福島県浪江町:庭木の伐採・細断・トンバッグ詰め 二軒の対照的なお宅で(援人 2017年 0929便)

Posted on 2017年10月4日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0929便、2017年9月30日(土)、避難指示解除からほぼ半年がたった福島県双葉郡浪江町での災害ボランティアのメモ。

金曜の夜、半袖、短パン、(世間でいう)サンダル姿、汗だくでホームセンターに駆け込む。そして刈り込みハサミ二種を掴んでレジへ。
ハロウィンの小道具でしょうか。いいえ、災害ボランティア用です。今夜はこれから浪江町へ!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)

10人揃って八重洲を出発しました! 今日はプレミアムなんとかのせいか、人が多かったなぁ。
この便は女性5人、浪江が初めての人も5人。小高よりさらに復興が遅れている町で、しっかりがんばってきます!

浪江町、請戸漁港。周りは工事継続中。立派な姿になるんだろうな。のんびり釣りをしている人がいた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)

浪江町に認定こども園が完成。来年4月に開設されるなみえ創成小学校、なみえ創成中学校に隣接。(福島民友)

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)

大きな庭を持つお宅で庭木伐採、剪定、細断、トンバッグ詰め。熟練の庭師さんが先行で作業しており、うまく連携。大径木の伐採などもあったが、12時過ぎに完了! 詰めたトンバッグは11個。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)

午後は生け垣伐採、伐採済み雑木のトンバッグ詰め、草刈り。残念ながらかなり荒れた状態。
こちらも爆速で終了っ。今日はニーズ2件完了!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)

朝に気づいたが、普通のボラセンでは、朝行ってみるまではニーズも必要な道具もわからず、ドタバタ過ごすことが多い。が、浪江社協の場合は事前に精度が高い情報をもらえ、道具もほぼ準備済みなので、すっきりと前向きな気持ちで臨むことができる。本来はこうあるべきじゃないか、と感じる運営方法だ。

伐採、個人所有のチェーンソーを初投入。直径20cmぐらいまでの伐採や玉切りではとても効率的。ただしある程度使うと目立てが必要だ。今回は押し切ったが、素早い目立てを習得したい。

チェーンソーでの伐採、手ノコでの伐採、細断、トンバッグ詰め、枝打ち(庭師さんのフォロー含む)と色んなタスクが同時並行していたが、人の偏在がないよう、スムーズな動線になるよう全体を見て声掛けをし、また終わりに向けて前倒しの人員配置を心がけた。援人メンバーは協働の勘どころもわかっており、とても気持ちいい(平日行った大分・津久見での活動と雲泥の差)。

結果、2件のニーズを完了できてよかった。

片方は帰還を前提とした手入れ、家屋はとてもきれい。もう一方の庭は荒れ、植木鉢の植物は鉢を突き破って根を張り成長。対照的だった。しかし後者のケースでも、わざわざ出された依頼だ。浪江の家が最低限片付いたということを知れば、少しは心穏やかになっていただけるのでは、と思う。

楢葉町のしおかぜ荘(天神岬温泉)で風呂に入り、夕食は広野町のくっちぃーなで。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0929便)

浪江町のような場所に関わるには、行こうと決意する“熱さ”、長く続けていくための“冷静さ”の両方が必要だと思う。まだまだ足を運びたい。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。