東和ロードレース(2019年):風雨強いが暑さはなく好タイムで走り切れた

Posted on 2019年7月23日. Filed under: ランニング |

福島・二本松の「東和ロードレース」(通称:地獄坂レース)をボランティアチーム援人の仲間9人で走った。

早朝、地域の小中学生のレースからはじまる質実剛健な大会。個人的にはマンモス大会より中小規模の大会が好きだし、手作り感、生真面目さ、陸上王国・福島の片鱗が体感できるこのレースがとても好きだ。

天気は雨、風、曇り。
強い風雨の中、上りでは靴を履いたランナーを自然と抜かしていき、下りになるとドドド…という靴底を叩きつける音と共に抜き去られる…を繰り返すうちに徐々にギアアップしていった。
で、ラップは4’55から3’55までとガタガタだったが、1時間34分とガチキツなコースにしてはなかなかいいタイムでゴールできた。
後半の下り坂は、“これ以上いいのか? 壊れるんじゃないか?”とビビりながらも突っ込んでみたが、大丈夫だった。

南相馬でボランティア+東和"地獄坂"ロードレース参加(援人 2019年 0708便)

ラップは以下の通り。

1 04:46.1
2 04:53.2
3 04:25.9
4 04:59.3
5 04:17.4
6 04:33.9
7 04:48.0
8 04:46.5
9 04:41.6
10 04:36.6
11 04:29.8
12 03:56.1
13 04:10.2
14 04:13.9
15 04:07.4
16 04:01.0
17 04:31.5
18 04:55.8
19 04:51.3
20 04:22.9
21 03:53.7
Summary 01:34:21.9

走る前に書き殴ったメモ(戦略がなければ挑戦・学びはないので)。

  • 最速:4分15秒 全体:4分30秒内外
  • ただし寝ていく(調子よくても前半でヒートアップしたりしない)
  • ケイデンスは落とさない(そうすればタイムは大きく落ちないことは実証済み)
  • ピッチ上げには、左右均整より(まずは)右足のけしかけから
  • 上りも下りもピッチ走法で
  • 膝から下を使わない 大鯛、尻、背中で走る
  • 足は接地のみ 踏ん張らない すぐさま前へ返す こわばらせず、抜き足で返す
  • いいランナーがいたら吸収する 抜かれたら好機 少しでも食い下がる
  • キツくなっても、大きく投げ出さない
  • キツくなったらメタ認知して工夫! 足は置くだけ、腕の振り(速さ、位置、キレ)はど
  • か、ケイデンスいいか(リズム宿ってるか)、接地はソフトか、前後重心は適切か、体軸
  • 右傾いてないか、周りのよいランナーに学べないか…
  • 最終盤はラストスパート!!! 痛みがどうした! 死にはしない!
  • 苦しみの最適なマネージ法は?(実験, 追究)

ついでに、走る前にスマホのKindleで『風が強く吹いている』(三浦しをん)を読んだら、気持ちが上がってよかった。

南相馬でボランティア+東和"地獄坂"ロードレース参加(援人 2019年 0708便)

今日試して、学んだこと。

  • 力ではなく(足で蹴るのではなく)ピッチで走る(後からデータを見ると調子いいときは180spmぐらい)。上りはもちろん下りでも重要なポイント。
  • 抜かれたら相手の足元を見てピッチを合わせる。そうするとほぼ劣後することはない。
  • ひたひた、ふにゃふにゃとした足運び、つまり省エネ走法の人を見たら倣う。特に前半は“ちょっとそこまで”的に力を抜いた走りを意識しよう。

過去の成績。2016年は1時間53分(ガッタガタになって血豆3つできた)。2017年は1時間48分だった。2018年は用事があって出場せず。
今年は猛暑じゃなかった分、身体もヒートアップせず見当識(笑)も失わずに走り切れたのがよかったと思う。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。