小高で2軒の草を刈る 須賀川で円谷マラソンを走る(援人 2017年 1013-15便)

Posted on 2017年10月19日. Filed under: ボランティア, ランニング, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、1013便。土曜日は南相馬・小高で2件の草刈りのお手伝いをし、二本松はメンバー6人で「円谷幸吉メモリアルマラソン」に出場。のまとめ。

ほーう、相馬にはもう鮭が…。

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)

2017年10月14日 土曜日:南相馬市小高区でボランティア

10人揃って出発…って今はもう四倉だけど。(^_^;)

お手伝い+マラソンの援人号では、初日のお手伝いをガッツリやって足を殺しておくのがベター。というわけでまずは土曜日、がんばってきます!

大熊、双葉の人たちがやっぱり一番辛いだろうな、と思いながら6号を行く。ここを通るときは気を張らなきゃならない。

どんなに真っ暗でも、6号を走っていて小高に入るとわかる。それだけ来ているってことだなぁ。

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)

朝礼、松本センター長のお話。

「効率を考えて早めに始めたい。
宿泊時の門限について、注意してほしい。

昨日のブログ、選挙のこと。衆院選の選挙カーが小高に。住民の多くがいない。帰還したくてもできない状況も。このような方たちの未来も含めてどうするのかじっくり聞きたい。各候補のビジョンを知りたい。
先月、復興大臣がセンターに。色々お話をしたが、最後の1人が帰還するまでがんばると。しかし選挙に落ちればただの人。復興庁、100年後の福島はどうなっているかという問いかけ。逆だと思う。為政者がどうしていくか我々に伝えるべき。中央からそういう話が出てこないのは嘆かわしい。

小高の状況。8月に書いたものだが、ボランティア依頼、毎日数件。そしてボランティアはいつまでいるの、と聞かれる。若い層は外に定着。家族でやっていたこともできなくなる。ここは被災地です。被災は続いています。

浪江をどうするのか、とよく聞かれる。依頼は100件以上、明日はボランティアは10人以内。消化のバランスがまた取れなくなっている。浪江にチラシを撒いたらできなくなる。周辺部は線量が高いところもある。来年ぐらいをメドに浪江へ行くかもしれない。
今しばらく小高をよろしくお願いします。」

セイタカアワダチソウ、また目立ってきたな…。

今日は草刈り2件。午前、小高区上根沢での道路や畑の法面、終了。
そして午後は吉名へ向かう。

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)

南相馬・小高。雨の中、草刈りのお手伝い中。…の、昼ごはん後のデザートは「すきです小高」。

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)

二軒目の草刈りも完了。

依頼主不在、よくあることだったが、隣のお宅の人が出てきて気になっていた、とお礼を言われお茶とお菓子をいただく。

別の人が見ていたので話しかけたら、もう一つの隣家(解体済み、更地)の裏の方。こっちもやってくれないかと。依頼主からの依頼でないとできない、と一旦は答えるも、家主と連絡が取れない、前に自分でもやってみたが、と。そのお宅の勝手口側を覆うようにセイタカアワダチソウなどが2m以上繁っている。休憩後、そちらも手早くお手伝いした。

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)
草刈りというニーズにも背景には確かに人の生活があり、血が通っているものだと──と改めてわかった日だった。

小高。草刈りは誰かがしなきゃいけない。荒れた家が点在する町には戻りたくないのが人情。人が増えないとさらに荒れる。今日2件目の草刈りは、すでに他県に居を構えた方の依頼。隣家の方から、気になっていたとお礼を言われる。手が回っていない。

2017年10月15日 日曜日:円谷幸吉メモリアルマラソン出場

行くぞ! ゥオリャアァアァーッ!!!

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)

二日目、06:55に須賀川アリーナに向けて出発!

円谷幸吉メモリアルマラソンの開会式。今年は過去最高の参加者数だとか。生きる伝説、君原さん(メキシコ五輪)がいるし、柏原くん(山の神)もいる。

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)

ベスト出たぁっ!

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)

美容院でパーマを当てたまま応援してくれたおばさま、楽しゅうございました。
円谷幸吉の写真を抱えて応援してくれたお婆ちゃん、嬉しゅうございました。
ウルトラマン像の前でウルトラセブンの主題歌をかけて応援してくれたおじさん、ズッコケました。

円谷マラソン、長く苦しめられるアップダウンとガチ勢ランナー、よかったなぁ。

円谷幸吉メモリアルマラソン、延々上り延々下る、これはマイルドな地獄坂では…。ランナーはガチ勢ばかり、さすが福島。走った後にメモリアルホールで見た、円谷の薄っすいランニングシューズ、ウェア、遺書、「忍耐」の書…。よかったなぁ。

マラソンは全員無事完走、渋い日帰り温泉に入って、おばちゃんおすすめの盛りのいい店でランチ食べて、東北道を東京へ。

2日間の振り返り。
まず、お手伝いとマラソン(ハーフ)の組み合わせ、肉体的にも精神的充足感という点でもとてもいい。

1日目、雨が断続的降る中草刈り2件完了。草刈りに代表される地域の整備は、旧避難指示区域にとって大きな課題。すでに家がない人、別地域で生活を始めた人にやれ、というのは酷すぎる。ボランティアとしてやり甲斐はあるが、もっと行政が介入すべきでは。でないとますます人が戻りづらくなる。

2日目、自ら提案した円谷マラソン初参加。東和“地獄坂”と同じく、地域に根付いた質実な大会。流行りの要素は一切ない、コスプレもほぼいない、鍛えられた走者が多い。走った後?円谷幸吉の遺品の数々を見られたのもとてもよかった。高度成長期、日本を背負って走った人。その遺書は関係者に批判されたが、三島由紀夫や川端康成は絶賛した、と記念館にあった。そして自書の「忍耐」の文字。とてもよかった。
走るとその町にぐっと親しみが湧く。ガイドブックをなぞる観光とは違う。福島にはいい大会が多い。浜通りでの支援を続けながら、またこういう大会に出たい。
また行きましょう!

須賀川で買ってきた味噌かんぷら、うめぇ。

南相馬・小高でボランティア→円谷幸吉マラソン出場(援人 2017年 1013便)

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

コメント / トラックバック1件 to “小高で2軒の草を刈る 須賀川で円谷マラソンを走る(援人 2017年 1013-15便)”

RSS Feed for du pope : NAKANO Hajime's Blog Comments RSS Feed


Where's The Comment Form?

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。