浪江町で二軒の伐採お手伝い+南相馬で野馬追ハーフマラソン(援人 2018年 1130便)

Posted on 2018年12月4日. Filed under: ボランティア, ランニング, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、1130便。2018年12月1日土曜日に福島県浪江町でお手伝い、翌2日日曜日は南相馬市で「野馬追の里健康マラソン」を走ってきた。そのメモまとめ。

6人揃って八重洲を出発しました。
先週Uさんにもらったマグネットシート、行き先を書いてくるの忘れた…(笑)。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

朝練、浪江駅前で草刈り。曇りで結構寒い。
6人で2.5袋分、戦果なかなか。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

9:40過ぎ、一軒目のお宅の庭木伐採、草刈り、トンバッグ詰め終了!

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

昼食はオープンしたばかりの居酒屋「こんどこそ」へ。ランチのホルモン定食うまし。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

そして大盛りご飯のすごさを見よ(ぼくは食べてない)。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

ランチ後は、初「かふぇ もんぺるん」。幸せなお昼すぎた。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

二軒目のお手伝いも終了!

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

風呂に入った後は南相馬・小高へ。12月5日で閉店してしまうため、最後の「東町エンガワ商店」訪問になった。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

常世田店長と記念撮影させていただく。
何度ここで買い物しただろう。小高秀やあいすまんじゅうを買うのも最後だ。寂しい。

遠くからあれこれ想像するんじゃなく「行く」ってことは投票所に赴くようなものであり、そして「行き続ける」ってことは、肯定票を投じるようなものだ。

土曜日、朝は浪江駅前で草刈り自主練。

日中は社協さんの下、二軒のお宅で木の伐採、細断、草刈りトンバッグ詰め。

昼は開店したばかりの居酒屋「こんどこそ」で昼食。

のち、駅前に開店したカフェ「もんぺるん」でケーキ。

夕方、12月5日閉店の小高の「東町エンガワ商店」へ。最後の買い物、そして挨拶。

泊まりは浪江の「ゲストハウスあおた荘」。

始まるものもあれば、終わるものもある。よいニュースより悪い“非ニュース”が目につく状況はまだまだ覆せないのかもしれない。

でも、やっぱり来てよかった。

日曜日の朝、浪江町。棚塩地区の震災慰霊碑と史碑。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

小高の同慶寺(相馬氏の菩提寺)の大イチョウ、とても見事に黄葉していた。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

境内が、京都以上に京都だった。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

野馬追ハーフマラソン、だん。今日の南相馬は超ランニング日和だった。
しかし頭の空気抵抗のせいで、タイムが…。

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

走った後、鮭川食堂へ(今年の営業最終日)。“いくらで腹いっぱいになる”という初体験をさせてもらった。また来年来ますっっっ!

浪江町でお手伝い 野馬追の里健康マラソン(援人 2018年 1130便)

振り返り。
土曜日、浪江町でお手伝い。2件のお手伝いを終えることができた。

雑木の処理では、チェーンソーかノコか、ノコか剪定鋏か、など使い所(どちらを使ったらより効率的か)をよく考えること。人間は一つの道具を持つとそれを万能視してしまいやすいため。
トンバッグの入れ方、敷地外の段差の低い部分に置き、敷地内からも敷地外からも入れるという省力化アイディア、よかった。これがなければ6人という少人数であそこまで進まなかったかも。
一連の流れがある作業では、できるだけ後処理に近い位置で作業すること。また、ウォーターフォールにこだわり過ぎず、1人1人が多能工として、他メンバーの処理具合(手待ち気味か手一杯か)を見ながら自分もやるタスクを変えること、が全体として処理スピードを上げるには重要だ。

あおた荘、居心地よし。定宿にしたいぐらい。

日曜日。朝、棚塩霊園、同慶寺を巡って、絶好のランニング日和の中、野馬追の里健康マラソンに参加。大規模過ぎず派手さもなく、南相馬のマチヲ走れるいい大会。一昨年、サンタ帽を被った参加者が子どもに沢山の声援を受けていたのを見て、子どもに喜んでもらおうとクリスマスツリーのカチューシャを被って走った。タイムは後半崩れたが、声援は割ともらえた。

そして鮭川食堂、はらまちユッサ。よい南相の馬休日だった。

浪江駅前の「もんぺるん」さんでいただいたCD、「白銀の空~NAMIEの空~」(セーリング)。

ヒーローものっぽい曲調で、車内で聴いて笑っていた。が、日曜日に浪江の津波被災エリアを走りながら聴いていたら、やっぱり胸に迫るものがあった。

東京のような場所で聴くと荒唐無稽に思えてしまうかもしれないが、現地で聴くと歌詞にこめられた心情、力を込めて歌いあげる思いが伝わってくるんだよなぁ…。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。