南相馬・小高:涼風の中で伐採の継続 吹奏楽の音に励まされながら(援人 2017年 0602便)

Posted on 2017年6月16日. Filed under: ボランティア, 東日本大震災 | タグ: , , |

ボランティアチーム援人、0602便、2017年6月3日土曜日、福島県南相馬市小高区(旧避難指示区域)でのお手伝いのメモ。

0602便。ギリギリで10席が埋まり、継続のY地区の雑木伐採のお手伝いへ。追加ニーズも含めてすっきり終わらせることができた。夕食は二本松、杉乃家さんへ。芹川さん(お父さん)から、うれしいニュース発表が…(秘密)。
災害ボランティアは「行くこと」で成果を出すことができ、また次への原動力になる。まだまだ続けていきたい。

10人揃って出発しました! 後輩とランチしながら援人の活動を紹介した、自分の投稿で活動を紹介しようと思っている、最近薪割りが上達した、「あまちゃん」のささやかな幸せも東北の人には申し訳なく感じるというセリフに当時を思い出した(オレ)、日曜にTさんの講座でチェーンソーを学んだ、斜面の作業であれば十分に安全にやりたい、などなど。現在、下道で向島のあたり。それでは行ってきます!

04:03、道の駅南相馬着。Yさんはすぐ走りに行きました。

南相馬・北泉海岸。蹄の跡はあるけどお馬さんの姿はなし。

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

サイヤさん。地元の母子がおふかしをパニクりながら大量購入中。おふかしは逃げないから落ち着いて! と声をかけてあげたかった(笑)。

朝礼、センター長のお話。

遠くから来ていただき。雨が上がって爽やかな気分で。
当ボラセン、大きな曲がり角に。被災者さん、ボラセンはいつまでやっているのか、と。町の有力者の方と立ち話を。まだまだいますよ、よかった、ボランティアがいなかったらこの町はつぶれちゃうよ、と。
しかし実はいつまでできるかなと悩んでいる。いつ縮小しようか。できる限り、依頼のある限りとは思うが。どこまでいつまでという展望が見えない。手を打たなきゃいけない。せめてガソリン代程度は被災者さんにご負担いただくか。お金をもらってまで…という意見もあるが、かなりしんどい状況。
第一弾として、昨日のブログに書いた。入浴券などの値上げのお願い。大変申し訳ありませんが、6/10から450円に(元々その価格で仕入れている)。宿泊施設、これまで無量だったが1人500円までの範囲で寄付を。水、カップ麺などは今まで通り当分の間無料(水は半分は支援、カップ麺も。それ以外はセンター経費で賄っている)。機材もできるだけ大事に使ってほしい。センターの車を壊すと保険がきかない。

継続ニーズ。朝礼前に道具を準備し、マッチング一番で出発。

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

小高・Y地区で雑木伐採のお手伝い。産業技術高の方から、吹奏楽の練習の音が聞こえてくるなぁ。

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

ボランティアもいれば学生たちもいる日常。

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

小高・エンガワ商店で。レアキャラきたぁっ。

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

伐木後の玉切りも含め、ニーズは無事完了。

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

小高でのお手伝いを完了させ、原町の木乃幡さんに滑り込んで凍天!

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

ぼくらの後にトラックに乗ったアジア系外人がニコニコ笑いながら走ってきた。残り少ない凍天を無事ゲットできたらしく、さらに輝く笑顔になって戻っていった。なんだこの幸せ。

前回のY地区のお手伝い続き。残りは雑木伐採のみ…だったが、午前中終了の目標は達成できず。午後は残り作業に加えて草刈りの残りと斜面のごみ拾いを。
雑木伐採は直径15cmを超える木が大量にあるならチェーンソーが速い。ただし目立てなどが必要なので複数台で連続使用できることが条件。そうでないなら手ノコが速い。
P、特に広葉樹は伐採した後に次の伐採を重ねてしまうと後処理が非常にしづらくなる。別の場所をやるべき。
P、後処理した枝や幹を仮置き場に積み重ねるのは一見効率的なようだが、形状・向きがバラバラで絡み合ってしまい、引き出すのに大量のエネルギーを使う。そうならない前に(あまりうず高く重なってない状態で)移動するのが作業全体で見たときは効率的。
朝礼で松本センター長が活動継続への不安を漏らした。ああ言っていても続けていくと思うが、高齢でもあり、やはり先への一抹の不安はある。
杉乃家さんのおいしい料理とご夫婦の笑顔、いつも目に見えない力をもらう。来週もがんばろう!

依頼主のお母さんは今日も話がしたそうだったなぁ。旦那さんの転勤で震災前に小高に来たそうで、来なければこんなことには…と。母親として息子さん、大学生になったばかりのお孫さんのことが気がかりなんだろう。

おいしい食べ物は人を救う(本当に)。

南相馬・小高でお手伝い(ボランティアチーム援人 2017年 0602便)

大の大人がこんなことを力説するのは少し恥ずかしいけど、南相馬でのお手伝いの後、このお店に来ておいしい夕食を食べ、ご夫妻のニコニコ顔を見て心が軽くなった回数は、もう数え切れない。

避難のため無人となった場所で不条理なほどの量の作業をやって心身ともに疲れ切った日。逆に、依頼主立ち会いの下で家財廃棄をやり、胸中に重い石のようなものを抱えてしまった日、など。

今日の依頼主のお話からは、自分の身を嘆く以上に、原発事故で狂ってしまったお子さんやお孫さんの行く末を案じる深い思いが感じられた。被災者である以上に母親なんだな…と思った。

杉乃家さんのメニューが増強され、セットでは「半ラーメン」や「半なみえ焼そば」が選べるようになった。特に後者は胸踊るニュースだ。
なみえ焼そばあれも食べたい、というときの選択の幅が広がったんだから!

参加メンバーの感想から。

「お手伝いについていろんなところで話すと相手も反応してくれることがある。伝えることに億劫にならずに。受け手にどう響くかは色々」

「後半、依頼主さんが、斜面をもう少しやってほしいと。色々お話ししたが、ボランティアが今も来ていると知らなかったと。他にもいるのかな。片やセンター長は維持が難しいと。周りに伝え、ボランティア参加者を増やしていきたい」

「お母さんの話。避難指示が解除され、共有スペースだけどずっと一人で草刈りをやったと。そういう話を読むことはできるが、面前で聞くと記憶の残り方が違う。住民の方の話を聞いてほしいと思う。聞くことによってお手伝いに来ようと思うはず」

「一本倒して全員で小割にして次へ、というやり方がいい。上に来てみたらショバ割りが散開していた。2つぐらいにすればよかったのでは」

「南相馬、久しぶり。高校生や中学生の姿。少しずつ変わっている。ニュースなどでは帰還率低いというが、来てみなけりゃわからない」

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。