西日本豪雨 広島・小屋浦で家屋内土砂出しのお手伝い(ボランティアチーム援人 2018年 1214便)

Posted on 2018年12月21日. Filed under: ボランティア | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、2018年12月15日、西日本豪雨の被災地である広島県安芸郡坂町小屋浦での災害ボランティアの記録。小屋浦サテライトの下で。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

年内の被災地お手伝いラスト2。今週は広島へ。選ばれし者の知的飲料と共に。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

8人揃って出発しました!
まずはKさん、今回も気の利いた差し入れありがとう!

西日本豪雨が起こり、援人はさまざまな場所に行きました。福知山、岡山・真備、愛媛・西予、そして広島・坂町。愛媛と縁ができたので足を運び続けたいところもあるけど、小屋浦で家屋解体にまつわるニーズなどが出てきたという様子を見て、これは行かなければ…という思いが湧きました。
そして実は、今週になって愛媛のOJさんからも来れませんか? と打診が。12月は断らざるを得ませんでしたが。
このように、社協ボラセンが終息傾向でもニーズがぽつぽつ出てくる状況はままあります。息の長い支援が必要でしょう。

アンテナを張りつつ、まずは今回の小屋浦をしっかりと。行ってきます!

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)


小屋浦の天地川公園で。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

小屋浦、お手伝い中。5ヵ月たって土砂が硬い硬い。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

お手伝い先のお宅の川向こうで、「小屋浦みみょう保育園」のお別れ会が行われていた。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

小屋浦で見かけた猫は、キジトラ混じりのぽってりさんが多かったな。また来るね。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

たった1日のお手伝い、タイムアップ。
他のチームとの混成で15人ぐらいか。

家の中に大木が飛び込んでいたり、土砂があり得ないぐらいカッチカチだったりで、終わらなかった。作業量的にはまだ半分は残っている。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

小屋浦サテライトは、年明けももちろんやるとのこと。
また来なければ!!!

広島市。ゲストハウスにチェックインする前、原爆ドームと爆心地へ。ここを見た後、沢山のビルの光があたたかいと感じた。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

日曜日。広島から東京へ戻る途中、愛知・刈谷PAに昼食のため立ち寄り。入口に、「岩手 日進堂」と掲げた出店が。まさか? と近寄ってみると岩泉町の日進堂さんだった。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

ぼくらがくるみまんじゅうや南部せんべい(日進堂の南部せんべいはうまいんだ!)を買い漁っていると、釣られて他のお客さんも集まってきはじめた。サクラ作戦、ちょっと成功。

SNSの情報で広島・小屋浦が今もボランティア募集をしていることは知っていたが、現地の復旧度合いやボラニーズに少し懐疑的な思いもあった。が、やはり行ってよかった。発災から5ヵ月でこれか? という風景が点在していた。
未着手の家、熱いボランティアたち。行かなければわからないことを沢山知り、感じた。

行きやすいところじゃなく、行くべきところへ、困難を押してでも行くんだ。愛着のあるところへ行くんじゃなく、行くことで愛着を培っていくんだ。馴れ合いじゃなく、行くと示した先に手を挙げてくれた仲間と共に行くんだ。
それが災害ボランティアの王道だと、改めて思った。

道具、K。例によって必要と連絡があったもの以外も持参。関東ジョレン、コガ、壁剥がし、バール、ガルバテミなどはカチカチに固まった土砂を突き崩すのにとても役立った。特に今回は関東ジョレン。逆になければ相当苦戦していただろう。
K、腕自慢(?)のボラにありがちだが、午後は大木の撤去に多くのボラたちが取りついていた。援人はそこは任せて、脇や裏の土砂出しをガンガン進めた。いかに全体最適を図りつつ作業を迅速に進めるか。その意味でよい働きができたと思う。
P、チェーンソーは整備済みだったが、替刃と思って古い刃を持参してしまった…。来週までに調達する。

広島の原爆ドームを見たのは初めてだった。思っていたより小さかった。行き交う市電を見て、原爆投下直後に女学生たちが鉄道員として路面電車を動かした逸話を思い出した。
広島の繁華街はとても賑わっていて、イルミネーションも綺麗だった。家族連れやコスプレの子たちも楽しそうだった。この発展が爆心地の上に築かれたのか…と思うと、ちょっとした奇跡を見るような思いがした。

小屋浦は年明けも活動するとのこと。終わるまで、足を運びたい。

1214便、広島から無事帰ってまいりました!

今日で年内の活動終わりのメンバーもいるので、日産レンタ目の前の博多劇場で忘年会。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

隣の席の女性が災害ボラチームだと気づき、ありがとうございますと。福島出身の方だとか。被災してしまった人、被災した人につながる人、復興途上の人。日本には膨大にいるんだろう。改めて、皆で皆を助けていきたい。

春、夏、秋、冬。今年もいろんなところに行きましたね。
来年もまた続けましょう!

オマケ。広島市の「武蔵坊」で食べた汁なし担担麺、ハマる味だったなぁ…と思い返している。

西日本豪雨 広島・小屋浦で災害ボランティア(援人 2018年 1214便)

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。