チェルフィッシュ「部屋に流れる時間の旅」感想:“イヤ劇”で味わった7年目の残念

Posted on 2017年6月22日. Filed under: 演劇 |

芝居のはじまり方には、決まったプログラムを流す映画のように「ここから」の定型がない。
それを逆手にとって、観客に気づかれないようひっそりはじめるやり方も見るし、はじまりのシグナルが弱く気づかない観客がまだガサガサやっていたりする、なんてこともある。

チェルフィッシュ、「部屋に流れる時間の旅」。
満席だった。はじまる前には左右の壁沿いに立ち見客も結構いた。

2017-06-21 18.39.37

最初に観客に瞑目させるというやり方は主題とも合っていて、うまい連れて行き方だった。

観ていると、かすかな風、環境音、微動など、アンビエントな舞台装置に気づきはじめる。嫌みがなくセンスがいいと思った。

「あの〇〇の後、明るい気持ちが来たでしょ?」
「あの〇〇が起きて、とてもよかった」

(「〇〇」はネタバレを避けるため…というか字面を見ただけで浅く解釈されることを避けるため、あえて伏せ字にしておく。)

風のそよぐ部屋で、夫婦と思われる男女の会話が続いていく。

が、ずっと妻(ほのか)の問わず語りで進み、男は聞いているのかいないのかも判然とせず、体が奇妙に痙攣したりしている。
“コミュニケーション不能”であること、“ここにはいない”ことを示しているかのようだ。

男の部屋に向かっているが、乗っているバスのトラブルでたどり着けない女(ありさ)。
その女が部屋に現れたとき、ほのかと男、ありさと男は同じ時空にはいないのだと明らかになる。

芝居ではこういう演出はよくあることだが、たった3人の舞台で、このリアリズムからずれた語り口を丁寧に丁寧に広げられると、やっぱりすごいなと思う。(全体にこの芝居は、スープの上澄みを飲んでいるうちにいつの間にか不思議なコクに魅了されている、そんな印象だった。)

妻(ほのか)が、あの〇〇の数日後、外から聞こえてくる自動販売機に缶ジュースを補充するガチャガチャ、ガチャガチャという音で、〇〇から数日しか経っていないのにと驚き、世界はなんてすばらしいんだろうと気づいた、と話すシーンがある。

あの〇〇で、多くの人の感覚が一度開いた。“わかっていなかった”日常のすばらしさに気づいた。
ただ6年たった今は、そのことを「覚えているでしょ?」と問いかけられても、忘れていっている、と気づく。

今、この劇場にいる自分を含む、2017年を生きている我々は、指数関数的に限りなく平らに近づく線の上を生きているのだ。

7年目の残念さ。
小説にイヤミスというジャンルがある。ならばこの芝居は“イヤ劇”ではないのか。

「世の中がすばらしいものに変わっていったその様子を話して聞かせて?」

というほのかの言葉を、観客のうち何人が我がこととして自分の胸に刺したのかはわからないが。

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。