南相馬・小高:草刈り終わらず 依頼主の現住所は関東で不在(ボランティアチーム援人 2019年 0216便)

Posted on 2019年2月18日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0216便。2019年2月16(土)日夜に東京を出発し、17日(日)に福島県南相馬市小高区(旧避難指示区域)で災害ボランティアをしてきたので、メモをまとめておく。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

土曜の夜の八重洲は静かだ。援人、8人のメンバーでこれから南相馬へ。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

常磐道はもちろん、6号も全然車がいない…。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

今朝、南相馬市小高区塚原で。防潮堤の工事がだいぶ進んでいた。河口があるからか堤が二重になっているあたり、白鳥たちが安心して休める場所らしい。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

浪江町に新たにできるスーパー、場所は町役場の南だそう。ということは、社協さんが使っている建物か(※移転前のサンシャイン浪江ではない)。まち・なみ・まるしぇとの相乗効果もあって便利になりそう。福島民友から。

今日のニーズは草刈り、雪の日にやった常磐道近くの敷地の仕上げ。がんばるぞ!
長大な法面があり、ギリギリ終わるかどうかという量だ。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

昼食は町の中心部まで戻り、小高交流センターの「めざせ!殿様食堂」で、その後は別棟の「小高マルシェ」で地元の人がつくった野菜などを買う。小さな子どもから大人まで多様な世代が休日をゆったり過ごしていた。小高に、こういう普通の景色が戻ってくるとはなぁ。

14:30過ぎて、視察に来たセンター長から家の裏の斜面(高さ6~10m)もやってほしい、と追加オーダーが。継続決定…。

8人チームでかなりがんばったが、広大な敷地の草刈り終わらず。依頼主は関東に移住中だが、家に思いがあるから手入れしたいのだろう。

現実を1mmだけ前へ進めることができた。

これから3月末まで、ボラセンには仮設住宅からの引っ越し依頼が複数入っている。それが終わったらこういうメンテ系ニーズにまた向き合っていきたい。

南相馬市小高区で草刈りボランティア(援人 2019年 0216便)

福島浜通りの町を「町がなくなる」と表現して炎上した芸能人。それを言葉の棒でぶっ叩いてる人たち。どちらも、ネットでやってる限りは空中戦だ。
降りてきて、地べたに足をつけてやることをやってくれ。

振り返り。

前回雪の日にお手伝いしたお宅の継続。雪で覆われていたため粗い仕上がりになっていた部分、引き込み道の斜面の草刈り。斜面は50mぐらいあったのでは。

K…と思ったらP:作業内容、範囲を十分に確認すること。まさか家屋裏の法面まで作業範囲とは思っていなかった。視察に来たセンター長に告げられたのが14:30であり、間に合わなかった。猜疑心と執拗さをもってニーズをきちんと確認すること。

P:前回も斜面は雪で滑りやすかったが、枯れ草で覆われた今回はさらに危なく、態勢維持で体力を使った。また、一度大きく滑り落ちた。刈払機のシャフトを掴んだままだったため歯先で危ない思いをすることはなかったが。

T:軽アイゼン、靴に装着する滑り止めのようなものを入手したい。

小高交流センターの「殿様食堂」で昼食。満席で、大人から子どもまで多世代の人の姿を見ることができた。その他、移動中に見かけた散歩する人、ランニングする人、庭の手入れをする人。町の今の姿を感じることができた。普通に戻りつつある町でのお手伝い、気負わず続けていきたい。

しかし普通に戻っていく町に、一旦離れてしまったメンバー、これまでの経緯を知らない人にどう足を運んでもらうのか? 巻き込んでいくのか? これも課題になってきたと感じる。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。