西日本豪雨:愛媛・西予で重量級の床下泥出し(援人 2019年 0118便)

Posted on 2019年1月31日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0118便、2019年1月19日土曜日、西日本豪雨の被災地である愛媛県西予市で、OPEN JAPANの下での災害ボランティアの記録。

今週はこれから愛媛へ。床下泥出し、まだ終わってないお宅があるそうだ。がんばってこよう。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

6:21、石鎚山SA。あと少し。寝ぼけてアイスコーヒー買ってしまったー。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

「語りかけ称え被災のみかん選る」。宇和島の被災みかん農家の方だろうか。今朝の愛媛新聞。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

愛媛感のあるマットだ…。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

お手伝い開始前。床下にびっしりと土砂が。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

なかなかハード。近隣ではこの一軒だけ川からの土石流が直撃したとか。
8人でもがんばってるけど、10人いたらなぁ~という作業量…。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

被災した家に戻るか戻らないか迷う人は多い。戻るという選択が意味をもつには、最低限の家の片付けが終わっている必要があるだろう。OPEN JAPANの下、今日はそういうお手伝いをした。愛媛・西予で、集落内でも特にひどく土砂が流れ込んだお宅で40cmの泥出し。3部屋、ブラシがけまでなんとか完了。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

愛媛県西予市野村町で。肱川の氾濫で二階まで浸水してしまった地域。話に聞いた通り、まつもと酒店さんは営業を再開されていた(この日は休み)。乙亥の里近くの店舗もいくつも明かりが灯っていた。また訪れてみたい。

西日本豪雨 愛媛県西予市で災害ボランティア(援人 2019年 0118便)

日曜日朝5時、東京へ向けて出発します。

明け方の三島川之江港、美しい。

振り返り。

床下泥出し約3部屋分をがんばった。

K:作業前、作業中、掘る人と運ぶ人の分配、道具、動線、捨て場所など段取りし小さく始めてみて改善すること。また進捗に合わせて変えていくこと。その視点を持つためにリーダーである自分が作業に没入し過ぎないこと、を心がけた。概ねうまくいった。
スコップの近接作業では、1人がほんの少し位置を変えることで安全度が上がることがある。メタ視点を持って提言することができた。
P:10人いれば作業場・運び出し共に2つ取れる現場だったが、人不足は如何ともし難く、我慢して進めた。やはり毎回10人満席にするよう努力しないと!
Uさんがネコ運び中に大きく転んだ。怪我につながりかねなかった。予兆はあった(直前によくふらついていた)のだから、配置換えを早く決断すべきだった。
また、メンバー全員に改めて銘記してほしい。周りががんばっていても、自分の限度を超えたがんばりは美談にはならない。時に大きな怪我や事故につながることがあり、そうなればボランティアに行った意義さえ霧消してしまう。十分に気をつけてほしい。
T:ネコヘルパー(ベルト)をいつも持参しているが使ってない。次回こそヘヴィーな泥出しでは使いたい。

役立った道具。関東ジョレン、ガルバテミ、ケレン棒。頑固な泥相手だとやはり重くて丈夫な道具が強い。

OPEN JAPANさんの下、援人の強みを活かしたお手伝いをし、時間内に仕上げまでいけた。被災された方の背中をひと押しでき、週末の使い方として今週も意味があるものだった。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。