福島県浪江町:酷暑の伐採木処理と塀の解体 なんとか完了(援人 2017年 0714便)

Posted on 2017年7月19日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災, 東京電力福島第一原発事故 | タグ: |

ボランティアチーム援人、0714便、2017年7月15日土曜日、福島県双葉郡浪江町での災害ボランティア、FacebookやTwitterへの投稿などの切り貼りによるメモ。

なんとこの便も10人揃って出発しました!
リュックがとっても重いT井さん、浪江は行ったことあるけどお手伝いは初めての人、各地でボラ不足が頻発し裾野を広げなきゃと思う人、仕事で疲れ切った人…それぞれだけど、今回もきっちりニーズを完了させてきたい。行ってきます!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

深夜の常磐道だより。四倉PA下り、増設部分の覆いが外されて見えるようになっていた。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

福島民友、福島県富岡町で来月から新聞配達が再開!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

浪江駅近くで見た紫陽花。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

草刈りしたいなぁ、まずは駅周辺だけでも。小高はだいぶ綺麗になったけど、浪江はまだまだこれからだ。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

今日のお手伝いは援人だけ。家庭的なオリエンが9時を待たずに始まり、すぐに出発となる。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

あ つ い … 。
伐採木のトンバッグ詰め、午前で終わらず。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

1件目のニーズ、トンバッグ31個、15時過ぎとかなり押して終了。
続いて別のお宅で塀の解体、15:44終了。
つまり、ニーズ2件とも完了!!!

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

浪江町での継続お手伝い、トンバッグ詰め、奥(家屋近く)に積まれた伐採済みの木が想定より多く、また長さが2m以上のものが大半だったので後処理にかなりの工数を食った。過少見積もり。幹から伸びきった枝を細断しながら、これが6年の月日の力か…と思った。
トンバッグはせいぜい15個と考えていたが、結果31個にもなった。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

暑かった。一昨日までいた九州よりは…と思おうとしたが、やっぱり暑かった。全体休憩をだいたい45分毎に取ったのは久しぶりか。

K君と共に作業したが、トンバッグ詰めがかなりうまくなっていた(今日のメンバーは全体に水準が高かった)。ただ速さがちょっと。進化には普通→うまい→速いの三段階がある。

持参した道具についての反省。片付け用に使う竹ぼうき、迷ったがやっぱり持ってくるべきだった。

朝倉でのお手伝いで気づいたが、酷暑期は水分をガブガブ飲むばっかりでなく、スイカや柑橘類など果物で摂るのもいいかも。今回は果物が売ってなかったので果物入りゼリーにした。キュウリなどもカリウムを含み、いいらしい。

浪江社協は事前の情報提供もしっかりしていて、当日のアテンドも熱心で、作業に無駄・ブレなく集中できる。冷えた麦茶サーバーやアイスもとてもありがたかった。

災害が起こると、人の日常は突如ほころび、壊れてしまう。
いったん被災者になると、自力でははい上がれないぐらいの格差の底に落ちてしまう。

人が谷底に落ちていくのを見たときどうするか、見て見ぬふりするか、心配(だけ)するか、動くか。
敏感(100)から、鈍感、無感覚(0)までものさしがあるとしたら、自分はどれくらいの位置にいるか。

もちろん自分や身近な人を守ること、生活だって大事だ。
自愛も大事だ。しかし過度には必要ない。「自愛とは、一生乗り続ける自分という乗り物を壊さない程度に注いでやるべきもの」(誰かの言葉)。

よそで起こった災害に鈍感でも、あなたが突然被災者になることもある。そのときはきっと無名のボランティアが沢山やってくる、そういう世の中にしていきたい。

大分・日田、福岡・朝倉から戻った翌々日、元々チームとして予定していた福島県浪江町でのお手伝い。
厳しい暑さの中、2件のニーズを終えることができた。

浪江町社協の方が、その日のうちに活動報告をアップされていた。熱心な人たちだと思う。その下で働かせてもらうことに強いやりがいを感じる。

この三連休、日田。朝倉、東峰村には沢山のボランティアが足を運ぶだろう。
ぼくが実際目にしたように、いてもたってもいられない思いで動いた未経験者も多いはずで、すさまじい暑さと厚い泥と埃の中で、谷底に落ちた人たちを引き上げるために働いてくれるんだろう。

浪江のお手伝いで、自分が暑さでヘバりそうになったとき、しばしばそのことを考えた。
浪江も暑くハードだ、だけど発災直後のあのドロドロのお手伝いに臨む沢山のボラたちに負けるわけにいかない、と自分を奮い立たせた。

福島浜通りの大規模な祭事・神事である相馬野馬追が近づいてきた。
昨日、浪江町で初めて旗指物が風になびいているのを見た。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

夕食は広野町の「くっちぃーな」で。麻婆豆腐定食(リピート)、おいしかったぁ。

福島県浪江町で災害ボランティア(援人 2017年 0714便)

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。