岩手県岩泉町:薪割りお手伝い 三陸鉄道リアス線でミニ旅(ボランティアチーム援人 2019年 0419便)

Posted on 2019年4月24日. Filed under: ボランティア, | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0419便。2019年4月20日(土)・21日(日)に、平成28年台風10号豪雨の被災地である岩手県岩泉町へお手伝いと観光に行ってきた。そのメモ。

援人、10人チームで岩泉町へ。山間で高低差のある町だから、いろんな春の景色が見られそう。うれいら商店街を歩くのも楽しみ。待っててくれ、たぬきさん!

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

早朝、盛岡地裁の石割桜、ちょうど満開。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

国道455号、まだ結構雪が残ってるし霜が降りてキラキラ輝いてる。
岩洞湖は凍ってるところがある。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

小本浜漁協、台風10号被災で流失したふ化場を再建、清水川(しずがわ)で3年ぶりにサケの稚魚を放流。岩手日報。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

朝、うれいら商店街の中松屋さんで。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

朝一、Sさん宅から小本への荷物搬出のお手伝い。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

3年前は豪雨災害で土砂や被災財が散乱してた楽天球場(道の駅いわいずみの隣)、きれいになったね。桜も咲いてる。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

小本のあるお宅で、薪割りのお手伝い中。春めいた陽気を満喫しながら。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

お手伝い場所からは岩泉小本駅が見える。ときどきやってくる三鉄にも手を振ってみた…が、乗客は海側を見ているのか全然反応してくれず…(笑)。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

昼食は「浜の駅おもと愛土館」へ。ちぢれ麺のラーメンもミニ海鮮丼もうまかった!

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

高齢者宅での大量の薪割り、10人チームでやりきった!

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

このお宅は東日本大震災で津波が来てやや内陸部に家を新築、台風10号のときは家の前まで冠水したそう。無事完了できてよかった。

夕方、うれいら商店街を散策。「ウレイラオーブン」さん、(訪れた時間のせいか?)今までで一番パンが揃っていた。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

夕食は「お好み焼広島屋」さんで。岩泉には何度も来ているけどここに来るのは初めて。西日本豪雨では広島にお手伝いに行ったこともあり、興味を持って行ってみた。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

とてもよかった。お好み焼きはおいしいし、「せんじがら」が出てきたのにも驚いた。

日曜朝、06時20分出発!
宮古まで下り、3月末に「三陸鉄道リアス線」になったばかりの旧JR山田線の区間をミニ電車旅。おだやかな三陸の春を楽しんだ。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

三鉄はかわいいよねぇ。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

のんちゃん好きはやっぱり岩手に来るべきだ。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

最後は釜津田へ。山間にある「喫茶店ぶるっく」さんでパスタの昼食。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

振り返り。

ベースからの荷物搬出、軽トラ2台で2便、途中からチームを分け、半分は岩泉町小本での薪割り。すでに4分割された薪を細分する作業。約4m4列分とかなりの分量。最終的に最大6人がオノを使ってペースを上げ、無事完了できた。

K:ニーズに合わせ適切な道具を持っていくこと。中野が持参したAxeでなくMaul型は節のある木で効果を発揮、よかった。体力はなかなか消耗したが。
P:引っ越し荷物、ロープの末端処理。シートをかけた場合はよりロープを完璧に。
P:薪割りする者の感覚がやや近かった。十分に注意しながらやったが。

今回のニーズは、もちろん段取りが悪ければ1.5日みっちりやる必要があった。が、1日で終え、観光もしっかり楽しむことができた。お手伝いもし、風物もしっかり味わうこと。この両輪で続けていきたい。

岩手県岩泉町。

東日本大震災では沿岸部が被災し、3年前の台風10号豪雨では河川沿いなどが広く冠水してしまった町。自然に恵まれた本州で一番広い町でもある。

町の中心部を流れる川、清水川(しずがわ)の夜に見たときの恐ろしいような清冽さは、その場に立たないと絶対にわからない。

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

体験はシェアできない。きれいな写真が撮れることも巧みな文章が書けることも、体験のよしあしには関係がない。

ということは痛感するものの、やはり備忘として書いておきたい。

国道455号沿いの山深さ。
岩泉の人たちの人柄の大らかさ、ユーモア。
中松屋さん、志たあめやさんなどがあるうれいら商店街の愛らしさ。
青空に完璧にマッチするトリコロールの三陸鉄道リアス線。
浜の駅で食べた海鮮ラーメンのやさしいおいしさ。
復興半ばの安家のゆったりとした空気。
釜津田の自然の雄大さ。

お手伝いに行ったつもりが(いや、引っ越しや薪割りのお手伝いはしっかり全力でやってきたが)、またも沢山のものをもらってしまった。また行かなければ。いや“帰らなければ”という思いだ。

三鉄は今日も走ってるだろうなぁ。お仕事がんばるぞい!

平成28年台風10号豪雨災害 岩手県岩泉町でボランティア(援人 2019年 0419便)

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。