仮設住宅からの引っ越しお手伝い(援人 2019年 0223便)

Posted on 2019年2月25日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0223便、2019年2月24日日曜日の活動。仮設住宅からの引っ越しを希望される依頼が南相馬市ボランティア活動センターに入ったとのことで、10人のメンバーでお手伝いに行ってきた。そのメモまとめ。

今夜の八重洲は意外と冷え込む。10人チームで南相馬・小高へ。

南相馬で災害ボランティア(援人 2019年 0223便)

10人揃って出発しました。
日産キャラバンの定員は10人。満席で行くことはチームとしてのポテンシャルを最大まで高めるということ。その力で依頼主のため力を尽くせるということ。
しかも今回はリピーターだけじゃなく初めての人もいる(Mさんの同僚)。
100%の力でがんばってきます!

日曜の常磐道は静かだ。四倉から浪江ICまで、対向車一台もなし。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

南相馬・小高:草刈り終わらず 依頼主の現住所は関東で不在(ボランティアチーム援人 2019年 0216便)

Posted on 2019年2月18日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0216便。2019年2月16(土)日夜に東京を出発し、17日(日)に福島県南相馬市小高区(旧避難指示区域)で災害ボランティアをしてきたので、メモをまとめておく。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

土曜の夜の八重洲は静かだ。援人、8人のメンバーでこれから南相馬へ。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

常磐道はもちろん、6号も全然車がいない…。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

今朝、南相馬市小高区塚原で。防潮堤の工事がだいぶ進んでいた。河口があるからか堤が二重になっているあたり、白鳥たちが安心して休める場所らしい。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

浪江町に新たにできるスーパー、場所は町役場の南だそう。ということは、社協さんが使っている建物か(※移転前のサンシャイン浪江ではない)。まち・なみ・まるしぇとの相乗効果もあって便利になりそう。福島民友から。

今日のニーズは草刈り、雪の日にやった常磐道近くの敷地の仕上げ。がんばるぞ!
長大な法面があり、ギリギリ終わるかどうかという量だ。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

昼食は町の中心部まで戻り、小高交流センターの「めざせ!殿様食堂」で、その後は別棟の「小高マルシェ」で地元の人がつくった野菜などを買う。小さな子どもから大人まで多様な世代が休日をゆったり過ごしていた。小高に、こういう普通の景色が戻ってくるとはなぁ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

福島・浪江町で神社の片付けボランティア(援人 2019年 0201便)

Posted on 2019年2月6日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0201便、2019年2月2日土曜日、南相馬市ボランティア活動センターの下で、浪江町の神社でのお手伝い。そのまとめ。

常磐道を南相馬へ向かっている。あと1時間。星が綺麗な真夜中。

2019-02-02 02.08.15

南相馬。久しぶりに八沢地区の観音像と慰霊碑へ。一帯に植樹のための敷地がだいぶ広がっていた。
時間はかかるけど、見事な景観として再生するんだろうな。

2019-02-02 07.16.08

南相馬市ボランティア活動センター、朝礼。今日の活動者は援人に加えて4、5人ぐらいか。
そしてお手伝い先は…まさかの浪江町。神社での草刈り・落ち葉集め(継続)とのこと。

2019-02-02 08.38.09
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

Jヴィレッジ再開記念ハーフマラソン(雪で中止)→南相馬小高でボランティア(援人 2019年 0125便)

Posted on 2019年2月5日. Filed under: ボランティア, ランニング, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0125便、2019年1月26日土曜日はJヴィレッジ再開記念ハーフマラソンに参加(雪のため中止)、日曜日は同じ浜通りの南相馬市小高区で災害ボランティア活動。そのまとめ。

「Jヴィレッジ(楢葉・広野町)をスタート・ゴールに二十六日に開かれる「Jヴィレッジ再開記念ハーフマラソン」のエントリーは約二千百人になった。東日本大震災後、双葉郡では最大規模のマラソン大会になる。(…)
大会には、北は北海道、南は九州からエントリーしている。(…)
広野、楢葉両町の関係者は、出場者に町の魅力を発信する。広野町はミカン、楢葉町はユズなどをあしらった応援メッセージ入りの小旗を沿道で配る。(…)
大会には県内外から約三百人のボランティアも参加する。広野町のふたば未来学園高サッカー部員約六十人も出場者の誘導や案内に当たる。」

(福島民報の記事から)

銀座ベース、もしかすると明日「独立雪かき隊」ニーズもあるかも、とスコップも積載。ただし、年末掃除でも気づいたけど、ベースに角スコ大は2本しかない。小は6本あり。

車内での自己紹介終わり。
明日もし中止になっても、勝手にコースをゆるランしちゃうとか、せっかくだから浪江をファンランするとか愉しめばいいんじゃない? って話も。

南相馬市小高区(旧避難指示区域)、今日開所の復興拠点「小高交流センター」内に、地元の室原サーフボード製作所の直営店がオープン。「海で泳いだことのない福島の子どもたちに海の楽しさを知ってもらいたい」(室原さん)。福島民友。

Jヴィレッジ再開記念マラソン(雪で中止)→小高でボランティア(援人 2019年 0118便)

福島県楢葉町に来てます。
“サッカーの聖地”Jヴィレッジの再開記念ハーフマラソン、雪のため中止になってしまった…。

Jヴィレッジ再開記念マラソン(雪で中止)→小高でボランティア(援人 2019年 0118便)

雪が滅多に降らない浜通りだろうに。ゲストの“山の神”のせいなのか…(苦笑)。

せっかくなのでJヴィレッジの全天候型練習場(国内最大らしい)のふかふか芝の上を走ってみるメンバーたち。

Jヴィレッジ再開記念マラソン(雪で中止)→小高でボランティア(援人 2019年 0118便)

柏原くん! Jヴィレッジ再開記念ハーフマラソンは雪のため中止だけどトークイベント。うれしい。いわきサンシャインマラソンで自ら仕切るコスプレ企画(フォトコンテスト)についても熱く語ったり。

Jヴィレッジ再開記念マラソン(雪で中止)→小高でボランティア(援人 2019年 0118便)

来年もJヴィレッジマラソンやるとのこと。また来るぞぉ。
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

西日本豪雨:愛媛・西予で重量級の床下泥出し(援人 2019年 0118便)

Posted on 2019年1月31日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0118便、2019年1月19日土曜日、西日本豪雨の被災地である愛媛県西予市で、OPEN JAPANの下での災害ボランティアの記録。

今週はこれから愛媛へ。床下泥出し、まだ終わってないお宅があるそうだ。がんばってこよう。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

6:21、石鎚山SA。あと少し。寝ぼけてアイスコーヒー買ってしまったー。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

「語りかけ称え被災のみかん選る」。宇和島の被災みかん農家の方だろうか。今朝の愛媛新聞。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

愛媛感のあるマットだ…。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

お手伝い開始前。床下にびっしりと土砂が。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)
(さらに…)

全文フィードを読む | Make a Comment ( None so far )

« 前のページ

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...