「きゃんと、すたんどみー、なう。」(伊藤企画)を観た

Posted on 2017年9月21日. Filed under: 演劇 |

伊藤企画「きゃんと、すたんどみー、なう。」をアトリエ春風舎で。よかった。

2017-09-20 19.11.01

平田オリザ的な中心のない会話劇がずっと続くのか…と思ったら、途中ドラマがドカッとはじまった。

(最近流行りの)こぼれイクラ丼のように会話の無駄打ちで世界を積み上げていく。
引越し業者へのお茶うけは大抵ハッピーターンだったり、電話の子機がなくなったり、ぎっくり腰になったり。
そして終盤は人物を間引いていき、三姉妹に焦点を当てる構成、沁みた。

ただ、O君が怒鳴り散らした正常をめぐる話と、知的障害の姉と妹たちの話、二兎を追っている感もあったかな。

障害を持つ2人の恋愛。死んだ人が出てきて明瞭な言葉を発すること。そして個人的に引っかかったのはギックリ腰をやった彼の311、死ぬと思いながら二度寝した話(途中で遮られたが)。どれも禁じ手だなぁと思ったが、これらも含めて「正常」の振幅か…って考えが、余日に降ってきた。

観て放り出される芝居、よかった…と感動する芝居、感情の塊はあるが言葉にできない芝居、色々あるが、これは感想を吐き出すことがカタルシスになるような、そんな芝居だった。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。