南相馬・小高:暮らすための草刈り 雨に打たれ急斜面と戦いながら(援人 2017年 0526便)

Posted on 2017年5月29日. Filed under: ボランティア, 福島 |

ボランティアチーム援人、0526便(活動日:2017年5月27日土曜日)、原発災害による旧避難指示区域、南相馬市小高区でのお手伝いのメモ。

小雨が降ったりやんだりの天気は、斜度のキツい場所での草刈り・雑木伐採というお手伝いに意外にもなかなか好適だった。リスクもあり、道具の状態も必ずしもよくなかったが、予測を上回る進捗で終えることができた。あと1回で(ぼくらか別チームかはわからないが)あそこは完了できるだろう。

すでに帰還された方、戻る準備中の方、戻ったばかりでまた少しずつ生活環境を築き上げている方など、歩み方はさまざまだと、今回もまた思った。センターにニーズが寄せられ、ぼくらでもお役に立てるのは幸福なことだ。また行こう。

(※グループに向けて書いたメッセージ)

先日、南相馬市から「旧避難指示区域内の居住人口が2,000人を超えました」という発表がありました。うれしいニュースです。

同時にこれは、超長期の避難によって変わってしまった住環境、帰還者の世代別人口のアンバランスなどの要素を考えれば、さまざまなサポートの必要性が増していることの証しだといえます。未だに家財出しなどの初期ニーズもありながら、厳しい条件下の町に住み続けるためのサポートも必要になってきました。
援人はこれからも、「公」にも、血縁などの「私」だけでもできない「共助」の精神でお手伝いを続けたいと思います。共鳴したらぜひ動いてください。一緒に行きましょう!

10人揃って出発しました!今回はYさん提案の下道を混ぜたルートということで、今は蔵前あたり。
初参加のKさんは、NHKの番組を観て援人を調べたそうです。本当にそういう人がいるんだなぁ。では、行ってきます!

南相馬の朝。小雨から曇り、また小雨。

「山形県産アスパラ使用」。本当に画一なんてものはない。コンビニだって地域の生態系の一部なんだ。だから東北っぽいものをさがせシリーズ(適当)、その372。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0526便)

鹿島区のあたり、田植えが済んだ水田が連なっているなぁ。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0526便)

朝礼前、センター長と現場視察へ。雨の中できるかどうかの判断のため。(以前やった)グレートウォールに比べれば可愛いウォールの草刈り、雑木伐採だ。できそう。ただし10人チームで2、3回相当か。

朝礼、センター長の挨拶。

「生憎の雨だが、恵みの雨かなとも。
昨日仮設の草刈りをやってきた。その状況はブログにも書いたが、6年間もの長い仮設生活を終え、新たな生活への旅立ちに立ち会い、支援をさせていただけた。再度のチャレンジ、うまくいくことを願いたい。
今日も雨の中の参加に感謝。被災者に代わって敬意を表したい。ただ雨の中の作業は十分注意して。いろんな障害物がある。安全第一。安全が確保できたら効率追求を。」

南相馬・小高で草刈りのお手伝い中。集落の複数の方が連名での、また行政区長さんなどからのボラセンへの依頼が増えてきたようだ。そりゃ斜度70度の斜面の草刈りなんて、高齢者ではどうにもできないよなぁ。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0526便)

幅合計約50mの草刈り、予測を上回るペースで終了! 伐木は一部残り、明日別チームがやるか、来週援人がやる予定。
集落の家の連名での依頼とのことで、差し入れを3回もいただいちゃいました。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0526便)

振り返り。

雨でセンター長が今日の現場ができるか心配し、朝礼前に視察に。現場と作業内容をしっかり把握でき、よかった。

斜度が強く、やはりヒヤリハット多かった。何度も滑り落ち、尻もちで止めたため泥だらけに。雨でぬかるんでいたせいもあり、あの状態の地面では軽アイゼンなどでも駄目だろう。雪の斜面でスプーンを探せというように、小さな足場を見つけながら作業するしかない。
また斜面の作業で人と上下になってはいけない(と自分で皆に注意した)が、ついYさんの下に入ってしまい、倒木が落ちてくることがあった。気をつけたい。
また、草むらが絡む作業でビブスは本当に邪魔、危ない。途中から脱いだ。

作業依頼は近隣の方の連名で、元の持ち主が放置してしまった場所だそうだ。老齢の人や、仮に若者であっても1人2人でできる作業ではない。お手伝いできてよかった。
センターの刈払機の状態が悪いのが気になる。泊まり便の際に、と思ったが、朝練で整備してはどうか?

この雑草をここまで執拗に刈ることが、自分にとってどんな意味があるのか。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0526便)

…という問いは、誰も草を刈らないような場所にどうして住むことができるのか、などと反駁されうる。

一生懸命刈払い機を使っていても、頭の隅で自由思考をするぐらいの余裕はある。いやむしろ、機械人形のように正確に作業に従事するほど、それを醒めた目で眺める自分も併存するような気がする。

気づいた。

ボランティアに小難しい理屈はいらない、なんて言っている人間は、案外早く立ち去ってしまう(事実、多くがいなくなってしまった)。
6年もやり続けている理由は、“なぜやる必要があるのか”という問いを、現実によって認識を新たにしながら、今も問い続けているからじゃないのか、と。

原町の「シンプルケーキこいずみ」さんに立ち寄り。
評判のシフォンケーキが……。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0526便)

売り切れてた!

夕食は飯舘、川俣を超えて二本松・杉乃家さんで。今日はラーメンを食べようと決めたが、直前でチャーシューメンに変更。白ご飯もつけてもらった。そしてなみえ焼そばもYさんとシェアした。満足。

南相馬・小高でボランティア(援人 2017年 0526便)

広告

Make a Comment

感想やアドバイスがあれば、お気軽にどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Liked it here?
Why not try sites on the blogroll...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。