南相馬・小高:2ヵ月遅れの草刈り2件 平熱でお手伝いする(援人 0804便)

Posted on 2017年8月10日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 |

ボランティアチーム援人、0804便、2017年8月5日(土)、南相馬市小高区でのお手伝いのメモ。

10人揃って出発! 今週も、ほぼ連続参加の人から今年初めての人までさまざま。
個人的に先週の野馬追を見てから、小高の未来に希望的観測ではなく確信めいたものを持つことができた気がする。より深く、より長く見守っていきたいと思う。毎回のお手伝いはそれを表現する手段。がんばってきます!

南相馬市鹿島区、八沢地区の慰霊碑と観音像。ここに来ると気持ちが引き締まる。

南相馬・小高でボランティア(援人 0804便)

サイヤさんに桃の王様「あかつき」がズラッと並んでいた。最盛期到来だ。

南相馬・小高でボランティア(援人 0804便)

朝礼、松本センター長の話。


(ブログ読み上げ)
小高は今日も同じ。ニーズは毎日4、5件依頼あり。今は2ヵ月ぐらい待ってもらっている。廃棄物を輸送しなければならないのがボディーブローのように効いて来た。秋になれば草刈りのニーズも減るだろうが、ここは辛抱。
(日経記事の説明)
高齢者が帰還者の多くを占める中で、避難指示解除による環境省の対応の変化、回収の打ち切り。
県の補助金外れた。帰還を考える人の交通補助に使うので、と。が、(記事の訂正)別の名目で内示をいただけた。寄付などと合わせてまた1年なんとかやっていく。県は我々の活動を必要としている。
草刈りはそのうち帰ろうと思う人にも必要だろう。今日行ってもらうところ、5月に受けたニーズもある。今受けるニーズに対応するのは9月か10月になる。
最近の事故事例、草に手を突っ込んだら蜂が出てきて頭を刺された。針が残ったら削らずに(毒が出てしまうため)叩いて取る。アナフィラキシー、15分程度で症状が出る。その時間を過ぎて出なければ問題ない。
ブヨ。ダニはイノシシが媒介するらしい。香水の匂いにつられて来る。皮膚を露出させないように。

09:07 小高区上浦、草刈り。依頼日は6/29!
12:03 ニーズ一件目、完了!

南相馬・小高でボランティア(援人 0804便)

13:06 2件目、耳谷で草刈り、依頼日は6/2!
15:17 ニーズ2件目も完了!!!

南相馬・小高でボランティア(援人 0804便)

「寄り添う」という言葉は大した行動の実態がないときに使われることが多いのであまり好きではない。が、今日のお手伝いで感じたが、ぼくらが作業し、依頼主も共に働き、その合間合間に漏らしてくれる言葉に重い真実がある。それを聞くことでお手伝いに納得できる。これが寄り添うということかな、と。

KPTのK、役割分担、終わったら次の担当へなどの途切れない作業、うまくできている。最近個人ボラでそうでない状況を経験したので、特に実感。
P、ボラセンの刈払機の状態が悪い。なんとかできないだろうか。…など、道具については小高でお手伝いを続けていく上で大きな課題。なんとかしたい。

ボラセンには今、草刈りのニーズが70~80件溜まっているという。草刈りか、と思うかもしれない。でも、例えばこういうことだ。

一件目のお手伝い先、山側の大きなお宅(山間部のお宅は町中に比べ敷地が2~3倍も広いことが多い)。依頼主のシニア女性は現在相馬に住んでいるが、お孫さんの世話をしなくていい週末だけ小高の家に戻っている。
ぼくらの作業に合わせてお母さんも雑草取りや畑の畝づくりを。リウマチ持ちでなかなかキツくて、と漏らした。

午後は二件目、こちらも大きなお宅。家庭菜園や花壇の周りは手入れされているが、敷地内全部は手が回らない様子だ。作業中に姿を探すと、お母さんは法面で刈払機を使っていた。さすがに動きに無駄がなくうまい。しかし最近腰を痛め、なかなか捗らないという。

南相馬・小高でボランティア(援人 0804便)

避難指示解除後に小高に戻った人は2割で、多くが高齢者だ。ぼくらが息長く支えてあげるべき小高の日常は、こういう面を持っている。

ぼくは今週、秋田・大仙に行った。激甚な水害直後の被災地でお手伝いに臨むとき、滅多に経験しないほどの緊張を味わう。
しかし小高では、伺った家の状態、依頼主の佇まい、言葉から“あ、お手伝いしてあげたいな”という思いが湧き、あまり気持ちを高ぶらせず、いわばほぼ平熱で作業にあたる。

原発災害後の小高の日常はこういうもので、お手伝いをするぼくもそこに溶け込み、(何ら無理をしていないという意味で)日常としてのお手伝いをしているのだ。

夕食は二本松の杉乃家さん。なみえ焼そばでお腹も心も(ここ重要)満足した。

南相馬・小高でボランティア(援人 0804便)

あ、その前にラーメンも食べたけど。

南相馬・小高でボランティア(援人 0804便)

お手伝い先のそば、急な階段を上るとお堂があった。「中村迫の文殊菩薩坐像 虚空蔵菩薩坐像」が鎮座しているらしい(暗くてよく見えなかった)。
お堂にはノートが2冊ぶら下がっていて、志望校や希望の就職先の合格を願うメッセージが長年に渡って多数書き込まれていた。そういうご利益がある場所として有名だったのか。ノートの最後の方には「一時帰宅」という文字もあった。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。